パピヨン備忘録 2014年から関節炎闘病記。2016年虹の橋へ。飼い主ペットロス脱出中。

パピヨンの子犬に一目ぼれ💛20年ぶりに愛犬が我が家へやってきた嬉しさ!本ブログは、忘備録&家計簿代わり&日常の忘れぬ記録でしたが、2014年からすっかり闘病記(?!)となってしまいました。原因は不明。大学病院の先生から「生まれ持った運命としか言いようがない」とのコメント。今は、虹の橋の向こう。2016年9月8日に渡ってしまいました。残された飼い主がツラツラと書き綴っています。

病院いきました。

モキシハートタブKSの価格 (病院での処方のお値段)

今日は、パピヨンルーク、ご機嫌の日です。
なぜなら、大好きな「モキシハートタブKS」がもらえるからです

見てください、この注目度!

る「母、まだ待つんですか!?」
DSC00100

このモキシハートタブとは、フィラリア予防のお薬で、約半年間毎月一錠服用します。
理由は、蚊が刺す→体内で卵がかえる→幼虫、薬で抹殺。という流れだからです。
DSC00105

このようなパウチに入っています。
DSC00097

なんか、後ろのルークふてくされていますが気にせず・・・
DSC00096

毎年5月ごろに病院に行ってお願いをしています。
7ヶ月分で6300円ですが、一括購入で1200円お値引きしていただいて5100円です

我が家は投薬予定日も、忘れないようにすぐに記入!
DSC00107

粒はかわいい肉球マーク付き。
ルークは体重が3キロですのでモキシハートタブ7.5です。
DSC00099

ちなみに、ルークが我が家にやってきて
初めてのフィラリア対策に頂いていたお薬はミルベマイシンでした。
その後、関節炎を発症してから現在のモキシハートタブに変わりました。

現在のモキシハートタブは成分が、より優しいお薬。と聞いています。
ミルベマイシンの有効成分ミルベマイシンオキシムは、フィラリア、回虫、鉤虫、鞭虫に効くそうですからより強いのでしょうね。

【ご参考 モキシハートタブの成分】

本剤の主成分であるモキシデクチンは、Streptomyces cyaneogriseusが産生するマクロライド系化合物ネマデクチンの誘導体で、抗菌性はなく、広範囲な抗寄生虫活性があります。本剤は、飼育履歴の分かる国産牛肉など嗜好性の高い原料を賦形剤に使用し、犬が吐き出さないで好んで摂取するように開発されたチュアブルタイプの錠剤です。1ヵ月1回の経口投与により犬糸状虫を予防します。
※フジタ製薬のホームページより引用しました。

 

寝起きのボク、ごはんまだいらないよ~とボーっとしているときでさえ(犬なのに!)
こんな風にお目めキラキラになるフィラリア予防のお薬。
DSC00100
ルークさん、今年はあと6回いただけますよ
る「ぼく、だーい好き


ノミとりホイホイ記事はこちら→★

順調に回復のルーク

さ、ルークさん。
先生に健康診断をお願いしましょうね。

る「はい」
DSC08887


本当は、年末に伺うべき病院!だったのですが
ルークの体調がいいこともあって、今日になってしまいました。。。


目の前に見える看板が、ルークのお世話になっている病院です。
手前の駐車場にルークをおろすと、なんと病院までテクテクと
この距離を歩いてくれたんですよ~♪(喜)
DSC08872



待合室では、いつも通り受付のお姉さんがたに遊んでほしくて
もう、落ち着かない、落ち着かない!
そして、早く診察室へ入りたくて、もうウズウズ状態です
DSC06580


可愛いマルチーズちゃんを連れたご婦人
「まぁ!病院でこんなに先生の所に行きたがるワンちゃん、初めて見ましたわ!
うちのこなんて、ほら、もう、嫌がって嫌がって。こんなワンちゃんがいるのね~」

