2011年09月

2011年09月29日

十六夜の月の道がリリース!!!

リズム隊、ギター陣、爆裂しております。
十六夜、「いざよい」って読めなかったんだけど
満ちた月が欠けていくのを象徴しているようで
俺は大好きなタイトルです。
釣りで言うと干満が緩やかになっていくし
ちょっと憂いというか
ダウナーなイメージがあります。

ダウナーと言えば
大学時代、フォークナーという
アメリカの作家の授業をとったんだけど
さっぱりわかんなくてね。
先生が痩せたニール・ヤング風なアメリカ人だったんだけど…。

ある日学年が一個下のヤンキーっぽい後輩が
昼飯に学食でお気に入りの肉うどんを食ってた時に突然

「いや〜フォークナーのダウナーな感じが
たまんないんスよね〜」

って言い出したのを思い出した。
アメリカ人の先生なので英語で授業が進み
しかも古い英語なので言葉が難解で
クラスの誰もがフォークナーの文学的な愉しみを
味わうというよりか
文法とか単語に辟易としていた時にそいつは
「ダウナーな感じ」を読み取って後に
フォークナーで大学院に行った。

「お前の見た目とフォークナーはギャップがありすぎる」
と肉うどんを食べながら思ったけど好きなもんは仕方が無い。
それ以来フォークナーがひっかかって
いつかその感じを掴めたらなと思ってるけど
何年も経って未だに読めてない。

いや、別にダウナーな曲じゃないんだけど
「十六夜」という言葉が
意味深というか暗示的なので
そういうことを思い出したのでした。

lunkhead_nikki at 03:26 

2011年09月28日

どうもHDAです。
夜中なのでGDAではなくHDAです(笑)。合田です。

LUNKHEADの情報がもろもろ解禁になりました!

まずは年明けの東名阪ワンマンです。
「REACT」をひっさげてのワンマンです。
「REACT」の曲はもちろんのこと、新しいものもお見せできたらと思います。
気合い入っとります!!!
新年一発目のライブは是非ランクヘッドでお願いします(笑)。


そして10月7日から会場限定で発売になる「REACT」のジャケットが公開されました!
普通のCDの形ではなく、豪華なパッケージになってます。
ブックレットにはいろんな写真が載ってます。
是非手に取って見てください。
今日リリースになる配信シングル「十六夜の月の道」と合わせて聴いてもらって、新旧のランクヘッドを堪能していただけたらと思います。
ジャケット、個人的にすごく気に入ってます。


そしてそして!12月4日にみかん狩りを決行します!
山下壮生誕祭「ガリガリ!みかん狩り」という素敵なネーミングで(笑)。
これはもぎたて会員限定の企画なんですが、いろんな企画が盛りだくさんです。
以前からこういうお楽しみ会みたいのやりたいねって話をしてて、ようやく実現した企画です。
俺個人としてもみかん狩りは初めてなのですごく楽しみです。
遠足みたいな感じですね(笑)。
ちなみにですが、翌日5日の深夜に新宿LOFTでGDABARをやります(深夜だからHDABARともいうかもw)。
この日は壮の誕生日なので、本人は来るかどうかわかりませんが勝手にお祝いしたろかと思っております(笑)。
お待ちしております!


これから年始にかけて盛りだくさんです。
全力で楽しんでいこうと思ってますのでよろしくお願いします!!
いろいろ楽しみ〜!


最後にもう一つお知らせです。
7月に恵比寿リキッドルームでツアーファイナルをやったときに、お茶の水にあるギタープラネットさんに機材の取材をしていただきました。
SUGIのベース(4弦&5弦)の写真やスペックが載ってます。
是非見てみてください!
写真にある5弦は今日リリースの「十六夜の月の道」でも使ったのでそのへんも合わせて楽しんでもらえたらなと思います。
よろしくどうぞ〜〜〜〜!!!!

lunkhead_nikki at 01:08 
今日も歌とギターのダビングをしていた。
二週間前大汗を掻いていたのが遠い昔のように、季節は一気に秋だ。
俺はもうヒートテックを解禁した。
寝る時も起きている時もヒートテックを着ている。
肌着だ。
H田(G田改め)はというと、言わずもがな、Tシャツだった。
どうでもいいことだけど
テンパっている時のG田の動きは、まるで2倍速でビデオをまわして見ているかの様で面白い。
どうやったらあんなに小刻みに動けるのだろうか?
ヤマンダに分けてあげて欲しいくらいだ。

