2008年08月14日

新館ができました!

こんにちは、Izumiです!
「大人のためのスウィート・ポップ・ミュージック」の「新館」が
できました。

今後は、「新館」の方に新しい記事をアップしていきますので、
お手数ですがURLの登録変更をお願いいたします。

「大人のためのスウィート・ポップ・ミュージック(新館)」
http://sweetpop.blog.so-net.ne.jp/

luri at 07:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) NEWS & TOPICS 

2008年05月17日

メアリー・J.ブライジ 『グロウイング・ペインズ』



☆★ メアリー・J.ブライジ 
  『グロウイング・ペインズ 〜デラックス・エディション』(DVD付) ☆★ 
2008年3月12日 ユニバーサル・ミュージックより発売 2,831円(税込)

  ■試聴サイト
    ユニバーサル・ミュージック「メアリー・J.ブライジ」   

  しばらくお休みしていたおかげでご紹介できずにいましたが、ヒップホップ・
  ソウルの女王、メアリーがついに吹っ切れたアルバムを出してくれました。

  薬物依存を乗り越え、ポジティブに歌い放つ「ジャスト・ファイン」は、
  ノリもファイン、歌声も爽快!





luri at 07:34|PermalinkComments(0) 女性アーティスト | アメリカ

2008年05月10日

マドンナ 『フォー・ミニッツ』



☆★ 収録アルバム ★☆
『ハード・キャンディー / Hard Candy 』  
2008年4月30日 ワーナーミュージック・ジャパンより発売 税込 2,580円 
 

ハード・ゲイならぬハード・キャンディーという名の、マドンナの新作。
(ジャケットの衣装も、にしおかさんみたいなボンデージですね)

ファーストシングル「フォー・ミニッツ / 4 Minutes」は、ティンバランドの
プロデュースでジャスティン・ティンバーレイクをフィーチャー、とくれば、
ヒットしないわけはないでしょう。

他にも、ネプチューンズやカニエ・ウェストなども参加した、最強のポップ
アルバムは、4月末に世界一斉発売。

どの作品もわかりやすく強烈なテーマを掲げ、音でもパフォーマンスでも
ワクワクさせてくれるエンターテイナー、マドンナ。
前作のように、今回も来日公演やプロモーションやなどがあるのかどうか、
楽しみですね!


  ■試聴サイト

  ・ワーナーミュージック・ジャパン 「マドンナ」
   「フォー・ミニッツ」のみ、29ミニッツ試聴できます。(笑)

  ・マドンナ オフィシャルサイト
   こちらでは、「フォー・ミニッツ」が48ミニッツ試聴できます!(^^)


  ■マドンナ最新情報

  ・アルバム中の「マイルズ・アウェイ」が、フジテレビ月9ドラマ
   「 CHANGE 」 (主演:木村拓哉)の主題歌に! 放送は5月12日から。

  ・『ハード・キャンディー』が5月17日付全米アルバム・チャートで1位!
   そしてワールド・ツアー「STICKY AND SWEET TOUR」が8月からスタート!



luri at 08:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 女性アーティスト | イギリス

2008年05月02日

レオナ・ルイス 『ブリーディング・ラヴ』



☆★ 収録アルバム ★☆
 『スピリット / Spirit 』  
  2008年4月23日 BMGジャパンより発売 税込 2,980円 
 
☆★ アーティストプロフィール ★☆
 イギリス・イーストロンドン出身。2006年12月、人気オーディション番組
 『X-Factor 2006』優勝直後のデビュー・シングル「A Moment Like This」
 が大ヒット。その後、初アルバム『Spirit』をアメリカで制作。現在22才。


「え、モデル? 女優?」というくらいの美人シンガー、レオナ・ルイス。

歌唱力も十分で、オーディション番組優勝前から、クライヴ・デイヴィスに
「次のホイットニー・ヒューストン」と言わしめた才能の持ち主です。

クライヴをはじめ、アメリカ音楽界の名プロデューサーたちによって作られた
デビューアルバム。日米で今月発売ですが、先行シングル「ブリーディング
・ラヴ」がすでにヒットチャート上昇中。

以下のサイトでぜひ試聴してみて!


  ■試聴サイト

  ・BMGジャパン 「レオナ・ルイス」
   「ブリーディング・ラヴ」のみ、ビデオが一部視聴できます。

  ・レオナ・ルイス オフィシャルサイト   
   こちらでは「ブリーディング・ラブ」がフル視聴可!


