パピヨン備忘録 2014年から関節炎闘病記。2016年虹の橋へ。飼い主ペットロス脱出中。

パピヨンの子犬に一目ぼれ💛20年ぶりに愛犬が我が家へやってきた嬉しさ!本ブログは、忘備録&家計簿代わり&日常の忘れぬ記録でしたが、2014年からすっかり闘病記(?!)となってしまいました。原因は不明。大学病院の先生から「生まれ持った運命としか言いようがない」とのコメント。今は、虹の橋の向こう。2016年9月8日に渡ってしまいました。残された飼い主がツラツラと書き綴っています。

山登り・山歩き

福岡低山登山 井原山~牡蠣小屋

快晴に恵まれた日曜日。

毎年12月は恒例の牡蠣小屋登山。登山のお仲間たちと久しぶりに楽しんできました。

牡蠣小屋登山の場所は福岡市内の西に位置する、リゾート気分満載の糸島地区が定番です。

今年最後の山は「立石山」は、糸島の北西部に位置する標高209mの山。えぇ、正真正銘の低山です。しかしっ!絶景なのです、ほら(^^♪ 山頂からの一枚です。素晴らしいですよ。
DSC00535
芥屋海水浴場からの登山ルート(現在、廃墟中の芥屋リゾートホテルのところが登山口になっています)では、ゆっくり歩いて、途中途中の絶景を愛でながら、ワーワー言いつつ、記念撮影を行ったところで、1時間もかかりません。下山なんか30分もあったらおつりが来ます

あ、当たり前ですが、スカートでは無理ですよ。ささやかに岩をよじ登る場所がありますから、登山スタイルは必須です

ここは、ちょうど、2年前の大学病院に通う前の、ルーク寝たきりになってしまった頃でしたから、キャリーに入れて、えっちらおっちらと上った場所でもあります。ルークが大好きな登山の皆さんと会うことで気分転換になれば。と思いましてね。

いつもと違うルークの姿にいつもの登山メンバーびっくり!かわるがわる「はやく元気になれよ~」と、なでなでしたり抱っこしたりして抱きました。これは、その時の一枚。

DSC05143

今年、おんなじ場所に二年ぶりにやってきました。

上の写真と同じ場所です。看板がなくなってしましたよ。ついでにルークもおりません。

写真を見比べると、大きな木も伐採してありますね。360度展望楽しめる場所なので、登山客の皆さんがより楽しめるように、手を入れられていたようです。市の方がなさるのでしょうか?
DSC00534
この画像の石の横にルークを座らせて、というか、お座りも出ませんでしたから、伏せの姿勢で記念撮影をしたなぁ、このあとに、山口大学病院にいったおかげ元気になってくれたなぁ。なんて考えていたら、思わず涙ぐみましたねぇ

まわりの皆さんには気づかれなかったと思いますが、やっぱりグッとくるものがあるものです。

今年は、父がご昇天半年後にルークもご昇天

今頃、一緒に登山でも楽しんでいることでしょう
DSC04384

さ、ちょっとセンチメンタルな思い出に浸ったところで、一路飼い主一行はメインの(⁉)牡蠣小屋へ


さて、福岡糸島地区の牡蠣小屋といえば、基本はビニールハウス小屋。他の地区もおなじですか?こんな感じでずらりと並ぶ姿は壮観でもあります。
imagesqq
で、こんなに広いのに、どこのお店もたいてい満席状態。
imagesqqqqqq
※牡蠣小屋の画像はお借りいたしました。

こんなご紹介をしておきながら、飼い主一行は、これまた毎年お世話になっている、漁師さんが自宅開放型でやっている牡蠣小屋へ。ですからビニールハウス型ではありません。

ここは、じつは穴場で、まず、間違いなく予約なしで団体もほぼOK。

なによりも、ルークも一緒に連れて行けるのです。(いえ、ホントは最初からワンチャンOKな牡蠣小屋ではないかと)

