パピヨン備忘録 2014年から関節炎闘病記。2016年虹の橋へ。飼い主ペットロス脱出中。

パピヨンの子犬に一目ぼれ💛20年ぶりに愛犬が我が家へやってきた嬉しさ!本ブログは、忘備録&家計簿代わり&日常の忘れぬ記録でしたが、2014年からすっかり闘病記(?!)となってしまいました。原因は不明。大学病院の先生から「生まれ持った運命としか言いようがない」とのコメント。今は、虹の橋の向こう。2016年9月8日に渡ってしまいました。残された飼い主がツラツラと書き綴っています。

犬とお出かけ(日帰り)

ルークと栗で復興支援~人吉編~

パピヨンルークが虹の橋を渡り、5日目。

飼い主は以前から予定していた、旅行へ。

いつもお世話になっている皆さんと一泊二日の旅行を楽しんできました。

その名も「肥後もっこす応援団」
DSC00311

そう、風評被害で、観光も激減。少しでも、お役に立つべく、「肥後もっこす応援団」と旅行企画が立てられたわけです。総勢21名。それはそれは賑やかで、久しぶりに大笑いしてきました。

このメンバーはほぼルークのことは知りません。

したがって、当然ながらルークが話題にのぼることも一切なく、飼い主も見送って5日立っているので、口を開いたとたんに涙がダ~っ!は卒業していた頃でもあり、ちょうど良いタイミングだったと思います。


福岡博多から、熊本まで新幹線。そしてSL人吉に揺られ、一行が向かった先は、熊本の人吉。
main
車内もとても素敵なのです、JR九州にリンクしておきますね→★

人吉で、まず向かったのは、人吉城跡。
DSC00299
※日本百名城の一つである人吉城跡は、鎌倉時代から幕末までのおよそ700年間、相良家の中心だった中世城趾で、球磨川と胸川を堀がわりにした特異の築城と、江戸時代末期に施された石垣のはね出し武者返しが、我が国の築城史上でも珍しい遺構です。

下の画像は、人吉市の国指定史跡・人吉城跡の敷地内に井戸の見学に向かっているところ。DSC00302
こんな広い場所を見ると、やっぱり思い出しちゃいますよね。

走る!
DSC02574

走る!
DSC03210

走る!
DSC03274

この走る写真は1歳ころルークでしょうか、発症前ですね。ものすごいスピードで疾走するパピヨンだったのですよ。

それから「肥後もっこす応援団」が向かった先は、球磨川川下り!

※画像はお借りしました。
9305_6

約40分のミドルコースはゆらゆら揺られて、とってもいい気持ち。途中、飼い主、船を漕がせていただいたのですが、まったく進まない~

「ルーク母さん、船、進まんよ~!
「ルーク母さん、漕がんね~!

と、皆様から野次。もといエールを頂きながら、格闘しておりました(笑)
s06

その後、ここ、人吉は焼酎のふるさと。その中の一つ、松下醸造所さんへ見学。ちなみに人吉に焼酎蔵は全部で28あるそうです。

る「あれ?母は焼酎苦手でしょう?」

DSC02883
いいんです、肥後もっこす応援団で、震災復興支援だから

こちらには、全国的に有名な高橋酒造さんも。しかしまあ、よく皆さん飲んでました、お土産買いこんでましたこの一泊二日でかなりの経済効果を与えたのではないでしょうか?


宿泊は、温泉は130年の歴史を誇る、人吉旅館さんへ。温泉もトロトロです。
DSC00309

旅館の目の前には、国宝の阿蘇青井神社。それは素晴らしいですよ。


さて、タイトルにもありますが、この人吉は栗が名物

ほら、駅弁もこんな嬉しい栗めし
ekiben25
栗めし  ◆人吉駅・「いさぶろう・しんぺい」車内◆
1965年登場。その独特な栗の形をした容器と、一度食べたら忘れられない味から九州の代表的な駅弁として認知されている。ふたを開けた瞬間目に入る、甘い栗が食欲を一層そそってくる。
◆価格/1,100円
◆発売元/(有)人吉駅弁やまぐち
◆電話/0966(22)5235


もちろん、他にも栗をふんだんに使ったスイーツも堪能。肥後もっこす応援団は、SL人吉が停まる駅で販売されていた栗を買い占めてしまっておりました。

ルークも栗が大好きパピヨンでした

る「母、早く、栗を蒸してください~」

DSC08551栗

る「栗~
DSC08560栗


今年は栗は豊作だそうです。虹の橋の向こうのルークも「ルークさん、栗ですよ」の声にすっ飛んできそうですから、ルークと一緒に飼い主もたっぷり栗を堪能しようと目論んでいます。


この1泊2日。

ルークのことを当たり前ですが、思い出すこともありながら、でも、泣くことはありませんでした。旅行中、一人になることもなかったですし、ずーっと賑やかに笑って喋って過ごすことができていましたよ。

冒頭、申し上げたように、飼い主にとって、ちょうどいいタイミングだったのでしょうね


さて、みなさんも、九州熊本にぜひ、お越しくださいね。

熊本・大分地震の支援として国が180億円を出して九州割引をしています、個人での申し込みは必要だったと思いますが、申し込まずとも、大手旅行会社では、それらプランを取り扱っていると思いますよ。

今回の人吉旅館さんは難しいですが、熊本・大分は、ワンちゃんOKのホテル、旅館、ペンションもありますから。

今回、メインでお世話になった人吉地区の観光案内はこちらにリンクしておきますね。


る「みなさんも、復興支援よろしくね~ボクは栗で復興支援さ!