と、ルークをナデナデ。

しかし、ルーク。
ご婦人に撫でていたたきながらも視線は受付と診察室
もう、すごい集中力です
DSC06580



先生に呼ばれると、尻尾フリフリ飼い主なんか置いて
診察室へすごいスピードですっ飛んでいきました。
(と言っても、ねじ回し人形がカタカタカタカタっと小走りに行く感じです)


ルークの状態に、先生も満足顔。
先 生「今日は、本当に目も輝いているし、顔つきも良いですね。」
飼い主「はい、1月19日頃を境に、本当に生き生きしてきました。
     今日も、あの駐車場からここまで自分から歩いたんです」
先 生「そうですか、あまり無理はさせないように(笑)」


食欲も旺盛になっていて、飼い主もホッとしています。
現在、二日から三日おきに与えているお薬はこのまま継続。
ルークの様子をみながら加減していくことになりました。



状況もいいので、今回は血液検査もナシ。
今日も病院に大満足のルークと飼い主でした
DSC06590












 

再チェックのため病院へ

毎日、お薬の服用を始めてトータル10日間ほど。
ルーク体内で起こっている炎症状態のチェックのため
バスにゆられて病院へ向かいます。

る「母、どこへお出かけですか?」
DSC08888
飼い主「病院ですよ、先生に診ていただきましょうね」


この1週間のルーク。

11月 6日 ゆたぽんの「はい、ポッカポカですよ」の声がわかる
        不機嫌ではない。

11月  7日 食欲が戻り、朝晩共に手羽先と軟骨をペロリ

11月  8日 顔つきがずいぶん穏やかに。
        「ゴハンよ!」の声に立ち上がるように。

11月  9日 昨日、食べ過ぎたのか朝は食欲ナシ。
       抱っこするときに、ちょっと骨がポキッとなるような。。。

11月10日 快食・快眠・快便


そして迎えた本日。採血後、待合室で結果待ち。
DSC08891

そうそう、ちょうどマルチーズちゃんがやってきたのですが
もう、飼い主さんにしがみついてブルブル震えています。

聞いてみると病院が怖い。のだそうです。なんて愛らしい

ルークときたら、先生や看護師さんになでていただきたい一心で
かってに診察室や受付に入っていこうとする始末。
もう、尻尾ブンブンで楽しくて仕方がないようです。



さて、結果は。おっ、下がっています~
前回が19.6。まだ炎症状態ですがかなり改善されていて一安心です。
DSC08894


先生とお話しした結果、今月末にもう一度再診しなおすことに。
それまで、服用を続けることになりました。

るーくさん、あともう少しね。
DSC08893






 