なぜなら、ご自宅の裏庭も、開放しているから。青空に足元は芝生。というまるでハイキング気分も楽しめ、飼い主一行お気に入りの場所でもあります。お店の方が、このお庭に手際よくテーブルとイスをセットしてくださいます。
DSC06966

そして、みなさん、恒例のオレンジさんへ。
DSC00544

さぁ、バンバン食べますよ~
DSC00546

食べ散らかし後の画像で、恐縮ですが このようにルークはカンガルー状態で飼い主に抱っこ。
DSC06967

牡蠣を焼いている真っ最中は、完全カンガルー。
DSC06959

文字通り、山のように牡蠣をたいらげ、サザエやイカ、ハマグリなんかもいただいちゃって、昼間からみんなビールを飲み、日本酒も飲み、焼酎も飲み、ついでにワインも飲みほして(笑)しめに牡蠣ご飯も堪能。そしてお一人様4000円しませんのでね。コストパフォーマンス最高です

今年も、よい登り収め食べ収めができました。

こちらは、一部ですが牡蠣の全国発送に対応しているところ。興味のある方はどうぞ。どんなところか知りたいときは「糸島 牡蠣 ○○丸」などで検索するといいと思いますよ、ご参考になれば幸いです。
住吉丸 092-323-0325
豊漁丸 092-328-0048
豊久丸 092-328-0586
富士丸 092-328-0563
徳栄丸 092-328-0509
順徳丸 092-328-0211
中宮丸 092-328-2475
長栄丸 092-328-0095
高栄丸 092-328-3016
大黒丸 092-328-0207
日進丸 092-328-1522

DSC04192





九州長崎のマッターホルン 追伸/高速にドッグランあり♪

台風接近で雲行きが怪しいけれど、現地で判断しようと
九州のマッターホルンと言われる虚空蔵山へGO
DSC08254


福岡の太宰府インターから一路、嬉野へ。
途中に立ち寄った金立IC。
スターバックスもあり、けっこう大きなところなのです。

インターに入ると、大きなワンちゃんの看板が。
早速、ルークを抱っこしてテクテクと矢印のほうへ向かってみると
DSC08255


おお、犬の広場ではありませんか!
DSC08258

誰も、いませんでしたが
ずっと車に乗りっぱなしのワンちゃんのストレス発散には
いいかもしれませんね。ノーリードで大丈夫でしょうから。
もちろん、無料のようです
DSC08259

そして、ルーク。
犬の広場から駐車場までテクテクと歩いてくれました
DSC08261

ルークにしてはけっこうな距離なんですけれど
大好きな登山仲間の皆さんに会いたい一心で歩いてくれました
リハビリOK
DSC08262
金立パーキングエリア⇒☆

小休憩をエンジョイしたところで一路、目的地へ

こちらが、目的地の虚空蔵山。ね。マッターホルン
DSC08263


          る「ボクものぼります
DSC08270

登山口には、近くにトイレも完備してあります。
ゆっくり歩いて40分ほどです。

緩やか(?)ファミリーコースと
鎖をよじ登るアドベンチャーコースの2つ。
DSC08271

DSC08272

準備万端と、登り始めて10分。
DSC08267

がぱらついてきてしまいました
DSC08268

そんなわけで、皆さんは強行突破
飼い主とルークは即退散

で、足場が滑りやすくなりますからね。
万一、ひっくりかえったら泣くに泣けません。

ちなみに、雨はぱらついただけで、皆さんが戻ってくるまで、
なんとかお天気、持ちこたえることができました。


           る「お帰りなさい~」
DSC08273




追伸

この後、汗を流すべく近くの立ち寄り温泉へ。
ワンちゃん温泉もあるとのことで楽しみに向かった我が一行。

人間の温泉自体は良かったのですが
ワンちゃんは「健康体である。という証明書」が必要とのこと。

ルークを足先だけでも浸けてあげよう目論んでいたので
ちょっとガッカリ。

こちらにワンちゃん連れでいらっしゃる方はぜひご準備を。

ワンちゃん温泉有り「しおさいの湯」⇒☆


 