DSC08562

 

見つめるその先は。。。

ルークが目を見開くその先は。。。
 DSC09341


ヤギ。
DSC09857

ヤギ。
DSC09859

ヤギっ! 
DSC09858
 



 

梅を愛でるパピヨン

る「母、梅の花がいっぱい咲いてます」
DSC09463

今日は近所の公園へ。
久しぶりのポカポカお天気も加わり、たくさんの人が公園でくつろいでいました。
ワンちゃんもたくさん、飼い主さんと来ていましたよ。

DSC09464

DSC09465


る「きれいだなぁ」
DSC09485

 

 DSC09484
ルークのお鼻が三角形
そうそう、現在のルークはスノーノーズ中です、季節のバロメーターですね。





ドイツビールの祭典オクトーバーフェスト2015

●ドイツビールの祭典オクトーバーフェスト2015


こんなイベントが数年前からやっているなんて知りませんでした~
先日、知り合いと食事をしていたところ、このことを教えてもらいました。

ということで、
ドイツビールの祭典・オクトーバーフェストへ行ってまいりました
DSC08699



る「母、人がたくさんあっちに歩いてます」
DSC08698



る「母、すごい人です!」
DSC08701



る「あっちもこっちも人だらけです!」
DSC08704

会場中を埋め尽くす人・人・人!
みんな、ビールが好きなんですねぇ


そして嬉しいことに、ルークも会場入り大丈夫!
このドイツビールの祭典・オクトーバーフェストはワンちゃんも入場OK!
会場にはワンちゃん連れがたくさんでしたよ!

愛犬と一緒に楽しめるイベントって幸せですよね
DSC08705

会場に来ているワンちゃんは、みんなマナーがよく入っていました。
吠えつく子はいませんし、純粋に飼い主さんとの時間を楽しんでいます
DSC08710


DSC08712

そうそう、理由はわかりませんが、普段のお散歩ではなかなかあわない犬種の
ワンちゃんたちが多かったのが印象的でした。

日本狆なんてレアですよね、久しぶりに見てちょっと感激。
写真を撮りそこなったのが悔やまれます。。。

可愛かったのが、チワワちゃん。ルークに向かってダッシュで突進&お鼻ツン!
飼い主さんが血相変えて連れ戻しに追っかけていらっしゃいましたよ(笑)
DSC08708

さ、
ルークはそんなワンちゃんたちとのコミュニケーションも満喫し
飼い主たちはビールと食事をエンジョイ♪

ドイツらしい料理ばかりが楽しめました。
間違っても焼きそばなどのジャパニーズフードはありません。
おまけにワンちゃん専用のお食事はありません、あしからず
DSC08729

料理はこんなところだともっと高いと思っていましたが
まぁ、良心的な値段設定ではないでしょうか?

そういえばステーキの肉質がよくって
フェスなので料理は紙皿なのがもったいないなぁ。というくらい美味。
一緒に行った弟は「肉の専門家」。この値段は徳やね~と、驚いてましたから。


ビールはもちろん、ドイツビール。黒ビールが大人気で売り切れ店続出。
3件目にしてようやく見つけました、うん、美味しい
ビールはいいお値段かな。
目安が300mlが1000円前後、500mlで1400円前後。雰囲気代込みですね。
DSC08728

お得に飲むコツは、メニューが載っているチラシにクーポンがついているので
ぜひ、活用してください(笑)100円引きですから結構な金額になりますよ((笑))

飼い主一行は、お隣の人たちから
「これ、使ってください。僕たちいっぱい持っているから」と5枚ほどゲット♪
しっかり、使わせていただました。

そう、席は、長テーブルがドドーンとセッティングされていますので
お隣、前、後ろの方と程よい距離感。すぐに仲良くなれますよ~
積極的に他愛ないこと話しかけてみるといいですね。


ルークは、というと、ちょうど、飼い主の後ろ側に座ったファミリーとカップルから
「可愛い~」「おとなしい~」「お利口~」とナデナデされ満足顏。

みんな、アルコール入っていますからね、
誰とでもすぐに仲良くなれる。というものです、ビール万歳(笑)


時間ごとにドイツらしい雰囲気を盛り上げるイベントも。
舞台近くで楽しそうに踊る人たちを見ながら
そういえば、ルークにダンスを教えてたなぁ。と、ふと思い出してしまいました。
DSC08732



BlogPaint

ビールや料理の写真が少ないのは、すっかり撮影を忘れ食べ飲んでしまったから
ま、飼い主よくあることです

みなさん、各地であっているこのフェスタ。機会があったら愛犬ちゃんとぜひ。
公式ホームページはこちらです→ドイツビールの祭典・オクトーバーフェスト2015

る「しかし、よく飲みますね、母たちは!」





 


耳納連山の鷹鳥山801m

梅雨の晴れ間の登山は耳納連山の鷹鳥山801mを目指します。
DSC08178

DSC08148


こんな感じの小道が続く一方、小川が干上がったような道も。
DSC08146

ルークは、飼い主のスリングでお利口さんに抱っこ登山です。
DSC08147

DSC08176


DSC08177



この鷹取山山頂は見晴らし最高ですよ。
DSC08151


            る「う~ン、いい眺め」
DSC08160


DSC08166


            ちょっとおすまし。
DSC08163



下山は、途中から別ルートで「えぐ水コース」
DSC08173

この地区は、140年続く酒蔵もあり、豊かな水が自慢の土地。
DSC08180

土地が豊かで、水も最高。果物でも有名な場所なのです。

DSC08179


DSC08155

ルークも、ずいぶん歩いてくれて、夜はぐっすり。
いい一日でした




耳納連山の鷹鳥山801m⇒☆




 

