パピヨン備忘録 2014年から関節炎闘病記。2016年虹の橋へ。飼い主ペットロス脱出中。

パピヨンの子犬に一目ぼれ💛20年ぶりに愛犬が我が家へやってきた嬉しさ!本ブログは、忘備録&家計簿代わり&日常の忘れぬ記録でしたが、2014年からすっかり闘病記(?!)となってしまいました。原因は不明。大学病院の先生から「生まれ持った運命としか言いようがない」とのコメント。今は、虹の橋の向こう。2016年9月8日に渡ってしまいました。残された飼い主がツラツラと書き綴っています。

犬の生態

子犬のしつけ 「噛み癖」「トイレトレーニング」「吠える」

子犬のしつけ と、検索してみました。

そうすると「子犬のしつけ 噛み癖」「子犬のしつけ トイレトレーニング」「子犬のしつけ 吠える」というキーワードが多数を占めますね。

やはり飼い主サンたちのお悩み王道ベストスリーは「噛み癖」「トイレトレーニング」「吠える」。そうでしょうね。相手は犬ですから。


飼い主「はい、るーくさん、いきますよ~・・・」 る「・・・」
パピヨンルーク 指示をまつ

ルークのとき、どうやって教えたのか、もはや覚えていない飼い主。

ルークの場合、

「噛み癖」→しっかり発散のおかげかほぼ被害なし。
「吠える」→吠えないので、しつけ必要なし。
「トイレトレーニング」→これは手を焼きました

ということで、サファイアにどんなふうに躾けていこうかと考える飼い主。ルークの場合はどうだったろうかと、本ブログを見直したらば・・・

ルークがやってきた当初は、月に2~3度レベルの更新。そう、記事になっていない、備忘録なのに(-_-;) きっと、ルークの可愛さでブログはほっといて世話に明け暮れていたようです。あぁ、パピー時代のこのタイミングは大事なのにね。

ま、「しっかり発散」「しっかり睡眠」「しっかりご飯で、まずは犬の本能を満たすことからですね。



飼い主「・・・お手っ!」 「はいっ!」

おて
って、これはしつけではなく芸ですね


※サファイアのブログ「パピヨン備忘録PART2」では、サファイアお迎えのための犬部屋記事をシリーズにしています

いぬのきもち 特典ページ

犬の一日に必要な水分量

6ヶ月くらいのルークですね。ほんと、言葉通り坊や顔

さて、ルークの背後に写っているのは、ルーク御殿。

頭の真上にお水がありますね、ルークが我が家にやってきた頃はブリーダーさんのところがこの方式でいらしたので、飼い主も即マネをしまして、給水機方式にしました。
DSC01625

ところで、犬ってどれくらい水を飲むものなんだろう?(?_?)

と、疑問に感じた飼い主。ちょっと調べてみました。

ルークのブリーダーさんも愛用していらした、ペットフード「ロイヤルカナン社」
こちらロイヤルカナン社の分類によると、犬種ごとの体重は、
 
小型犬:~10kg
中型犬:11~25kg
大型犬:26~44kg

これらから、水の摂取量の目安を計算すると、
 
小型犬:~500ml
中型犬:550~1250ml
大型犬:2300~2200ml

もうちょっと細かい数字を知りたい。と調べたところ

獣医師会発行の資料による計算式がありました。

犬で 体重(㎏)の0.75乗×132(mℓ)
猫で 体重(㎏)の0.75乗×70(mℓ)

ということは、我が坊やは平均体重が2.8キロでしたから、、、、っと、電卓、電卓。

計算してみると、277ml。
大雑把にカップ一杯半 というところですね。

ちなみにこんな計算式もあります。

犬猫共に 体重(㎏)×30+70(mℓ)


これで計算すると、154ml。
おほっ、どの数字も一致しない~

さて、実際の坊やはどれくらい飲んでいたのか。というと・・・

before
DSC01627


after
DSC01622

飼い主の記憶を辿るところで言えば、100前後ではないかなぁ。と感じます。

確信をもって言えるのが、ごはんの内容でお水の量がものすごく変わる。という事実。

これは、今、このブログを読んでくださっている愛犬家のみなさま、異存はないかと思われます。

下の写真は、ある日のパピー時代に撮っていたルークのごはん。ご覧の通り、フレッシュミンチ。飼い主も鶏ささみのお刺身など大好物でありますから、ルークも飼い主に倣って、フレッシュごはんが多かったのです。
DSC01086
水の話に戻りますと、このようにフレッシュな食材の時は、あんまりお水を飲まなかったですねぇ。