  ■レオナ・ルイス最新情報

  ・4月5日付け全米シングル・チャートで「ブリーディング・ラブ」が1位!





luri at 08:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 女性アーティスト | イギリス

2008年04月25日

【Pick up!】 マライア・キャリー 『E=MC2 〜 MIMI第二章』



『E=MC2 〜 MIMI第二章』
2008年4月16日 ユニバーサル・ミュージックより発売 2,500円(税込)


■試聴サイト  ユニバーサル・ミュージック 「マライア・キャリー」   

シングル「タッチ・マイ・ボディ」が18回目のビルボード1位!
ビートルズに続く記録を、ついにマライアが打ち立てました。
サウンドは完璧、ビデオも期待を裏切らないお色気満載で〜す。




luri at 11:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おまけのPick up! | 女性アーティスト

2008年04月18日

第60回 アデル 『チェイシング・ペイヴメンツ』

☆★ 収録アルバム ★☆
 『 19 』  
  2008年3月5日 ワーナーミュージック・ジャパンより発売 税込 1,980円 

  

☆★ アーティストプロフィール ★☆
 イギリス・サウスロンドンに出身。14才でギターと作曲を始め、現在19才。
 イギリスではデビュー前から雑誌やテレビで話題となる。


「え〜っ、これが19才の歌!?」というくらい、ハスキーな声がけだるく
大人っぽい雰囲気をかもし出している、新人女性シンガーソング・ライター。
しかもエタ・ジェイムスを彷彿とさせるジャジーで熱い歌い回しが、大人の心を
くすぐってくれます。

シングル「チェイシング・ペイヴメンツ」が、日本では洋楽チャートのトップ
10に入っていますが、アメリカでは未発売。
発売前のお披露目のため、3月にアメリカでライブを行い、話題を呼んだそう。

デビュー作でこの完成度って、今後どんな風にブレイクしていくのか、末恐ろ
しいアーティストです。


  ■試聴サイト  ワーナーミュージック・ジャパン 「アデル」 
  
   アルバム各曲の試聴と、「チェイシング・ペイヴメンツ」のビデオが
   見られます。




luri at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 女性アーティスト | イギリス

2008年04月11日

【NEWS!】  チープ・トリック来日!

1978年4月28日、日本武道館で伝説のコンサートを行ったアメリカの4人組バンド、
チープ・トリックが同じ武道館で30周年記念ライブ!
   
美しい貴公子ロビンとトム、若い時からユニークなおじさんキャラのリックと
バーニー、懐かし〜。そろそろ全員60代?なんて信じられないけど、今もガンガン
ライブを続けているそうですね。

彼らの魅力は、なんといってもポップでストレートなロックンロール。
No.1 ヒット「サレンダー」を初め、「ドリーム・ポリス」など名曲の数々を送り出した
チープ・トリックに、再び会いたい! 
   

■来日公演
  4月24日(木) 日本武道館 開場18:00 開演19:00
  (問)H.I.P. 03-3475-9999
   ※23日の前夜祭には100人招待。応募締め切りは4月18日!

 
■来日記念アルバム
  「At Budokan:The Complete Concert/コンプリートat武道館」
  2008年4月23日 ソニー・ミュージックより発売 4,410円(税込)
  
   
  試聴サイト: ソニー・ミュージック・ジャパン「チープ・トリック」 

 

luri at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) NEWS & TOPICS | アメリカ

2007年12月22日

第59回 私が選ぶ2007年のベストアルバム

       ☆★ アルバム・オブ・ジ・イヤー ★☆

                
       アリシア・キーズ 『アズ・アイ・アム / As I Am 』
       2007年11月24日 BMGジャパンより発売 税込 2,548円 

 ■試聴サイト  

 BMGジャパン 「アリシア・キーズ」
 
  前号で紹介したばっかりだけど、今年はやっぱりこれ!!
  作品としても、アリシアの歌唱力だけをとっても、文句のない聴き応えの
  あるアルバムです。


 

        ☆★ ソング・オブ・ジ・イヤー ★☆

                
      メイレイ MELEE 『永遠のハーモニー(Built to Last)』
 2007年8月22日 ワーナー・ミュージックジャパンより発売 1,980円(税込)

 ■試聴サイト

 ワーナー・ミュージックジャパン 「メイレイ」 
 
  「今年一番、歌っちゃった歌」、ということで選んでみました。(笑)

  まさにカラオケで歌いたくなる、って感じで、この曲がかかっているとつい
  一緒に「Most of all〜♪」と歌ってしまうんですよねー。

  それにしても、彼らの地元、カリフォルニア州オレンジ・カウンティの
  山火事は心配でした。

  お金持ちが住む地区だから、避難者などへの災害対策も行政がすぐに動いた、
  なんて報道されていたけど、彼らの家は大丈夫だったのかな・・・?



