2012年02月

2012年02月27日

どうも合田です。
ゴーダチーズってうまいよね。合田です。

昨日は高崎クラブフリーズでライブでした。
フリーズの8周年記念ライブでした。
実はフリーズとLUNKHEADはデビューが同い年なんです。
うちらがデビューしたのが2004年1月、フリーズのオープンが同年2月。
なんか嬉しかったです。
すごく楽しくライブができました。
来てくれたみんな、ありがとう!
昨日はうちのことを初めて見たって人も多かったみたいなんだけど、伝わった感じがしました。
前から言ってるんだけど、俺はフリーズが大好きで。
落ち着くんですよね。
どこにいても。
なかなかそんなとこないですからね。
そのせいか、ホールで打ち上げをやったんですが、軽くのつもりが4時間くらい居座ってました(笑)。
いろんな話ができて楽しかった。
いい一日でした。

次のライブは3月8日の渋谷クアトロ。
がっつりやりたいと思ってます。
よろしくどうぞ〜!

lunkhead_nikki at 01:49 

2012年02月24日

どうも合田です。
今日は昨日の飲みすぎでテカリが皆無でした。合田です。

22日はチッタでESPの卒業制作のイベントでした。
とても楽しい一日でした。
ESPはとても大きな専門学校で、とにかくいろんな科があるんだそうです。
中には「ファンクラブ科」というのもあるんだとか。。
すごい。。。
そんな学生の皆さんが作り上げてくれたイベント、とにかく楽しかったです。
いろいろ丁寧に接してくれたり、ケアしてくれるのでなんか初心に帰れたような気がしました。
対バンの皆さんも素晴らしいアクトだったし、うちもいいライブができたと思います。
来てくれたみなさん、本当にありがとうございました!
そして関わってくれたスタッフの皆さん、これからそれぞれの道を歩んでいかれると思うんですが、夢を諦めずに頑張ってください!!!


ライブ後、俺は都内某所で開催されたベース飲み会に参加しました。
小さいのはよくやってたんですが、大きいのは久々でした。
意外とみんなまったり飲んでていろんな人といろんな話をしました。
ベーシストってみんな穏やかだから心地いいんですよね。
気付けば朝8時まで飲んでました(笑)。
飲み過ぎた(笑)。

そして今日はぶいちゃんに出演。
「果てしなく白に近づきたい青」のPVをフルでオンエアする予定だったんですが、手違いがあり、最初ショートバージョンで流れちゃって。
その後フルで流したんですが、見てくれてた皆さん、申し訳ございませんでした。
初めてみた人も多かったみたいなんだけど、すごく好評でよかったです。
また是非出たい!


さて、次のライブは高崎フリーズ。
桜井さんの地元でございます。
ということはもちろん桜井さんの大好きなあの曲をやります。
お楽しみに!!!

lunkhead_nikki at 04:42 
川崎CLUB CITTA'に来てくれた皆さんどうもありがとうございました。
ESPの皆さんもスタッフの皆さんもお疲れさまでした。
音響も、照明もみんなESPの生徒さんがやってくれたんだけど
照明もとても練り込んでたし
音響もステージ内はとてもやりやすかった。
特効のバズーカまでやってもらったし。。。
来てくれた人達もすごく楽しそうで

ダイノジのDJはほんとにいつ見ても唯一無二だし
真空ホロウ曲だけしかしらなくて初めてライブ見たら
なんて卑怯なMC(褒めてる)
ベースの村田君は楽屋でもまったくあのテンションで声でかいし。
物静かな美少年のボーカルギターの松本君は
こそっと「僕白い声聞いてました。。」と言ってくれ。
アナサニの伊藤君とかplentyの江沼君とか
物静かな美少年に本当にウケがいいな白い声。。
嬉しいです。。
いや、真空ホロウかっこよかったです。
また一緒にやりたい。
忘れらんねえよも、一言も話せなかったんだけど
スタッフの方がランクヘッドのライブによく来てくれてたという事で
話せてなんかとても嬉しかった。

そして帰り
Y下は観に来てくれたヘルマン洋平さんとウルフとメタリカバーに飲みに
G田は都内某所のベーシストが一同に集まるベーシスト飲み会に
お爺さんは山へ芝刈りに
お婆さんは川へ洗濯に
そして俺とS井氏とマネージャーKはラーメンを食べに。
各々のアフターを過ごしたのだった。