そんなわけでギターダビングだ。
ダビングと言っても、料理で言えば隠し味みたいなもので
ベーシックで録った四人の音がメインなので
それをより際立たせる、といった事が目的になる。
あるいは、浮ついたベースラインを補助する、的な。
H田(G田改め)のベースラインは時に浮つき過ぎて
ビフォアアフターで言えば
うわぁ、この家基礎やばいっすね。。瓦はクソ重いし。。
的な事に往々にしてなるので
そういう時は俺とヤマンダで全力で基礎を支える。
しかし、H田が誰にも見えないような床下の基礎を支えているようなベースを弾いていてもつまらないので
これでいいと思っている。
ていうか、最近の曲の多くはもうほとんど支えてもいないけど。。

そんなわけでギターダビングだ。
ギターダビングはもう俺とヤマンダの独壇場になってしまうので
まるで二人で砂場で遊んでいるような気持ちになる。
と言っても最近は、ベーシックの四人の音ありきでダビングを考えるので飽くまで隠し味だ。
基本的にはもう四人のベーシックの音で完成というのが理想なので
勢い系の曲はほとんどダビングしない。
逆に一人一人が薄まってしまうからだ。
そういう意味でも随分メリハリというか、そういうところのジャッジが出来るようになってきたと思う。
この曲は遊んでいい、みたいな。

今日も遊んだ。遊びまくった。
楽しいな。音楽は。
ライブも楽しいけど、レコーディングも楽しい。

楽しいの中にしんどいもあるからこそ楽しい。
しんどい事すら楽しめるから楽しい。
楽しい時はしんどい事なんか全然しんどくない。
しんどいなんかスパイスみたいなものだ。
しんどくない楽しいなんかつまらない。
しんどいからこそ楽しい。

lunkhead_nikki at 00:21 

2011年09月27日

BlogPaint今日からまたレコーディング。
と言っても、今日と明日は歌とギターダビングだけなので
作業するのは俺とヤマンダのみ。

ダビングするウワモノを考えたり、歌詞を詰めたりしているので最近変則的な生活になってしまっている。
昨日も22時くらいに寝て2時くらいに起きて作業して6時過ぎに寝て7時過ぎに起きてみたいな。
始終ふわふわしている。

とにかくそんな訳で俺は昼前、スタジオに向かう為に家を出た。
そしたらなんと、ぽつぽつ雨が降ってきているではないか。
バイクで行こうと思っていたのを諦め
ヘルメットと手袋を部屋に戻して
遅刻する旨を皆にメールして俺は歩いて駅へ向かった。

すると駅への道すがら、何やら人が派手に道に倒れている。
あまりに豪快にぶっ倒れているのでさすがに放っておけない、と思い
俺は声をかけた。
「おいちゃん、どしたん。大丈夫なんで?」
70歳前後らしき、身なりもしっかりしたおいちゃんだったが
ベロンベロンなのは火を見るよりも明らかだ。
しかし時間は昼の12時だ。羨ましいじゃないかこの野郎。
おいちゃんのそばには納豆だの玉葱だの大量の買い物が入ったビニール袋が。
おいちゃんは呂律の回らない口で、大丈夫だとか、かあちゃんが家にいるとかなんとか。
おれはとにかく
「おいちゃん、雨降りよるけん、せめて濡れんとこまでいこや。風邪ひくけん。」
しかしおいちゃんはまったく言う事を聞かず。
だぁ〜いじょおぶだぁ〜って、とかなんとか、まったく大丈夫じゃない口調でほざくばかり。

うわー…手に負えん。。困った。。と思っていたところ、一台の自転車が通りがかった。
蛍光黄色のウインドブレーカーを纏った40代とおぼしきおっさんだった。
そのおっさんは俺達を見てチャリを止め、近寄ってきた。
表情から察するに、どうした?なにがあった?という感じだったので
俺は、「酔っ払っちゃって寝ちゃってるんですよね」的な事を言ったと思う。

