小説の進行状況18-B:01

作品「13」を書き終えて(まだ出版してませんがw)、解放感からPS4の『GRAVITY DAZE』などをプレイしていまして、一通りクリアしたので、新しい小説を始めようかと。
折羽ル子さんが主宰するエロい電書アンソロジーに短編を寄稿することになりました。なんか楽しそうだなぁと横目で見ていたのですが、「13」の作業が長引いていたのでスルーするつもりだったのです。ネタもないし。
これも解放感からの弛みを突かれたというか、なんとなく引き受けてしまいました。安請け合いし過ぎだな、私。
ル子さんには、波野發作さん(「Position」)と同様に、「このセルパブがすごい!」の時にお世話になったし、またお世話になるつもりだから(笑)、ここで恩返しをしておくのも悪くないし、何より企画が面白そうなので、今のタイミングならやれそうかな、と。
本当は、予定していた感動ポルノ作品「19」に取り掛かるところだったのですが、六月には「このセルパブ」の今年度版の準備を始めなければならず、長編になる「19」に手を付けることができなくなってしまいました(何もかも「13」が悪い)。その微妙に空いた期間でも、短編であれば何とか書ける、という目算で。
「Position」2号用のネタを流用することも考えましたが、この企画、キーワード的に「エロ」、「牛」、「モーテル」という三題噺な縛りがありまして、いや、ほとんど無視して構わないらしいのだけど(笑)、(無視しちゃダメ!というツッコミがw)どうせ書くならそれを踏まえたい、となれば、用意していたネタは使えません。新たにひねりださねばならない。
えっとですね、正直にいえば、ネタを出すのは簡単です。ただ、それが面白いかどうかはわかりません(笑)。私の得意技は、くっだらないネタを技術によって無理やり面白くすること、なのですが、さて、今回のコレに関してはどうなることやら。
とりあえず、編集長がちゃんと面白いレベルまで叩き上げてくれるようなので、その辺は安心して?好き勝手に書いてみますよ。
元々、何本か書いて短編集を作るつもりではいたので、今作は「新城アキラ」のシリーズです。つまり、三題噺にもうひとつ要素が入る。これは保険のようなものです。私は負け戦をするつもりはありませんから、もし企画が失敗?しても流用できるようにします。もちろん単独で読めるのは当たり前。
ル子さんもどうやら「勝ち」にいくおつもりのようなので、そこもちょっと楽しみですね。どういう戦略を用意しているのか、参考にしたいな。セルパブで「勝つ」のは中々難しいし、しかもアンソロジーとなれば余計なので、純粋に興味があります。

拍手レス
ありがとうございます。頑張ります。

小説の進行状況13:143

文字数:144,324字、400字詰:440枚。
最後のチェックで一通り読み通し、修正完了。完全に脱稿しました。
連休後の溜まった仕事が忙しくて、ちょい時間がかかってしまいました。
あとは表紙なのですが、嫁さんが描いてくれるとのことなので、完成待ちです。
私がやれることは全てやりました。
どのくらいかかるかな? 一週間は見ておいた方が良さそうだけども。嫁さんのやる気次第。

拍手レス
ありがとうございます。頑張る方向性が、大分ズレてきていますがwやるだけのことはやったというところですね。
さて、しばらく休んでから新作書かなきゃ。

小説の進行状況13:142

文字数:141,591字、400字詰:433枚。
ゴールデンウィークをこれに費やしたよ!
一応、脱稿しました。で、今は最終チェック中。もう一度一通り読んでみます。エディタ上とKindle端末上では読むリズムが違うので、後者で読むと変な表現をしていたりするので。
って、まだ脱稿とは言わないね、コレ。
それでも随分と気が楽になりました。もうひと踏ん張りだ。
同時に、表紙の作業もしています。今回は自分で描くつもりでしたが、もしかすると嫁さんがまた描いてくれるかもしれない。まぁ、彼女の調整次第ということですが。
一応、ひとりで出来るだけのことはしておこう。
長かった、本当に長かった。こんなに苦痛だった執筆作業は初めてではなかろうか。
やっぱり、何年も前に終わらせてしまった作品に、もう一度息を吹き込むのは相当な労力を伴いますね。死んでるんだもん、叩いても捻っても反応してくれませんわ。カンカンノウじゃあるまいし、死人を動かすのは容易じゃない。
ま、とにかく、もう済んだことです(笑)。いやぁ、しんどかった。

小説の進行状況13:141

文字数:141,524字、400字詰:430枚。
それでも、ちくちくと修正を続けている私は、なんて健気なんでしょう。
くっそ、ムカつく。誰だよこんな小説書いたの。私だ。
売れないんだよ、これじゃあ、ちくしょう。
なんでもっと感動的な、泣ける話にしなかったんだ。まったく。
まず主人公がリア充なのがアカン。読んでいてムズカユイ。そこから変えちゃうと、初めから書き直した方が良いってことになるから、放置したのがマズかった。
とにかく、ツライ。

小説の進行状況13:140

文字数:141,583字、400字詰:430枚。
終わらない……。くそう、ホントにイヤんなってきた。連休もこれで潰れるのかよ……。
止めるわけにはいかないんだ。くそう。
ああ、もう。何とかしてくれ。
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
出品中の作品
Amazon
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