花菖蒲の中、モデル気分(*´▽`*)

DSC08054

花菖蒲が美しい季節ですねぇ。
いつみても心洗われる気がしますが
雨の中に見ると、またその姿が引き立つ気がしますね。

お散歩コースに花菖蒲が楽しめる場所があるのです。
そう、我が家は中心部でありながら、緑に囲まれていて
四季折々をエンジョイすることができます。

早速、ルークと一緒に愛でることに
DSC08063

モデルにしては、ちょっとボサボサさんですが(苦笑)
DSC08066

ルークさん、お座りして。の号令にちょこんとお座り。

実は、ルークはカメラを向けられるのは大の苦手。
なかなかよい表情を撮るのに奮闘の飼い主です
DSC08068

そんな姿も、道行く人たちにはほほえましく映るらしく
「まぁ、お利口さん
「おとなしいですね~
「女の子ですか?
「抱っこしてもいいですか?

と、大人気のルーク。
ありがたいです、ホントに
DSC08055



 

花見前の登山 ~障子ヶ岳 福岡県田川~

天気に恵まれ、福岡県田川にある障子ヶ岳へ。

こちらのはご一緒した方の
フェスイブックページへのコメント。 
******************************* 
田川方面にある障子ヶ岳の初登山。
目的の山桜の開花は遅く蕾のまま。

ただ陽光桜というビンクの桜は
空を染めてしまうように開き、咲き誇ってました。

古城跡の山頂は広々とし、
ぐるーと360度回転すると筑豊の山々の大パノラマが見渡せました。
427m低山ながらも十分すぎる感激を得れたのです。

お昼は満開の桜の下でワインを飲み干し
自慢の弁当を食べ楽しいひとときを過ごしました。

*************************************** 

では、その模様ご覧ください。
DSC07686

えっちらおっちら歩きます。
DSC07689


おっ、もうすぐ頂上看板が。
DSC07691

あと一息っ
DSC07693

ここは古城跡。さらに歩みをすすめます。
DSC07695

到着!360度眺め渡せる素晴らしいところでしたよ。
DSC07701


ルークも記念撮影
DSC07696


喉乾いたからね、お水いただきました。
DSC07699


山頂には結構な数の皆さんが思い思いに楽しんでいました。
DSC07704

ふと、ルークがいない!

慌てて探すと見知らぬ団体の皆々様から
抱っこされたりナデナデされたりしているではありませんか

ルークのヨチヨチ歩き姿を
「ほら、ここの草は固かけん、ワンちゃんもソロソロ歩きよる!」

(笑)

どこに行っても可愛がっていただけるルークは幸せ者です


DSC07708




つくしとパピヨン

春を感じる「つくし」。
土筆って書きますが、まさしく筆の形ですね
DSC07594

     
     る「ぼく、食べられるんでしょうか?」

DSC07593




DSC07596

       
      春の週末の一コマでございました。
DSC07602




おみくじの結果は「グラジオラス」

すっかり投稿しそこなっていたことに気がつき今頃

1月5日はルークを連れて近所の護国神社へ
お散歩がてら足を運んでいました。

もう、 三が日も過ぎているので人も少なく
でも、なんとなく正月気分有り。という風情
DSC07123

ルークと一緒に「花みくじ
DSC07125

おお、なんと英語バージョンまであるではありませんか
花みくじの名前の通り、あなたの花がありました。
お花は「グラジオラス」

そして、無理せず、日々を過ごすように、とのこと。
DSC07126

         る「母、わかりましたか?」
DSC07128

ちょっと、グラジオラスの花言葉を調べてみましたよ。

グラジオラス Gladiolus

夏~秋の花(最盛期は7月)。
花色は赤、ピンク、紫、白、黄、オレンジ、青、緑など。


グラジオラス全般の花言葉

「密会」「用心」「思い出」「忘却」「勝利」
※色別の花言葉、由来、誕生花、西洋の花言葉(英語)などもあります。

 
色別の花言葉

赤いグラジオラス  「堅固」「用心深い」

ピンクのグラジオラス 「たゆまぬ努力」「ひたむきな愛」「満足」

紫のグラジオラス  「情熱的な恋」


花名の由来

花名のグラジオラスは、ラテン語の「gladius(剣)」を語源とし、
葉の形が剣に似ていることにちなみます。

アヤメ科の植物で、唐菖蒲(トウショウブ)や
オランダ菖蒲(オランダアヤメ)とも呼ばれます。

また、その葉の形から英語では「Sword lily(剣のユリ)」ともいいます。

花言葉の由来

花言葉の「密会」「用心」は、古代ヨーロッパにおいて、
人目を忍ぶ恋人たちがこの花の数で密会の時間を知らせていたことに由来します。

 
         る「母、勉強になったね」
DSC07131






 

今年の初登山は福岡・六ケ岳

今年初登山は福岡県の「六ケ岳」
ルークも、山登り仲間の美人さんと記念撮影
BlogPaint
山頂看板を見ていただくとお分かりのように339m。
往復1時間もかからない場所ですが、穴場なのです!
だって、山頂は360度見渡せる絶景!

が、当日は霞がひどく、画にならなかったので
どうぞ、こちらの方のブログをご参考になさってください←★

         
       る「母、ここは眺めがいいね」

DSC07154


ま、山に登ったらお弁当がお楽しみ。

飼い主「ルーク。まだよ」   る「・・・」

DSC07156


飼い主「よし、どうぞ」  る「パク」
DSC07157


ルークは大好きな人参。
飼い主は「ざ・日本」なお弁当です
DSC07159


DSC07162
しかし、この日は風がすごかった~
ルークがなびいているのがわかりますか?