ところで



前回のブログで晒したマニアックネタが
止まらなくなったので
もうちょっと突っ込もうかなと思うので


こっからは読まなくて結構です。
酔ってます。



という訳で
ジャズマスターなんですが
ジャズマスターは面倒くさいギターなんです。
そこがかわいくてしょうがないんですが
とにかく作りがあまいんです。
元々はフェンダー社がストラトの上流機種として
ジャズ用に考案したそうですが
まったくあのアレです。
ウケなかったみたいです。

よく間違えられるけど
ボディの形がまったく同じジャガーというギターがあるんですけど
何故ジャズマスターとジャガーが出来たのかは知らないんですけど

とにかくあれやこれやが微妙なギターで
特にジャズマスターを使っている人達の中で最も話題に上がるのがブリッジ
ブリッジというのはこれです。
ブリッジ左側の弦の端っこを固定しているのがテールピースと呼ばれる部分で
右側の弦を張ってる部分がブリッジと呼ばれる部分な訳ですが
この部分がジャズマスターはムカつくぐらいトラブルが多いんです。
写真の俺のジャズマスターのブリッジは
ジャズマスターじゃなくてムスタングのブリッジに交換しています。

ちなみにいわゆるジャズマスターのブリッジはこれです。
ジャズマスターのブリッジ見比べてもらうと解るけどジャズマスターのブリッジのサドル(弦を乗せる部分)は妙にギザギザしています。
ねじ切ったネジの様になっている上にさらにそのサドルはさらに小さいイモネジというネジで弦高を固定しています。このイモネジの野郎が弦の振動でピョンピョン飛んでいきやがって
弦高が変わるどころかどこかに旅立っていく事が物凄く多くて
これを解消する一番スタンダードな方法がムスタングのサドルに交換するって方法なんですが
(それは何故かと言うと、写真を見比べると解るけど、ムスタングのブリッジのサドルにはイモネジが無い!)
人によってはブリッジを固定するボディの穴を埋めて穴を空け直し
幅の違うレスポールのブリッジを装着するという方法をとる人もいます。
これは賛否両論なんですが
元々フェンダーのギターのネックはかまぼこ型に湾曲していて
一方ギブソン系のギターのネックは真っ平らです。
故にジャズマスター、ムスタング等のブリッジはそのネックの湾曲に合わせて
ブリッジのサドルも弦高を変えていく必要がある訳ですが
レスポールのブリッジはレスポールのネックに合わせて真っ平らなので
厳密に言うと1、6弦側のオクターブチューニングが合わなくなってくるのです。
弦からフレットまでの距離が3、4弦よりも1、6弦の方が遠くなり
つまり1、6弦の方が押さえた時のテンションが強くなってピッチがシャープしてしまう訳です。
(だけど、元々、ジャズマスターのブリッジはブリッジを装着する穴がブリッジ自体より大分大きく、ガバガバな為、テールピース側に固定するか、ネック側に固定するか、この数ミリの差でオクターブチューニングが全然変わってきます。このオクターブチューニングとはブリッジをネック側かテールピース側かに固定する事でナットとブリッジとの距離が変わり、解放弦でチューニングが合ってるのにオクターブ上の12フレットでチューニング合わないじゃん、みたいな事が起こってくるんですけど、これを揃えるのがオクターブチューニングです。これを解消する為の裏テクとして、安価なシールドのジャックに着いてる曲がり防止のスプリングがこの穴とブリッジの隙間をちょうどぴったり埋める、という都市伝説があるんですけど試した事はありません。俺のジャズマスターは専用の隙間を埋める金具を装着してあるのでオクターブチューニングもバッチリです。)
長くなりましたがそんな訳で、穴を埋めて空け直してまでレスポールのブリッジを装着するのは安定したピッチ、ロングサスティーン、パリッとした音の立ち上がり等(これらはフェンダーのギターの多くのサドルが面で弦に接触しているのに対してギブソン系は点で接触しているという部分にあります)、メリットも多々ありますが結構リスキーなので俺はオススメしません。そこまでするならジャズマスターじゃなくていいじゃん。。的な気持ちもありつつ。
そういうしょぼさがいいんじゃん、的な。
ちなみにジャズマスターのブリッジはイモネジで個々のサドルの弦高を変える他に、ブリッジ自体の高さも調整する必要があります。またこいつがクソ野郎で、弾いている時の弦の振動でガンガン落ちていきます。
俺はライブの1曲目の最初の一音でこのネジがガコーンと落ちて弦がピックアップに貼り付きまったく音がでなくなった経験があります。
これを防止するためにブリッジのウラに1円玉を挟んだり、ボンドでネジを固定したりしてた事もありましたがこれは御法度です。
ジャズマスターは、ピックガードを開けてみると解りますが、このブリッジとボディ内の基盤の接触面によってアースをとっているのでブリッジで電気が滞るとノイズが乗ってしまうのです。
ちなみに俺のブリッジのネジはちゃんと電導性のある滑り止めようの専用のグリスで固定してもらっています。
あと、ムスタングのブリッジに交換する事で劇的に変わるのが弦落ち。
サドルから弦がずれる事です。
ジャズマスターのサドルはもうどうしようもないくらい弦落ちするのですが
ムスタングのブリッジだと溝が深いのでほとんどないです。
これには弦の太さや、他の付属アイテムなども関わってくるので次回。


