一度、銀座ランチに慣れてしまうと、お弁当を作って持っていくのが、非常にかったるくなってしまったりする。
イカンイカン。

しかし春眠の誘惑は耐え難く、気候の変化にも体が対応していないのか、起きるのが辛い。

そんなわけで、今日は銀座スエヒロのお弁当を買ってみた。
いろいろ種類があるのだが、大別して500円の焼肉弁当(他2種類くらい)と350円のいろいろなお弁当がある。
予算の都合で当然、350円の中で「チキンのケチャップ煮」と思しきものが入ったものにしてみた。

結論から言うと、
「銀座で350円だもんなぁ…」
であった。

別にまずかったワケじゃないんだけど、いかんせんひとつのお弁当の中の色が少ない。
基本的にご飯とおかず…多分、チキンのケチャップ煮なんだけど、衣がガッツリついていて、これが中盤以降、疲労の原因となったようだ。男性にとってはこれくらいでちょうどいいのかも知れないが、他に箸休めと言ったら漬物程度しかなかったので、飽きてしまったという感じ。

私のすぐ後に買いに来ていた常連さん風のおじさんが「メンチカツ弁当」と言っていたので、銀座で安く、そういうものをガッツリ食べたい方向けかな。