反して、ドライフードの時。
飼い主の怠慢で、スープのストックも何もなく、冷蔵庫も空っぽの時、ドライフードをそのまま与えた日。

もう、飲む飲む飲む!
DSC00751

フレッシュ食材の水分量が70%にたいして、その名の通りドライフードは5~10%。

その水分を補うために、身体がほしがるんですねぇ。生き物とは素晴らしいなぁ。とルークの様子を見ながら納得していた飼い主であります。

そうそう、あと、湯たんぽでポカポカになりすぎたときも、お水、よく飲んでた気がします(笑)

る「ボク、お水は水素水が好みなんだ♪」
DSC01046



 

お鼻でわかる冬の訪れ

福岡も、冬らしく冷えこんできました。

そんなときでも、ルークはお散歩大好き。抱っこして公園へよく連れて行っていました。ルークがウロウロとしている間、飼い主はストレッチです(笑)
DSC07375

さて、ルークが2歳半になったころ、ふと気がつくと、真っ黒なお鼻の色が抜けている。。。上の画像も真っ黒ではないでしょう?

鼻が白くなっていくのは老化。というものしか見つけられず、これは何なんだ。と調べても、なかなかわかりませんでしたが、このブログを読んでくださっていた、みみげいぬさんが、冬季限定でこのような状態になるワンちゃんがいることを教えていただきました。

スノーノーズ またはウィンターノーズというそうです。
DSC073758888

春になり、暖かくなったらちゃんと真っ黒に戻ったので、なるほどな~と感心したのでありました。


ほらねっ
DSC0022688888

みなさんの愛犬ちゃんはいかが?

 

番外編 ルーク興奮でよだれ提灯!

ルーク、すごい数のパピヨンちゃんたちと一緒です。これは、ちょうど生後半年くらい。

まだ、保育園へ通う前ですね。

ルークを譲り受けたブリーダーさんで行われた、パピヨン愛好家のオフ会、「よかパピ」に参加をさせていただいたときの一枚です。

まぁ、いることいること。可愛いパピヨンが山のよう

こんなにたくさんいても、みんなお顔が違うんですからねぇ
DSC01281

迷彩柄のお洋服を着ているのがルーク。
こんなにたくさん集まると、お洋服を着せていたほうがいいですね、目印になります。

BlogPaint
飼い主さんお手製の、お名前入りのお洋服を着ているこもいましたよ可愛いね。

飼い主もこんな場所へ集まるのは初めて。もちろんルークもです。

そう、飼い主もルークもたくさんの知らないみなさんに囲まれ緊張ヒートアップ

あれよあれよという間に、ルークがよだれですごいことにルークもどんな風に接したらいいのやら混乱しているようです。

飼い主は人間の威厳を保ち、よだれは流しませんでした(笑)


もう、拭いても拭いてもよだれが流れ続けるルーク
DSC01293


とうとう、よだれ提灯まで
DSC01290

これも、いい想い出です

この日のことを書いたブログはこちら

遺品整理~文具編~

いろいろと整理をしていたら、シャープペンシルが出てきました。
DSC00327
 
あ゛あ゛っ!

DSC00326

イタズラ、とっても少ないルークだったですが、パピー時代の名残ですね

しかし、被害にあったシャープペンシルはこの二本のみ。
なにかが、パピールークの心をとらえたのでしょうね。



る「ボクはカミカミが大好きさ~♪」

DSC02991

果物の好み。

ルークの大好きな果物、それは梨!
DSC00241

このシャキシャキ感がお好みなようで、今の暑い時期にひんやりと冷えた梨は、最高の体内鎮静食品。水分もたっぷりですからね、熱中症対策にもよいのではないでしょうか?

る「母っ、前置きは良いですから早くください。」
DSC00226

ちなみに、夏ならではの果物と言えば他にもいろいろありますね。

ルークというと、、、

スイカ→嫌い。プイっと横を向く。
南国系フルーツ→嫌い
ブドウ・イチジク→犬にあげちゃダメ
桃→プイッと横を向く。


梨は犬にあげてよい果物。

犬のみならず人間にもその恩恵は高し。【梨の薬効】疲労回復・咳・痰・解熱・のどの痛み・消化促進・二日酔い。韓国料理ではたっぷり梨を活用していますよね。

梨は今月8月から9月にかけてが最盛期。梨は追熟しませんから、ビニール袋に小分けして冷蔵庫で保存がベスト。ま、我が家はあっという間に食べてしまいますが


ルークにもいっぱいあげますからね~

る「食べるっ!」
DSC00228

ルークの食べる量ですが、小ぶりの梨の12分の1程度。あげれば、小ぶり梨の4分の1はペロッと行きそうな勢いですが、メインのゴハンを食べなくなるんですよね。子供と一緒でオヤツが好き

今朝も、梨を食べてご機嫌です。


る「ボクも復興支援で大分の梨をお願いしてるよ~」

  商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

犬の歯ぎしり!?

