パピヨン備忘録 2014年から関節炎闘病記。2016年虹の橋へ。飼い主ペットロス脱出中。

パピヨンの子犬に一目ぼれ💛20年ぶりに愛犬が我が家へやってきた嬉しさ!本ブログは、忘備録&家計簿代わり&日常の忘れぬ記録でしたが、2014年からすっかり闘病記(?!)となってしまいました。原因は不明。大学病院の先生から「生まれ持った運命としか言いようがない」とのコメント。今は、虹の橋の向こう。2016年9月8日に渡ってしまいました。残された飼い主がツラツラと書き綴っています。

ルークの変化~身体~

2年前の今頃から容体が急に悪化していました。

この画像は、ちょうど2年前の今日。3月18日です。
DSC05121


ほぼ、寝たきりになってきた頃で、可愛いお顔にも覇気がまったくありません。
お散歩大好きのルークの気分転換になればと日光浴兼ね連れ出したときの様子です。

DSC05124

今になって考えると、体中が炎症におかされていた頃ですね。

この時期は、抱っこをするたびに小さなパキパキ音がしていました。
骨の組織が壊れていたのです。もう、ヒヤヒヤしながら抱きかかえていたことを思い出します。

2月にセカンドオピニオンで動物病院に診ていただきました。

この病院では、まずパルボウィルスの検査をしました。
アメリカから結果が戻ってくる一週間は祈る気持ちだったです。

結果は陰性。泣きました、安心の涙


ルークの状態から、脳や骨髄の損傷も考えられることや
ここで、肝臓が小さ目であることなどを知ることになりました。

この時点では、病名はわかりません。
いろいろな可能性があるので、まずは検査なのですね。

そして、
大きな手術を繰り返して体に負担をかけるよりも、自分たちの手で。と決めたころです。



しかし、
そう決めながらも、なんとかルークに負担なく、回復できることを。と情報を集め回り
ホリスティックな治療をしてくださる病院を探し回っていました。

この後に、今、お世話になっている先生と出会い、ご紹介を頂いた
山口大学でルークは回復の道をたどることになります。
DSC05115



待ち遠しい春一番

る「今日は、ちょっと風が強いですね」DSC09216



る「ボク、ちゃんとふんばって立てるようになりましたよ」

DSC09218
以前と比較すると、しっかりと地面に立てるようになった感じです。
最近は、すぐにペタンと座り込むこともなくなってきたんですよ



春は、もうすぐですね
DSC09215








お鼻が真っ黒に戻りました💛

去年の冬。ふと、ルークのお鼻が
白っぽくなっていることに気がつきました。

体調が体調なだけに
「どこか悪いのではないだろうか」と心配の飼い主。

ネットで調べてみても、免疫力が落ちいているとか
老化の一つ。みたいなことしか出てきません。

心配のブログをアップしていたところ
みみげいぬさんから「スノーノーズ」
という言葉を教えていただきました。
→その日の記事 

指折り数えて暖かい日々を心待ちにしていました。
しかし、3月になっても4月になっても黒く戻らない。

そのうち、飼い主のほうがすっかり忘れてしまっていました


ふと思いだし、今日、よくよく見てみるといつの間にか
可愛いルークのお鼻は真っ黒に
DSC08379

みみげいぬさん、そのさいは情報ありがとうございました~
ルークはスノーノーズだったようで一安心しました 

ご報告したく、ブログアップした次第です

 

ルークのトイレスタイルに男の子らしさ復活!

先ほど、お散歩に連れ出したところ
なんと、ルークがトイレのときに
片足をあげようと何度も試みる姿が!

足をあげるといっても、ほんの3~5センチ程度ですが
この姿は、ある意味奇跡的

もう、感慨深い飼い主です(嬉泣)


         る「母、ボク、男の子だよ」
DSC07814



こちらが1歳過ぎたころの
ルークの雄犬らしいトイレスタイル→★




薬用シャンプーの実力

今年2015年に入り、自宅シャンプーと決別
毎月一回のペースで美容院にお願いするようになりました。

ボサボサルークからイケメンへの変身の第一回の模様はこちら。 

ルークの場合、美容院に行ってから
身体の状態が飛躍的に良くなってくれました。

いわゆる「グルーミング」という飼い主ができる
日常的なブラッシング、シャンプーや目、耳、爪のお手入れも
プロが行うのは違いが歴然。

我が家にやってきてからの約2年間
素人シャンプー&お手入れのために
皮膚のコンディションも良くなかったようです

今、寝たきりからヨチヨチと歩けるようになったのは
美容院の効果が大きく影響していると実感しています。

症状のチェックのために病院に通っていますが
美容院では、しっかり身体を見て触るので
外見上のチェックをさらに細やかにできることが
我が家にとっての最大のメリットです。