風に飛ばされないよう、ひっしに踏ん張ってます
DSC07163

嬉しかったのは、久しぶりに会った山の皆様に

「ルーク、顔が元気になってきたね~
「身体もずっしり、健康的!
「おぉ、だいぶん歩けるようになったじゃない!

と、大絶賛
代わる代わる抱っこして可愛がってくれます

みなさん、生後6か月から元気に登山犬デビューしたころから
大学病院行きとなった弱々しいときも、すべてご存じ。

「頑張ってるルークは希望の星

と、自分のことのように喜んでくれたのがありがたかったです。
DSC07164

さ、登山もいいスタート
DSC07165

また、こんな風に歩けるのももうすぐよ、ルーク
DSC04180


動物愛護フェスティバルへ

11月最初の連休最終日の本日。
福岡市天神で行われた「どうぶつ愛護フェスティバル」行ってきました。 

目前が福岡市役所。
その真ん前の広場が会場です。
DSC06717

会場では、ご長寿ワンちゃんネコちゃんのお写真や
DSC06720

賢い介助犬君のデモンストレーション
DSC06726

さまざまな団体がブースをだして盛り上げていました。
DSC06728

DSC06729

もちろん、会場内はワンちゃんづれでいっぱい。
DSC06736


ルークは。というと。。。
DSC06732

他のワンちゃんや飼い主さんたちに構ってほしくてガン見です
DSC06742

ルークさん、いかがでしたか?

        る「ま、なかなかでしたよ」
DSC06739










 

阿蘇・杵島岳でくつろぐパピヨン

      る「みなさん、張り切ってますね」
DSC06530


さ、本日向かった山は九州、熊本県の阿蘇。
目指すは、杵島岳 (1321m)
DSC06531



         る「母、お馬がいっぱいいます」
DSC06536

この草千里ドライブインからほど近い展望台。
DSC06539

ここに車を置いて登山スタート
さすが展望台は阿蘇の広大な自然を眺め素晴らしいです。

DSC06537

ちょっと天気を心配しながらですが、スタート時点では晴れ間も。

DSC06544

舗装された山道から、急勾配のかなりの数の階段は、
けっこうハード。(飼い主帰宅後ふくらはぎ筋肉痛に)
DSC06545

時間的には40分程度で頂上へ。
しかし、地味~にハードでした~

DSC06547



みなさんに可愛がられてご満悦です
DSC06550


DSC06543

         
        る「ボクも満喫してます

DSC06553
ルーク右に見えるはルークをしょってるリュックです。↑

杵島岳しばし休憩後、往生岳を目指します。

しかし、しかし、なーんとなく気乗りしない飼い主
歩いて向かうけれど、心がときめかない。
こんなときは、直観に従うが吉

皆さんには、引き返すことを了承していただき
ルークを背負ってえっちらおっちら一人引き返したところ・・・
DSC06560
うえの画像の山、このてっぺんに向かうのです。

この山ふもとのアップが下の画像。
みなさん、山頂向かっているのですが、、、
DSC06561

みるみるうちに霧に飲み込まれてしまいました
DSC06562

しまいには、まったくもって視界ゼロの世界へ
DSC06568

その頃、飼い主とルークはその様子を山頂から眺めつつ
DSC06565

ちゃっかりお弁当を食べていました!
DSC06564


結局、みなさんも大事をとって登頂を断念。
ほどなく杵島岳にて合流。霧のなか、お弁当です
BlogPaint
                 る「ボク、ここにいます」


DSC06555


こんな天気ではありましたが、雄大な自然でリフレッシュ。
福岡への帰路には、野菜も買い込み大満足。
来月は九重へ紅葉楽しむ登山予定です

 る「ボクも大好きなサツマイモ買ってもらって満足です」
DSC06578

 

 

秋のお散歩 油山ちょっぴり。

DSC04289
ここは、福岡市民の憩いの場、油山。
ルークは、牛にはあまり興味がないようです

ぼちぼち、紅葉も色づき始めてきました
DSC04285

さっそうとお散歩
DSC04292

夏はカラカラになっていた水量もたっぷり
DSC04298

この橋、けっこうゆれるんです、コンクリートなんだけど
DSC04303

ダッシュ
DSC04301

秋空・秋晴れ
DSC04305

善き一日
DSC04286


 

パピヨンとキノコ狩り!