 
       ☆★ ベスト・ニュー・アーティスト ★☆

                 
 コルネイユ 『ザ・バース・オブ・コーネリアス / The Birth Of Cornelius』  
    2007年6月20日 ソニー・ミュージックより発売 税込 2,520円 

 ■試聴サイト

 ソニーミュージック 「コルネイユ」
 
  新人と言っても、ヨーロッパではすでにスターであり、ベテラン・シンガー
  のコルネイユ。
  アメリカのR&Bシンガーとは一味違う、誠実な姿勢が魅力ですね。

  「トゥー・マッチ・オブ・エブリシング」は大ヒットしましたが、今は
  「上を向いて歩こう」のカバー、「ロンリー・ナイツ」もヒット中。

  今月には、東京・大阪で初の来日公演が行われました。




         ☆★ ベスト・ソングライター ★☆

                
        ニーヨ NE-YO 『ビコーズ・オブ・ユー』
  2007年4月25日 ユニバーサル・ミュージックより発売 税込 1,980円 

 ■試聴サイト

 ユニバーサル・ミュージック「NE−YO」
 
  アリシア・キーズと並んで、その才能に驚かされたのがニーヨです。

  マイケル・ジャクソンばりの、洗練されたセンスによるサウンド作り。
  無駄のない、シンプルなコード進行による覚えやすいメロディー作り。

  自身の『ビコーズ・オブ・ユー』も名曲だけど、ビヨンセの『イレプレイ
  スブル』は、私の中でソング・オブ・ジ・イヤーとも言える1曲です。


 ソニー・ミュージック「ビヨンセ」





       ☆★ ベスト・ゴシップ・アーティスト ★☆

                 
      ブリトニー・スピアーズ 『ブラックアウト』
      2007年11月14日 BMGジャパンより発売 税込 2,548円 

 ■試聴サイト  

 BMGジャパン 「ブリトニー・スピアーズ」
 
  話題を呼んだ人はいろいろいたけど、やっぱりブリちゃんでしょう。(笑)

  最も大きな話題の元は、「ギミ・モア」で出演したアメリカのテレビ番組
  でのショートパンツ姿。アメリカ中が驚く、激太り状態だったんですね〜。

  「ブリトニーだから許せる」「いや、あの体であの衣装は許せない」など、
  アメリカでは大論争に。

  歌唱力も魅力もあるブリトニーだからこそ、ですが、それにしても話題が
  つきない・・・。(^_^;




                * * * *




ということで、いろんな賞を作ってみましたが(笑)、いかがでしたか?

ぜひ作りたかったのが、「ベスト・来日コンサート賞:キャロル・キング」
だったんだけど、行けなかったんですよね〜(;_;)

メアリー・J・ブライジやファーギーがキャロルの「ナチュラル・ウーマン」を
歌ったりしたそうで、「素晴らしかった!!」という声をたくさん聞きました。
見に行きたかったな〜!



それと、お気づきのように、今年は毎回のようにR&B系のアーティストが
登場したんですよね〜。それで今回もこういう顔ぶれになっちゃいました。

私はR&Bはもちろん好きだけど、ロック系、アコースティック系、ポップ
系、いろいろ取り上げていきたいと思ってます。
でも正直に、ピンとくるものを取り上げていったら、こういう結果に・・・。

来年はもっとバラエティー豊かにお送りできるといいな!




luri at 08:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0) Various Artists 

2007年12月15日

【Pick up!】 レッド・ツェッペリン 『マザーシップ〜レッド・ツェッペリン・ベスト / Mothership』



2007年11月14日 ワーナーミュージック・ジャパンより発売 
2枚組・DVD付  3,980円(税込)

■試聴サイト

  ワーナーミュージック・ジャパン「レッド・ツェッペリン」
    
  
伝説のロック・バンド、レッド・ツェッペリンの代表曲24曲を集めた
2枚組ベスト・アルバムが、ついに発売!
選曲は亡きジョン・ボーナムを除く、ジミー・ペイジ、ロバート・プラント、
ジョン・ポール・ジョーンズの3人によって行われたそうです。

11月末に、ロンドンで一日限りで行われる予定だった再結成コンサートは、
ジミー・ペイジの骨折のために12月10日に延期。
ジョン・ボーナムの息子、ジェイソン・ボーナムがドラマーとして参加、
2時間に渡るコンサートは無事に終了し、世界中の話題となりました。
観てみたかった〜!