昨夜のとこ。

カチカチカチカチカチ

と、なにやら小さな音が?
DSC08344
ん?もしやルークが歯を鳴らしているのか?と、聞き耳立てると カチカチカチカチカチ 

まちがいなく、ルークから聞こえます。

なんと、犬も歯ぎしりをするのか。と調べてみたら、人間と同じ原因で歯ぎしりをするのですね。ルークの場合は、ギシギシではなくカチカチなので、歯ぎしりの中でもタッピングというらしい。

歯ぎしりをすることで、ストレス解消にもなるそうですが、なにが歯ぎしりをさせてしまったのだろうか

思い当たるのは、お散歩に連れ出すことが最近減っていたこと。

抱っこ散歩であっても、やっぱりルークはおさんぽが大好き。
DSC06115
「ルークさん、お散歩行きましょうか?」というと、キラキラと目を輝かせながらヨチヨチと歩いてきてくれます。

この頃は、雨が降っていたことと、たまたま飼い主がバタついていたことが重なり、自宅待機も多かったからですね。

梅雨もあけたし、また、お散歩へ連れて行ってあげますよ。

る「ボク、母とお出かけ大好きなんだ」
DSC08013

そうそう、調べていたら、おやつに骨を与えることはよいという記事を見つけました。ようはガリガリかじらせることで発散させるのが良いようです。

たしかに、固いものをガシガシかじりたい。と一時期、あごに力が入らずかじることさえままならなかった頃に、ルークの言葉を代弁してくれるアニマルコミュニケーションでも言っていました。

ルークの大好きな牛のヒヅメを、また、あげましょうね。あ、お散歩付きでね。
DSC00338
ルーク3カ月の頃の写真。牛のひずめラブ


調べて安心「ピーチェック!」で愛犬の病気を早期発見
 

犬の病気 嘔吐編/あのポーズは遊ぼう♪じゃないのです。

久しぶりにルークがペッーっと吐き出しました。
原因は、飼い主の髪の毛を飲込んでいた模様です。

る「誰だい、ボクのベットを汚したのわっ~」 DSC00191
ルークさん、それは、あなたです




ご参考になるといいのですが、ルークの場合、嘔吐の一番の原因は食べ物。

飼い主、日頃からローフード好みの生活スタイルでありまして

※ご参考
ローフード(英語:raw food)とは、酵素を含む食べ物を多く摂取すれば体に良い効果があると考え、加工されていない生の食材を用いた食品、あるいは食材を極力生で摂取する食生活(ローフーディズム)のことである。 リビングフード (英語:living food)とも呼ばれる。

ルークもパピー時代から、ローフードをメインにして育てました。

今現在では、すっかりルークの食生活も把握できるようになりましたが、パピーのころは試行錯誤。よく嘔吐もしていました、スマン。ルーク。

一番の問題はやはり骨。骨を多く与えすぎたことだと思われます。しかし、ルークの大好物でもあるのですね、それでついついあげてしまう・・・さらに、調子に乗って食べ過ぎたときも嘔吐しやすいようです。


多くは、白っぽい泡のような感じで、吐き出すことが多かったです。

そしてこんなポーズをよくしていました。
DSC03040

最初、飼い主はこのポーズの意味かまったく分からず、ずいぶん本をあさったのですが、ボクと遊ぼうよ!と誘っている姿。とばかりしか見つけられません

でも、具合の悪さを見ると、けっしてそうではない。お顔もきつそうです
DSC03041

このときのルーク嘔吐と食欲不振の記事→★

ようやく探し当て、お腹が痛いときにこのようなポーズをとるということがわかりました。お祈りのポーズというそうです。人間でもお腹が痛いときにこんな感じになりますよね。

