1月22日。情報リテラシー論最終講義は、様々な形態のデマや詐欺についてでした。

 
 インターネットやそれに関する技術、ソフトやアプリの進化・普及によって便利になっていく一方で、デマの拡散方法や詐欺の形態も多様化・進化しています。
 
 SNSの乗っ取りは、IDや顔写真、その他個人情報の流出によって引き起こされることが多いため、パスワードの設定や自分の利用しているSNSの種類を友人や関係先に知らせる、登録メールアドレスは非公開の物にする等、第三者に個人情報が露呈するリスクを予め絶つ工夫が必要です。 
 また、実際に遭わずにSNSの「友達登録」を行う場合には、登録前に相手のアカウントが本当にその本人の物なのかも、ほかの媒体やSNSを利用して定期的に確認する事が大切です。
 SNSにも関係しますが、やはりインターネット上での被害に遭わない為には個人情報の取り扱いが重要になってきます。
 例えば、写真を投稿する時などは公開範囲や位置情報の公開設定、写真内の写りこみや一緒に写っている人物に注意する事が大切です。基本設定や投稿時の設定を確認しておく事をお勧めします。

 SNSでの共有やインターネット記事など、情報の拡散力が年々高まっていることで起こりうるのが、デマの拡散です。
 閲覧側は、投稿者に悪意はないか、出典元や日付、投稿サイトのドメインや写真の加工の有無、類似画像の有無などをもとに確認して、騙されないように注意する事が求められます。
 投稿側になった場合も、シェアの必要性や投稿する情報の真偽をしっかり確認する必要性があります。


 インターネットが一般的なものとなり、様々な技術や利用形態が誕生している現代、ネット犯罪も多様化しています。
 これからもネットを便利に活用し、被害を免れる為にも、利用の仕方、犯罪の形態、リテラシーをしっかり理解し、被害者・加害者にならないようにしなければなりません。
 また、もし被害に遭ってしまった場合には、1人で解決しきれなくなる事も予想されます。その時は、最寄りのサイバー対策機関に相談する事も大切です。



*今回の講義資料SlideShare

 情報リテラシー論 14)デマや詐欺と進化する技術
 著者/講師:横田秀珠 HP