2010年10月03日

運動会シーズンである。体育の日に向けて全国各地の学校で運動会が開かれていることだろう。運動会において綱引きは極めてメジャーな競技であり、どこの小学校でもきっと行われているに違いない*1。しかし、実はこの綱引きにはコツがあり、そのコツさえ知っていれば、実力差のある対戦相手にも簡単に勝つことができるのだ。はっきり言って、卑怯なほど強くなる

綱引きは基本引っ張り合いなので、物理学の原則に従えば、体重の重いほうが有利だ。そのためもしメンバを自由に選ぶことができるのならば、体重の重い順に選ぶべきである。メンバが固まったら、あとは以下に示す2つの原則をしっかり守れば、勝利は揺ぎ無い。



背の高い順に並ぶ

図1:原則1

よくあるのが出席番号順などでバラバラに並ぶ方法だ(図1a)これでは、ロープがうねってしまい、力の方向が分散してしまう。そこで、1つ目の鉄則としては背の高い順に並ぶ(図1b)。こうすることで力の方向が揃い、ロープに力を最大限に伝えることができるのだ。

なお、小学校など身体の小さい小柄な子がメンバの中にいる場合には、ロープの末尾に小柄な子が集中するのを避けるために、途中まで背の高い順に並び、途中から背の低い順に切り替える(図1c)。このようにしてなるべくロープが真っ直ぐに伸びるようにして、力が分散することを防ぐのだ。

正面を向き、空を見上げて引く

図2:原則2

図2の上2つは上から見た図となるが、初心者がやりがちなのは、足を前後に開いて、身体を斜めに傾けて引く方法だ(図2a)しかし、このように身体を開いてしまうと、引く方向がやはりバラバラに分散してしまう。そこで、2つ目の鉄則としては、ロープと平行に身体を正面に向けて立ち、足を肩幅に揃えて、空を向いて引くことだ(図2b)

ロープは脇にしっかり挟み、左右の肩がどちらかに傾かないように空を向いて引く。こうすることで、体重をロープに効率的にかけることができる。腕の力だけではなく、体重でも引っ張ることが大切だ。足が揃っていないと、体重がロープに掛からない。足は左右揃えて、全ての体重をロープに掛けるようにする。顔を前に向けてしまうと体重が抜けて一気に持って行かれてしまうので、常に空を見上げて体重をかけ続けなければならない。

上記の2つの原則を守れば、たとえ大幅な体重差、体力差があっても勝つことは可能だ(もちろん相手がこの必勝法を知らないという条件の下でだ)。筆者は、この必勝法を上司から聞いたが、彼は町内会の運動会で自らのチームを最強に育て上げた。ネット上では『運動会綱引の必勝法!』という素晴らしいサイトが、本エントリよりも詳しく細かなコツまで記載しているので、興味のある方はご確認いただきたい。

運動会も今や情報戦の時代である。より多くの情報を得て、適切な準備をした方が勝つのだ。強いものが勝つのではなく、勝ったものが強いのである。たとえばかけっこ1つとっても、いくつかの方法が紹介されているし、瞬足/シュンソクが速く走れる靴として1500万足を売上げ、大ヒットとなったのは記憶に新しい。準備万端整えて、勝利をもぎ取ってもらいたい。

関連エントリ

関連商品

アシックス 綱引き競技用シューズ ウルティラーレ110 TOR110 ブラック/シルバーアシックス 綱引き競技用シューズ ウルティラーレ110 TOR110 ブラック/シルバー


asics(アシックス)
売り上げランキング : 20940

Amazonで詳しく見る by AZlink

TOEILIGHT(トーエイライト) 綱引きロープ50-50M B-859TTOEILIGHT(トーエイライト) 綱引きロープ50-50M B-859T


トーエイライト

Amazonで詳しく見る by AZlink

脚注

  • *1:なお、綱引きは1920年までオリンピック公式競技の一つであったようで、日本綱引連盟がオリンピック公式競技への復帰を目指した活動をしている。日本綱引連盟による公式ルールは、若干本エントリで扱う運動会ルールとは異なるので注意されたい。


lunarmodule7 at 21:02│Comments(22)TrackBack(0)││Tips 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2010年10月08日 11:37
> ロープの末尾に小柄な子が集中するのを避けるために、

