パピヨン備忘録 2014年から関節炎闘病記。2016年虹の橋へ。飼い主ペットロス脱出中。

パピヨンの子犬に一目ぼれ💛20年ぶりに愛犬が我が家へやってきた嬉しさ!本ブログは、忘備録&家計簿代わり&日常の忘れぬ記録でしたが、2014年からすっかり闘病記(?!)となってしまいました。原因は不明。大学病院の先生から「生まれ持った運命としか言いようがない」とのコメント。今は、虹の橋の向こう。2016年9月8日に渡ってしまいました。残された飼い主がツラツラと書き綴っています。

「芸」覚えました。

\(^o^)/ルークの芸「まわって♪」が復活!

昨今、ほんとうに回復ぶりが目覚ましいパピヨンルーク。
DSC09969

ヨチヨチながらも歩行距離はずいぶんと伸び、50メートルほど歩いてくれる時も!
すぐにペタンと座り込むこともなくなり、一生懸命臭いかぎに精をだしています

る「けっこう歩いたなぁ」
DSC09970


さて、タイトルの\(^o^)/ルークの芸「まわって♪」が復活!

そう、復活したのです! 

教えたのは1歳くらいの頃だったか。ルークへのコマンドは「まわって♪」
そうすると、その場で自分の尻尾を追っかけているかのようにクルッと回ってくれる。というもの。

一時期、ルーク自体もやりやすいのか、見てくれた方が笑顔になるからか
喜んでクルックルッと回って見せていてくれました。

ちなみに、そのころは、この調子だったら簡単ドッグダンスができるかも。と、「まわって♪」「ふせて♪」「はーい、タッチ!」「立って♪」「座って♪」を組み合わせたドッグダンスもどきをルークと楽しんでいたりしました。ルークもニコニコしながらやってくれていたんですよ(^^)

しかし、当然ながら関節炎が発症してからは、芸と無縁に。


る「ちょっとひとやすみ♪」

DSC09972

それが、昨日、ふと思いついて「ルークさん、回って♪」と伝えると
クルッと回ってくれました、もちろんスローですけれど(笑)

約2年ぶりのコマンドでも覚えてくれていたことに嬉しいビックリ
もちろん、ルークの身体がクルッとまわってくれるほど回復していることに感謝感激

これからの回復がますます楽しみです




食欲不振時に、教えておいて助かったしつけ。

飼い主「ルーク、待て。」
DSC05267
る「・・・」

飼い主「よし!」

る ぱくっ
DSC05268

る「母、もっとください」
DSC05270


芸と言われるものから、日々必要なマナーもお休み中だったルーク。
元気なお顔が戻ってきたので、早速再開です。

この数か月、躾けと無縁の超甘やかし生活。
我がまま犬になるのは目に見えていますからね

伏せた状態でできる
「待って」から始まり、お口を大きく開ける「アーン」
お腹を見せる「ゴロン」そして、「お手」と「鼻タッチ」も健在です。

ちなみに「アーン」は教えておいて本当に助かりました。
お薬飲ませたりするときに、無理やり口を開けることなく
「アーン」の号令でパックリお口を開けてくれるので
お薬や、ビタミン補給のハチミツなど簡単にあげることができます。


教え方は飼い主の我流ですが

左手で下あご、右手で上あごを優しく持って
「アーン」の号令で口を開けさせます。
1ミリでも開いたら「わぁ~お利口さん~」と頭やあごをナデナデ。
たまに、ご褒美もあげました。

開けないときは、両手でおあごをもったまま
指先で軽く歯と歯の間をこじあけたり。

ルークはパピーのころ、2~3回程度で覚えくれました。

あと、マズルをもたれて嫌がらないよう
暇さえあればマズルを触ってました。

なので、他の人からもマズルを触ってもらうのが大好き

そのせいか、口の中を触っても
歯をゴシゴシしてもされるがままのルークです。


DSC05265

そうそう、天候も良くなって気持ち良いので
窓を開けっぱなしにしていたら、なにかキャッチしたのか
外に向かってルークが吠えてくれました!

