2022年01月27日

かつて無いほどに緊張感が高まっている米中関係。中国は海洋進出の野望を隠そうともせず、米国はウイグル自治区での人権問題を理由に北京オリンピックの外交ボイコットを表明した。一国二制度の下当面維持されるはずだった香港の自治権は大きく揺らいでおり、台湾侵攻が未来永劫起こらないとは誰も言えない状況になっている。

スタンフォード大学フーバー研究所のMichael R. Auslinは、The Sino-American War of 2025において、近い将来起こりうる米中戦争の顛末を記している。現在の地政学、軍事力から導き出される予想は、(途中の経緯には大いに異論があるだろうが)いかにもありそうな決着を見せてくれる。

本エントリでは上記の概要に地図などの図表を加えてわかりやすく構成したものだ。詳細については原文に当たっていただきたい。また、艦船等の写真はWikipediaからの引用である。

はじめに


2025年、米国と中国が軍事衝突を起こした際に、核戦争はおろか全面戦争を回避できたのはいくつかの幸運が味方をしたからだ。米国はアジアにおける地位の一部を失い、中国は獲得した利益が予想外の重荷となった。火種を将来に残すことにはなったが、この結果は人類にとってはマシな方だったのは明らかだ。核戦争で人類が絶滅することは回避されたのだから。ただし、現実も同じように回避できるかどうかはわからない。

政治的背景


この米中戦争の種を蒔いたのはバラク・オバマ政権だ。オバマ政権の間に、中国は南シナ海の紛争地域に島を建設し要塞化を進めた。2013年以降、中国はスプラトリー諸島で大規模な埋め立てを開始し、港湾施設や滑走路を整備、レーダを設置し、対艦・対空兵器を配備した。


防衛白書2021-1
令和3年版防衛白書より南シナ海の中国軍事拠点化の例


世界貿易の70%が通過し、日本のシーレーンにかかるこの南シナ海の要衝に、中国は軍事力を投射することが可能になった。オバマ政権は中国に有効な圧力をかけることができず、結果的に中国のこの暴挙を見逃した(もちろん日本は何もしなかった)。もしここで中国にこの海域を自由にさせない、という強い意志を示すことができていれば、結果は違ったかもしれない。しかし現実は航行の自由作戦(FONOP)を控えめに実施しただけに留まり、アメリカが中国の進出を防ぐ意志があるのか、アジアの同盟国──とりわけフィリピンに疑念を抱かせる結果となった。

ドナルド・トランプは中国に対して史上最も強硬な態度をとった大統領だ。巨額な関税の掛け合いが発生し、中国のテクノロジー企業は米国市場から排斥された。米国による南シナ海のFONOP・空中飛行の実施回数は急増し、両国は水面下で戦争への準備を進めることとなった。

ジョセフ・バイデンは、基本的に中国への圧力を維持し、習近平を専制主義者と名指しで批判し、「中国は世界のリーダーとなり、最も豊かで強い国になるという目標を持っている。私が大統領でいる限りそうはさせない。」と警告した。米国は北京五輪の外交ボイコットを主導し、非難の姿勢を明確にした。一方で、サプライチェーンの対中依存度脱却を図ることや、中国に依存しない5G産業の立ち上げは上手くはいかなかった。

2022年11月に開催された中国共産党第20回全国大会では、習近平の最高指導者としての地位が延長され、2049年までに南シナ海の派遣を目指すとの政策方針が決定された。2024年に実施された世論調査では、中国、米国ともに相手国に対するポジティブな評価は一桁まで低下し、相手国を仮想敵国とみなしていた。すなわち、2025年には米中の政治的関係は修復不可能なほど悪化していた。



続きを読む

lunarmodule7 at 20:00│Comments(0)││国際 

2021年12月26日

今回も先日開催されたJTUG(Japan Tableau User Group)冬におけるLM-7の講演内容を一部アップデートしてTableauに関連するマニアックなテクニックを紹介する。

This entry introduces a maniacal technique related to Tableau, which is partly an update of the presentation at LM-7 in JTUG (Japan Tableau User Group) winter 2021.

Tableauに関連すると書いたが、本手法自体はTableauと関係がない。Tableauではテキストラベルを任意の座標に配置することができるが、回転させることができない(バージョン2021.4時点)。そのため、Vizの内容に合わせて回転させたテキストラベルがほしいときには、別途作成した画像を配置して組み合わせる必要がある。

I mentioned that it is related to Tableau, but this technique itself is not a Tableau technique. In Tableau, text labels can be placed at arbitrary coordinates, but they cannot be rotated (as of version 2021.4). Therefore, if you want a text label that is rotated to match the contents of the viz, you need to use a separately created image.

