2009年01月

2009年01月31日

一昨日の日記の中の毎日見てしまう夢っていうのは
大事な人達が死んでしまう夢です。
でもそれが何処かでは夢じゃなく現実で起きている。
それが俺にはまったく現実として受け入れられていないのです。
自分かわいさで、自分の身に置き換えてでしかその痛みを解ろうとは思えないのです。
自分が死ぬ事よりも
自分の大事な人が死んで、その後自分が死んだように生きていく事の方が怖い。
と、心の底から思っているけど最後の最後になって、
自分が死ぬ事が怖くなって
その結果、大事な人を失って
そして死ぬまで後悔しながら、死んだように生きていく事が怖い。
それでも死ねない事が怖い。

おやすみなさい。

lunkhead_nikki at 23:59 
どうも合田です。
机の角で足の親指をぶつけて激しく血がでた合田です。鉄の味がするのかな。

明日からツアー。
タイトル通りランクヘッドの集大成的なツアーになると思う。
今月21日をもってデビュー6年目に入りました。
みんなのお陰やと思ってます。
ライブという形、もしくは今はダウンロードという形でしか恩返しができないけれど、それ以上のものを明日のツアーから見せて魅せていきます。
楽しみにしといてほしい。
明日から全国まわるのでみんな遊びにきてね!
とりあえず、明日は燃え尽きるぜ!
よろしく!


lunkhead_nikki at 22:27 
今日はツアーに向けての練習の後打ち合わせをもろもろ。
事務所に届いたお手紙を受け取って読んだり。
その中のひとつに
『ライブに来れない人のために区別したりせず、会場限定CDや会場限定DVDを全国流通して欲しい』というお便りがあった。
『それでも血の色は鉄の味がした』と『Birthday』に関しては
たった、今すぐ、携帯ひとつあれば、まったく同じ内容のものがダウンロード出来るし、
どちらもiTunes Music Storeで配信もされます。
去年東名阪限定ジャケットで販売したライブDVDはタワーレコードで買う事が出来ますよ。
近くにタワーレコードがない!というならインターネットを使って
家から一歩も出ずに通販で買う事も可能です。
俺達は決して区別したい訳じゃないのです。
誰にでも手にとって欲しい。
むしろ、ランクヘッドをよく知らない人にこそ手にとって欲しいと願っています。
そのための手段として俺らは配信という手段を選びました。
盤としてシングルを流通させたいという気持ちは
誰よりも俺達自身こそが一番大きい。
それだけは察して欲しいなあ。
その上で誰の手にでも俺達の音楽が届く手段は確保しているつもりです。
俺達がもっと売れててシングル出せば必ずレコード会社が笑っちゃうくらい儲かる!
というのならどんどんリリース出来てると思いますけど。
でもこれは全然ネガティブな要因だけじゃないんです。
レコードがCDに変わった時みたいに今は過渡期なのだと思います。
沢山のミュージシャンが実験的でもあるけれどいろんな方法にチャレンジしています。
だから、受け取り手のみんなは戸惑ってしまうかも知れません。
だけどどうか、大きな目で見守って、応援してください。
音楽を嫌いにならず、愛し続けてください。
そしてどうか願わくば、ダウンロードも試みてください。
そこに込めた俺達の音はCDと変わらず響いていると思います。

という訳でぐだぐだだけど
おやすみなさい。

lunkhead_nikki at 01:11 

2009年01月30日

今日は休み。という事で髪を切りにいった。
かなりすっきりした。
が、明日の練習でも多分誰も切った事に気付かないだろう、というくらい。
そしてどういう訳か、なんとなく家まで走って帰ってみた。
5キロ弱くらいだと思うけど
すんげー汗掻いてしまった。
そしてスーパーで半額になっていた真だらと白菜とまいたけを買って帰った。
真だらは両面に塩胡椒し、片栗粉をまぶしたらバターとオリーブオイルでまず片面をこんがり焼き
裏返して弱火にして少し焼いたら、適当に切ったしめじと白菜をばっさり山盛りいれ、蓋をして蒸し焼きに。
6、7分たったら蓋を取って醤油をまわして出来上がり。簡単〜。
かなり見切り発車で適当に作ってみた割にとても美味しかった。バターと醤油は最強タッグだな〜。
しかし、なんだかした事しか書いていない小学生のような日記。
それでもちゃんと一日分歳を取って、一日分時間は流れて
これがあと2万回も繰り返したら、
そのどこかで俺はちゃんと死ななきゃいけないんだ。
それって当たり前だけど不思議だ。
死って、
生に含まれるって、ノルウェイの森だったっけ?