国際ニュース「再結成コンサートを英各紙が絶賛」





luri at 17:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おまけのPick up! | 男性アーティスト

2007年12月08日

【NEWS!】 イーグルスも復活!



「ホテル・カリフォルニア」で有名なイーグルスが、28年ぶり、しかも
2枚組のスタジオアルバム「ロング・ロード・アウト・オブ・エデン /
Long Road Out of Eden 」を出しました!
   
シングル「ハウ・ロング」がただいま日本でもヒット中。カラッと乾いた
タイトなノリのカントリー・ロックは、今の時代に新鮮に響きます。
   
アルバム各曲やビデオの試聴は、以下のサイトで。


  ユニバーサル・ミュージック 「イーグルス」  


 

luri at 07:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) NEWS & TOPICS | 男性アーティスト

2007年12月01日

【NEWS!】 セリーヌ・ディオン復活!



家族のため、自宅のあるラスベガスでの公演のみを続けていたセリーヌ
が、いよいよ本格的に活動再開。ニューアルバム「テイキング・チャン
シズ/ TAKING CHANCES 」でも、素晴らしい歌声を聞かせています。

3月には東京・大阪で来日公演決定! もうラスベガスまで行かなくて
も、セリーヌに会える!
ヒット中のシングル「テイキング・チャンシズ」の試聴など、詳しくは
以下のサイトで。

ソニー・ミュージック・ジャパン「セリーヌ・ディオン」


   

luri at 07:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) NEWS & TOPICS | 女性アーティスト

2007年11月24日

第58回 アリシア・キーズ 『ノー・ワン / No One 』



☆★ 収録アルバム ★☆

『アズ・アイ・アム / As I Am 』  
2007年11月24日 BMGジャパンより発売 税込 2,548円 
 

☆★ アーティストプロフィール ★☆

1981年1月25日、ニューヨーク・ハーレムに生まれる。2001年のデビュー作は
全米で初登場1位。セカンドアルバムもともにグラミー賞9部門受賞。
今回は4年ぶり、3枚目のアルバム。



26才にして輝かしい経歴と美貌の持ち主であるアリシア、今回も期待を裏切らず、
「ありのままの私」と題するアルバムを出してくれました!


アフリカ系の父と、イタリア系の母の元に生まれ、ニューヨークはマンハッタン
という、人種のるつぼで育ったアリシア。

音楽的にも様々なジャンルが溶け合っていて、クラシック、ロック、ポップ、
ヒップホップ、R&B、ファンクなど、今回のアルバムでもいろいろな要素が
みごとに融合しています。

それらをまとめあげているのは、圧倒的な表現力を持つアリシアのボーカル。
ああ、やっぱり「ソウル」なんだな〜、という感じです。

それも、昔の「黒人音楽」としてのソウルではなくて、もっとグローバルな
人間の魂の叫びを歌う、「21世紀のソウル」。



どの曲もハイレベルな出来だけど、すでにヒット中の今週の曲「ノー・ワン」は
やっぱり秀逸です。


  「誰も 誰も 誰も
   私の思いを邪魔することはできない

   誰も 誰も 誰も
   あなたへの思いを邪魔することなんてできないわ」


あえてスロー・テンポの重いビートに、情熱的な歌詞を乗せて、切々と
歌い上げるボーカル。

淡々と繰り返すピアノのアルペジオ(分散和音)をバックに、コーラスの
掛け合いや、ブラスセクションの使い方など、アレンジのセンスが抜群です。



マイナー調が大好きなアリシアだから、歌詞の方も悲しみや苦しみを歌うものが
多いのですが、今回は今までよりポジティブな希望を感じさせるものが
見られる気がします。

たとえば、自分自身や世界中の女性に向けて歌う、「スーパー・ウーマン」。


  「よりよい未来のために戦う すべての母親たちのために
   そしてすべての姉妹たちが 一つになれるように
  
   言うのよ 『私はやる』 『私にはできる』

   私はスーパー・ウーマン
   最悪の時にだって
   胸に『S』の字がついたベストを着て
   そう 私はスーパー・ウーマンなのよ」



そして、ジェイムス・ブラントやクリスティーナ・アギレラなどのプロデュース
で知られる、リンダ・ペリーが共同プロデュースしている「シュア・ルックス・
グッド・トゥ・ミー」。


