Video Summagator: 動画の3Dキューブ状視覚化手法月刊楽天koboちゃん2012年12月号 -新型機投入-

2012年11月01日

月1連載の楽天koboちゃん、当初は果たして1月に1度記事ななるだけの話題があるのかと危惧したものだが、フタを空けてみると今月も話題てんこ盛りの月となった。さすが楽天kobo、おれたちにできない事を平然とやってのけるッそこにシビれる!あこがれるゥ!

コンテンツ数66,000達成

2012年10月31日時点の日本語書籍数は66,156コボ(楽天koboの独自単位系コボについては、月刊楽天koboちゃん 2012年10月号参照)。12月末のコミットメント200,000コボには後2ヶ月で140,000コボも必要だ。達成に一体どんな魔法を使うのか、興味津々である。

例によってその内訳を見てみると次のとおりだ。

  • 日本語コンテンツ総数66,156コボ(前月比110%)
  • 青空文庫を含む無料コンテンツが17,392コボ(前月比100%)
  • ギターコード譜が14,230コボ(前月比100%)
  • 画像1枚だけからなるバーチャルアートが2,309コボ(前月比105%)
  • パブーの有償コンテンツ(バーチャルアート除く)が2,779コボ(今月より新たに集計)
  • 残りは29,446コボ(前月比110%)

今回よりパブーコンテンツのカウントを始めた。現時点でパブーのコンテンツは9,316コボある。そのうち、無償コンテンツが4,228、バーチャルアートが2,309あり(実は無償のバーチャルアートが30程度あるので一部重複している)、残りは2,779となるが、大半が10円、50円、200円などの安価なコンテンツのようだ。パブーは個人向け電子書籍作成サービスであり、多くは商用品質には満たないと考えたほうが良いだろう。現時点で楽天koboに登録されているパブーコンテンツのおおよそ1/4がバーチャルアートであることが、パブーコンテンツの品質を雄弁に物語っていると言える。



消費者庁より指導

楽天は7月にkoboを発売した際の宣伝に景品表示法違反(優良誤認)の恐れがあるとして、消費者庁から口頭注意の行政指導を受けていたことが判明した。報道をうけて楽天は次のニュースリリースを公開している。

当社は、このほど消費者庁より、電子ブックのコンテンツ数の表示について、景品表示法上不適切な部分があったとして、指導を受けました。

当社の子会社であるカナダのKobo.Incは、本年7月19日に電子ブックストア「koboイーブックストア」を開設し、コンテンツの配信を始めました。当社は、販売する電子ブックリーダー「kobo Touch」のパンフレットなどに、日本語のコンテンツが「約3万冊」と表記しておりましたが、サービス開始当初は、19,164冊でありました。

当社は、今回の指導を真摯に受け止めるとともに、ご迷惑をお掛けしましたお客様、関係者の皆様に対しまして、お詫び申し上げます。

なお、現在のコンテンツ数は約6万5千冊(うちWikipedia約500点)と改善しており、今後もお客様に魅力あるデバイスとコンテンツ、さらには電子ブックサービスを提供してまいります。

消費者庁は、楽天の宣伝が「実際よりも著しく優良な表示」に該当すると判断した模様だが、現時点では改善されたことから、行政処分は課さなかったとみられる。しかし現時点の公称6万6千冊が果たして実際よりも著しく優良な表示に当たらないかどうかは議論の余地があると思われる。

発売3ヶ月で無料配布開始

10月20日前後にkobo購入者にkobo本体の半額クーポンが届き始めたと話題になったと思ったら、Amazon Kindleが発表された24日には、楽天カードのプレミアム会員に対し、koboが突然送りつけられるという事態が発生し、ネット上で騒然となった。

楽天の説明によれば、「楽天カードのプレミアム会員に対して日頃のご愛顧ということで送付している。いくつかの基準をつけており、無作為に配った訳ではない」ということだが、もちろん純粋なお礼であるはずがない。楽天としては無料で配っても電子書籍を購入してくれれば回収できるという目論見なのだろうが、定価で購入したユーザを蔑ろにしてはいないだろうか?