長い。。
ブリッジひとつとってもこんなに奥が深いジャズマスター。。。
最高だぜ。。。



おやすみなさい。

lunkhead_nikki at 02:12 

2012年02月20日

Hotakaタワー新宿インストアからの東京ブートレッグからの仙台インストア終了しました。
新宿も仙台も本当に沢山来てくれてどうもありがとう。
俺はやっぱり他のメンバーに比べて愛想が良くないから(頑張ってるつもりだけどね…)
俺1人でのインストアって来てくれる皆の方が不安なんじゃないかと心配なんだけど…
どうなんだろう…?
だけど楽しくやらせてもらっております。
青に染まる白のインストアながら、ついこないだ出来たばっかりの曲を歌ったんだけど
その曲の歌詞を書いたきっかけが電車の中で見た朝日新聞の広告だったんだけど
新宿のインストアに来てくれた人の中で、なんとその広告に携わる仕事をしていた人がいて
なんかすげーと思った。
世の中はこうやって繋がっているのだなあと実感した。
新宿後のオールナイトの東京ブートレッグも
お客さんパンパンで、本当に楽しくて、
ブトレグのコダマさんはなんと2004年のクアトロワンマンにも来てたくらい
ランクヘッド好きだったり
対バンの鴉もランクヘッド聴いててくれてたりとかで
なんか幸せな夜だった。繋がってるなあって事をしみじみ思った。
あと、ブトレグのDJ陣の皆さんは、DJブースの後ろからDJしている様を見ていると
本当に手品みたいに曲を繋げていってて
プロの仕事を見た気がした。
いや、ほんと凄い。これがDJなんだなって思いました。まじで。
明けて19日の仙台も、最近知ってくれたという人から
白い声からずっと聴いてるというボーイズまで
色んな人がいて、嬉しかった。
ていうか、仙台は新宿にも増してボーイズ多かった。