するとそのおっさんは「じゃあ、それは神に祈らないと。」的な事を言って
微塵の迷いもなくいきなり手を合わせて祈りだした。
そして、そのお祈りは、おいちゃんの体を撫でたり、天を仰いだりしつつ
ヘンテコな呪文を唱えながらいつまでも続いた。
その間、若い女性が数人横を通っていったが
みな一様に決して目を合わせず足早に通り過ぎていった。
懸命だ。
若い女性はこんな集団に決して目を合わせてはいけない。

しばらく経って、おっさんのお祈りがひとしきり終わってもおいちゃんはまったく立つ気がなく
雨も強くなってきたので、とうとう俺は110番した。

どうせ、こないだの泥酔母子事件の時のように(桜井さんのブログ参照)警察はすぐ来てくれやしないのだろう、と思い持て余していたところ
この場に第四の人物が現れた。

それは灰色のウインドブレーカーを来た、60前後と思われる男性だった。

「その人さ、いっつもそうやって酔っ払ってすぐどこでも寝ちゃう人なんだよ。
さっきその人のかみさんに会ったけど、もう諦めてほったらかしちゃってんだよ。」
的な事を言いながらその人は近寄ってきた。

聞けば、この寝込んでるおいちゃんはすぐ傍の公共住宅の住人だと言う。
そしてその灰色のオジサンも同じ公共住宅の別の棟に住んでいて
この酔っぱらいおいちゃんは酔ってそこらで寝くさる常習犯だという事だ。

なんだかアホくさくなってきたが乗りかかった船だ。今更、あっそう。と立ち去る訳にもいかない。
お祈りのおっさんも今やタバコをふかしながら路肩に座り込んでじっと顛末を見守っている。
ちなみにこのおっさん、滑舌が悪すぎて、何言ってるのかよく聞かないとわからない。というのは余談だけど。

灰色のオジサンも迷惑そうに
「110番したの?ああそう。じゃあもう任せた方がいいよ。」
とかなんとか言ってるけども、結局雨に打たれたまま立ち去ろうとせず。
お人好しばかりだ。

そして、警察こないね。。と言っている間に酔っぱらいおいちゃんに変化が。

なんと

起き上がったのだ。

そして自力で歩き出そうとした。

家に帰る気になったのだ。

しかし、クソ重いビニール物袋を持ちながら歩くとすぐにこける。
当たり前だ。
肩を支えようとしても突っぱねるし、せめてビニール袋を持ってやろうとしても突っぱねる。
そしてこける。

しかし立ち上がったのは大きな前進だった。

牛歩ながらもおいちゃんは家に近づいていった。
灰色のオジサンが、そこの7号棟の三階のサイトウ(仮)さんだから、と言った。

ここら辺で、お祈りのおっさんは、じゃ、俺はこれで、的にチャリにまたがり帰っていった。
お祈りのおっさんも、お祈りが済んでから随分一緒に辛抱強く見守っていたので
そのせいか、なんだか変なチーム感が生まれていたのか、若干名残惜しさもありつつ
我々はおっさんの背中を見送った。

そうこうする間においちゃんはいよいよアパートの前までやってきたが、そこで立ち止まり
アパートの一階の階段のところにいたうちださん(仮)というお婆ちゃんに
よぉ〜!うっちゃ〜ん!こんなんなっちゃったよぉ〜。いや大変でさ〜
などとほざき出して、一向に屋根のある場所に入ろうとしない。
すぐ傍で雨がしのげるにも拘らず、まったくそこに入ろうとせず、レディにデレデレしている酔っぱらいに俺はイライラしてしまって
おいちゃんの手からビニール袋を奪い三階のサイトウさん(仮)ちの前まで持っていった。
というか、元々、そんなクソ重いビニール袋を持って三階までいける筈もなかろうという思いもありつつ、だ。
そして、「おいちゃん、袋家の前まで持ってったけん、ちゃんと頑張って家まであがらんかいよ。」と言い、さらには「おかあちゃんに酔っ払って寝てしまってごめんてちゃんとあやまらんといけんよ。」とまで言ってしまった。
しかし、ここら辺でおいちゃんは雰囲気が随分変わっていた。
さっきまでのホゲホゲした感じが大分抜け、俺の手を握り、ありがと〜と繰り返しだしたのだ。
酔っぱらいは一人だとゲバ〜っと酔うが、人と話していると意外と正気の世界に戻ってくるのだ、と言う事を前述の泥酔母子事件と今回の一件で学んだ。