  「死ぬまでに 光を見たいの
   何もない空間に横たわる前に

   永遠に解けない方程式
   それが今ある私たちなのね
   
   だから生きて 人生を愛して
   愛を与えて

   自分たちが何者かを知るために」



曲としては、シンプルでしっとりした「テル・ユー・サムシング」も素敵。

とにかく、一曲一曲にアレンジやミックスの妙が感じられるし、アリシアが
趣味で集めているというヴィンテージ・キーボードがたくさん使われて
いたりなど、何度も聴かないとすべてが味わえないくらい、深みのあるアルバム。

もちろん、ますます表情豊かに磨きがかかったアリシアのボーカルだけでも、
聴く価値は十分です。

みなさんもぜひ一度、アリシアの歌にノックアウトされてみてください!



 ■試聴サイト

  ・BMGジャパン 「アリシア・キーズ」

   ベストアルバムの全曲と「ノー・ワン」のビデオが試聴できます。

  

 ■こんな人にオススメ

  ・「本物の『魂の歌』を聴いてみたい!」人に。
  ・「そこらのポップスじゃ、俺の耳は満足できない!」人に。
  ・「毎日、生きてる感じがしなくって・・・(-_-)」というアナタにも!




 ■アリシア・キーズ最新情報

  ・11月27日(火)より、アリシアがプロモーション来日!
   29日(木)には都内にてスペシャル・イベントが行われます。
   その他の出演情報等も、上記サイトを要チェック!




luri at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 女性アーティスト | アメリカ

2007年11月21日

【Pick up!】 ジェイムス・ブラント 『オール・ザ・ロスト・ソウルズ』



2007年9月19日 ワーナーミュージック・ジャパンより発売 2,180円(税込)


  ■試聴サイト

  ・ワーナーミュージック・ジャパン ジェイムス・ブラント    

  アルバムの全曲が少しずつ試聴できます。


デビューシングル「You're Beautiful」があまりにも大ヒットしすぎた反動で、
欧米ではバッシングの嵐が起きているという、ジェイムス・ブラント。

ヒット中のシングル「1973」も、前作と変わらず耳に残るメロディーで、
ちょうど先日、プロモーション来日していました!



luri at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おまけのPick up! | 男性アーティスト

2007年11月17日

【Pick up!】 ケイティ・メルア 『ピクチャーズ』



2007年9月19日 エイベックス・インターナショナルより発売 2,548円(税込)

■試聴サイト

・Yahoo! 動画 
映画「ミス・ポター」の映像とともに、「ダンスを教えて」の
ビデオが見られます。
    

・Neowing    
アルバムの全曲が少しずつ試聴できます。


ますます美しくなったケイティの4年ぶり、2枚目のアルバムが発売。

中でも、ピーター・ラビットの作者、ビアトリクス・ポターの半生を
描いた映画「ミス・ポター」の主題歌「ダンスを教えて」が秀逸。
  
古き良き時代の英国、湖水地方ののどかな風景に、ケイティの情感
あふれる歌声がぴったりで、胸に染み入るようです。





luri at 07:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) おまけのPick up! | 女性アーティスト

2007年11月10日

【NEWS!】 クラプトンの名曲、ドラマ挿入歌に!




10月12日(金)から始まった、TBS系ドラマ「歌姫」の挿入歌として、
エリック・クラプトンの「チェンジ・ザ・ワールド」が流れています。

彼が正式に楽曲の使用を許諾したのは初めてで、もちろん脚本を読んで
納得した上でのことだそう。

12月には、これまでのキャリアを総括するベスト盤が発売予定。さらに
来年3月には初の自叙伝が発売になるとか。

ベスト盤の試聴など、詳しくはこちらで!


