こんにちは!
Lullmです。







私の1番の得意戦法は角交換四間飛車で、この戦法を愛用しています。

以前私は黒沢怜生先生著、『後手番で勝つ角交換四間飛車徹底研究 (マイナビ将棋BOOKS)』を購入したわけなのですが、今回はまた更に戦法に磨きをかけるべく、こちらの本を購入いたしました。

あえて居飛車目線の棋書をチョイスです。
P1030391

石田直裕 先生『角交換四間飛車破り 必勝ガイド (マイナビ将棋BOOKS)』です。
タイトル通り、角交換四間飛車を打ち破るための棋書です。


章立てとしては、
⓪『角交換四間飛車の狙い』
①『後手角交換四間飛車』
②『後手角交換保留型』
③『先手角交換四間飛車』
④『先手角交換四間飛車』
⑤『実戦解説編』


という構成になっています。

居飛車視点での解説ではあるのですが、振り飛車側にとっての狙い筋、嬉しい変化も多数挙げられているため、振り飛車党の方も参考になる棋書です(/・ω・)/


2P1030391

また、個人的に特に興味深かったのは実戦解説編です。
実戦解説編では角交換四間飛車を得意戦法とする棋士の先生方との対局が掲載されているのですが、その中には藤井猛先生や黒沢怜生先生、門倉啓太先生といった錚々たる先生方との対局が掲載されておりました。
気になる対局結果についてはぜひ本書を読んでみて下さい(*´▽`*)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
P1030396

この本を熟読しておけば、角交換四間飛車相手に堂々と飛車先を伸ばす指し方もできるようになると思います。
逆棒銀をやってこい!そんな強い指し方です(*'▽')

より堅実に行くのであれば、飛車先は一つ保留、そして振り飛車の玉の位置に注意しつつ4七銀型に組んでしまえばひとまずは安心ですし、居飛車側も手が広いです(/・ω・)/

というわけで、今回せっかく居飛車側から見た対策を学びましたので
角交換四間飛車を指してこられた方にはさっそく居飛車で対抗してみたいと思います。


居飛車を指すことで同じ振り飛車党の方の指し方を学ぶ良い機会にもなりそうですよね(*´ω`)

それではまた!
Lullm


P.S.
今回の写真、何だか部分的に影ができてしまっていました( ;∀;)