そんなこんなで、おいちゃんは今や随分正気を取り戻していたので
おいちゃんが三階まであがるのはうちださん(仮)と、在宅中の奥さんに任せ俺はそこを後にする事にした。
おいちゃんはアパートの軒下から満面の笑みで手を振っていた。
それから後、灰色オジサンとも、奇妙な連帯感を引き擦りつつも別れを告げ、俺は再び駅へ向かった。

そして、おいちゃんが元々寝くさっていた場所に来たところで
おまわりさんが二人うろうろしていたので
さっきの酔っぱらいが寝ているっていう通報で来られたんですよね?
と言ったところ、その通りだったので
一言二言会話して聞かれるままに住所名前連絡先を答えた。
先日の泥酔母子事件と同じだ。
あの日も俺が110番したので勝手は解っている。
一応、聞かなきゃいけない決まりなのだ。
お役所仕事のマニュアルなのだ(推測)。
おまわりさん達は骨折り損だったが、
骨折り損になったのは自分達が来るのが遅い所為だ。
110番してから何十分経っていると思っているんだ。
でもそのおまわりさん達は悪くない。
通報があったから行け、と言われて急いできたのだ。
所詮お役所仕事のマニュアルなのだ。マニュアルが悪い(推測)。
そんな事はおくびにも出さない。
ご苦労様です。と俺は言った。
そのおまわりさん達も、嫌な顔ひとつせず
帰られたんならよかったですね。と笑顔で去っていった。
若いおまわりさん達だった。
きっと志が高いのだろう。
気力に満ちあふれた目をしていた。


目の前にある困難を共有すると、
人間ってだれでもすぐ友達になれちゃうよね。
その人の性格も、好みも、名前さえ知らないのに。

そんなわけで

めっちゃ遅刻した。

lunkhead_nikki at 01:59 

2011年09月25日

GDAとHDAって並ぶとなんだか必須アミノ酸みたいな響きだ。
セブンのサプリメントのコーナーに置いてそうだ。
「最近なんだか体がだるいのよね」
「それ、GDAとHDA足りてないんじゃない?」
的な。

いや、ないか。

渋谷WOMBでの久しぶりのライブ以降、ライブ、レコーディングそしてライブ、という日々が始まった。
これからもレコーディング、ライブ、そしてレコーディング、そしてライブ、という日々が続く。

U-streamにて初オンエアされた十六夜の月の道なんだけど、ああいう風に即感想がどどどと届く環境だとかなり緊張した。
と言っても、俺ら本番中だったからほとんどモニターを見てなくて、江戸むらさきさんが手元のパソコンで、感想が途切れないですよ!と言ってくれてただけなのだけど。
ドラムもベースもギターも俺じゃ!いや俺じゃあ!とケンカしまくっている曲なので
是非楽しんで聴いてもらえたらいいなあ。
そして、番組内でも聴きどころと言った間奏のギター
あそこだけは二人がひとつにならないと面白くなく
さらには最後はHDAのベースが二人でひとつのギターフレーズにユニゾンしながらさらに桜井さんのドラムも絡んできて
四人が一体となるという、
殴り合った末に肩組んで生まれた友情的な
そういうアレンジになっている。
歌詞についてはまた、928以降にちょっと書こうと思う。

それにしても、ライブが楽しい。
WOMBもOUTLINEもすごい楽しかったなあ。
頑張る、とか、我慢する、とかよりも、楽しむ、ってことは
遥かに強いし、前を向いている行為だと思う。
5年ぶりだった福島は
誰よりも、来てくれたオーディエンスが一番楽しそうだった。
それが幸せだった。

次は渋谷eggman。
つばきフレンズで一緒だった長澤さんや、WOMBで一緒だった小林太郎君や、音魂で一緒だったBARBARSと一緒っていう、変なご縁のイベント。
いよいよREACT解禁なので、是非お待ちしております。

変な時間に起きてしまったのでブログ書いてみた。

もう一回寝よう。

おやすみなさい。

lunkhead_nikki at 04:45 

2011年09月24日

どうも合田です。
昨日のU-streamの番組内でHDA(エッチだ)という新ニックネームが出来た合田です。時間帯によってGDAと分けようかしら(笑)。23時以降はHDAで〜す!みたいな(笑)。

