パピヨン備忘録 2014年から関節炎闘病記。2016年虹の橋へ。飼い主ペットロス脱出中。

パピヨンの子犬に一目ぼれ💛20年ぶりに愛犬が我が家へやってきた嬉しさ!本ブログは、忘備録&家計簿代わり&日常の忘れぬ記録でしたが、2014年からすっかり闘病記(?!)となってしまいました。原因は不明。大学病院の先生から「生まれ持った運命としか言いようがない」とのコメント。今は、虹の橋の向こう。2016年9月8日に渡ってしまいました。残された飼い主がツラツラと書き綴っています。

教え

Kさん

まるで、ルークの毛並みのようなキレイなお花。Kさんが送ってくださいました。あ、ルークは登録上の毛色はRED&WHITEです。

さて、Kさん。とは飼い主が出張時のシッティングをおねがいしたく探し出したドックトレーナーさんです。飼い主は敬意をこめてシッターさんと呼んでいますが、あくまでプロフェッショナルなドッグトレーナーさんです❤パピー時代からお世話になった方です。
DSC00293

福岡で、「アニマルライフあかりのこころ」を主宰、日々、私のような飼い主のサポートをお仕事になさっています。

仕事柄、出張も多かった飼い主、ペットホテルにお願いするより、自宅に来ていただけるほうがルークのストレスも減るでしょうし、送迎の手真も省けるし。と、ルークを迎え入れると決めたときに、すぐにインターネットで検索して、ご縁を頂きました。

このブログを書きだした2012年頃は、随所にKさんからの教えを忘れぬよう、書き込んでいます。昨日も自分のブログを読み返していましたが、いろいろ教えていただいているんだな。と実感。

シッティングを願いすると、ごはん、トイレ、お手入れ、お散歩等々、短時間で必要なお世話をすべてやってくださいます。あとから頂ける、この報告書が毎回楽しみでした。

へーっ。ルークがこんな顔するんだ!とか、発見がたくさんありましてね
DSC00294


今回も、こんなメッセージを頂きました。


私もですが、1分でも1秒でも長く生きてほしい、
一緒に生きていきたいという願いが愛犬に対してあります。
それでも、「歳」という数字以上に、
「生き様」が大事と常に思っています。
1日1日の大切さ。
特別なことはなくても、毎日の普通の時間の幸せの積み重ね。
ルークちゃん、きっととーーーーっても濃い生き様で、
たくさんの愛情を誰よりももらっていましたね。
4年間にぎゅーっと詰まっていたはずです。


中村様の心のなかにずっとルークちゃんがいて、
あれこれを涙と笑顔とともに
お話されたり思われ日々お元気で過ごされることが
ルークちゃんにとって願いでもあり供養です。



一部を抜粋して、ご紹介させていただきました。

この文章を読ませていただくたびに、目頭熱くなりつつも、心が癒されるものですから、ブログに引用をさせて抱きました。同じようなお気持ちの飼い主さんのハートか温まるささやかなひとつになれば幸いです。。。

そう、このような方はいつも心の支えにしていまして、何かにつけて、それは、ルークが大学病院に通うほどまでになってしまったときや、一生寝たきりでは。。。と思っていたのが、ヨチヨチと歩き出した感激の時など、ご報告をさせていただいていて、そのたびに飼い主のハートに響く言葉をたくさん頂いていました、心の拠り所の一つでもありました。

パピヨンというつながりの方、ブリーダーさんつながりの方、愛犬家つながりの方、そしてこのように専門家の方と、ルークのおかげで、あたたかい縁をたくさんいただいたのだなぁ。と実感しています。有り難いことですね

DSC00296




 

具体的アドバイス。

本屋さんで、Tタッチの本を見つけました。

この、テリントンTタッチメソッドとは、馬のトレーナーである
リンダ テリントンジョーンズさんにより考案されましたメソッド。

動物の身体に非習慣的な刺激を与えることで、
心のバランスを整えたり、身体の動きを高めたり、
健康状態を良くしたりするケアだそうです。

本を読んでいると、ルークによいような感じ。
書いてある通りに、タッチをやってみますが
一度は、プロのやり方を知りたいと考えるのが常。

そうだ、と、Kさんへご存じなないか
久しぶりにメールを送りました。

そうしたら、すぐに飼い主の携帯へ連絡が。
質問のテリントンタッチの方はご存じなかったのですが
肝臓機能が弱っているルークへの有効なアドバイスを
たくさんいただきました。

なんと、Kさんの愛犬のうちの一匹も
肝臓がウイークポイントとのこと。
また、お仕事上、事例もたくさんご存知でした。

具体的な食事療法など、獣医の先生方以上に
有意義なアドバイスをいただいて本当にありがたかったです。

また、夜には、こんなメールも入っていました。

以下、メールを引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ルークちゃんの件でもう一つありましたので
メールですみませんがお伝えできたらと思います。

