2016年04月27日

紆余曲折を経た東京五輪エンブレムの選定もようやく終結し、野老朝雄氏による組市松紋が新しいエンブレムとして選ばれた。国民からの投票では最下位であった作品が選定される等選定方法が一部批判の対象となっているが、個人的には新しいエンブレムのデザインは優れており、良い選考であったと思う。少なくとも前の佐野氏の作品よりはずっと良い。

新しいエンブレムの組市松紋は日本の伝統色である藍色をあしらい、日本らしさをアピールしているが、一方で「葬式のようだ」という批判が出ている。形状から葬式の花輪に見えるというコメントも散見される。確かに地味な色使いが投票でも不人気であった理由だろう。

そこで大会組織委には是非五輪エンブレムの色の選択に自由度を与えることを検討して欲しいと思う。組市松紋は形状だけでデザインとして成立しており、色についてはコントラストさえはっきりしていれば問題は無いように思われる。もちろん、日本の伝統色である藍色のデザインは基本パターンとして尊重し、バリエーションを認めるというものだ。
続きを読む

lunarmodule7 at 10:00│Comments(4)TrackBack(0)

2016年04月22日

地震の規模を表わすマグニチュードはログスケールなので、小数点以下が少し異なっただけでも発生するエネルギーは何十倍も異なる。実際マグニチュードが1上がると、エネルギーは31.62倍にもなる。このことを理解していないと、地震に対して誤った認識をしてしまうおそれがある。

そこで地震の発生するエネルギーを具体的に把握するために、15ktの広島型原爆を比較対象として代表的な地震のエネルギーを図示してみた(クリックして拡大)。

Earthquake Energy
続きを読む

lunarmodule7 at 10:00│Comments(1)TrackBack(0)

2016年04月18日

九州地震は命名された後により強力な本震が来るというかつて無い事態となり、大きな被害が出ている。数百年に一度とされる規模の地震がこうたて続けに起こったのでは夜もおちおち寝られないが、地震国である日本に住む以上、地震と付き合っていくしか無い。

次の図は日本付近で2010年以降から昨日までに発生したマグニチュード2.5以上の16,827地震の震源をマッピングしたものである(クリックで拡大)。ソースはUSGS Earthquake Archivesだ。色は深さを表し赤いほど浅く、青いほど深い。日本地図の右と下には深さを軸とする断面を表示しているが、日本付近にあるプレートの形がくっきりと浮かび上がってくる。

日本近海地震マップ2010-2015



続きを読む

lunarmodule7 at 10:00│Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月08日

最近引越し先を探している。もちろん住む場所によって相場は異なるわけで、HOME'S家賃相場では市町村、駅単位の平均家賃をリスト形式で毎週更新・公開している。おおよその相場を知ることができて大変有用なのだが、筆者のような地方出身者にとっては地名や駅名だけ挙げられてもそれがどこにあるのか、どのような位置関係なのかさっぱり把握できない。

そこで首都圏の市町村毎の平均家賃の最新データをマッピングしてみたのが次のVizである。上部のラジオボタンでワンルーム・1K・1DK/1LDK・2K・2DK/2LDK・3K・3DK/3LDK・4K・4DKの種別を切り替えることができる。平均賃料は駅徒歩10分以内の賃貸物件の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を軸にHOME'Sの過去データを元にした独自の基準で算出しているようだ。



市町村と言っても広いので、本来は駅単位に見たほうが良いのだろうが、駅名でマッピングするのが手間がかかるし、おおよその傾向が知れれば良いのである。より細かいデータが必要な場合はHOME'S家賃相場から直接検索していただきたい。





続きを読む

lunarmodule7 at 10:00│Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月01日

オデッセイ(原題: The Martian)を見た。大変素晴らしい映画だった。拙blogのタイトルが"A Successful Failure(栄光なる失敗)"であることにも現れているように、My Best Movieはアポロ13なのだが、この2つの映画には多くの共通点が見られる。
続きを読む

lunarmodule7 at 07:33│Comments(0)TrackBack(0)