外でも紳士なパピヨン


る「ボクが、お外でも紳士だってところを見せてあげるよ」
DSC08016




る「お外では、ちゃんとレジャーシートの上でお利口さんさ」
DSC08164

先日の登山中の画像なんですが
「るーくさん、ベットにのって。」の声に
トコトコとレジャーシートにチョコン。

意外だったのが、同行した皆さんの反応。
BlogPaint
※お顔クマさんですが、みんな一斉にルークに注目(笑)

「へ~! ルーク、シートに座るんだ!」

人はどこに反応するのかわかりませんね(笑)




 

耳納連山の鷹鳥山801m

梅雨の晴れ間の登山は耳納連山の鷹鳥山801mを目指します。
DSC08178

DSC08148


こんな感じの小道が続く一方、小川が干上がったような道も。
DSC08146

ルークは、飼い主のスリングでお利口さんに抱っこ登山です。
DSC08147

DSC08176


DSC08177



この鷹取山山頂は見晴らし最高ですよ。
DSC08151


            る「う~ン、いい眺め」
DSC08160


DSC08166


            ちょっとおすまし。
DSC08163



下山は、途中から別ルートで「えぐ水コース」
DSC08173

この地区は、140年続く酒蔵もあり、豊かな水が自慢の土地。
DSC08180

土地が豊かで、水も最高。果物でも有名な場所なのです。

DSC08179


DSC08155

ルークも、ずいぶん歩いてくれて、夜はぐっすり。
いい一日でした




耳納連山の鷹鳥山801m⇒☆




 

ルーク、固まってます…

山仲間から半年ほど前の画像が届きました。
もちろん、ルークも一緒に写っていますよ
BlogPaint

でも、なんかヘンですよね~ルーク。
まるで人形のように固まっています、この日は1月11日。
ま、たしかに寒かった
BlogPaint


他愛ない投稿でした

みなさま、良い一週間を
DSC08013

花見前の登山 ~障子ヶ岳 福岡県田川~

天気に恵まれ、福岡県田川にある障子ヶ岳へ。

こちらのはご一緒した方の
フェスイブックページへのコメント。 
******************************* 
田川方面にある障子ヶ岳の初登山。
目的の山桜の開花は遅く蕾のまま。

ただ陽光桜というビンクの桜は
空を染めてしまうように開き、咲き誇ってました。

古城跡の山頂は広々とし、
ぐるーと360度回転すると筑豊の山々の大パノラマが見渡せました。
427m低山ながらも十分すぎる感激を得れたのです。

お昼は満開の桜の下でワインを飲み干し
自慢の弁当を食べ楽しいひとときを過ごしました。

*************************************** 

では、その模様ご覧ください。
DSC07686

えっちらおっちら歩きます。
DSC07689


おっ、もうすぐ頂上看板が。
DSC07691

あと一息っ
DSC07693

ここは古城跡。さらに歩みをすすめます。
DSC07695

到着!360度眺め渡せる素晴らしいところでしたよ。
DSC07701


ルークも記念撮影
DSC07696


喉乾いたからね、お水いただきました。
DSC07699


山頂には結構な数の皆さんが思い思いに楽しんでいました。
DSC07704

ふと、ルークがいない!

慌てて探すと見知らぬ団体の皆々様から
抱っこされたりナデナデされたりしているではありませんか

ルークのヨチヨチ歩き姿を
「ほら、ここの草は固かけん、ワンちゃんもソロソロ歩きよる!」

(笑)