以下、ワンブロックはマニアックな話なので読み飛ばして頂ければと思います。





最近割と多いんだけど
ジャズマスター使ってます!とか、ジャズマスター買いました!とか、ジャズマスターの音作り参考にしてます!とか
言ってくれる人がちょいちょいいて
俺も、ナンバーガールが好きで、ナンバーガールのライブ行って
ひさ子さんに憧れてジャズマスターを買ったので
なんか繋がっていってる気がして嬉しいです。。
今でこそ、レコーディングではビンテージのジャズマスターを3本駆使してるけど
今もライブのメインは20歳の暮れに買った最初のジャズマスターなので。
大分改造してますが。。
新宿で来てた男の子で、それこそ俺のジャズマスターの音についてちょっと話したんだけど
俺のライブメインのジャズマスターは木の個体差のせいで
えらく重いんです。10キロくらいあるのです。
最初、ジャズマスターってこんなに重いの…?って思ってたんですけども
いやいや、ひさ子さんもライブであんなにブンブン振り回してんだから俺が弱音を吐いてる場合じゃない!
と思ってたんですけども
GIGSの企画でひさ子さんと対談させて頂いた時に
ご本人のビンテージのジャズマスターを弾かせて頂いた(のは一生の思い出です。しかもひさ子さんのアンプで)時に
「かるっ!」
と思って
その時にすべてを理解したと言うか、
単純に俺のやつが重いんだなって知ったわけです。
俺の所有しているビンテージのジャズマスターも軽い。
軽いんです。ジャズマスターはほんとうは。
で、そのメインのジャズマスターなんですけども
重いせいか、音も重いというか、ジメっとしてるんです。
割とジャズマスターらしくない。
しかーも
壮の音作りがレスポールにしてはキャリっとしてるっていうか
ヌケ重視的な。
そして下手ではあまりベースを支える気のないベーシストがハイポジションでプルペプルペしている訳で。
自ずと俺の役割というのは見えてくる訳です。
壮を邪魔せず、G田の穴を埋める。的な。
自ずとズビッ!っという感じのサウンドメイクになってきます。
そんな訳で俺の使っているアンプもフェンダーツインリバーヴというスタンダードなアンプながら
実はFender Twin Reverb '65 Custom 15(長い…)という
本当はツインリバーヴは12インチのスピーカーが2個はいってるんですが
俺のはベースアンプ並みのデカさの15インチのスピーカーが1個という
男気アンプに辿り着いたのです。
そんな話はどうでも良いのですが
そういう事を聞いてきてくれた男の子がいて、
嬉しくなってここぞとばかりに話してしまった訳です。
その子は俺のメインの歪みがBOSSのブルースドライバーというとこまで見抜いていて
なんか嬉しくなってしまったのです。
だけどまあ、長い事やってるからだけど
どんなアンプでも大体出したい音はなんとなく出せるようになってきました。
様はボリュームとEQのバランスなのです。
同じメーカーの同じアンプでも個体が変われば音も変わりますし。
どんなアンプのEQでも一気にその帯域が増える、というポイントがあります。
そしてそのポイントを超えるとその成分はあまり変わらず
ツマミをひねればひねる程歪んでいきます。
そのポイントさえキャッチ出来れば大体どのアンプでも好きな音が出せます。
俺は大体音を作る時はピックアップをセンターにしてクリーンで音を作ります。
センターが一番ニュアンスが出る気がします。
まずEQをすべて0にして、ピックアップをセンターにし、適当にボリュームを上げ(大体目盛りを9時くらいから始めます)
まずBassから。
大体のアンプは目盛り4〜5(11時とか12時とか)くらいからローがどっと出てきます。
ちなみに目盛りの数字はアンプによって異なる事があるので時計になぞらえて何時みたいな言い方をよくします。
そしてBassのツマミを0に戻し次にmediumと書かれた所謂中域の音のツマミを上げていきます。
このmedは割と歪みにくく、単純にボリュームを左右するツマミだったりするので
なんとなく確認します。
最後にmedを0に戻してtrebleという高域のツマミを確認します。
これは結構10時くらいからカリッとした音が出てくるので慎重です。
そして好みの音のバランスをとってみて音が歪むようだったら
ボリュームの方を上げたり下げたりして音を作ります。
ちなみに俺は自分の機材(ジャズマスター、ブルースドライバー、ツインリバーヴ)では
ボリューム4前後、bass6、med7〜8、tre3.5〜4的な感じです。
昔、おかんに、エレキなんて電気で音出してるんだからなんでも一緒でしょ?的な事を言われましたが
とんでもない。
ギターによっても変わるし、ギター内の材質やハンダの具合でも変わるし、フレットやブリッジの材質ひとつでも変わるし
(またもやちなみに俺のメインのジャズマスターは余りにフレットが減って半年おきくらいにフレット打ち直しててお金がかかってしょうがなかったので半永久的に減らないというステンレスのフレットに打ち直したら10年くらい経った今もほとんど減らずに使えております。若干音が硬くなります。)
アンプでもエフェクターでもシールドでもどんどん変わります。
なにしろ電気なので、抵抗が多ければ多い程電圧は小さくなっていくので
エフェクターを繋げば繋ぐ程(特にディレイ、コーラス等の空間系エフェクターは抵抗の塊)、シールドが長ければ長い程(電気電導性は100%という事は有り得ないのでどんどん電気が熱等に変わって逃げていくのです)、音はしょぼくなっていきます。
コンセントなんかが熱くなっている経験あると思うけど
あれはコンセントの接触面が汚れていたりして電気が滞り、熱に変換されているんですね。
ドライヤーも電熱線(抵抗)で温めた周りの空気を利用しているので800wぐらいの高電圧がかかるんですね。
バンドやってる人は是非手持ちの機材全部繋げた時とアンプ直の音の違いを試してみて欲しいと思います。
その音の差に愕然とする事請け合いです。
我々はそうならない為のバッファーと呼ばれるなにがしもかまして音が劣化しないよう色々工夫してます。
で、EQも、その日の会場の大きさ、その会場の電圧、会場の湿度等で変わってくるので
その都度調整します。
なんて言うと、まるでうどん職人のようだ!
様は自分が、うん!良し!テンションあがる!っていう音になってれば問題ないんですが。
皆に聞こえてる外音の細かい事はPAさんがやってくれます。
さらにちなみにLUNKHEADでは効果音的なエフェクトはほとんど俺が担っています。Y下にはもうとことんギターマンに徹して欲しい、的な気持ちもあるし、プレイスタイル的にもY下は所謂根っからのギタリストであって、俺の方はギターでこんな音も出しちゃうぜ!的なギタリストの風上にも置けない独創タイプ(要は真っ当にあまり弾けない雰囲気タイプ)なのでレコーディングでも変な音は俺担当、真っ当なギターサウンドはY下担当みたいになってます。