嘔吐は、内臓の病気だったり、毒物を口にしたとき、異物を飲込んだなどさまざまな原因があるはずですが、その多くは食べ過ぎのようですね。

ルークの場合は、飼い主の間違ったゴハンの内容ということがわかりましたので、現在の食事を与えるときに気をつけていることは

・細かく刻むこと(たまに噛みごたえを楽しめるように大きく切ることも。その時は飼い主の監視下でごはん。)
・少しづつ与えること。(ルークの食器はカップケーキくらいの大きさなのです。)
・骨は卒業、ウンチの状態が良くなるので軟骨(主にヤゲン)がその代わり


このように内容を見直して与えるようになってからは、ほぼ、ルークの嘔吐は治まってくれました。今では、ごくごくたまにペーっとする程度。年に数回あるかないかです。そのほとんどは糸くずや髪の毛など、異物を吐き出しています。ということで、ルンバの掃除が欠かせないわけです。


とにかく、飼い主の無知。というのは、愛犬を不幸にしてしまいますね、反省しきりの飼い主です。
DSC08390
る「ボクは夢の中でごはんパクパク~


ピーチェック




 

お留守番で別離不安?

我が坊や。
飼い主が仕事に出ていくときは、知らん顔
行ってらっしゃいの尻尾振りもなく、飼い主のほうを見向くことなく寝っ転がっています

る「だって、ボクは関係ないもんね、母、稼いできてね~ ぐーずーぴー
DSC08867

さて、犬の躾け本によりますと

長時間のお留守番はダメ。ということがよく書いてありますね。
また、声をかけずにそっと家を出る、不安がらせないようにお部屋は在宅中と同じ状態にしておく、等々。

飼い主も、ルークがやってきた当初は頑張っていました。 

ゴハンに夢中になっている間に家を出たり。

さみしくないようにラジオをつけっぱなしにしていたり。

電気をつけたままにしていたり。

過剰におもちゃを与えて出ていたり。

少しでも早く自宅に帰るようにしたり。


しかし、現在では上記のことはいっさいやめました。

「ルークさん、行ってきますからよろしくお願いしますね」と出ていくようになり、早数年。ルークも、よくわきまえたもので、お見送りという愛嬌の一つもなく留守番をしてくれています。


あらためて躾け本を良く読むと、ようは犬と飼い主の信頼関係の度合いですね。

思い返してみると、お散歩の仕方から、はじまるルークとの付き合い方を見直してから急激に良くなりました。→そのことを書いているブログ☆

必ず、飼い主は戻ってきてくれる。と信じているからちゃんとお留守番ができるようです。

ちょっと嬉しい飼い主


でも、プライベートなお出かけの時は、連れて行ってもらえることが分かっているので、もう、お目目ランランで飼い主から離れませんよ飼い主の洋服でわかっているようです

る「母、お出かけですね!ボクが一緒じゃなきゃダメでしょう?!」

DSC08837


 保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

パピヨン犬の性格 オス4才

我が家の坊や、パピヨン犬ルーク、オス4才。

飼い主の実感→「日を重ねるごとに飼いやすくなっています。」

る「母、ボクのことですか?」   
DSC09956

パピヨンの性格はジャパンケンネルクラブJKCから引用すると

性格は活発で、優美だがたくましく、気品があり、軽快でエレガントな歩様をする

とあります。

ルークを譲っていただいたブリーダーさんから
「男の子は、飼い主さんにべったりの甘えん坊。本当にマザコンですよ!」と伺っていましたが、ルークを見ている限り、たしかにそのような気がします。

その一方、とてもネコ的性格で、自立している。というか、我が道を行くタイプ。というのか。部屋に一緒にいるときはべったりしてくるかと思いきや、自分の好きなところで自由にくつろいでいますし。

前述のマザコンと相反する性格を絶妙なブレンドで持ち合わせている。という気がします。

ちなみに、飼い主がオスを選んだ。ではなく、一目ぼれしたルークがオスだった。のです。

DSC09967

他人に対しては、本当にフレンドリー

お散歩中に会う人会う人に向かって、全身で喜びを表現して向かっていくものですから、犬好きな人からするともうたまらないみたいです(笑)

子供に対してもフレンドリー

あまりにも怪獣のように奇声をあげる子供は苦手ですが、とくに幼稚園生くらいのお子さんには、もうすりすりとすり寄っていきます。

パパやママも、犬を触らせてあげるチャンスになることを喜んでくださる方も意外に多く、親子でルークをナデナデしてくださっています。

他のワンちゃんたちにもフレンドリー

パピー時代に犬の幼稚園に通わせていたせいでしょうか?ルーク自体はワンちゃんたちとのコミュニケーションを好むほうです。

パピヨン全部がそうではないと思いますが、比較的このような傾向があるのではないでしょうか?