症状思わしくなく病院へ

先月10月30日の夜から、ちょっとご機嫌斜めのルーク。
一ケ月服用していなかったお薬を投与し、お顔も
可愛いお顔に戻り、食欲も出て一安心していました。

11月1日に、他人が見るとわからない程度の
ん?足がちょっとおかしいかも、と一瞬感じた飼い主。

3日も元気な顏を見せてくれながらも
なんとなく。なんとなくドンヨリしたルーク。

そして、小刻みに震えています。
まだ、暖房を入れていない我が家。

すぐに、レンジでゆたぽんを準備し
ベッドに入れてあげると、気持ち良いようで
身体を緩めて眠ってくれました。




そして、今朝。

寝起きの機嫌が悪い。
「はい、ゴローン」の飼い主の声に反応せず
鼻にしわを寄せて、威嚇しようとしています。

いつもは、ゴローンと仰向けになったところを
抱っこして起こしてあげるのが慣習なのですが。。。

なんとか、なだめすかせながらベッドからルーク部屋へ連れ出し
チーズを見せると、食べてくれたので
念のためにお薬をチーズと共に服用させました。

その直後。
朝ご飯を与えようとしてから、もう急変です。
歯をむき出してものすごい剣幕で吠え掛かる。

病院に電話で経緯を話し、すぐに連れて行きました。

DSC08875
毛並みがボサボサ。具合悪いとすぐにこんな感じになってしまいます。

病院では、みなさんに愛嬌ふりまき元気なお顔。
でも、やっぱり覇気がないのです。
DSC08876

半年ぶりに伺った病院。
美容院から指摘されている皮膚のこと、お耳の汚れのこと。
それから、ここ最近のルークの様子を詳しくお伝えしました。

先生の顏も曇りがちです。
すぐに血液検査をしました。

結果は、炎症を起こしていました。
白血球数が21600にもなっています、これはきつかったでしょう。。。
目安は6000~17000ですから。
DSC08877

ルークの身体の中で炎症があったのですから
気分が悪く、つらかったでしょう。。。可哀想なことをしました。。。
DSC08878


炎症反応が19.6!
DSC08879

思い返せば、体重減を美容院で指摘されたときに気がつくべきでした。
猛反省です


今日から一週間、プレドニゾロンを毎日服用して様子を見ることに。
来週、また病院へ行ってきます。
DSC08880




 

犬の保険

パピーの頃から男気あふれたやんちゃルーク。
DSC00229


いつも一緒にお出かけし
DSC03312


立ち姿も美しく成長し
DSC02626


DSC02628



走れば、パピヨンらしく美しい疾走姿ルークは俊足パピヨン

DSC02776

こんなに、すくすくと元気に育ってくれる愛犬が
まさか、大学病院行きになるなんて夢にも思っていませんでした。


本当に、あっという間の出来事でした。

 
トイレのために立ち上がることさえもできなくなり
大好きなゴハンもまったく食べられなくなり、寝たきりの状態に。
みるみるうちに痩せてしまい、抱っこするとお尻の骨がゴツゴツとわかるまでに。
 140407_1215~001
普段は、ぜったいに寄ってこない姉ネコも
ルークの側から離れることなく、ずっと看病体制。


「犬の保険なんていらないわ~、ルークは元気だもん
 
と、豪語していましたので、当然、保険は未加入でした。


このブログを通じての知り合った
パピヨンお仲間の蘭ちゃんママのブログでも
保険のことをいろいろと書いていらっしゃって
つくづく考えるきっかけとなったわけです。
→パピヨンらん(蘭らん)のやんちゃ日記→★


現在では、毎月の病院代、
ホメオパシー等代々医療費が1万円前後程度で
すんでいますが、大学病院に通っている頃は

一回の医療費が2~3万円前後
我が家は福岡から山口へ通っていましたから
その交通費等々別途約1万円。
当初は月に2回通っていました。

ルークの場合、大きな手術の必要はありませんでしたが
それでも、そこそこのお金が必要でした。

犬の手術費用は車一台かるくかかる。というのは
けっして大げさな言い回しではありません。

支払ができずに泣く泣く愛犬を手放す方も
いらっしゃると知り、胸が痛みました

そして、意外にワンちゃんの病気と付き合っている
飼い主さんが多いという事実も、
ルークがこんな状態になったからこそ、初めて分かりました。

たしかに、普通にお散歩していると
元気に見えるワンちゃんしかわかりませんものね。


*********************************************

動物病院に行くと、たいてい「アニコム」が多いですけれど
調べてみると、たくさんのペット保険がありました。

保険を考えている飼い主さんは
できるだけ、たくさんのところから資料をもらって
検討することが必要だと、つくづく実感しています。
かわいいペットの急な病気に備えて!! ←9つ保険がありました。


この写真は、まだ、立ち上がれないけれど「お座り」ができるようになった頃。
大学病院に通い始めて1か月後の姿、こんなにいいお顔は1年ぶりでした
DSC05856
           る「ボクはいつでも母と一緒がいいです