   ワーナー・ミュージック・ジャパン エリック・クラプトン
   「COMPLETE CLAPTON / ライフタイム・ベスト」


   


luri at 06:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) NEWS & TOPICS | 男性アーティスト

2007年11月03日

【Pick up!】 アニー・レノックス 『ソングス・オブ・マス・ディストラクション』



2007年10月10日 BMGジャパンより発売 2,548円(税込)


【試聴サイト】

 ・アニー・レノックス オフィシャルサイト 
  
  シングル「ダーク・ロード」がフル試聴できます。
    
   
  私の大好きなアニー・レノックス、4年ぶりの新作。
  相変わらずの歌唱力で、情感深い歌を聴かせてくれています。
   
  ただいま全米ツアー中のアニー。「20年待ってた!」というファンも
  多いらしく、「そんなに年取っちゃったのね〜」なんて、ブログに
  書いてありました〜。(笑)




luri at 07:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 女性アーティスト | イギリス

2007年10月27日

第57回 ミック・ジャガー 『トゥー・メニー・クックス』



 ☆★ 収録アルバム ★☆

 『ヴェリー・ベスト・オブ・ミック・ジャガー /
  The Very Best Of Mick Jagger 【限定デラックス・エディション】』  
  2007年10月24日 ワーナーミュージック・ジャパンより発売 税込 3,480円 
 

 ☆★ アーティストプロフィール ★☆

 1943年7月26日、ロンドンに生まれる。1963年にローリング・ストーンズの
 ボーカリストとしてデビュー。1985年に初のソロアルバム「シーズ・ザ・ボス」
 をリリース。



先月のキャロル・キングに続いて今月もまた、ベテラン中のベテラン、でも
キャロルとはまったくカラーの違う、ミック・ジャガーの登場です!

ローリング・ストーンズのボーカリストとして、47年。ロック・ファンの期待を
裏切らないやんちゃぶりのまま、64才になったミック。


やんちゃとはいえ、ミックの場合は常に一線を越えなかった、という印象が
ありますよね。

ストーンズの中でも、真っ先に薬物から足を洗ったのはミックだった気がするし、
恋人のマリアンヌ・フェイスフルが薬物中毒に陥っていた時も、ミックが献身的に
介抱していたと言います。

ある時は、派手なパフォーマンスを見せるボーカリスト、またある時は、穏やかで
社交的なビジネスマンなど、いろいろな顔を持つミック・ジャガー。


そんな彼のソロ・アーティストとしての集大成、「ヴェリー・ベスト・オブ・
ミック・ジャガー」が24日に発売になりました。

80年代に大ヒットした「ジャスト・アナザー・ナイト」や「ラッキー・イン・ラヴ」、
そしてデビッド・ボウイとのデュエット曲「ダンシング・イン・ザ・ストリート」
(オリジナルはマーサ&ザ・ヴァンデラスによる1964年のヒット曲)など、
懐かしいナンバーがずらり。



その中で、話題となっているのが今月の一曲「トゥー・メニー・クックス」。
これは、亡きジョン・レノンのプロデュースによるものなんです。

ストーンズとビートルズは仲が良かった、という話はみなさんも聞いたことが
あると思いますが、ミックのインタビューによると、曲を書いてもらったり、
暇な時にセッションしたりするほどだったそう。

「トゥー・メニー・クックス」は、1973年にロサンゼルスのスタジオで
セッションしていた時に、ジョンが持ってきたという曲。
ジョンがギターを弾き、ベースにはクリームのジャック・ブルースが参加して
います。

60年代のR&B風に、懐かしい響きのホーンセクションがフィーチャーされ、
ミックのソウルフルなボーカルがぴったり。

「実はこの曲のことは忘れていた」とミックがインタビューで語っていますが、
You Tubeでは1年前から話題になっており、それもあって今回のベストアルバムに
収録することにしたそう。

それにしても、こんな完璧な録音の楽曲が、今まで埋もれていたなんて
もったいない・・・。
ジョンはあの短い生涯の中で、本当にたくさんの曲を残したんですね〜。



その他の収録曲は、U2のボノとのコラボレーションによる「ジョイ」や、
レニー・クラヴィッツとの「ゴッド・ゲイヴ・ミー・エヴリシング」などなど。

ビデオ映像では、ミックのインタビューの他に、ボノやスティングなど、
英国のミュージシャンたちとの交流の様子もかいま見られます。

栄誉ある称号こそもらっていないけれど、やっぱりミックは英国を代表する
ミュージシャンなんですね〜。

そして、若い頃から現在までの色とりどりの映像を見ていると、いろいろな
時代が思い出されて、本当に感慨深いものがあります。

ロックンロールの長い歴史を作ってきたストーンズ。そのフロントマンとして、
精神や肉体を病むこともなく、マイペースに走り続けてきたミック。

みなさんもぜひ、彼の歴史を味わってみてください!