本日の戦利品がこれ!きくらげと柑橘すべて自然の恵み
DSC04254


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-


あまりに気持ちよいお天気に
ルークとピクニックを思い立った飼い主。
簡単ランチ持参で近所の公園へ行ってきました
DSC04246


中身は山盛り野菜とお稲荷さん、ルークおすそ分け用さつま芋
DSC04261

上の写真の顔アップ写真。おねだり顔になってますね
DSC04262


のんびりと食事を楽しんでいたら見知らぬオジサマがやってきました
DSC04263

そそくさと立ち上がるのもなんだかなぁ。と。飼い主躊躇している間に
早速、ルークはご挨拶。オジサマもイヌ好きなようです

なんとなく、世間話がはじまりオジサマのよーく手元を見ると
けっこう大きくキレイな「しいたけ」を持っているではないですか

聞くと、そこら辺から採ってきたらしい

どうも、その物体は「しいたけ」ではないらしいのですが
毒キノコではないのは確か。とのこと
いつも捕って佃煮にして食べているんだと

と、いろいろ話しているうちに
「そこらへんにあるよ」と、大きな切り株へ。

それが、この戦利品。というわけです
オマケの柑橘の木までありまして(笑)
秋刀魚に絞ったらおいしいよ~と、ちぎってくれました
DSC04255

いや~いつも来ている公園に、こんな恵みがあるなんて

週末、雨が降ったらまた来るといいよ、生えているから
と、ご丁寧に情報まで教えてくださるオジサマ。
他にも、銀杏ポイント、梅ポイントいろいろ教えていただきました


    る「母、ここにキノコありますか?」
DSC04253


実りの秋と人とのふれあい満喫のひとときでした
DSC04267


あ、本日の戦利品はしっかり洗って乾かし中
じつは、ちょうど買おうと思っていたんですよね、助かりました
DSC04269













イヌも疲れると食欲なし。

さて、くじゅう登山後、
父の日だったことと、お墓参りに行く。ということで
自宅へ戻らずそのまま実家へ。
もちろん、ルークも一緒です。

賑やかに夜を過ごし
ルークも家人やお客に愛想を振りまきまわり、
元気に目を覚ましたら晴天の中、墓参りへ。


お墓にはチョットばかり座れるスペースがありますが
「ハウス」の号令でちょこんとおさまる姿(笑)
DSC_1458

いや~しかし暑かった。みてください、この顔
DSC_1456

その後、ホームセンターにいったり食事に行ったり。

夕方前に帰宅するやいなや、ゴロっと横になるルーク。
そりゃそうよね、飼い主もおんなじ気分。

ルークの食糧も大量購入したので
その下ごしらえ中、大好きな手羽元を一本あげたら
なんと、そっぽ!

まさか、体の具合が悪くなったのか。
と、一瞬心配しましたが、ちょうどタイミングよくやってきた
母親に、またまた大歓迎の我が愛犬。
こんなにテンション高くて具合が悪いはずはない

結局、夕方のお散歩にも行くことなく
ごはんをたべることもなく
まさしく熟睡、いえ爆睡するルーク。
DSC03369

アップはこちら
DSC03371
ぐっすりです

9時ごろ、ようやく目が覚め
ご飯を食しとたんに再バタンキュー
DSC_1462
ぐっすり翌朝まで目覚めることはありませんでした

ほぼ、3日間愛想ふりまきだったものね。お疲れ様でした






 

犬ヶ岳は険しかった。~大分豊前~

すっかり元気になったルーク。本日も登山口にて登る気満々。
程近いところに車をとめて山登り開始です。
駐車スペースはぎりぎり2台くらいでしょうか。
DSC03053

さて、本日の「犬ヶ岳」とは
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-

犬ヶ岳は、標高1130.8m。
豊前連山の最高峰で恐淵、夫婦滝などの渓谷、笈吊峠など起伏に富むコースは
登山初心者からベテランまで楽しむことができます。
周辺のブナ林帯には、淡紅色のツクシシャクナゲが自生し、その広さは、約30haに達します。
5月中旬には、無数の花が咲き誇り、人々の目を楽しませてくれます。
また、九州自然歩道沿いの、犬ヶ岳~笈吊間の大群生は、国の天然記念物に指定されています。
 
豊前市ホームページより引用させていただきました
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-

DSC03121

DSC03153
ルークの眼下はこんな風景。
DSC03154


さすが「岳」がついているだけあって
山中、画像以上におっきな岩だらけ。
DSC03057
後ほど飼い主は、命綱となるクサリ一本で
「一日一善守りますから、日本中の神さま、助けて下さい~」
と、叫びつつ、よじ登る羽目となります

備忘録ゆえ、本日行程の覚書
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-

高速で北天神インターから大分自動車道日田インターへ。
212号線を中津方面に向かい、途中2号線に入り耶馬渓町から相の原登山口へ。
     

相ノ原・登山口~(林道50分)取り付き ~(40分)笈吊峠~(1時間10分)犬ケ岳
復路  : 犬ケ岳 ~(2時間20分)相ノ原・登山口

スケジュール 
天神~登山口 (2時間)  登山口~犬ヶ岳 (2時間40分)  休憩40分
犬ヶ岳~登山口 (2時間20分)  登山口~福岡 (2時間)

6時半天神集合&出発。17時頃帰福
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-

DSC03058

登り始めは、車も出入りしていたであろう
道路が整備をされているうえ、ポイントポイントに
登山道の誘導看板がついていますので迷う心配なし。
DSC03063

ちなみに、この看板のある道路は、
こんなに広い道の右側に突然出てきますから、
ペチャクチャおしゃべりばっかりしていると
見落とす可能性がないとは言えません。ここだけ注意
DSC03064

ここを入ると、いかにも登山している。っという道になります
DSC03066

DSC03068

DSC03070
大きな岩がゴロゴロでしょ。
登山でけっこう気をつけないといけないのが
手のひらにのるくらいの大きさの石ころがいっぱいの道。

人間は、気をつけないと足首ひねったりつまづいたり。
ルークは可愛い4本足なんでスタスタと登っていきます。

もう、自然のニオイ。クンクン嗅ぎっぱなし。
何を熱心に地面に顔をうずめているかと思えば・・・
DSC03074

蛇ちゃんの穴ではないでしょうか?
DSC03075

ご一緒するみなさんを振り返りつつ確認怠らず。
DSC03079

DSC03081


DSC03084

中盤、この看板のところからハイライトの道へ進むことになります。
DSC03085

テーブルセットもあるので、ちょっと休憩。
DSC03086

「るーくさん、今、ここにいるんですよ」  る「なるほど」
DSC03090

さて、ここからは「ご長寿組み」と「よじ登り組み」に分かれてGO
ルークは、万が一を考えて迂回路のご長寿組みに。正解でした
 DSC03093

飼い主一行は。。。

なんと、90度にそびえたつ岩肌をクサリ一本でよじ登る羽目に
ちなみに飼い主は腕立て伏せも出来ないヤワヤワ
img_276044_31731472_4
のぼるったって、足をどこにかけていいのか
飼い主、まさしく命がけです。ルークを迂回路にして大正解。