こちらの保険会社では、
いくつものペット保険の一括請求が無料できるようになっていましたよ。


入る入らないは、飼い主さん次第。
ただ、私のように食わず嫌いせずに
一度は、目を通しておくことも必要だと感じています。 

抗生物質とのサヨナラの予感♪

2ケ月ぶりに病院に行ってきました。
こんなに期間があくのは発病以来初めてです。

3月に入ってから、メキメキ好調のルーク

ルークの体調とお顔の様子。そして、飼い主の判断によって
ステロイド系抗炎症薬の1つである「プレドニゾロン」を
4日に4分の1錠づつに減らしていました。

もしかしたら、

もう飲まなくてもいいですよ。

なんて、言っていただけるのではないかと
妄想膨らむ飼い主。

「ルークちゃん、どうぞ~」
の先生の声に、待合室から診察室へ一目散に駆け寄るルーク。
先生も看護婦さんもだいすきだからね。

ルークのチョコチョコ急いで向かってくる姿に
先生も、ずいぶんよくなりましたね~とビックリの様子です。

この、ルークにしては走っていると思われる
ねじまき人形のような姿、可愛くってたまりません(笑)
DSC07499

先生も、「もう、大丈夫そうですねぇ

そして、現在のお薬の与え方などなどをお話ししたら

「お薬、あげなくても大丈夫かもしれません」と、先生。

飼い主、内心ビックリ!

「今、4日一度ですから、1週間に一度で様子を見ましょう
  この様子でしたら、あげずに済むかもしれません。」


飼い主、大興奮

「今回、お薬は前回と同じ分量は出しておきます。
  ルークちゃんの状態をみて、今までのように増減してあげてください」



よかったよかった、本当に良かったです


今日から、プレドニゾロンは1週間に一度程度
トラウメールとジールはそのまま続けて様子をみようと計画しています。
DSC08098

  る「だから、ボクはちゃんと元気になるっていっただろ」


 

大学病院の先生へ近況報告。

去年2014年の4月9日に初めて
山口大学の動物医療センターにお世話になりました→★。 

9月まで7回、家族総出で丸々一日かけてのドライブ。
おかげで山口湯田温泉付近のランチ事情にも詳しくなりました(笑)

大学病院卒業の9月8日→★。以降は
ご紹介くださった福岡の病院に通っています。

さて、振り返って一年。
大学病院の先生には本当になんといっていいのやら
言葉が見つからないくらいに感謝いっぱいの飼い主。

もちろん、その場で大学に連絡してくださって
飼い主の背中を押してくださった福岡の先生にも
足を向けて眠れません


気持ちを形に

そうだ、と思いついて御礼のお葉書を出すことにしました。
で、作成したのがこちら。
DSC07903

回復の姿をなんとかお伝えしたいと
エレベーターに乗り込む連続写真を入れてみました

そう、先生たちは病気になった姿しか会えないですからね。

喜んでくださるかなぁ



山口大学動物医療センター→★
 

ルーク、やはり病院へ

水曜日。朝からこんな感じのルーク。 
DSC07492

いかにもご機嫌ななめ。というお顔です。

朝、抱っこするとお腹が何だかしっとりしている。
ちょっと前から、なんか変だな、と思っていましたが
どうも、おもらしをしている様子です。
ベッドの中のバスタオルもおしっこで濡れています。

その一方、ごはんを食したら、ちゃんと4つ足で立って
「しーっ」としているんですが。

今日もごはんを食べ、問題のトイレも見届け
ルークが自由に移動できるようゲージを開け
仕事に直行した飼い主。

早く切り上げられたので昼過ぎに戻ると
カーペットに500円玉大の湿り気が5ケ所も!
DSC07497

これまた、実は2日ほど前から、カーペットが10円玉くらいに湿ってまして
ん?ワタシ、お水こぼしたっけ?と、まさかルークとは思わずに。

急いでルークを抱き上げるとお腹がぐっしょりです。

これは、いかんと動物病院へすっとんでいきました

飼い主の心配をよそに
診察台でも立ち上がって先生に愛嬌ふりまいています。
DSC07499
ここ、一週間の状況を説明し、すぐに採血をすることに。

食事の件が問題だったのでは?と伺うと
それは違うでしょう。とのこと。

結果ですが、炎症も起こしておらず
とりたてて異変は見つかりませんでした。ちょっと安心。
DSC07507

DSC07506

現在、服用させているお薬を1週間のみ毎日服用と
ホメオパシーは倍量にして様子を見ることにしました。

DSC07501



この可愛いお顔は帰りのバス車中にて。
DSC07503
ルークさん、明日から母は出張で実家にお泊りなんですよ





 