なんで避ける必要があるんだろう。不思議。
2. Posted by ミサワ   2010年10月08日 15:30
これ・・・切っといたから・・・
もう綱を・・・
もう綱を奪い合うな
3. Posted by     2010年10月08日 23:09
なんで体の左端を揃えてるの?
4. Posted by 名無し   2010年10月09日 01:08
探偵ガリレオシリーズの、予知夢という本に書いてあった必勝法(腰を低くせずに引くと垂直抗力による摩擦力で云々)とは違うんだな。どちらが物理学的に強いのか誰か教えてくんろ。
5. Posted by     2010年10月09日 08:49
※1
勝ったときに、後ろに倒れこんだりすることがあるからじゃないか?

最後尾はかなり体を倒しながら引くことになるから、そのまま倒れることが多い。
小学生とかの場合、生まれ順が身長差に直接関係するから、身長が低いってことがそのまま体の未熟さにつながってて、筋力とか骨の丈夫さも大分違う。

かもしれない。
6. Posted by     2010年10月09日 12:46
全員が手を離し、相手側が尻もちをついた瞬間に引っ張る。

昔に見たこのやり方が今でも最強だと思う
7. Posted by     2010年10月09日 14:46
全員スパイク着用でガシガシ引けるで?
8. Posted by     2010年10月09日 23:57
>>※6
それをやったトコがいたが、倒された側の先頭が頭と反応のイイ奴で、
倒れたまま瞬時に縄を引っ張って勝ってた。
9. Posted by あ   2010年10月11日 03:19
運動会の綱引きレベルなら


大事なのは「相手より低く」ロープを引くということ。
それだけ。
10. Posted by giochi per ragazze   2011年07月25日 01:48
>>32イギリスではPS3は日本のxbox360以下の扱いで事実上撤退しているようなもの。ついでに北米でもPS3はゲーマーに相手されてない。北米も事実上の撤退と見ていい。
11. Posted by こる   2011年08月21日 05:15
>> ロープの末尾に小柄な子が集中するのを避けるために、

>なんで避ける必要があるんだろう。不思議。

この回答は、ブログ主からはもらえないのだろうか。気になる。

また、途中から背の低い順の方法は、中間部が上に引かれてしまう。その箇所が小柄な子だというのだから致命的だ。小学生の運動会を想定するなら、靴と地面の摩擦は勝敗を決する大きな要素の一つだと思う。
12. Posted by なっちゃん   2011年09月16日 22:22
5 私は、大柄な小学6年生です。
今年は、綱引きをするのですが、
どうも上手くいかなくて…
でも、これをみて参考になりました。
運動会もがんばります。
13. Posted by 大井小児童   2011年09月24日 09:43
5 運動会本番で勝ち学年一位になれました。ありがとうございます。
14. Posted by のぐっちゃん   2012年06月14日 14:18
がんばったねぇー
15. Posted by 岡田聖人   2013年05月10日 18:13
5 良いねええええええええええ
16. Posted by 岡田聖人   2013年05月10日 18:15
5 この方法で明日勝つぞ
17. Posted by 岡田聖人   2013年05月11日 16:53
4 3回やって2勝1敗でした。
18. Posted by 大チャン   2013年09月16日 14:32
以外。初めて知りましたよ
19. Posted by じょうなん   2014年01月20日 18:14
俺らもうちょいで大会なんだー 誰かこめって
20. Posted by 白白   2014年05月12日 17:57
5 5回勝った
体重重い人ばかり^^
21. Posted by ぴんきー   2014年05月21日 12:02
もうすぐ運動会でーす。
22. Posted by ぴんきー   2014年05月21日 12:07
5 小6だよ。これ役立つね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字