ぎゃーぎゃー叫びつつ、足がスクミツツ、デジカメ撮影。
DSC03094

DSC03095

今もって、自分がこんなところを登ったなど信じられません。

しかし。
ココを登っただけの甲斐はあるというもの。
なんと、シャクナゲの原生林がお出迎え。
DSC03103

実は、先月の母の日にこの犬ヶ岳を予定していたのですが
その日だったら、それはそれは素晴らしい別世界だったはず。
この原生林、何キロと続くんですよ、一度は見てみたいですね。
DSC03110

DSC03112

DSC03113

DSC03115

DSC03117

DSC03118




ようやく登頂
DSC03136
頂上は、風景を楽しむことができなかったのが残念。

る「母、風景なんかより、早くボクのおやつください」
DSC03141

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-

お昼を食べたら、元気に下山。
えらい毛並みが風にふかれて、砂埃にまみれてぼっさぼさですねぇ
DSC03149

下山時、目もショボショボしながら「ボク、歩かない!
いつものお昼寝の時間もないから仕方ないですね。

と言いながらも、ほぼ、1人で歩きとおしました。偉かったね

DSC03150
              藪椿が偶然、シャクナゲの上に

久しぶりの登山らしい登山を堪能。リフレッシュしました
DSC03120








 
        

低山登山~足立山(北九州)

いきなりメッシュなルーク
DSC02674

なぜなら、大活躍折りたたみクレートで快適ドライブ中
DSC02675

本日、目指す先は北九州市民憩いの足立山。
妙見神社さんから登っていきます。
DSC02726

お参りしたり、おみくじ引いたり
DSC02729


母「さて、ルークさん、今から山に登りますよ」


         ル「僕、頑張ります
DSC02735
小倉の妙見神社さまの狛犬は「イノシシ」なのです。
 そのご由緒はこちらのホームページから。
 漫画でわかりやすく解説してあります


さて、今回の登山事前情報はこんな感じ


登山口10時50分発。
いきなり急な木製階段の連続でかなり疲れる。
階段を登り切り樹林を抜けると
頂上が刈り払われた「小文字山366m」山頂11時25分。
小倉市街地が目の前に拡がる絶景。
景色を楽しみながらアップダウンの尾根道を進む。
左手は防衛庁の敷地で所々にフェンスがあり防火帯も続いている。

急峻な「妙見山」に近づくと直進道と
左に妙見山へと登る坂道に分かれているが、
今回は妙見山に一旦登ってみた。
社がある頂上から下った所で妙見神社からの登山道と合流。
ここから15分、最後のがんばりで急坂を登り
「足立山山頂598m」着12時30分。

DSC02709 

DSC02696

DSC02688

DSC02690

DSC02703

DSC02700
歩き出して、ちょうど半分地点かな、45分位歩いてます。
ルークさん、ご機嫌いかが?

ル「大満足です、それより母、歩くの遅いよ」
DSC02701

DSC02704

小倉市街地ほど近いところにあるにもかかわらず
「山登りしたっ」と言う気分になるすばらしい山です。
とっても気持ちがよくてルークも大満足。

事前情報どおり、けっこう登りが急ですが
さすが、一歳目前ともなると体が出来てきたおかげで
抱っこする必要もなく、サクサク登ってました。

DSC02707

途中出会ったお利口なワンちゃんに
熱烈アプローチするも完全無視され
DSC02708

DSC02723

ようやく、登頂
DSC02715

市街一望、関門海峡も見えます
DSC02711

ルークさん、眺めいかがですか?
DSC02717

気持ちよい晴天と素晴らしい景色を眺めながら、
飼い主はお弁当。ルークは休憩
DSC02719

山中途中の見渡しの良い道で
100メートルダッシュして遊んだり
すれ違う登山者のみなさまに愛嬌ふりまいたり
頭なでていただいたり
全行程約3時間、楽しく元気に歩いてくれました

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-

帰りはチョット寄り道して藤の花が美しい武蔵寺へ。
その近くにはシャクナゲも楽しむことができます。
DSC02754

小川が怖いルーク。頑として固まり動きません。
どうも、水は得意じゃないようなんですねぇ。抱っこで移動
DSC02756

DSC02757


さて、お目当ての武蔵寺は
樹齢1300年と言われている「長者の藤」があるのです、今が見所まっさかり
(ちなみに境内はワンちゃんお散歩NG。抱っこで行きます。)
DSC02744

る「おおっ、ブドウがいっぱいですか?」
DSC02745

母「ルークさん、あれはブドウじゃなくて藤の花」
DSC02746

る「・・・・・」
DSC02740

母「ルークさん、ステキねぇ!