病院の先生も顏がほころぶ回復ぶり(*´▽`*)

今月に入ってから、顔に勢いが出てきたルーク。
体調チェックとお薬を頂きに動物病院へ行ってきました。

     る「母、お出かけ一緒がいいです」
DSC06587
はいはい、一緒に行きましょうね、今日は病院ですよ。

          
         る「もう、ボク元気だよ」

DSC07147


さて、ルークを見るなり「ずいぶん元気になりましたね!」
と、半分驚いた表情で顏をほころばせる先生。

最近の様子をお伝えし、状況がいいことに安堵しました。
ちなみに体重は3.52キロ。

今までは月に2回ペースで通っていましたが
1ヶ月のペースでもよいでしょう。と先生。

現在の調子が良いので、
お薬等々は現状で様子を見る。ということになりました。

看護師の皆さんが大好きなルーク。
結果がよかったことに安堵しながらお薬準備を待っている間

「わんっわんっ!」
通訳
「お姉さん、ボクのところに来てナデナデして!」

DSC06580
もう、恥ずかしい飼い主。

訴え吠えのしつけをしなければ
でも、なんだかんだ言っても元気がなければ「ワン!」もなし。

ありがたいことです

病院後、実家に立ち寄りお留守番だった我が母親に報告です。

        る「あっ、おかーさん!」
DSC06746

    る「ボク、元気になったよ、歩いてみせるね」
DSC06748





今年最後の病院に行ってきました、また太ってました。

バスタオルに包まれて今年最後の病院です。

なぜ、バスタオルに包まれているのか。というと
ワガママ坊主のルーク、我が母親にガウッなんですよ
しかし、そんなことでへこたれない我が母親。

ルークをバスタオルで捕獲(?!)して
涼しい顔で抱っこ中。というわけ。母は偉大
BlogPaint


        る「外はお天気だね
BlogPaint



年末ということもあり、患者さんがひっきりなし。
こちらは15歳になるご長寿ワンちゃん。
DSC06982

ネコちゃんは、みんなゲージ入り。
今日だけでも5匹待っていました。
DSC06979

ルークは、看護師さんたちに構ってほしくて受付ガン見中
DSC06978


さて、診察台ではおとなしく聴診器を当てていただき体調チェック。
前回の血液検査の状態も良好で、お薬が徐々に減ってきました。

体重チェックをしたら、なんと3.6キロ!

確実に。間違いなく、増加中

ルークの健康状態に異変は出ていませんからいいんですが・・・
あ゛~夏から年末にかけて2.9キロに落とす予定だったのに

DSC06981
         る「母、気にすんなよ」






病院に行ってきました。

ルークの状態チェックとお薬をいただきに
病院へやってきました。

さ、ルークさん。
診察室まで歩いて見せてくださいね。

                   診察室ドア
                      ↓
DSC06743


   る「ボク、疲れますけど、なんとか歩けました。」
DSC06745

実は、プレドニゾロンを3日に2回服用させるところを
3週間前から2日に1回のペースに落としていただいていました。

数か月前の山口大学では
2日に1回にしたところ、あまり芳しくなかったので
結局3日に2回に戻り落ち着いた経緯があります。

ルークの歩き方を見ていると、なんとなく
筋肉に力が入りづらいような。。。

飼い主としてもドキドキの病院行です。

画像ありませんが、ルークの細ーい足に
チューブを巻き付け、採血

さ、結果は!
DSC06753

炎症は心配なし\(^o^)/
このまま、2日に1回ペースを続けることになりました\(^o^)/

あ゛~よかったよかった
DSC06752

これから、寒さ本番に向かいます。
シングルコートのパピヨンかつ、現状。


プレドニゾロン。
ホメオパシー2種
そして寒さ対策。

この三本立ててルークの回復を加速させます

あ、そうそう。
体重が3.45キロになっていました



 