どこに行っても可愛がっていただけるルークは幸せ者です


DSC07708




福岡・井原山登山&イノシシ堪能 ルークもエンジョイ♪

お天気に恵まれた本日。
総勢12名のお仲間と、福岡の西に位置する井原山へ。
DSC07560

ちなみに、この登山道入口駐車場は10台は余裕に駐車OK
かつ、簡易ですがトイレが設置してあるのが嬉しいところ。

DSC07563

ルークはいつもながら皆さんに大歓迎をうけご機嫌
DSC07561

さ、登山開始です♪
「ルークさんは母のバッグに入りましょうね。」
今日はリュックではなくスリングで

DSC07562

この井原山はキツネノカミソリ群生地として有名。
原生林のまま残された自然を堪能して歩く気分は最高です。
DSC07564

登山口から中腹位までは流れる小川を愛で、
せせらぎの音に癒されとっても気持ちがよいんです。

DSC07566

DSC07565


DSC07569

DSC07570

花が咲き乱れるシーズンは5月。
井原山は約1時間半程度の工程なので気軽にトライできますよ。


ルークも井原山山頂にて記念の一枚
DSC07573

ここ山頂は砂地になっているので、ノミやダニの心配も少なく安心。
DSC07574

DSC07577

意外や意外。
ルーク、トコトコ自分で歩き回ってくれました(;O; 嬉泣)
DSC07576

いつものレギュラー登山メンバーもびっくりの回復力。
「ルーク、歩けるようになったね~
「よかったね~、もうすぐだね~
と、かわるがわる抱っこして喜んでくださいました。

きっと、山頂で初めてルークを見た方は
ま、ゆっくり歩くワンちゃんね。程度で
今までの経緯は想像できないことでしょうし
まして闘病中とはまったくわからないと思います。
嬉しい姿です

当然ながら、山道はスリングで抱っこなのは
言うまでもありません

本日のメインイベントは
この時期恒例となっている「しし料理 狩人」
DSC07592

しし焼き
DSC07587

しし焼きは下のごま塩でいただきます、これが美味。
DSC07588

こっちは、しし鍋。味噌仕立てのスープでいただきます。
DSC07589

で、こちらが看板犬(?!)のバーニーズちゃん。
一年ぶりの再会です。
DSC07590

食事が終わり、狩人のお母さんがお見送り。
ルークを見るやいなや、まあ、可愛いと頭ナデナデです

さて、その時に伺ったお話し。

この写真のワンちゃん、もう死ぬかも。
という時期が最近あったそうです。

そこで、新鮮なシシ肉をあげて体力回復、
まったく健康に戻った。というお話です。

ルークもあやかるべく一枚頂戴したのは言うまでもありません。
あ、火は通した焼肉状態であげました。
おいしそうに食していましたよ

自宅に戻るとグッスリのルーク。
しかも、手羽先一本しっかり食べて満腹で夢の中へ。
DSC07597

今日の一日は飼い主にとって

「クララが歩いた!」のハイジ状態
最近、目覚ましい回復とはいえ、こんなに歩けるなんて。

明日は、きっと一日中寝てるでしょうね



















 

今年の初登山は福岡・六ケ岳

今年初登山は福岡県の「六ケ岳」
ルークも、山登り仲間の美人さんと記念撮影
BlogPaint
山頂看板を見ていただくとお分かりのように339m。
往復1時間もかからない場所ですが、穴場なのです!
だって、山頂は360度見渡せる絶景!

が、当日は霞がひどく、画にならなかったので
どうぞ、こちらの方のブログをご参考になさってください←★

         
       る「母、ここは眺めがいいね」

DSC07154


ま、山に登ったらお弁当がお楽しみ。

飼い主「ルーク。まだよ」   る「・・・」

DSC07156


飼い主「よし、どうぞ」  る「パク」
DSC07157


ルークは大好きな人参。
飼い主は「ざ・日本」なお弁当です
DSC07159


DSC07162
しかし、この日は風がすごかった~
ルークがなびいているのがわかりますか?

風に飛ばされないよう、ひっしに踏ん張ってます
DSC07163

嬉しかったのは、久しぶりに会った山の皆様に

「ルーク、顔が元気になってきたね~
「身体もずっしり、健康的!
「おぉ、だいぶん歩けるようになったじゃない!