それも一声二声ではなく、けっこう吠えたのです。

吠える元気さえなかったからね。
安堵する飼い主でありました。よかったぁ。





覚えた芸【いただきます♪】

去年、手帳を探しているときに目に付いた
「いぬのきもち手帳」

パラぱらっとめくってみたら、躾け方法や
ちょっとした愛犬家の助かるマメ知識が網羅。

その中にあったのが「いただきます♪」

ほぉ、なるほど
と、手帳を買わずに(スミマセン)さっそくトライ 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-

我が家では、ご飯前に「ハウス」のコマンドをしたりしなかったり。
今日は「ハウス」から。お利巧に待機中
DSC02820

母「ルークさん、ココに来て」と言って飼い主の前を指差すと
ダッシュでお座りします。なんかもう、ピーんとしてますね
DSC02821

母「ルークさん、フセて」             
ル「はいっ
DSC02822

母「ルークさん、いただきます」     
ル「いただきます
DSC02824

母「どうぞ
ル「パクッ
母「ハウスで食べて
ル「はい、もちろんですっ
DSC02825
※なぜ、ハウスの中に持ち込んでお食事かというと、
 この日のメニューは大好物の地鶏のフレッシュ手羽先のため。
 さすがにカーペットだと大変なことになりますから
 ハウス内に汚してもいいようにお食事タオルを敷いているのです。
 なので、ハウス直行
DSC02826

しかし
この画像だと、なにがなんだか、わかりづらい(笑)
この絵は第三者に横から撮ってもらわないとダメですねぇ

要は、伏せた状態で、お顔を「いただきます」というコマンドと
飼い主の手の動きによってお辞儀をしているようにするわけです。
いただきますの画像にちらっと飼い主の指先が見えているのはそのため。

横から見ると、飼い主とルークが対面状態。
「いただきます」と共に飼い主もお辞儀します。
BlogPaint
ブログについてるお絵かきツール使ってみました。
伝わりますでしょうか?


ちなみにこの芸も1日でクリアできました。

ただね、お腹の空き具合か
ご飯の好物具合でお辞儀の深さが変わります
もう、早くっ!て時は気もそぞろで浅いお辞儀(笑)

この芸を覚えてくれたおかげで
またまた皆さまから可愛がっていただけるように。
ちょこんと頭を下げる様子は微笑み誘いますよ

どこかの飲食店で看板犬オファーくるかも(←飼い主バカ)
DSC02164









 

覚えた芸【お手】

母「ルークさん、いきますよ。お手っ
DSC02338

ル「ハイっ」
DSC02340

意外にも一日で覚えてくれました、お手

1. お座りさせて
2. 「オテッ」といったら手を掴む
3. フードあげる

これを10回ほどやったら
フードなしでもやってくれるようになりました

まだ、肉球もフワフワで気持ちいいし
なんとも可愛いもんです(親ばか)

応用編として
伏せた状態での「お手」
立った状態での「お手」もクリア

お代りがね、まだハードル高いです
まだまだ続きます、芸




覚えた芸【鼻タッチ♪】

ふと、思いついて【鼻タッチ】教えてみたら大成功
人間同士だったらお互いグーにした手をタッチするイメージです。

覚えた方法

準備
●右手にフードを一粒握る

教え方
①「ルーク」と呼んで注目させる
②「タッチ」といいながらグーを鼻先にタッチ
③すぐフードをあげる
              以上を繰り返す。

DSC00750
 
応用
「スワレ」→「タッチ」
「フセ」→「タッチ」
呼び寄せたら「タッチ」

最初、座らせてタッチをさせていたら
「スワレ」と同時に勝手にタッチをしてくるようになってしまったので・・・応用で覚えなおし

これは彼にとって簡単だったらしく
一日で覚えてくれました。
一回の練習時間は犬より飼い主がすぐに飽きるので5分くらい。
2回位でクリアです

これ以来、
気のせいか鼻タッチでおねだりされてる気がしないでもないこの頃です。


みなさん、良い一日を♪
ルークの愛用品
【必需品/関節炎サポート】

共にアイハーブから購入。

炎症対策トラウメール

関節サポートのジール

ヒアルロン酸+コンドロイチン

肝臓ケア用ミルクシスル



【ダニ・ノミお断り】

ノミ、バッチリ捕獲!


ルークもネコ姉妹も愛用



カテゴリー
性格・誰にでもフレンドリー
先代ルーク
最新コメント
メッセージはこちら

 

名前
メール
本文
記事検索
ギャラリー
楽天市場
  • ライブドアブログ