死は、生きている人間にとってしか存在しないし、
生きている人間には結局死がどういうものなのか解らない。
そして死んだ瞬間、死は無に変わってしまう。
んじゃないかな〜。なんて事を考える。
だいたい俺は何処から来たのだろう?
生まれる前は何処にいたの?
どの瞬間から俺は俺だったのだろうか?
というか、俺は今もどこにいるのか?
例えば俺がもし誰とも会わず、誰とも話さずいた一日は
俺が忘れてしまったら、もう誰の中にも存在しない。
過去は、もはや『存在しない』事なんだ。
常にその痕跡があるに過ぎないんだ。
常に『今』という瞬間瞬間があるに過ぎないし
それはその瞬間すでに最早過去となってしまっている。
そういうのを全部繋ぎとめているのは人間の脳みそなんだなあ。
例えば
A.朝、起きて学校に行く。
そこにはビルが建っている。
俺はそれが校舎だという事を記憶している。
今日も退屈な一日が始まる、という事を経験上予測する。

B.朝、起きて学校に行く。
そこにはビルが建っている。
このビルはなんだろう?ねえ、君、このビルはなんですか?
いや私も解らないのですよ。あなた、このビルはなんでしたっけ?
僕も解りません。
僕も。
僕も。
僕も。
僕も。
僕も。
僕も。
俺も。
私も。
拙者も。
某も。
小生も。
じゃあ一体このビルはなんなんでしょうねえ?
………

このビルが自分に変わらないなんて何処にも保証がないではないか。
まるで世にも奇妙な物語か、アウターゾーン(なつかしい)みたいな話だけど。

もうすでに現実にして半ばマトリックスの世界だったんだ。
あまりに確実な事が不確実すぎる。
不確定なものが確定とされすぎる。
世界が狂っているのではなく、もともと狂っているものが世界なんじゃないか。

そしてたった一人の人間も何処から来て何処へ行くのか解らない。
宇宙がどうやって始まり、どうやって進んでいくのか、
そもそも、宇宙に始まりはあるのか?
超ひも理論を定説とすると
宇宙の時間は色んなところで捻曲がったり進んだり戻ったりもするみたいだけど
そしたら俺達は若返ったりもしてるのだろうか?
そして時間が戻るという事は、俺達のその記憶は?
俺達は進んだ分の記憶しか残っていない。はず。
戻った時は戻った時の記憶が残されるのだろうか?
その感覚ってどんなだろう?
時間が戻るという事はその分の記憶や事象がなくなっていくという事?
そうしたら、それは戻ったという事さえ存在しなかったという事になって結局同じ?
そもそも時間が一定に進むという前提で人間は考えている事から間違いなのか?
戻る、という事を『逆に進む』と捉えると、つまりそれってどういう事なのだろう?
わからんわからん。途方もない。
そもそも、前にも書いたけど、時間が行ったり来たりするって事以上に
その、時間が進むって事がやっぱり不思議だ。
もし、時間が止まったとしたら、
・その瞬間に厚みがなければ、時間は進まない。
・逆に、その瞬間に厚みが存在したら、その厚みの分時間が経過した事になって
時間が止まった事にならない。
解りやすくいうと
時間の単位が0.0000……001秒とどこまで小さくなっていっても0にならない。
0.0000……001秒の下には
0.0000……0001秒が。そのしたには
0.0000……00001秒が。
限りなく0に近づいていくけど決して0にならない。
数学でいえば極限という現象。
時間は限りなく何処までも0に近づいていく。
その一方で何処までいっても決して0になる事はない。

時の流れのメカニズムって早く誰か解りやすく解明してくれないかなあ。
時間が早く進んだり、ゆっくり進んだりするって事は解明されてるのだからもうちょっと?
もしや、既に解明されてる?
というか、もうわけからん。

とにかく宇宙だ!
すげ〜。人間はみんな宇宙だ!