そんな俺ですが、アコースティックギターは写真の一本しか持ってません。
このギターは今まで色んなところで語ってきたので、知ってる人は知ってるかもしれませんが
俺がこの世界に足を踏み込んだ最初の一歩で
元々おかんのギターだったのです。
そう、アレは中学2年生の夏休み。
当時愛媛にいた俺は毎年盆暮れにおかんの実家の千葉に帰省しておりました。
そこで発見した一本のギター。
それがこのギターだったのです。
これがすべての始まりでした。

そもそもこのギターはおかんが少女時代に従兄弟のお兄さんから
中古で買ったギターだったらしいんだけども
Hotakaっていうメーカーが今はもうないので
潰れっちゃったんだな…って思ってたら
調べてみるとなんとモーリスの前身ブランドで
ちゃんと由緒あるメーカーだった訳です。





とにもかくにも
当時まだ少女だった俺のおかんは
その日手にしたそのギターが、30数年後のある日、
自分が産む事になる息子の人生を決定づけてしまう事を
その時は知る由もなかったのであった。

lunkhead_nikki at 23:26 

2012年02月19日

どうも合田です。
夜中ってうきうきしちゃうよね〜。合田です。

昨日はTOKYO BOOTLEGのイベントだった。
久々の夜中ライブ。
いやー楽しかった!
夜中のライブって独特なものがあるからやってて楽しいんだよね。
アルバム発売後初のライブだったので、「潮騒」を初めてやったんだけど、あの曲やってて気持ちいいなって思った。
風の噂だけど人気があるらしい(笑)。
初共演の鴉もすごくいいライブしてた。
そしてTOKYO BOOTLEGのDJ、これがすごかった。
当たり前だけどみんなうまいんだよね。
つなぎとか完璧で「ノセ方」ってのをわかってる感じ。
こういうDJもいいなあって思った。
本当に楽しい一日だったな。
遊びに来てくれたみなさん、そしてTOKYO BOOTLEGのみなさん、ありがとうございました!


次のライブは22日の川崎チッタ。
こちらも楽しみなイベント。
チケットが1000円と安いので是非遊びに来てね!
お待ちしてます!!!


lunkhead_nikki at 18:31 

2012年02月17日

Img005_2448x3264Img001_2448x3264Img002_2448x3264Img003_2448x3264Img004_2448x3264






























































































『青に染まる白』出ました!!
恒例のお店まわりのご挨拶。
新宿、池袋、渋谷、そして秋葉原。
もちろんお店はこれだけじゃなくて
日本各地で応援してくれてます。

「メジャーって、冷たいイメージがあるかもしれないけど
ほんとは人と人との繋がりが濃いところなんだよ」

デビューする前、社長のボビーに言われました。
こうやって作品をリリースして
ラジオとか取材とかのプロモーションの時、
それからお店に行ってバイヤーさん達とお話すると
ほんとそうだなって思います。
人の気持ちが繋がって
俺らは自分達の音楽を世に出させてもらってるんだよ。

