2005年01月05日

取り敢えずやりたいな〜、と思ったこと ―― 光路郎

えー、言いだしっぺの光路郎でございます。
取り敢えず、最初にやりたいと思ったこと。そのものズバリ、リレー小説です。ただ、ある程度の約束事はあるものの、ラストは打ち合わせしない、それぞれ他の執筆者がどういうラストを書くつもりか知らない、つまりどう転ぶか分からないという代物です。
どうも「漂う提督」というリレー小説にいたく感動してしまったものらしく…。もしもお暇なら、この小説、一度手に取ってみてください(宣伝してどうする)。
失敗する可能性もありますが、うまくいったら、相当面白いものになるのではないかと。
もっともこれはアイデアの一つということで、まったく別の形式になる可能性もありますので、これ読んで尻込みしないでくださいね、執筆者の皆さん!


Posted by lupin_the_relay at 00:34│Comments(3)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
…あれ? 改行とかできてない…。読みにくいけど、ゴメンなさい〜!
Posted by 光路郎 at 2005年01月05日 00:43
やたっ!改行、成功!
Posted by 光路郎 at 2005年01月05日 01:38
ブログに触るのが初めてなもので・・・
大方はネットで調べましたけど、書き込みってこれでいいんでしょうかね?
あれ?どうするんだ・・・?(□°)(´□)ワタワタ

私もラストは決まってないほうが楽しいかな〜と。
ただし、書き手の方によって個性が随分違うのでちゃんとまとまるかどうかは闇の中ですが。リレー小説という形式にする以上、むしろルーズなまとまり方でも構わないと思いますよ。

まだ早い気もしますけど、皆さん今のところ、一回のターンでどれほどの分量を想定されてるんですか?
Posted by ヤン at 2005年02月01日 16:41