なんつってるあいだに
とても痛い日記になってしまった。読み返しもしないよーん。
小学生の日記で止めといたらよかった。
芋お湯割り素敵です。

戦争は必要悪だとか、死刑制度は倫理に反するとか
俺はよく解りません。
だけど、
俺は、自分の大事な人が、虫けらみたいに扱われて殺されたら
その殺した相手の両親や、恋人や、大事な人がどんなに悲しんでも
どうやってでも同じ想いをさせて殺してやりたいと、きっと思ってしまう。
そこになにも生まれないと解っていてもどうしようもないと思う。
人が人を裁ける訳ないんだ。
それでも、戦争は、そんな人の気持ちを誘導して逆撫でして焚き付けて
それで甘い汁を啜ってる奴がいるんだ。
それは何処かのブッシュやえらい人だけじゃない。
俺も、あなたも。

レコーディング中、
最近レコーディング技術も発展してきたねって話をしてたんだけど
エンジニアさんがぽろっと
これって戦争のなんかの技術で出来たんだってさって。
ドキッとした。
周りを見渡せば
戦争のために開発された技術が俺達の生活を支えている。
戦争が起こると技術が進歩するって事も
どうして進歩するかっていうと、
戦争のためなら国は惜しまず投資するっていう事も

俺達の知らない沢山の誰かの悲しみと憎しみと絶望、不安、恐怖、苦しみ、諦め
そして未来を
当たり前みたいに踏みにじっている上に成立しているという事。

それをレコーディング中の何気ない会話の中であまりに身に染みて
それからずっと夢に見てしまう。
自分の想像力のなさに悲しくなる。
戦争と自分は繋がっていた、っていう事。
自分が生み出す音楽でさえ、戦争と繋がっていた事。
あまあまちゃんでした。
知らないは、罪だ。

その全部に対しての俺の答えはまだ出ていません。
でも想像したい。常に想像していたい。
そしてやっぱり俺は歌いたい。

うーん…。最終的にやっぱり重い内容になってしまった。
はいすみません。
おやすみなさい。

lunkhead_nikki at 00:07 

2009年01月29日

G田の日記の二行目のお尻の小さい『ぃ』にはげしくイラッときた俺です。
おまえはギャルか!?
俺が古いのか?
今日も練習。新曲がやっぱり難しい。
けどテンションあがる流れだ〜。
シェルターでワンマンするなど考えた事もなかったので楽しみ。

あと、午前中にテレビで放送していた豚バラと白菜の煮込みがとても美味しそうだったのと
家にある食材でほぼたりそうだったということで
早速作ってしまった。
豚バラがないので冷凍してあった豚小間切れに酒を回し、白菜はざく切り、白葱は斜め切り、
万能葱がないので白葱の青いところを小口切り、そして冷凍してあった柚の皮を千切り。
これで包丁とまな板は終了。煮込んでいる間に洗ってしまう。
豚コマに片栗粉をまぶしてよく和えたらフライパンに少量のごま油で炒める。
八割がた火が通ったら白菜と葱を加えて数分炒め、お湯を一カップ。
そこに昆布2cm四方くらいのものを細く切ったものと魚粉を小さじ半、醤油ひとまわしを加える。
蓋をして、まな板包丁なんかを洗って、水溶き片栗粉を用意して、盛る皿なんかも用意して
5分くらい似たら、味噌を適当にこんなもんかな〜?と溶いて、バターをひとかけ加えて
七味をささっとかけて、水溶き片栗粉でとろみを付けたら
皿に盛って、葱と柚を散らして完成。
文章で読むと難しそうだけど
作ってみると本当に簡単で美味しかった。
ごはんがすすむ事うけあい。