先日、事務所でお世話になってる人達に新しいアルバムを
送るというので、メンバーみんなでメッセージを書いた。
そこで気付いたんだけど
まー俺らナイスな人達にばっかり囲まれてる笑。
ほんとに気持ちのいい人達ばっかりです。

売り場では発売日に買いにきてくれてるファンに遭遇笑。
発売日が楽しみで、CD屋に行っちゃう感じ俺も凄く解るから
そうやって買ってくれてるのを見るとほんとに嬉しいよ!
いや、ジャケ買いとか何となく買ってくれるのも嬉しいけど!

皆の心を少しでも揺さぶる作品になってくれると良いなと思います!





lunkhead_nikki at 03:58 

2012年02月16日

どうも合田です。
なんとなく春が近い気がします。合田です。

いよいよLUNKHEADニューアルバム「青に染まる白」が発売になりました!
みなさん、聴いていただけたでしょうか?
まだ聴けてない人もいると思うんだけど、是非手に取って聴いてみてほしい!
昨日はメンバーでお店回りをしてきました。
どこに行ってもあたたかい言葉をかけていただいてすごく嬉しかった。
買ってくれたお客さんに会えたりしてすごく嬉しかったです。
みんな本当にありがとう!
すごくLUNKHEADらしいアルバムが出来たと思ってます。
聴けば聴くほど新しい何かが見えてくるような、そんなアルバム。
多くの人に聴いてほしい、届いてほしい。
よろしくお願いします!

あと、みなさんお気づきだと思いますが、HPがリニューアルしました。
より見やすく、使いやすく、そして楽しめるように、そいういう思いを込めたリニューアルです。
もぎたてもいろいろ楽しいことやってくので楽しみにしといてくださいね!
アルバムと合わせて、よろしくどうぞ〜〜〜〜〜〜!!!!!!

lunkhead_nikki at 12:24 

2012年02月15日

いよいよ青に染まる白が発売に至りました。
気に入って頂けただろうか…
なんて野暮な事は言わない。
俺はもう絶対気に入ってくれるって確信しているのだ。
しかし実はほんとは聴けば聴く程良くなってくるタイプのアルバムなので
沢山聴いて欲しい。
ほんとに、音にも歌詞にも聴く度に発見のある曲達になったので。
今CDが売れなくていちばんしんどいのってバンドでもレコード会社でもなく
レコード屋さんだと思うんだけど
だから田舎の小さいレコード屋さんが売れるものしか置かないのってまあ当たり前で
LUNKHEADのCDを置いてくれない事に文句なんか言えないけども
(ほんとはそんなバブルの名残で打算だけでやってる店なんかFxxKともちょっと思ってるけど)
それでも今日の俺や壮のツイッター見てくれたら解ると思うけど
こんな俺達にも沢山味方がいて
一生懸命売ってくれる人達や買ってくれる人達がいて
数字や計算じゃなくて、音を聴いて、このバンドを売りたい!と思ってくれる人達が沢山いて。
リリースする度にささやかだけどお店回りをするんだけど
本当に胸が熱くなる。
本当にありがたいです。
直に会ってお店の担当の方と話して
思いを感じるのってとても嬉しい。
ちょうど買いにきてました!っていうファンの子と遭遇するのも嬉しい。
(ちなみに今日遭遇したのはほぼ男子でそれは俺どうなんだろうと思う。嬉しいけどね)
お店回りの後は俺一人大宮アルシェにラジオの公開生放送に出演したんだけど
平日なのにほんと沢山(去年日曜に出た時より全然多かった)観に来てくれてて
それも本当に嬉しかった。(ちなみにそこは女の子も沢山いた)

まだまだ生まれたての『青に染まる白』です。
これから皆の生活に寄り添っていって
色んな青に染まってそれぞれの『青に染まる白』になっていってくれるといいなあ。

lunkhead_nikki at 23:15 

2012年02月14日

どうも合田です。
最近はいろんなチョコがあることに驚きです。合田です。

きのうはガリゲル音楽祭「おとあい」でした。
テレビ番組の企画イベントだったんですが、とても楽しかったです!
普段は一緒にやることがない方達とも共演できてとても刺激になりました。
スタッフのみなさんはバラエティー畑の方達だったんですが、音楽に対する愛がすごく伝わってきてやってるこちらとしても嬉しかったです。
お客さんもすごくあったかくて素敵な空間でした。
来てくれたみなさん、そしてスタッフのみなさん、ありがとうございました!!
おもしろい形での放送になるみたいなので楽しみにしといてくださいね!

