年末からこっち、忙しさに追われて「書きたいのに書けない」状態が続いていた。
何しろ、毎日毎日、「これはひどすぎる」と思う事件や問題が勃発し続けているのである。
ひとつの問題を真剣に分析して、さあ書こう、と思ったら、たちまち次の事件が起こり、古いものはどんどん押し流されて忘れ去られていく。
きちんとした分析も、何の解決もなされていないのに、である。

・国会議員の旦那方は、腐ったカネ集めに奔走し、己の身を正すことさえできない。
(すごいのが、某大新聞は、この手の記事をほとんどおシルシ程度にしか掲載していないことだ。取り上げはするが、たちまちしぼんで、まるで「万事解決」したかのような錯覚に陥らせる編集方法である)

年末に友人達にも話をしたのだが、政治に関するこの国の若者の興味と知識の不足には、致命的なものがある。
知り合いのAくんは優秀なエンジニアで、頭もいいのだが、以前、政策の問題について話をしていたら、こんな風に答えるのだ。
「政治のことは政治家に任せておけばいいんじゃないですか? コイズミさんだって、よくやってると思いますし…」
「うーん、具体的にどんなことをよくやってると思うの?」
まぁ、「郵政民営化」というコトバが出てくるのだろうと、私も思っていた。
前内閣のお題目であり、この一言で他の全ての政策があいまいなまま流されてしまった「マホウのコトバ」だ。(ちなみに、現内閣のお題目は「美しい拉致問題ニッポン」だっけか?)
ところがAくんは平然と答えた。
「…それは評論家に聞いてくださいよ、オレらが知るワケないじゃないですか」

断っておくが、Aくんは非常に優秀で、思いやりもあり、礼儀もわきまえている若者だ。決して、私をバカにしたり、いい加減な気持ちで答えたのでないことは保証できる。

つまりこの国は、すでに頭の良い愚民を作ることに成功しているのだ。

「知らなくて、任せちゃって大丈夫なわけ? 憲法変えて、防衛庁(今や防衛省に格上げですか…)が変わったら、もしかしたらAくんの子供の世代には徴兵制度が復活したりしちゃうかも知れないよ?」
「いや、そんなことはないですよ」
「なんで?」
「んー…なんとなく…だって、そんなバカなことしないでしょ?」

そんなバカなことを政治家がやりだしているから、今のこの国はおかしくなっちゃっているのだ。

Aくんのような人間は良民であり、愚民である多くの人々の代表のような存在だろう。
性善説を信じている、という良き日本人の慣例を踏襲している、といえるのかも知れない。
だけど「いくらなんでもそこまでバカじゃないでしょ、きっと大丈夫」と信じ続けた結果が今の状態なのだが…。

以前にも書いたが、現内閣の政治目標は「美しい国づくり」だそうだ。
が、この「美しい」って形容詞、ものすごーく胡散臭いのよ?
まず、「美しい」というのは、具体的かつ明確な目標設定ではない。しかも、「表面的な美しさ」を追求したら、人間というものは必ず誤魔化しをするものだ。
化粧をするのか、整形するのか、はたまた、醜を美と言い換えるのかはわからないが、「美しく見せる」ために、内実では「美しくないことを平気でやっちゃった」りはしないか?
元来、「美しさ」なんてのは、目標に定めるコトバじゃないはずだ。
誇りを持ち、正しく生きる方法を模索した結果が「美しさ」につながるはずなのだ。
「美しさ」を目標に掲げてしまった時点で、「土曜スクールは落ちこぼれの救済方法ですから、落ちこぼれのいない我が校では、土曜スクールに集まる子供はほとんどおりません」と明言し、参加希望者に難癖つけて不参加の用紙を出させた某中学校長と同じことになってしまう。

そして、残業代ゼロ政策だ。
これは「頑張った人が報われる社会」ではない。
「報われた人=儲けた人が頑張ったと褒めてもらえる社会」づくりだ。
「報われないのはあなたの自己責任だ。儲からないのは頑張りが足りない」と切り捨ててしまえる社会構造にしよう、という話なのだ。

夕張市の財政破綻だって、他人事ではない。
地方都市の切り捨てが、弱者である住民にどんな結果を及ぼすか。
子供、お年寄り、病人の保護をカットすることが財政再建の最善策だとでも言うのだろうか?
若者だって、未来のない町と言われたら、そこでどれだけ頑張れるだろう?
もう一度言う、夕張市は他人事ではない。

郵政民営化も音頭ばかりは大音声だったが、それ以降は水面下で何が行われているのかわからない。
肥大した国営事業を民営化するという流れに異論はない。
だが、郵便サービスや医療サービスなどは、元来儲けを考えない、弱者保護のための政策のはずだ。ビジネスレベルで儲けを追求してはいけない業種だからこそ、国が運営していたはずなのだ。それが全ていきなり民営に切り替わったら、「カネの払えない弱者はサービスを受けられない」状態になってしまうのではないか?
その懸念を払拭しないまま、具体的な方針を公表しないまま、「官はよくない、民が良い」という都都逸みたいなノリに乗せられて、決定してしまった。
その予兆を感じさせるのが、介護保険の縮小だ。
言っておくが、徴収される介護保険料が減るのではなく、受けられるサービスが薄くなるだけなんだよ?

そして、数の暴力で押し通してしまった教育基本法の改正。
改正、と言うと正しいように聞こえるから、とりあえず、「改変」としておく。
だって、具体的には何をどう変えるか、はっきり決まっていないんだもん。
「古い法律で、現在の状況に即していないから変える」 これはわかる。
だけど、今の「改正案」は穴だらけで、半数が無記名の封神傍と同じだ。(わからない人は封神演義を読んでみてね)
「目障りな相手の名前を書き連ねた殺しのリストだ」と思っていたら、空欄の部分に、いつ自分の名前が書き加えられるかわからない、恐ろしい「白紙委任状」の状態で可決してしまったのだ。
何故、みんなこれで不安を覚えずにいられるのか、とっても疑問。



いい加減、怒れ、日本人!



総理がテレビ画面に映ったときの、最近の我が家のお遊び。
娘「何はなくても、拉致問題」
私「ニャんで?」
息子「そんニャに?」
娘「拉致問題」
私「ニャんで?」
息子「そんニャに?」
娘「拉致問題!!」
三人「美しい拉致問題ニッポン」

嗚呼、この子たちの未来は、どーなっちゃうのさ??

これまた、1月半ばに書きかけたものでした…。

いまや都知事は激しくカンチガイしたまま三選しちゃうし、もはや日本の政治局面は末期症状だよ。
どうすれば変えられる?
真剣に考えなきゃ。