夜は代官山UNITに盟友ヘアブレのツアーファイナルを見に行く。
代官山が似合うヘアブレに(そして似合わない俺に)若干イラッときたが、
本当に良いライブだった。
音も照明も、曲順の流れもとても良かった。
ヘアブレにしか出来ないライブのスタイルが確立されていたなあ。
ライブを見ながら、ランクヘッドにしか出来ない、ランクヘッドでなきゃいけない事ってなんだろう?
と、すごく考えながら見てしまった。
そんで大樹の最後の曲の前に言った言葉に、一人ぐっときてしまった。

明日は髪を切ります。でもあんまり切らないつもり。
短い俺がいい!っていう人にはすまん。
まあ、別に長くても短くても大した見た目でもないしそんなかわんねえよ。
おやすみなさい。

lunkhead_nikki at 00:34 

2009年01月28日

どうも合田です。
最近乾燥肌で困ってる合田です。女の子みたぃ。

昨日今日とライブリハーサル。
新しい感じのセットリスト。
やってていろんな発見があって楽しい。
新曲もなかなか凝っててやりがいがあって楽しい。
あーライブしたい。

今日スタジオにいくときの話をひとつ。
スタジオに向かうために電車に乗ってたのよ。
たまたま壮と一緒の電車だったから二人で。
そしたらしばらくして小高が乗ってきたのよ。
でこっちに向かってきたから気付いたんだと思ったのさ。
で、おはよーっていおうとしたら見事素通り気づいてない!
俺と小高は肩すれ違うかってくらいの距離だったのにまったくきづいてない!
しかもすごく近くに座ったのにまったく気付いてない!
俺と壮は見合わせていったね。

うっそ〜ん!

音楽聴いてて気づかなかったらしいけど、にしてもねぇ(笑)。
人間の集中力ってすごいね(笑)。


そんなお話でした〜。

lunkhead_nikki at 21:25 

2009年01月27日

今日からツアーに向けた練習。
今日は久しぶりの曲や、新しい曲を中心にリハーサルした。
昔の曲を演奏すると、意外なアレンジの妙におっ!と思ったりする。
あの時の俺、やるな〜。とちょっと感慨に耽る。
しかし、新曲になるとやっぱり明らかにムズい。
つねに、今の自分の限界地点で新しい事やろうとするとこうなってしまうのよ。
だから、巧くなっていくんだし、
まあ、どっちも演奏する分には楽しいんだけど。
新しい曲を創るモチベーションのひとつに
今までの曲にないほど、もっと、演奏していて楽しい曲を創りたい。
もっと、演奏していて気が狂うくらいの
もっと、頭がぶっとんでしまうくらいの
もっと、ラリってわけわかんなくなる
なんか、もっともっと、俺らトベるんじゃないか?っていう
そういう衝動がまずある。
っていうか、それがほとんどかも。
突き抜けたい。突き抜けたいんだよ。我々は。
炸裂したい。炸裂したいなあ。
なんだかもう炸裂したくてたまらないわあ。
多分みんな炸裂したくてライブ来るんだよなあ。
そういうやつら纏めて誘爆させて大爆発起こしたいわあ。
随分ライブしてないなあ。
ケミカルしたい。
融合したい。
分裂したい。
炸裂したい。

明日も練習。

おやすみなさい。

lunkhead_nikki at 23:48 
朝青龍優勝したな〜。
昨日の千秋楽はマジドキドキした。
もう幕の内の取り組みになってから3回はトイレに行った。
相撲をとらない見てるだけのこっちが緊張して
おしっこチビリそうになるんだもの。

一回変な立ち合いで負けちゃって
いったん支度部屋に下がったところでまたトイレに。
白鵬と朝青龍の集中の仕方が対象的なのがおもしろい。
二人ともモンゴル出身で
相撲という舞台で戦ってるからなのかなんなのか
歴史の教科書で見た蒙古帝国の武将を
彷彿とさせる顔なんだよなあ。
白鵬は割と落ち着いてるように見えて
朝青龍はずっと何かしらやってた。

小高と三日目を国技館で見た去年の初場所は
白鵬が優勝して
「休んでた横綱に負けたくなかった」
って言ったんだよね。
俺は朝青龍が好きだから
あの歴史的大一番で負けちゃってガックリしながら
半ばボンヤリ白鵬のインタビューを見てた。
けどその一言を聞いてハッとなった。
あの日朝青龍に勝ってほしかったけど
朝青龍は勝っちゃいけなかったんだ。
白鵬は一人黙々と横綱の仕事をして
責任を果たしてたんだね。