ル「母、僕はいま、1300年の歴史を感じているのです」
DSC02747

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-


ルークの初登山は生後5ヶ月。⇒その日のブログはここ
ほぼ、毎月1度のペースで山に連れて行きますが
足取りがしっかりしていくのがよくわかります。
立派な登山犬になって下さいな

あ、ちなみにルーク愛用の折りたたみ式のソフトクレート
これがとっても使い勝手がよく、自動車移動の時はフル活用しています。
前からと横から出入り可能。
以前、ぺーっと粗相したときがありますが
水洗いできたので、本当に助かりました

友人たちのどこで買ったか教えてのリクエストで
ワタシも、このメモ代わりブログに書き忘れていて
改めて調べてみたら、意外に高くてビックリ。
小さいサイズでも5000円以上するのですね。

そんな高いものを買った記憶がなかったので
購入履歴を調べてみたら楽天で2,000円くらいでした。
(体重2.6キロのルークは小型犬・猫用のびのびと休める広さです。)
備忘録もかね、こちらに買った先をリンクしておきますね。

ただし、これはキャリー式ではないので手に持っての移動は
キャリーバッグをオススメします。我が家も使い分けしています












福岡低山ハイキング♪ 道案内付き

駐車上で出会ったノーリードのキャンディちゃん。女の子
飼い主親子サンをほったらかし同行してくれました(笑)
DSC01967
毎日、ゆうゆうと山の中を走り回っているんでしょぅね。
ノンストレスなほんとに優しい顔
ワン!と吠えることもなく皆にフレンドリー。
ルークとも仲良くしてくれました、ありがとね。
DSC01966

さて、今回やってきた福岡県糸島方面にある
DSC01962
「男天ヶ岳」と「女天ヶ岳」ハイキングコースです。
DSC01957
DSC01958
でも、登山スティックは必須です。
かなり急勾配、ハイキングコースと侮ったら大変なことに

DSC01970

ハイキング後はイノシシ料理の店へ。
こちらの看板犬(?)はバーニーズのくまちゃん。男の子。
DSC01975

こちら「猪料理狩人」は絶品ですよ。
DSC01974
DSC01972

ひょうたんもお迎えしてくれる、ホント民家ですが。
DSC01971

ちなみにルーク持込はNG。
この、ひょうたん部屋には置いても良い。とのことだったので
車中温度上昇時期も安心して寄れますね。

とはいえ、狩人ご夫妻共にワンちゃん大好き。
くまチャン以外に数頭いるのだそうです。
帰り際には車中でお留守番していたルークを抱っこしに来てくれましたよ。

ここは、ぜひともまた行きたい一軒です。


山登り ~柑子岳→牡蠣小屋~

に乗ってやってきたのは
DSC01641
 
福岡県糸島地区の柑子岳(こうしだけ)
標高254.5mのハイキングコースへ行ってきました


        ここが「駐車場」兼「登山口」
                  ↓
DSC01642

DSC01650DSC01652

初めての場所に大興奮、もうニオイ嗅ぎまわりっぱなしです

           ル「おとーさん、まだかいな?」
DSC01654

正味30分もかかることなく、あっという間に山頂へ
DSC01665
DSC01662
DSC01674
見晴らし最高です

山頂は、意外に広く、ちょっとした広場
DSC01668
なんか、足の踏ん張りがきまってますね、るーくさん

ここは、歩きやすく整備されているので帰り道も安心
DSC01685
DSC01688
DSC01690

そして
人間のお楽しみ。旬の牡蠣小屋一直線
DSC01701

お店の方にダメもとで「ペットいいですか?」と尋ねたら
「庭だからいいですよ~」と、なんとOK♪
そうは言っても、他のお客様のことを考慮しクレート持ち込みました。
飼い主的に車の中においておくより安心というもの。


これが、愛用クレート
折りたたみ式のソフトタイプ。とっても便利ですよ


         ↓
DSC01707
ちなみにクレートはSサイズ愛用。2.6キロのルークには十分。
DSC01697

DSC01709
人間達が、牡蠣で大宴会中、山登りの心地よい疲れに
大人しくしていたルーク。おりこうさんでした






興奮と緊張でヨダレがすごいことに。。。

お天気に恵まれた本日。
バスセンターへやってきました。
DSC01242












DSC01243
















                         ↑
                     ルークのキャリー

そして、高速バスに乗って向かった先は。。。

パピヨン愛好家のオフ会
ルークを譲り受けたブリーダーさんご自宅の裏手に
会の皆様が協力してランスペースを作られたのだそうです。
DSC01248
 














このような場所にはじめて足を踏み入れる飼い主とルーク。
ドッグランも初めてならば
お会いする方々もまったくもっての初めてづくし。

普段のお散歩では、フレンドリーさ満開のルークも
見たこともない大勢の人と
元気に走り回る可愛いパピヨンちゃんたちに興味津々
DSC01252














        
   迷彩柄の洋服がルーク



image 





でも、興味しんしんながらも腰が引けてます


DSC01276

 












ルークがワンちゃんたちへ挨拶している間に
飼い主も、愛好家のみなさまへ恐る恐る(笑)ごあいさつ。

でも、皆さまのほうがだんぜん優しくて
「この子のお名前なんて言うんですか?」
「我が家の○○ちゃんにお顔が似てます」
「パパとママは誰ですか?」
など、さすがブリーダーさんから広がったご縁。
飼い主も少しづつ緊張度解消です

今回、とっても嬉しかったのが
ブリーダーさんのご好意で親子スリーショットが実現

     ママ        ルーク      パパ
      ↓          ↓         ↓

DSC01268














デジカメ構えて、何枚撮ったことやら。。。
これが一番まともな一枚。

お顔や外見は美人ママ似のようです。
ピンと耳を立てて、四肢でリズミカルに歩く姿は
飼い主が一目惚れしたパパに似ているかなぁ。
パパは男気あふれているしっかりした性格なので
その部分が引き継がれているような気が