ただ、必要としていない人にkoboを送りつけてもそれはゴミにしかならない。数日後には次のような事例が発生した。

現時点でヤフオクで「kobo 未開封」で検索すると、60件の出品がヒットする。良い小遣い稼ぎという意味では、楽天による日頃のご愛顧への感謝という目的は達成されているのかも知れない。しかし、一方的にkoboを送りつけるという行為を見ると、よほどkoboの在庫が積み上がっているのではないかという疑念を抱かずにはおられない。

黒船来襲

そして10月25日いよいよAmazon Kindleストアがオープン。当初コンテンツ数は5万冊(内1万冊は青空文庫)と、使えるレベルになるには桁が1つ2つ足りない状況だが、消費者の期待は高く、やはり第一の選択肢となるだろう。

楽天としては黒船が来襲する前に優位な立場を確立したかったのだろうが、コンテンツ数も当初想定したほど伸びず、またネット上の評判も芳しくない状況で、Amazonを迎え撃つこととなった。率直に言って発売3ヶ月にてジリ貧とも言える状況だが、楽天koboがこの先生きのこるために何をすれば良いのか、解が見つからない状況だ。

悲惨なkoboストアの評価

ITmedia eBook USERでは電子書籍ストアに対してかなり詳細なレビューを行なっており、現時点までにkoboイーブックストアを含む6つの代表的な電子書籍ストアがレビュー対象となっている。以下に現時点の評価をまとめたが、楽天koboは他を大きく引き離して最下位となっている。

項目hontoBookLive!紀伊國屋書店
BookWebPlus
楽天kobo
イーブックス
GALAPAGOS
STORE
Kindleストア
ラインアップは充実してるか?3.53.02.52.03.02.0
読みたい本を簡単に探せるか?3.04.04.01.02.05.0
簡単に購入できるか?3.04.03.01.53.53.0
いつでもどこでも簡単に読めるか?3.53.05.02.03.53.5
購入した本はどうやって保管されるか?3.53.54.03.53.53.5
総合16.517.518.510.015.517.0

かなり辛辣なレビューとなっているので、楽天koboファンの皆様には是非ご一読をオススメする。主な指摘点を以下に引用する。

  • 一般的な書店に並んでいる書籍やコミックを期待している読者からすると少し混乱を招きやすい
  • さまざまな条件から検索結果を絞り込んでいくという探し方ができません
  • ジャンル分類に一貫性がない部分が多々あります
  • 楽天Koboイーブックストアで立ち読みをするには、kobo Touchなしには行えません
  • カート機能がないのでまとめ買いにも対応していません
  • 各書籍にはユーザーレビューがありません
  • 物品の購入をするわけではないのに、住所や電話番号の入力が必須項目になっている
  • クレジットカードを持つことができない人は、楽天koboイーブックストアを利用できません
  • 海外からの購入に非対応
  • 楽天koboイーブックストアで販売している電子書籍は、いまのところkobo Touch以外では読むことができません
  • 範囲選択機能にバグがある

最後にレビュー末尾のまとめを引用したい。

電子書店として最も重要な品ぞろえがなかなか増えず、ストア内は検索しづらく、肝心の読書体験もファームウェアのバグによって損なわれている現在の状態では、ユーザーはいずれ離れていくでしょう。端末の安さもあって新規ユーザーの獲得は比較的容易と思われますが、安いからこそ見捨てやすいということでもあると思います。楽天スーパーポイントの予約特典があるので、最初は売れて当然です。ただ、電子書店としては継続して売れ続けることこそが重要です。掴んだ顧客を逃がさないためには、このレビューで指摘した数々のマイナスポイントの改善が期待されます。

ネームバリューや評判においてAmazon Kindleストアや他の電子書籍サイトに大きく水を開けられている状況において、楽天koboにとって指摘されたマイナスポイントの改善は必要最低限であり、その上で更に特長となる機能・サービスの充実に努めなければならない。仮に12月末までに20万コボを達成することができたなら、少なくとも見かけ上のラインナップでは他を圧倒することができるはずだが、それらのコンテンツがユーザの求めるようなコンテンツでなければ効果は限定的だろう。大本命のAmazonに対して、楽天koboがどのような対応をしていくのか期待したい。

関連エントリ

関連商品

Kindle PaperwhiteKindle Paperwhite


Amazon.co.jp 2012-11-19
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
Kindle FireKindle Fire


Amazon.co.jp 2012-12-19
売り上げランキング : 68

Amazonで詳しく見る


lunarmodule7 at 07:06│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Video Summagator: 動画の3Dキューブ状視覚化手法月刊楽天koboちゃん2012年12月号 -新型機投入-