と、大絶賛
代わる代わる抱っこして可愛がってくれます

みなさん、生後6か月から元気に登山犬デビューしたころから
大学病院行きとなった弱々しいときも、すべてご存じ。

「頑張ってるルークは希望の星

と、自分のことのように喜んでくれたのがありがたかったです。
DSC07164

さ、登山もいいスタート
DSC07165

また、こんな風に歩けるのももうすぐよ、ルーク
DSC04180


今年最後の柑子岳登山

今年の最後の山は柑子岳。
室町時代にはお城があったようですね。→★ 

ちなみにちょうど2年前にも登ったところ。
パピーだったルークも元気にスタスタ登りましたよ→そのときのブログ

          
 る「ボクも登ります!」

DSC06969

標高245mと気軽に登ることができるハイキングコース。
それなのに、頂上はちょっとした広場にもなっているうえ
見晴らしバツグンと、大勢で行くにも適したところです。
DSC06933
        ルーク、城跡に何を想うのか。



**********************************************


さて、登り口は駐車場にもなっていてこんな感じ。
DSC06946
              毛並みがエライぼさぼさですな(笑)

今回は、リュックではなくスリングで担いでいきました。
ルークもスリングのほうが安心するようです。
DSC06932

ずいぶん冷え込んでいたので「ゆたぽん」もスリングにセット
していましたが、ラッキーなことに山頂では風も止まり
暖かいお日様も顏をだしてくれ、絶好の日光浴日和になりました。
DSC06937

      る「ポカポカで気持ちがいいです」

DSC06938


      ルークさん、何食べているんですか?
DSC06942


DSC06943


          る「いい眺めですなぁ」
DSC06945


DSC06939


そして、登山後は冬ならではのお楽しみ「牡蠣小屋」へ
DSC06949

     る「ボクもなにか食べられるんでしょうか?」
DSC06952

牡蠣が破裂しても大丈夫なように、みんなオレンジさんに。
DSC06950

DSC06967

  ルークも牡蠣がはねたら大変とジャケットの中へ

DSC06959

DSC06955

ルークを連れ込んで牡蠣が堪能できるのも、こちらは
広いお庭を開放している漁師さんだから。
DSC06966
引け目なく、ルークといっしょに行ける飲食店(?!)です

DSC06953
  る「ボク、今日も「女の子ですか?」と聞かれました」


こんどは、ゆっくり歩けるようになってるかな。
今年最後の締めくくり登山でした


 

阿蘇・杵島岳でくつろぐパピヨン

      る「みなさん、張り切ってますね」
DSC06530


さ、本日向かった山は九州、熊本県の阿蘇。
目指すは、杵島岳 (1321m)
DSC06531



         る「母、お馬がいっぱいいます」
DSC06536

この草千里ドライブインからほど近い展望台。
DSC06539

ここに車を置いて登山スタート
さすが展望台は阿蘇の広大な自然を眺め素晴らしいです。

DSC06537

ちょっと天気を心配しながらですが、スタート時点では晴れ間も。

DSC06544

舗装された山道から、急勾配のかなりの数の階段は、
けっこうハード。(飼い主帰宅後ふくらはぎ筋肉痛に)
DSC06545

時間的には40分程度で頂上へ。
しかし、地味~にハードでした~

DSC06547



みなさんに可愛がられてご満悦です
DSC06550


DSC06543

         
        る「ボクも満喫してます

DSC06553
ルーク右に見えるはルークをしょってるリュックです。↑

杵島岳しばし休憩後、往生岳を目指します。

しかし、しかし、なーんとなく気乗りしない飼い主
歩いて向かうけれど、心がときめかない。
こんなときは、直観に従うが吉

皆さんには、引き返すことを了承していただき
ルークを背負ってえっちらおっちら一人引き返したところ・・・
DSC06560
うえの画像の山、このてっぺんに向かうのです。