が、今日はまだまだですね。耳が寝てしまってます
DSC01274.JPG















サークルの中に入れられ、
知らないワンちゃんたちに囲まれ緊張度ヒートアップ
DSC01279















なんとヨダレでちょうちんができてしまいました
image2


 
















途中から、口周りがヨダレで大変なことに。
拭いても拭いても出てくるヨダレ。
なにが起こったのか皆目見当つかない飼い主。

飼い主、初めて知ったのですが
犬って緊張度が高まるとヨダレが大量発生

みなさんから
「うちの子も、最初はすごいことになっていましたよ」
とか
「この子も、おんなじですよ~」
など、優しく教えていただきましたが
まだまだ知らない生態がいっぱいあるのですねぇ。 
ティッシュ必須です

小一時間ほどの滞在でしたが
ヨダレ三昧になっても、興味はつきないようすのルーク。
また、連れて行ってあげますね

生後5ヶ月の初登山

秋晴れ気持ちのよい本日。
ルーク、生まれて初めての登山デビューです。
お散歩では3キロ位平気で闊歩しているのですが、どうなることやら。
ソフトキャリーを後部座席に積んでいざ出発

DSC0069550.jpg
2時間近いドライブも初体験なので
早起きにもかかわらず朝食はちょっぴり。
車酔いしてペーってしたらいけないですからね。

途中、玖珠インターでトイレ休憩。
人間とともにルークも無事オシッコしたので安心していたら
車中に途中でキュンキュン鳴くルーク。
もしや・・・が的中、クレート内でしっかりウンチ
ウンチまでは飼い主、気がまわっていませんでした

気を取り直しまして

向かった先は九州大分の久住山。
初心者にも比較的楽に登ることができる「牧ノ戸峠~久住山コース」です。
DSC0070150.jpg

外面のいいルーク。
「わぁ、可愛い~」
「まあ、おりこうさんね~」
と、優しい登山客の皆様に声をかけられご満悦のご様子。
足取りも軽く、さっさと歩いていきます。
DSC0070650.jpg

もちろん、岩場のところは即抱っこ。
歩くのは足場の良いところのみ。まだ5ヶ月ですからね。
そうは言っても、本人けっこう頑張って歩いてました。
さすが男の子。
DSC0071050.jpg

登頂記念になる写真がなく残念ですが。
DSC0071550.jpg
無事山頂に到着。
心地よい山の風に吹かれで気持ちよさそうな顔。
なに、考えてるんでしょうねぇ。
DSC0071250.jpg


紅葉もきれいだったですよ。
来週のほうがより美しさが増すはず。
DSC0073250.jpg
癒されました

さて、ルークはというと。。。

すっかり撃沈。
DSC0072050.jpg
帰りは、完全抱っこで下山となりました。
もう、目はナミダ目でショボショボ。
眠くて眠くて仕方がないご様子。
なんどか歩かせようと降ろしてみましたが
あんな顔されるとね。即だっこです[emoji:e-465]

考えてみたら、普通はぐっすり眠るお昼寝の時間もないし
あんなに愛想振りまきまわるし
長時間のドライブも起きたまんまだし
トコトコとことこ山登ってきたものね。

あんなにちいさな体と細~い足でよく頑張りました。
えらいえらい

DSC00740_convert_20121022155049.jpg
また、行こうね

【追記】
自宅に戻ってもバタンキューかと思っていたら
意外にも元気回復で、ひとしきりボール遊び。

といいながらも夜はぐっすりでした(笑)

【さらなる追記】

※今回のルーク用持参物

・お水…脱水防止
・ソフトクレート…かなり使い勝手が良くとても助かりました。
・洋服…山は冷えますので。実際は途中で暑くなり脱がせました。
・ハーネス…いつも首輪ですが、万が一を考え。
      今回のために購入したこのハーネスは山専用にすることにしました。
・ティッシュ…車中(クレート内ですが)のウンチ回収に活躍
・ジップロック…車中のウンチ回収の臭いもれに活躍(笑)
       同乗メンバーに気づかれなかったはず
・子牛の骨…車中、クレートの中でガリガリ。おかげで大人しく快適ドライブに。
・ウエットティッシュ…使いませんでした。
・レインコート…使わずにすみました。

※今後、山登りに購入検討物

・だっこ用バッグまたはリュック

初めて海へ

バスに乗ること20分。海にやってきました。
しつけの指導をしていただいているKさんにも
「ルークちゃん、いろんな可能性秘めているので一緒にいろんなところへ連れて行ってあげてください」とアドバイスもいただいているので飼い主、張り切っています。
DSC0065450.jpg

生まれて初めてみる海、
飼い主と、喜び勇んで波とたわむれるルーク♪

…を妄想していたのですが、見事夢破れ。
DSC0065150.jpg

波間に一度近づいただけで、まったくもって知らん振り
あまりお気に召さなかったようで。
来夏は飼い主も勇気を振り絞って水着になって、再度海中へトライしようと決心です(笑)

DSC0064750.jpg
ま、母、あせるなよ

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求
メッセージはこちら

 

名前
メール
本文
ルークの愛用品
【必需品/関節炎サポート】

共にアイハーブから購入。

炎症対策トラウメール

関節サポートのジール

ヒアルロン酸+コンドロイチン

肝臓ケア用ミルクシスル



【ダニ・ノミお断り】

ノミ、バッチリ捕獲!


ルークもネコ姉妹も愛用



性格・誰にでもフレンドリー
先代ルーク
最新コメント
記事検索
みなさん、良い一日を♪
ギャラリー
楽天市場
  • ライブドアブログ