それから一年。朝青龍・イズ・バック!!
テレビの前で「行け!」と叫ぶ自分が居た。
涙が出たよ。
強けりゃなんでもいいってもんじゃないけど
朝青龍が強いと相撲は面白いよ。
これだけは間違いない。


lunkhead_nikki at 01:25 
レコーディングが一段落ついて
なんだか呆けてしまっていたような今日。
家の掃除をしたり、なんだりしていて
やる事あるんだけどしたくねえなあ〜と思っていた昼下がり。
ギターがあった!とアホみたいに気付き
弾いていたら曲が降ってきた!
そして
銀行に行って
パン屋でバゲットを買って
コンビニでジャンプを買って
最近激安の野菜、白菜と大根でシチューを作った。
シチューの素がなかったので
小麦粉をバターで炒めて
牛乳を少しずつ足して
コンソメと塩で味を付けて
家にあった大根タマネギ白菜ホウレンソウニンジン豚肉。
一食で換算すると50円くらいだろうか。
冬の営みにひたすら多謝。
料理をしている時間は雑念がないのでとても好きです。

そしてジンにライムがないので冷凍してあった柚子でジンユズ。
オツです。

おやすみなさい。

lunkhead_nikki at 00:19 

2009年01月26日

43eb65f5.jpgお休みだった。で、映画館へ。
最近、バルト9や新しくなったピカデリーとか、いわゆる大型のシネコンで予め観たい映画や時間や座席まで予約して鑑賞するってスタイルに慣れてしまっていたんだが、久しぶり(だった気がする)に新宿コマ広場周辺の映画館で。
昼過ぎにふらりと出掛けて気になる映画を物色して、始まりの時間まで喫茶店でボーッとして、ギリギリでチケットを買って、人気のない最前列か最後尾、どちらに座るかで迷う。
こういうのってやっぱり自然でいいなと。

で、『感染列島』を観る。劇場の待ち合い室に防護服。いざというとき、最愛の人に何をしてあげられるだろう。10人とか20人とかって、もう多分無理そうだから、せめて最愛の人くらいは。
鑑賞中に、咳をする人がいたんだけど(非難めいた意味ではなく)映画の内容が内容だけに、その度にしばらく呼吸を止めたりしてる自分が面白かった。
最後まで、しっかり観ることができた、なかなかの作品でした。

その後、DWニコルズのイベントを見に。
いい空気が流れていたよ。素晴らしいライブでした。
春が待ち遠しくなったし、優しい気持ちになれた。
どうもありがとう。
レコーディング中、自粛していたビールがとてもうまかった。


lunkhead_nikki at 19:14 
Profile

LUNKHEAD

Discography
ENTRANCE2
BEST ALBUM
「ENTRANCE2 〜BEST OF LUNKHEAD 2008-2012〜」
【通常盤】
VICB-60100 ¥2,940(税込)
CD収録曲
1. 素晴らしい世界
2. 誰かじゃなくて
3. ぐるぐる
4. サイダー
5. それでも血の色は鉄の味がした
6. 闇を暴け
7. スモールワールド
8. ラブ・ソング
9. シューゲイザー
10.音のない部屋
11. WORLD IS MINE
12. 螺旋
13. 何も怖くなどなかった
14. シンドローム
15. 百日紅
16. 十六夜の月の道
17. 潮騒
18. 果てしなく白に近づきたい青
19. 明日
【初回限定盤(CD+DVD)】
VIZB-37 ¥3,675(税込)
■CD/通常盤と同内容
■DVD/「VIDEO CLIPS Vol.2」
DVD収録曲
1. 桜日和
2. きらりいろ
3. 素晴らしい世界
4. スモールワールド
5. WORLD IS MINE
6. シンドローム
7. 果てしなく白に近づきたい青

「ENTRANCE2 〜BEST OF LUNKHEAD 2008-2012〜」トレーラー映像