アルバムの発売が近いです。
いよいよって感じがします。
早くみんなに聴いてほしい。
感じてほしい。
よろしくお願いします!

次のライブは18日の渋谷チェルシーホテル。
チェルシーホテルでライブをするのはすごく久々。
そしてMIDNIGHTライブも久々。
わーわー騒いでお酒飲むの、いいと思います!
みなさんのお越しをお待ちしてます!

バレンタインデーということでホワイトチョコビールなるものを飲んでいるんですが、あんまりおいしくないっす(笑)。


lunkhead_nikki at 03:01 
ガリゲル音楽祭おとあいに出演してきた。
なんだか、出演者達もスタッフの皆さんもとにかくアットホームで
楽屋も常にみんな笑ってるような
朗らかなイベントだったなあ。
ただ、待ち時間が長いが故につい
ケータリングの塩サバを食べ過ぎた。。
美味しかったからいいんだけど。
そしてサバで終わりなのか…?と皆の脳裏に過り出した矢先にやってきた
それはカレー。
カレーも自分達のライブ後、二杯も食べてしまった。。
ライブしに行った筈なのに、何故か俺は今、胃が一番疲れている。。

テレビの番組のイベントだから普段ライブハウスに来ないような人達も沢山いただろうけど
そんな中でランクTにランクタオルで完全武装の子達が結構見えて嬉しかったです。ありがとう。

次は3月4日にタワレコ梅田NU茶屋町店でインストア(俺だけだけど)だし
その次は4月30日に心斎橋JANUSだから
ちょくちょく行けるのが嬉しい。
お待ちしています。

大阪以外も
18日のタワレコ新宿店インストア、からの深夜のチェルシーホテル
からの19日は仙台タワレコインストア(戦いである。。)
22日は川崎チッタ(なんとチケット代1000円!)
25日はS井氏の故郷高崎フリーズの8周年のお祝いと
ライブ目白押しなので是非夜露死苦!!
対バンも初めましての人達ばかりなので楽しみだなあ。
友達になれるかな…?


いよいよ明日には青に染まる白がお店に並ぶ。
本当に、沢山の人に触れてみてもらいたい。
ジャケットや歌詞カードの中身もひとつひとつ皆でアイデアを出し合って
それこそ紙の素材をどうするかまで話し合って作っていった。
色んな形のある時代だけど
CDとして作る事が出来たアルバムなので
やっぱりCD買ってもらえたら嬉しいです。
CDセットして、歌詞カードあけて、ドキドキしながら聴いてもらいたいです。
よろしくお願いします。


なんだか緊張してきた。。

青に染まる白

lunkhead_nikki at 00:33 
Profile

LUNKHEAD

Discography
ENTRANCE2
BEST ALBUM
「ENTRANCE2 〜BEST OF LUNKHEAD 2008-2012〜」
【通常盤】
VICB-60100 ¥2,940(税込)
CD収録曲
1. 素晴らしい世界
2. 誰かじゃなくて
3. ぐるぐる
4. サイダー
5. それでも血の色は鉄の味がした
6. 闇を暴け
7. スモールワールド
8. ラブ・ソング
9. シューゲイザー
10.音のない部屋
11. WORLD IS MINE
12. 螺旋
13. 何も怖くなどなかった
14. シンドローム
15. 百日紅
16. 十六夜の月の道
17. 潮騒
18. 果てしなく白に近づきたい青
19. 明日
【初回限定盤(CD+DVD)】
VIZB-37 ¥3,675(税込)
■CD/通常盤と同内容
■DVD/「VIDEO CLIPS Vol.2」
DVD収録曲
1. 桜日和
2. きらりいろ
3. 素晴らしい世界
4. スモールワールド
5. WORLD IS MINE
6. シンドローム
7. 果てしなく白に近づきたい青

「ENTRANCE2 〜BEST OF LUNKHEAD 2008-2012〜」トレーラー映像