2018年05月18日

藤井聡太六段が席巻した2017年度の将棋界。コンピュータ将棋が人間を圧倒するようになり、将棋の人気が陰るのではと心配されたこともあった。しかし、少なくとも現時点ではコンピュータにより研究が加速したこともあって、新たなスターの誕生を生むとともに世代交代が急速に進み、かつてなく面白い状況になっているように思う。

将棋連盟 棋士別成績一覧では、棋士の勝敗記録を掲載するとともに、イロレーティングに基づく、レーティングを公表している。そのデータ量から公式よりも有用だという声も高いサイトだ。そこで今回は将棋連盟 棋士別成績一覧のデータに基づき、2017年度の棋士レーティングを可視化し、棋界がどのような状況になっているのか見ていきたい。

棋士レーティング推移





まずは各棋士のレーティング推移だ。このVizは無選択の状態ではスパゲティ状態であるので、選択あるいはハイライトして利用することを想定している。左枠のレーティングランキングからは気になる棋士を複数選択できる。中央のレーティンググラフではマウスをポイントすることでレーティング増減の原因となった対戦情報を知ることが可能だ。右枠では順位、竜王戦、順位戦、棋士名などによって表示する棋士をフィルタすることができる。各棋士の色は年齢を表し、濃い青色ほど若い棋士を表す。少し触って見るだけで、藤井聡太六段が一気に駆け上がっていることがよく分かるだろう。

棋士レーティング増減




それでは各棋士は1年間でどの程度レーティングが増減したのか。ランキング表に1年間の増減を付与したのが次の表だ。青色矢印が増加、赤色矢印が減少を示す。増加が目立つのは藤井聡太六段(+226)、大橋貴洸四段(+150)、杉本和陽四段(+112)など若い世代で、これは対戦相手が弱い相手が多いという事ももちろん影響しているが、若い世代の台頭とも取ることが出来るだろう。

続きを読む

lunarmodule7 at 00:00│Comments(0)││将棋 | 視覚化

2018年05月07日

世の中には多くのスポーツがある。それぞれに要求される能力は異なり、当然の帰結として、人によって向いている競技、向いていない競技は異なる。ある競技の一流アスリートが別の競技をやった場合に優れたパフォーマンスを発揮できるかどうかは分からない。

それでは最も多様な能力が高いレベルで要求される競技は何だろうか?ESPNはSport Skills Difficulty Rankingsにおいて10の能力を定義し、その要求レベルに応じて60のスポーツをランク付けした。定義された能力は次の10個で、ESPNの8人のパネリストがそれぞれの要求レベルを10段階で評価し、それを集計して各競技の困難性を数値化している。
  • 持久力(ENDURANCE): 長時間にわたり技能や行動を続ける能力。例:Lance Armstrong
  • 強さ(STRENGTH): 力を発揮する能力。例:NFLラインバッカー
  • 瞬発力(POWER): 可能な限り短時間で力を発揮する能力。例:Barry Bond
  • 速さ(SPEED): 速く動く能力。例:Marion Jones, Maurice Green
  • 敏捷性(AGILITY): 素早く方向を変換する能力。例:Derek Jeter, Mia Hamm
  • 柔軟性(FLEXIBILITY): 広い範囲の動きで関節を伸ばす能力。例:体操選手、ダイバー。
  • 平常心(NERVE): 恐れを克服する能力。例:高飛び込みダイバー、レースカードライバー、スキージャンパー。
  • 耐久性(DURABILITY): 長期間にわたる物理的な打撃に耐える能力。例:NBA/NHLプレーヤー。
  • 応答性(HAND-EYE COORDINATION): 知覚にすばやく反応する能力。例:変化球に反応する打者、グリーン点灯時に瞬時にアクセルを踏み込むドラッグレーサー
  • 戦略性(ANALYTIC APTITUDE): 戦略的な状況を適切に評価し対応する能力。例:Joe Montanaのディフェンスの読み、バスケットボール速攻時のポイントガード。
その結果を視覚化したものが次のVizである。

ToughestSport


続きを読む

lunarmodule7 at 22:00│Comments(0)││視覚化 | Tableau

2018年03月13日

本日、日本将棋連盟が藤井六段の3人目の記録四冠(対局数、勝数、勝率、連勝)の独占を報告し、彼はデビュー2年目における達成という前人未到の記録を打ち立てた。先日には、第11回朝日杯将棋オープン戦において佐藤天彦名人、羽生善治竜王、広瀬章人八段を破って優勝し、史上最年少で一般棋戦優勝、全棋士参加棋戦優勝、六段昇段の最少年記録を更新した藤井聡太六段。五段はわずか16日であり、中学生での六段昇段、一般棋戦優勝は史上初という。

実際、藤井六段の昇段ペースは他の棋士と比べてどの程度速いのか、日本将棋連盟の棋士データベースには各棋士の昇段履歴情報が掲載されているので、その情報を元に一覧にしたのが下のVizである。数字は昇段時の年齢であり、緑が若く、赤になるほど年を取る。昇段年のみで月日が記録されていない場合は1月1日としている。各棋士をクリックすれば棋士データベースに遷移することができる。また年代、竜王戦/順位戦クラスでフィルタすることも可能で、いろいろ遊べるように作ってあるので、触ってみて欲しい。


続きを読む

lunarmodule7 at 22:00│Comments(3)││視覚化 | Tableau

2017年11月28日

現在世界には75億人の人々が暮らしているが、それが仮に100人だとするとどうなるのかを示したのが、If the World were 100 PEOPLEである。下の図はそれをグラフ化したものだ(データはより新しいものに置き換えられているため、数字が若干異なる)。Tableau Publicのリンクはこちら



携帯電話をもつ人が75人もいることに驚くが、携帯電話事情を見ると先進国の普及率は軒並み100%を超え、アフリカでも5割以上の普及率となっているのでおかしい数字ではないようだ。

英語を第一言語とする人は案外少なくわずか5名しかいない。日本語は2名だ。もちろん、第二言語まで含めると英語を話す人の数は格段に増える(List of countries by English-speaking population - Wikipedia)。

世界はいまどんな感じだろうか

lunarmodule7 at 08:00│Comments(0)││社会 | 視覚化

2017年11月15日

いよいよ国内でも販売が始まったスマートスピーカーだが、現時点ではAlexa Skillの登録数が2万を超え、Google Homeなどの他のライバルを完全に凌駕する状況にある。Amazon Alexaは国内における投入時に250以上のスキルを発表するなど、現時点では独走状態にあると言える。

本日時点における19,963に上るAmazon.com: Alexa Skillsのカテゴリごとの内訳を見ると次のようになる(米国のみの数字。複数のカテゴリに登録されているスキルがあり合計は一致しない)。ゲームがおよそ5,000、続いてニュースが3,400、教育が2,800と続く。天気予報でさえ600近くもある。これだけあれば、きっと自分にあったスキルがあるだろうと期待するかもしれない。

Alexa_Skills


しかし数が多ければよいかというと、残念ながらそううまくはいかないのである。続きを読む

lunarmodule7 at 07:07│Comments(0)