犬にホメオパシー(身体の自然治癒力を引き出す)

ちょっと日記が前後していますが
9月26日(金曜日)あらためて動物病院へ行ってきました。

   る「ボク、診察台の上でもお利口さんです」
DSC06598

月曜日の記事にも書きましたが、ルークの状態から
できるかぎり体に負担の少ない薬を処方していく方針です。

プレドニゾロンのおかげで
奇跡的に回復してくれましたが、やはり薬の作用は強烈。
1ヶ月ほど前から、抜け毛が多くなってきました。
薬のことを調べていた中で、副作用のリスクにもあったものです

とはいえ、やめて再発してしまうと努力が水の泡

プレドニゾロンをさらに減らしていくべく
ルークの回復力に期待しています

さて、今日は処方いただくお薬を頂きに。
今回は、漢方ではなく、ホメオパシーで対処していくようになりました
ちなみにプレドニゾロンは併用しながらです。


ホメオパシーとは自己治癒力を使う同種療法。
詳しくはこちら「日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)」


処方していただいたのは「トラウメール」と「ジール」の2種


※以下メーカーサイトから引用
********************************
Traumeel〈トラウメール〉
 
◆筋肉痛 
◆炎症 
◆スポーツ損傷
◆打撲傷 
以下への高度な軽減
◆ 筋肉痛と炎症 

≪アトピー性皮膚炎・歯肉のポケットの化膿・近視・脳震盪症・
捻挫・すじちがい・肩凝り・腰痛・麦粒腫・腱鞘炎・乳腺・肝炎・
眼痛・角膜炎・緑内障・白内障・炎症性のリウマチ・切り傷・
骨膜炎・中耳炎・静脈洞炎・膠原病・歯周炎・口内炎・口臭・網膜色素変性症


Zeel 〈ジール〉 

関節痛、変形性関節症、関節硬直の軽減のために

◆関節痛 
◆変形性関節症 
◆関節硬直 

≪関節炎・リウマチ・神経痛・脊髄の痛み・膝関節炎・股関節炎・
変形性関節症・肩関節周囲炎(五十肩)・脊椎関節症・腱、靭帯および骨膜への負傷・痛風


Traumeel™,のメーカーから、
合衆国において一番をセールする全て自然のままの痛み止め。
安全で効果的です-Zeelは、臨床的に証明された薬剤であり
、骨関節炎の症状を穏やかにし、和らげ軽減します。
Zeelは、関節と軟骨の機能を改善する上、痛みと堅さを減らすのに役立ちます。
Zeelは、他の医薬品と同時に摂取しても可能です。
また、ほとんどの場合副作用は起こりません。
また、局所使用に軟膏でも利用可能です。


*******************

今後は、一か月ごとチェックとなりました。


さ、ルークは。。。
DSC06588

健康診断にやってきたミックスの7ヶ月のレディちゃんとご挨拶。

DSC06589
 
やってきた皆さんに頭をなでてもらって満足顔。
ホントに人好き&犬好きなパピヨンです


【必需品/関節炎サポート】
共にアイハーブから購入。
炎症対策トラウメール
関節サポートのジール



 
みなさん、良い一日を♪
ルークの愛用品
【必需品/関節炎サポート】

共にアイハーブから購入。

炎症対策トラウメール

関節サポートのジール

ヒアルロン酸+コンドロイチン

肝臓ケア用ミルクシスル



【ダニ・ノミお断り】

ノミ、バッチリ捕獲!


ルークもネコ姉妹も愛用



カテゴリー
性格・誰にでもフレンドリー
先代ルーク
最新コメント
メッセージはこちら

 

名前
メール
本文
記事検索
ギャラリー
楽天市場
  • ライブドアブログ