2017年05月03日

Tableauはバージョン10.2で空間情報ファイルの読み込みに対応しシェープファイル(Shapefile)やKMLなどが直接読み込めるようになった。国土数値情報 ダウンロードサービスでは日本の様々な区域のデータをシェープファイルで配布しているが、これらがそのまま利用できるのは大きい。以前配布していた日本市区町村ポリゴンデータ for Tableauはもう用済みである。

ただ、そのまま市区町村レベルで日本全国を描画するとどうしても重くなってしまうので、頂点数を簡素化したデータを用意した。拡大しても待たされることなく表示されるはずだ。

  • 元データ
    • 国土数値情報行政区域データ(平成28(2016)年1月1日時点)
    • 使用許諾条件(上記ページより抜粋)
      • 「国土数値情報利用約款」を充分に理解し、了承すること。
      • 出典が「国土数値情報」であることと加工した者の名前を表示すること。
      • 本データをさらに二次利用する場合には、国土地理院の利用条件に抵触しないようにすること。(国土地理院に申請等必要な場合があります)
  • 配布データ

属性は次の通り(かっこ内はshp属性名)。

都道府県名(N03_001) 当該区域を含む都道府県名称。 Prefecture name.
支庁・振興局名(N03_002)当該都道府県が「北海道」の場合、該当する支庁・振興局の名称。Subprefecture name in Hokkaido prefecture.
郡・政令都市名(N03_003)当該行政区の郡又は政令市の名称。County name or designated city name.
市区町村名(N03_004)当該行政区の市区町村の名称。City, ward, town, village name
行政区域コード(N03_007)都道府県コードと市区町村コードからなる、行政区を特定するためのコード。全国地方公共団体コードの検査数字を除く上5桁。Japan local ID.

空間情報ファイルの利用方法は実にシンプルで、N03-16_160101.shpをTableauに読み込んだあと、メジャーにある"ジオメトリ"をダブルクリックすればそれだけで地図が表示される。そのままだと日本全体がひとまとまりとして扱われるので"行政区域コード(N03_007)"を詳細に入れて市区町村単位に分割すれば完成だ。使用許諾条件を守った上で活用してほしい。



lunarmodule7 at 10:00│Comments(0)TrackBack(0)││Tableau 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字