今日は福島アウトラインでのライブでした。
アウトラインはすごく久々。
さあ!気合い入れていくぞ〜!と東京を出たものの、三連休初日ということもあり、ありえない渋滞&事故渋滞で。
会場に着いたのが17時半くらい。
オープンが18時だったのでリハーサルを諦めての本番でした。
でもそんなの関係のない、いいライブができたと思います。
お客さんがすごく暖かくて、とても楽しかった。
7月の郡山に続いての今日、短いスパンで福島に行けてよかったと思っています。
今回のイベントは「震災に負けない!」というタイトルがついていたんだけど、すごくお客さんからパワーをもらった感じがします。
本当に行ってよかったと思います。
これからも福島には出来る限りライブしに行きたいと思っています。
俺らにできることがあるならそれをやりたい。
また行ける日を楽しみにしています。
いい一日だったな。


次のライブは10月7日、渋谷eggmanです。
ここもすごく久々。
会場限定音源「REACT」の発売日なので、是非ライブに来てゲットしてくださいね!
お待ちしてま〜す!


lunkhead_nikki at 05:08 

2011年09月21日

昨日から新作レコーディング始まりました〜。

昨日と今日はリズム録りでダビングや歌は
これからなんだけど
とても良いスタートを切れたと思う。

今日録った曲で俺らがNo9と言っている曲
初め小高がデモをみんなに送って
それを皆でスタジオで合わせながら作ってったら
ある時から俺的に印象的だった
小高のギターのバッキングパターンが
きれいさっぱり無くなってた…。
「あれ、これ有りきじゃなかったっけ??」
みたいなフレーズやリズムは
時として潔く過去の遺物と化して
すごい勢いで曲が進化していく。


生身の人間の全く違った視点が
4つ集まるっていうことは
思い通りにはならない反面
思ったこと以上のことが出来るってことなんだよね。

例えばここどうしようかなって
あらゆる引き出しを引っぱりだして
(引き出しに無い物までYouTubeとかで探して笑)
悩んで考えて考え抜いても
次の日合わせてみてダメな物はダメ。
さあどうしようとスタジオで何とも無しに
他のメンバーの音を聴いてたら
思いがけない答えに出会えたりする。

でも悩んでたことは全く無駄ではなくて
その分潔く前に進むことができる。
そうして出来上がったものは
自分が聴いたことのないものに仕上がっていくのだ。

まだ全然出来てないけど…!
しかし新たな形が見えた
レコーディング初日でした。

lunkhead_nikki at 03:04 
どうも合田です。
ポンジュースのチューハイ、なかなかおいしいですね。合田です。

昨日今日とレコーディングでした。
いいものが録れてます。
今までの感じもありつつ、新しい感じもあって。
まだまだレコーディングは続くのでもっともっと突き詰めていきたいと思ってます。
乞うご期待!!

お知らせです。
22日の夜9時からUSTREAM「ぶいちゃん」に出ます!
ここで新曲『十六夜の月の道』を流します!
是非聴いてくださいまし!
ちょっとしたアコースティックライブもします。
ゆるゆると楽しんでいただければと思います。
一時間何話そうかな〜。
何が起こるかは当日にならないとわかりません(笑)。
その辺も楽しみにしてもらえればと思います(笑)。
見てね〜!!!



lunkhead_nikki at 02:45 

2011年09月19日

どうも合田です。
今日のケータリングに枝豆があってときめいてしまった合田です。

今日は二ヶ月ぶりのライブでした。
そんなに空いてたんだなあ。
やっぱりライブは常にしていたいね。
今日本当にそう思った。
久々の緊張感はありつつも楽しくライブができたよ。
今日のイベントは、イベント会社をやっている友人の斉木くんが誘ってくれました。
斉木くん、ありがとう。
長丁場のイベントだったけど、多くの人が残ってくれてて嬉しかった。
残ってくれたみなさん、本当にありがとう!
今日のイベントは渋谷のWOBMというクラブで行なわれたんだけど、作りがやっぱり普通のライブハウスとは違うね。
天井がすごく高くてローが響く。
クラブだから当たり前なんだけど。
昔何度か遊びに行ったことはあるんだけど、明るいところで見ると意外とそんなに広くなかった。
暗くて人多いと広く感じるからね。
音はね、やりやすいかやりにくいかでいえばやりにくいんだけど(笑)、今日みたいな響き方、個人的には好きだったりします(笑)。
とりあえずステージが狭くて落ちないようにかなり気をつけてた(笑)。
改めてライブはいい!と思ったよ。
気持ちのいい一日でした。