美容院で注意されたことを病院にもフィードバック。
治療に役立てていただいています。

************************************************


さて、毎回、ルークについてのコメントは
「お肌が赤くなっています」というのがけっこうあり
冬の間は必要以上に湯たんぽや暖房のせいかな。
と思っていました。

しかし、今回の美容院に行くまでの1ヶ月。
暖房なし生活にもかかわらず
トリマーさんから、やはり皮膚が赤くなっていることを指摘され
おススメの薬用シャンプーにトライしてみることにしました。

追加料金500円

「今日は全体的にお肌が赤く、特に後方の四肢ふともも部分が
自分で噛んでいてとても赤くなっていました。
お腹も肛門周りもバリカンを当てずにハサミで仕上げています。
肛門腺がとても多くたまっていましたのでしっかり絞っています。

とてもお肌がしっとりなって薬用シャンプーが合っているみたいです♡」


と、コメントを頂きました。
DSC07835


今日で約一週間たちましたが、結果は二重丸

ルーク自身もカユミを感じる気配もなく
現在もフワフワのパピヨンスタイルを保っています。

振返ってみると、今までは一週間過ぎたころから
ちょっとカミカミ・ナメナメをしていたような記憶が。

こんなことなら早くやってあげると良かった。
しかし、シャンプー一つでこんなに変わるものなのですね。



     る「母、ボク、薬用シャンプー好きです」
DSC07812


 

食事内容で体調すぐれぬルーク。

ここ数日から、様子がおかしいルーク。

一昨日の土曜日に夕ご飯からそれは始まりました。

いつもとまったく同じメニューの豚しゃぶ&野菜。
「どうぞ」と与えて、目を離して数分後

「ぎゃん、ぎゃぎゃーん!」

 と、ものすごい鳴き声を上げたかと思うと
ゲージの中で暴れ出したルーク。

飼い主、もう、オロオロ状態です。 

足をひねったのか
それとも、ごはんがおかしかったのか。

結局、原因わからぬまま。
でも、なんとか落ち着いてきたのでいつも通りに過ごしていました。

DSC07361

そんな中でも、日向ぼっこ兼ねたお散歩は大好きで
飼い主が散歩スタイルになると、待ちきれない様子。
翌日の日曜日は、こんな感じでルークも外の空気満喫。

DSC07360


そして、今朝。火曜日。

ちょっと寝坊してしまった飼い主。
いつもはごはん後にトイレがルークスタイルですが

ご飯の用意のため、ハウス&ゲージに入れると
すぐさまもよおしてくれました。
そして、しばらくして大きなほうを催した様子。

実は、これからルークの様子がおかしくなってしまいました。。。

するっと出る様子ではなく
ひゃんひゃん鳴きながら辛そう。。

ようやく、ウンチをしたのはしたのですが
もう、そのあとの機嫌の悪いこと悪いこと!

そして、ウンチをよくよく見てみると、粘膜状が見てとれます。
これは、腸が傷ついている証拠。

「あ、なにが原因だったんだろう」

と、よくよく見てみると。。。
消化されていない人参がゴロゴロ!

そう、実は人参や大根等々、野菜スティックが大好物。
たしかに、先日から与えた量が多かった。。。

ルークは、パピーの頃からデリケート。
消化が悪いときは、てきめんに具合が悪くなるのです。

結局、朝ごはんも食べることなく
いまだに食欲戻らず機嫌悪く寝ています
DSC07406

調子が戻らなければ、さすがに明日は動物病院行ってきます。


ルーク、ごめんね


 

鼻の色が白っぽくなってきたような。。。

この2ケ月位前から気になることが
ルークの真っ黒だったお鼻がちょっと白っぽくなってきたこと。

なんか、泣きそうな顏のルークですが
鼻先の色素がちょっと薄くなっている様子がわかりますか?
DSC06851


こちらは3か月前のルーク。
顔の角度が違うとはいえ、お鼻の色は真っ黒でした。
DSC06473

いろいろ調べてみると、今現在でわかっているのは「老化」
しかし!まだ2歳と半年ですからね。

やはり病気の関係なのでしょうか?
もう少しリサーチをすすめてみないといけません。







メッセージはこちら

 

名前
メール
本文
ルークの愛用品
【必需品/関節炎サポート】

共にアイハーブから購入。

炎症対策トラウメール

関節サポートのジール

ヒアルロン酸+コンドロイチン

肝臓ケア用ミルクシスル



【ダニ・ノミお断り】

ノミ、バッチリ捕獲!


ルークもネコ姉妹も愛用



性格・誰にでもフレンドリー
先代ルーク
最新コメント
記事検索
みなさん、良い一日を♪
ギャラリー
楽天市場
  • ライブドアブログ