DSC00324

その一方、パピー時代は本当に手を焼きました。

パピヨン犬の性格を見ていると、プライドが高い。また、知能指数が高く犬のIQテストでも全犬種中第八位。とも言われています。要は賢い。だから、きちんとしつけをしないと犬からなめられてしまう。といった具合です。

久しぶりの愛犬。ということも手伝って一歳を迎えるまでは、「ルークは本当に飼い主のところにきて幸せなんだろうか?」「ルークは飼い主のことを飼い主と認識しているのだろうか?」と何度悩んだことか。

当初からシッターKさんに、アドバイスを頂いていましたので、なんとか乗り越えた。という感じでもあります。しかし、振返ってみると、これは飼い主が気負いすぎていますね。

ルークはシッターKさんのアドバイス、お腹いっぱいの満足ごはんと、ぐっすり快適な睡眠確保。そしてお散歩や遊びなどでしっかり発散していたおかげで、家具や電気コード、靴を噛んだり、といったイタズラは一切ありませんでした。

ちゃんと、飼い主としてやるべきことを果たしていたので、まちがいなく絆はきずかれていたのです。ですから、年々飼いやすさが増しています。
DSC04324

このブログは、飼い主の備忘録ですのでパピーからの試行錯誤がいろいろと書かれているわけですが、自分で読み返してみても、パピー時代のルークにはちょっと厳しすぎたと反省をしています。

一緒に暮らすに必要最低限の躾け、待つこと、呼んだら来ることを教えて、犬の躾け本に振り回されることなく、愛犬を目いっぱい可愛がってあげることが犬も人も幸せだと実感しています。

このように思えるようになったのは、皮肉にもルークの関節炎がきっかけとなりました。今では、ルークの関節炎に感謝をしているほどです。


我が家は超甘やかしですが、ワガママにはけっしてなりません。お互いをリスペクトしているからだと
確信しています。

そう、このようにリスペクトできる性格こそがパピヨンの魅力の一つであり、性格は活発で、優美だがたくましく、気品があり。といわんとするところではないでしょうか。

パピヨンどうしようかな。とお考えの方には「私は、パピヨンでとってもハッピーです」と、お伝えしています
DSC06087









 

満腹だと見向きもしないパピヨン

ルークさん!ルークさんっ!

る「・・・」
DSC08524

みなさんの愛犬ちゃんはどうなのでしょうか?
我がルーク。満腹だと飼い主完全ムシ!


話は遡り昨日。

朝ご飯に、豚の豆乳煮をあげたところ、気に入らないようでソッポ
夕ご飯に、同じ豚の豆乳煮をあげたところ、やはり気に入らないようでソッポ

そこで、ルークの大好物ヤゲンをあげたところ、すごい食いつきで80g完食
そのうえ、食欲に火がついたのか、そっぽを向いた豚の豆乳煮まですべて完食

これがヤゲンです。


そして、朝がこの状態なのです。


ルークさん!ルークさんっ!

る「・・・」
DSC08524

我がルーク。満腹だと飼い主完全ムシ!
 

朝ご飯も大好きなヤゲンにかかわらず、ソッポです
ま、あれだけ食べれば食欲あるはずもないね。ね、ルークさん。

る「母、ボク、もう寝てもいいですか?おなかいっぱいだよ」

DSC08529
 顔も寝ぼけてますねぇ。


 

春の日差しは極楽

ぐ~ず~ぴ~DSC03858


パピヨンの、この小さな小さな可愛い身体のどこから、
中年のおじさんのようなイビキがでてくるのでしょうか?


る「春の日差しはあったかいね~ぐ~スーピー

 
みなさん、良い一日を♪
ルークの愛用品
【必需品/関節炎サポート】

共にアイハーブから購入。

炎症対策トラウメール

関節サポートのジール

ヒアルロン酸+コンドロイチン

肝臓ケア用ミルクシスル



【ダニ・ノミお断り】

ノミ、バッチリ捕獲!


ルークもネコ姉妹も愛用



カテゴリー
性格・誰にでもフレンドリー
先代ルーク
最新コメント
メッセージはこちら

 

名前
メール
本文
記事検索
ギャラリー
楽天市場
  • ライブドアブログ