2017年11月28日

現在世界には75億人の人々が暮らしているが、それが仮に100人だとするとどうなるのかを示したのが、If the World were 100 PEOPLEである。下の図はそれをグラフ化したものだ(データはより新しいものに置き換えられているため、数字が若干異なる)。Tableau Publicのリンクはこちら



携帯電話をもつ人が75人もいることに驚くが、携帯電話事情を見ると先進国の普及率は軒並み100%を超え、アフリカでも5割以上の普及率となっているのでおかしい数字ではないようだ。

英語を第一言語とする人は案外少なくわずか5名しかいない。日本語は2名だ。もちろん、第二言語まで含めると英語を話す人の数は格段に増える(List of countries by English-speaking population - Wikipedia)。

世界はいまどんな感じだろうか

lunarmodule7 at 08:00│Comments(0)││社会 | 視覚化

2017年11月15日

いよいよ国内でも販売が始まったスマートスピーカーだが、現時点ではAlexa Skillの登録数が2万を超え、Google Homeなどの他のライバルを完全に凌駕する状況にある。Amazon Alexaは国内における投入時に250以上のスキルを発表するなど、現時点では独走状態にあると言える。

本日時点における19,963に上るAmazon.com: Alexa Skillsのカテゴリごとの内訳を見ると次のようになる(米国のみの数字。複数のカテゴリに登録されているスキルがあり合計は一致しない)。ゲームがおよそ5,000、続いてニュースが3,400、教育が2,800と続く。天気予報でさえ600近くもある。これだけあれば、きっと自分にあったスキルがあるだろうと期待するかもしれない。

Alexa_Skills


しかし数が多ければよいかというと、残念ながらそううまくはいかないのである。続きを読む

lunarmodule7 at 07:07│Comments(0)

2017年10月30日

ai_smart_speaker


欧米に比べてスマートスピーカーの投入が遅れていた日本においても、この10月よりGoogle Home Mini の販売開始、11月よりAmazon Echoの販売開始予定となり、いよいよスマートスピーカーが日本の家庭にも入り始めることだろう。

そこで今回はインタフェースの観点からスマートスピーカーの特徴とその可能性について考えてみたい。なお、以下ではスマートスピーカーと、それに繋がる音声アシスタントをまとめて扱っている。

音声インタフェースの特性


音声というメディアを考えた場合、まずそれが一次元メディア*1であることに注意する必要がある。音声は時間軸に沿って出力されるメディアであり、持続性はない。その瞬間を聞き逃がせば情報を得ることはできないし、必要とする情報が出力されるまで辛抱強くその瞬間を待つ必要がある。

一方で映像は二次元メディアだ。必要に応じてその場に留まることができ(持続性がある)、何度でも情報を見直すことができる。二次元を広く使えば一度に多くの情報を提示することができ、複数の選択肢を提示するのに適している。また、画面の一部のみを更新することが可能な部分更新性を有していることも大きい。

そのため、音声インタフェースが既存のGUIを置き換えることはない。GUIと同じことを音声インタフェースにやらせようとすると非効率になる場合が多い。選択肢を挙げるには時間をかけて読み上げる必要があるし、それらの選択肢はユーザが憶えておく必要がある。

音声インタフェースがGUIに比べて優れている点は、それが人間が道具を使わず、いつでも訓練不要で利用可能である点だ。選択肢をユーザが把握しているならば、発話によって即座にコマンドを発行できる。そのため、スマートスピーカーの基本動作は、ユーザが所定の音声コマンドを発話し、当該コマンドに割り当てられたアクションを行うというシンプルなインタラクションとなる。

続きを読む

lunarmodule7 at 10:00│Comments(0)││社会 

2017年10月16日

持続可能な開発のための2030アジェンダ」は、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された、2030年までの国際開発目標である。2030アジェンダは、17の目標と169のターゲットから成る「持続可能な開発目標(SDGs)」を掲げている。

次に挙げるのはSDGsの17の目標であり、発展途上国のみならず、先進国も取り組む普遍的な目標となっている(日本の取組(PDF))。

  1. 貧困:貧困をなくそう
  2. 飢餓:飢餓をゼロに
  3. 保健:すべての人に保健と福祉を
  4. 教育:質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー:ジェンダー平等を実現しよう
  6. 水・衛生:安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギー:エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
  8. 経済成長と雇用:働きがいも経済成長も
  9. インフラ、産業化、イノベーション:産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 不平等:人や国の不平等をなくそう
  11. 持続可能な都市:住み続けられるまちづくりを
  12. 持続可能な消費と生産:つくる責任つかう責任
  13. 気候変動:気候変動に具体的な対策を
  14. 海洋資源:海の豊かさを守ろう
  15. 陸上資源:陸の豊かさも守ろう
  16. 平和:平和と公正をすべての人に
  17. 実施手段:パートナーシップで目標を達成しよう
続きを読む

lunarmodule7 at 10:00│Comments(0)││社会 | 視覚化

2017年08月17日

先日近所にあるドラッグストアがリニューアルオープンしたのだが、なんというか二度と来たくなくなるような店舗に変わっていた。

店舗模式図


続きを読む

lunarmodule7 at 07:30│Comments(7)││社会