明日からレコーディング。
全力で、かつ楽しく、音を鳴らしたいと思います。
がんばりまーす!!






lunkhead_nikki at 02:09 

2011年09月15日

新曲達を詰めている。
曲を作る時は家でうーん。。と唸りながら
とりあえず一人でイメージを固めていくんだけど
それを4人で合わせてみると意外な方向に曲が進んでいったりする。
3人寄れば文殊の知恵と言うけれど
本当にその通りで、自分一人では思いつかなかった、はっ!とするようなアイデアが
もっこもっこと産まれてくる。
ケミカルするのだ。

ちなみに、セルフカバーアルバムのタイトルのREACTは
化学反応という意味だ。
これはヤマンダが見つけてきた言葉なんだけど
再演という意味のRE-ACTという意味も含ませているけれど
どっちかと言うと、4人の化学反応をレコードした、という意味の方が大きいのだ。
先日のブログにも書いたけど
このアルバムは、4人の音がモロ被りしている。
すべてのマイクがないまぜになっている。
だからこそ産まれるグルーヴがある。
つまりREACTしているのだ。
REACT。良いタイトルだ。
ヤマンダ氏は英文学科卒だ。
機材車の中で、原書のハリーポッターを読んでいた時は心の底から尊敬した。
しかし十六夜は読めなかった。
ちなみにG田も桜井さんも事務所の人間誰一人読めなかった。
それはいいとして
音楽と人のインタビューでも話したけど
最近はまず、最初にわりかししっかりとしたイメージのデモを作る。
漠然としたイメージよりは、こういう曲、というモノがあったほうが
皆がここはもっとこうしたい、というイメージが湧きやすいからだ。
それをその場で検証し合い、アリだナシだと進めていくのだ。
スタジオに入ってアイデアが降ってくるのを待っている時間が一番無駄だし疲れるのだ。
そんな感じで、デモの段階でかなり気に入っていた曲があったんだけど
それが見事に原型を留めないほど様変わりして
もっとカッコ良くなった。
自分の想像を超えていくのはとても嬉しい。
この瞬間が一番バンドというモノを実感する時かも知れない。
その曲を自分の曲だと思って容赦なくあーだこーだ言ってくれる事が嬉しい。

また、別の曲では
最近の中では割とベースが地味な曲が出来て
でもその曲はそのベースの単々具合がキモだったので
この曲ベースつまんないと思うけどがんばって。と言っていたのに
昨日の段階ではG田がそこにまたもや珍妙なフレーズを当ててきていたので
曲のイメージと合わないからこれはちょっと申し訳ないけど変えてもらおうと思っていたのだけど
今日になってそれを聴くと、なんかいいじゃんと感じて
そのフレーズいいね。と言ってしまっていた。
うーん。。。
俺は完全にG田に毒されていると思う。
GDAウイルス恐るべし。。。


眠い

lunkhead_nikki at 03:21 
Profile

LUNKHEAD

Discography
ENTRANCE2
BEST ALBUM
「ENTRANCE2 〜BEST OF LUNKHEAD 2008-2012〜」
【通常盤】
VICB-60100 ¥2,940(税込)
CD収録曲
1. 素晴らしい世界
2. 誰かじゃなくて
3. ぐるぐる
4. サイダー
5. それでも血の色は鉄の味がした
6. 闇を暴け
7. スモールワールド
8. ラブ・ソング
9. シューゲイザー
10.音のない部屋
11. WORLD IS MINE
12. 螺旋
13. 何も怖くなどなかった
14. シンドローム
15. 百日紅
16. 十六夜の月の道
17. 潮騒
18. 果てしなく白に近づきたい青
19. 明日
【初回限定盤(CD+DVD)】
VIZB-37 ¥3,675(税込)
■CD/通常盤と同内容
■DVD/「VIDEO CLIPS Vol.2」
DVD収録曲
1. 桜日和
2. きらりいろ
3. 素晴らしい世界
4. スモールワールド
5. WORLD IS MINE
6. シンドローム
7. 果てしなく白に近づきたい青

「ENTRANCE2 〜BEST OF LUNKHEAD 2008-2012〜」トレーラー映像