地面におなかが平行な姿勢(立っていたり伏せていたり)で、
伏せる場合は「スフィンクス」のような
体位、特に後肢を参考にしてください。
その「スフィンクス」のような姿勢は結構イヌにとって楽で、
あご乗せのようにタオルなどをあごの下においてあげると
あご乗せ枕になるので楽ちんです。
その体位にするときはゆっくり胸と下半身を抱えて
体勢を整えてあげると痛くありません。

そして、その体位でお水やご飯を与えると良いです。

お水を飲ませると嫌がる時もあるのは、
のどが乾いていないほかに、
体位で飲みづらい、きついなどが理由で嫌がります。
気管に逆流することもあるので
お水やご飯など食道を通過させるときは
地面に内臓が平行であること、
飲みこんだ後しばらく待つこと、
喉を(口を)斜め上にあげて喉と食道が開いている
イメージを持つことが大事です。

ご参考になればと思います。

スフィンクスが楽な体位であればおもちゃで遊んであげたり
遊んだりなどもできると思います。

また何かありましたらご連絡ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Kさんとお話しするとつくづく感じるのですが
本当に、このお仕事が大好きなんだなぁ。
とにかく、与える姿勢が並ではないのです。
大きな愛にあふれているのです。

こんな方にご縁をいただいたことを
心から幸せに感じています。

そして、やり取りしたメールの最後に
こんなメッセージをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100家族・イヌあれば100家族・イヌのやり方があり
あくまでも今日のこの家族・イヌのケースではありますが、
ルークちゃんのちょっとした何かのヒントになればと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

力みなぎる飼い主でございました
DSC05146

教え~生後6ヶ月から2歳まで~ 基本

ルークを迎え入れる前に捜して出し
ご縁をいただいたKさん。

初めてのカウンセリングのときに
一冊のファイルをいただきました

10ページほどですが
ふと、気がついたときに読み直してます

ルークも1才迎えてから、オス犬の自我がでてきたのか
(永遠の男の子ではありますが)
テリトリー意識が高まってきたのか
自分に自信が出てき始めたのか
ん?ということがチラチラと増えてきはじめました

DSC03036
ルークさん、あなたのことですよ、聞いてるっ?


ページの中に

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-

生後6ヶ月から2歳まで「多感期」

この時期飼い主様ががんばる時期です。
イヌはこの時期は体力もつき始め、
今までの家庭での生活を基本に自分で応用し始め、
今まで現れなかった・しなかった行動をし始めます。

人間の中学生・高校生をイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

この時期は、基本をそのまま行うこと
・その年齢や個性にあった生活を行うこと
・根気をもって生活することが大事です。


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-

振り返ると、飼い主も「ま、いいか。」とか
「もう、大丈夫でしょ」なんて気を抜いてるなぁ。と反省。

イヌに罪はないですもんね。

ル「ボク、いい子です~
 DSC03034


犬の保育園では大人しい?

久しぶりの保育園ショット。
キュートなお友達も徐々に出来てきたようですね。
moblog_68b755e8 (1)

さて、先生とお話しすると、保育園の模様と
普段との様子にえらいギャップが。。。

先輩ワンちゃんにちょっかい出して怒られてへこんでた。とか
元気グループと一緒だと固まっていた。等など

たしかに、見せていただく画像に映る姿は
お耳が常に落ち武者状態

はじめて、聞いたとき
「? まさか、ルークが」って思いましたが
どうも、内弁慶なことが判明しつつあります。

飼い主「先生、ルークってどんな性格ですか?」

先 生「ちょっと、びびり屋さんですねぇ(笑)」

飼い主「え゛~っ
飼い主「先生、ルークはお散歩のとき、他のワンちゃんたちに飛びついて
     遊ぼうコールがすごいんです。恥ずかしくなるぐらい。」

先 生(ルークに向かって)「保育園でもしたらいいやん

飼い主(なんと、家庭内暴君なのか?!)

先 生「他のワンちゃんたちも、みんなそうですよ。
    お家と保育園ではぜんぜん違う。と飼い主さんたちもおっしゃってます



どうも飼い主、蝶や花よとルークを甘やかしているようですねぇ



よーくみるとゴミ箱(?)の陰でまったりくつろぐ姿。
ルークが一番の新入りさんだそうですから末席
みんな、思い思いにリラックス姿、可愛いです。
moblog_01724c3a
犬世界とのお付き合いも学びつつさあるルーク。
やっぱり、保育園にお願いしてよかったです




メッセージはこちら

 

名前
メール
本文
ルークの愛用品
【必需品/関節炎サポート】

共にアイハーブから購入。

炎症対策トラウメール

関節サポートのジール

ヒアルロン酸+コンドロイチン

肝臓ケア用ミルクシスル



【ダニ・ノミお断り】

ノミ、バッチリ捕獲!


ルークもネコ姉妹も愛用



性格・誰にでもフレンドリー
先代ルーク
最新コメント
記事検索
みなさん、良い一日を♪
ギャラリー
楽天市場
  • ライブドアブログ