ただ所望の位置、回転角のテキスト画像を作成するのは手間がかかる。Pythonなどのスクリプトを駆使すれば可能だが、誰でもできる方法はないかと考えて、SVGとExcelを組み合わせて実現するようにしたのが本手法だ。

However, it takes time and effort to create a text image with the desired position and rotation angle. While this can be done by using Python or other scripting tools, I wondered if there was a way for anyone to easily generate the desired text label images, and discovered this method, which is achieved by combining SVG and Excel.

本手法を用いることによってTableauで次のようなvizを作成することができる。

By using this method, the following viz can be created in Tableau.

svg01
続きを読む

lunarmodule7 at 23:44│Comments(0)

2021年12月15日

今回は先日開催されたJTUG(Japan Tableau User Group)冬におけるLM-7の講演内容を一部アップデートしてTableauのマニアックなテクニックを紹介する。なお、本手法は講演内容を考えているときに試行錯誤して見出したものなので、先に思いついている人がいなければ世界初のテクニックとなるはずだ。まず完成版のvizを示す。

This entry introduces a maniacal technique of Tableau by updating a part of the content of my presentation at the recent JTUG (Japan Tableau User Group) Winter. This technique was discovered through trial and error when I was thinking about the content of the talk, so it should be the world's first technique if no one else has thought of it before me. First of all, I will show the completed version of the viz.

viz03


一見簡単そうに見えるが、このvizは通常の方法では作れない。形状に画像を割り当て、色に所望のフィールドを適用させればできる気がする。

At first glance it looks simple, but this viz cannot be created in the usual way. It may seem that it can be done by assigning an image to the shape and applying the desired field to the color.

viz04


しかし、実際にやってみると、画像が単色で塗りつぶされてしまう。これは、画像のRGBチャネルがすべて指定した色で置き換えられるためだ。ただし、透明度を扱うアルファチャネルは維持されている。

However, when I actually try it, the image is filled with a single color. This is because all RGB channels of the image are replaced by the specified color. However, the alpha channel, which controls the transparency, is not changed.

viz05


つまり、冒頭のようなvizを実現するには、画像のハイライト色である白色を透明度に置き換えたベース画像を用意し、背景をマスクする白色のマスク画像と重ねて利用すれば良いことになる。もちろん、背景が白色であるならばマスク画像は不要だ。

In other words, to achieve the viz shown at the beginning of this article, you should prepare a base image in which the highlight color of the image, white, is replaced by transparency, and use it overlaid with a white mask image that masks the background. Of course, if the background is white, the mask image is unnecessary.

viz06
続きを読む

lunarmodule7 at 19:36│Comments(0)││Tableau 

2021年07月23日

もちろんそんな閣議決定がなされたとことは(きっと)無いが、現状は似たような状況にあるように見える。

東京の新型コロナ感染状況が危機的だ。本日の感染者数は1,359人となり、開会式に合わせてTOKYO2020というジョークには届かなかったが、それは昨日が祝日で検査数が少なかったからに過ぎず(昨日の行政検査数は2,430件で前日の半分以下)、史上最悪のペースで感染者が増加している事実には変わりはない。

TokyoInfections20210722


今回で4回目を数えた緊急事態宣言も効果が明らかに落ちており、ここ最近の都内の人流は過去の宣言下と比べて減っていない(東京都政策企画局:東京都内における繁華街の混雑状況および滞在人口(人出)の増減状況)。加えて五輪開幕に合わせた4連休、梅雨明けも重なり、感染が拡大する要因が揃っている。

続きを読む

lunarmodule7 at 20:00│Comments(0)││COVID-19 

2021年05月25日

1990年初頭より始まる30年にわたる経済低迷は失われた30年と呼ばれている。

この30年の間に日本国民が失ったものは多いが、中でも最も重要なものの一つは賃金だ。30年もの長きに渡り賃金上昇は無きに等しく、かつて経済大国と呼ばれ世界有数の豊かさを誇った日本はこの30年で完全に過去のものとなった。

本エントリでは賃金に注目して、失われた30年を振り返ってみたい。


まずは平均賃金を見てみよう。

OECDWages01

図上は1990年から2019年までのOECD諸国の平均賃金の推移を示している。1990年からの30年で日本の平均賃金は2,205ドル、わずか6%の上昇に留まった。日本を示す青いラインがほとんど横ばいであることが分かるだろう。

図下のOECD内の平均賃金の順位の推移を見ると、日本は1990年では12位であったが、30年で順位を12位落とし現在では24位だ。2015年には隣国である韓国にも抜かされ、OECDでも下位層に落ちてしまった。日本は「貧しい国」となったのだ。続きを読む

lunarmodule7 at 07:00│Comments(2)││社会 | 視覚化