この山ふもとのアップが下の画像。
みなさん、山頂向かっているのですが、、、
DSC06561

みるみるうちに霧に飲み込まれてしまいました
DSC06562

しまいには、まったくもって視界ゼロの世界へ
DSC06568

その頃、飼い主とルークはその様子を山頂から眺めつつ
DSC06565

ちゃっかりお弁当を食べていました!
DSC06564


結局、みなさんも大事をとって登頂を断念。
ほどなく杵島岳にて合流。霧のなか、お弁当です
BlogPaint
                 る「ボク、ここにいます」


DSC06555


こんな天気ではありましたが、雄大な自然でリフレッシュ。
福岡への帰路には、野菜も買い込み大満足。
来月は九重へ紅葉楽しむ登山予定です

 る「ボクも大好きなサツマイモ買ってもらって満足です」
DSC06578

 

 

気持ち良い古処山へ

さ、天気に恵まれた本日。向かった先は福岡県朝倉にある古処山。

      る「みなさん、おはようございます
DSC06353

わぁ、ルーク、久しぶり~
と、登山仲間の皆様からなでていただきご機嫌です。
DSC06359

     る「ボク、ナデナデされるの好き~
BlogPaint


ここ、古処山登山は飼い主は2度目、ルークは初めて。
原生林におおわれ、豊かな水の流れを感じながら歩ける本コース。
飼い主、お気に入りの山の一つとなっています。
DSC06356

DSC06358


さ、ルークはこのリュックに入ってGO
DSC06354


リュック型キャリー購入しました→★

リュック型キャリー追記→★



10台ほどゆっくり止められる駐車場から山歩きスタートします。
DSC06355

DSC06368



DSC06361
途中にあるツゲの原生林は特別天然記念物。

登頂記念のすまし顔の一枚。
DSC06367


DSC06371

山頂ではみなさんに交ってボクも休憩。
DSC06364

     る「母、ボクのおやつはあるんですか?」
DSC06366 
    飼い主「ちゃんと焼き芋を持ってきてますよ


DSC06372

DSC06374

DSC06377

時間にしてゆっくりのんびり1時間程度でしょうか?
今回は、登山初めて。という方も大満足。
そして、いろんな山に登っている方もエンジョイできます。
登りやすいし、山の恵みをたっぷり満喫できますよ。

朝倉市のHPをリンクしておきますのでご興味ある方はどうぞ。
→★









佐賀の黒髪山へ

今月のルークはアクティブ月間。
7月上旬は長期で飼い主実家に。

そして、飼い主が戻ってきたと思ったら
リュックに背負われて黒髪山へ登山です。

         る「ボクも登りました

DSC06057


今回の大目的は「鯉料理」
登山後は鯉の洗いや鯉こくで涼を感じようというものです。
DSC06039


DSC06041
登山中も、画像にあるような気持ち良い川の流れに気分も爽快。 

しかし、その後は絶叫のよじ登り岩だらけです。
ゆえに、画像はありません
DSC06046

すごいでしょ。こんな岩ばかりです
DSC06060


   る「は~ 生きた心地しなかったねぇ
DSC06058


   る「ボクもハラハラドキドキ疲れました~
DSC06052


そのあとは飼い主たちは大宴会
DSC06063

DSC06064

ルークも仲居さんたちに可愛い可愛いとナデナデされて
大満足の様子でした



あ、以前もご紹介しましたが、ルークをしょったリュックはこれ。
よーーーーーーーーく見るとルークが見えます。
BlogPaint
※前回の三俣山登山の画像です。



 
みなさん、良い一日を♪
ルークの愛用品
【必需品/関節炎サポート】

共にアイハーブから購入。

炎症対策トラウメール

関節サポートのジール

ヒアルロン酸+コンドロイチン

肝臓ケア用ミルクシスル



【ダニ・ノミお断り】

ノミ、バッチリ捕獲!


ルークもネコ姉妹も愛用



カテゴリー
性格・誰にでもフレンドリー
先代ルーク
最新コメント
メッセージはこちら

 

名前
メール
本文
記事検索
ギャラリー
楽天市場
  • ライブドアブログ