 ■試聴サイト

  ・ワーナーミュージック・ジャパン 「ミック・ジャガー」   

   ベストアルバムの全曲が、一部試聴できます。

 
  ・ミック・ジャガー オフィシャルサイト
   
   こちらでは「トゥー・メニー・クックス」を含み、ベストアルバムから
   7曲、ビデオのフル試聴ができます。



 ■こんな人にオススメ

  ・「ロックンロールな夜を過ごしたい!」人に。
  ・「ミックとともに歩んだ47年を、しみじみ振り返りたい・・・」人に。
  ・「ミック・ジャガーって、口の大きいオジさん?」というアナタにも。



luri at 08:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 男性アーティスト | イギリス

2007年10月13日

【Pick up!】 ショーン・キングストン 『ショーン・キングストン』



2007年8月29日 ソニー・ミュージックジャパンより発売 2,310円(税込)


メンバーのほとんどが25才というバンド、メイレイとともに、この夏
大ヒットを飛ばしているのが、弱冠17才のショーン・キングストン。

大胆にも、ベン・E・キングの名曲「スタンド・バイ・ミー」を下敷き
とした「ビューティフル・ガールズ」は、ヒップホップにカリブ(レゲエ)
テイストを加味した雰囲気。

ショーン自身がジャマイカ出身だからなんですが、彼は若いながらも
とても苦労してきたそうなんです。

シングル・マザーの母親は獄中生活。親戚に引き取られたものの、
ショーンがヒップホップ好きなために追い出され、一時はホームレスに
なったことも。

フロリダに渡り、プロデューサー、ジョナサン・"J.R."・ロテムに
一日何通もメールを送り続けた結果、今回のデビューを勝ち取ったそう。


ビデオを見ている限りでは、まだ幼くて、かつての「内山くん」にしか
見えないショーン。

「汚いスラングを連発するヒップホップとは一線を画したい」と語る、
まじめな少年です。
   


   ■試聴サイト

   ・ソニー・ミュージックジャパン 「ショーン・キングストン」

   上部の「DISCO」をクリックすると、「ビューティフル・ガールズ」を
   初め、数曲が試聴できます。




luri at 07:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 男性アーティスト | アメリカ

2007年09月29日

【Pick up!】 MELEE(メイレイ) 『 DEVILS & ANGELS / デヴィルズ&エンジェルズ』



2007年8月22日 ワーナー・ミュージックジャパンより発売 1,980円(税込)


   猛暑の夏に、日本中で大ヒットとなったのが、カリフォルニアの
   オレンジ・カウンティ出身の4人組、メイレイによる「永遠のハーモニー
   (Built to Last)」。

   オレンジ・カウンティといえば、世界中の若者に人気のリアリティ・
   ドラマ「MTVラグーナ・ビーチ」の舞台ともなっている、海沿いの高級住宅地。

   そんな恵まれた環境で育った彼らの音楽は、コールドプレイ風のようでいて、
   やっぱりカリフォルニア・サウンド。

   青い空を思わせるような、まっすぐでさわやかな歌声。
   80年代系の、文句なしにポップで健全なナンバーは、すべての人を
   「青春」な気持ちにさせてくれます!



  ■試聴サイト

   ・ワーナー・ミュージックジャパン 「メイレイ」   
   大ヒット曲「永遠のハーモニー」が一部試聴できます。


   ・メイレイ・オフィシャルサイト    
   「永遠のハーモニー」のほかに2曲がフル試聴でき、ビデオもあり!



luri at 08:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 男性アーティスト | アメリカ

2007年09月22日

第56回 キャロル・キング 『ベスト・オブ・キャロル・キング』



2007年9月19日 ソニー・ミュージックより発売 税込 2,520円 
 

 ☆★ アーティストプロフィール ★☆

 1942年、ニューヨークに生まれ、10代で作詞を担当するジェリー・ゴフィン
 と結婚。二人で「ロコモーション」など数々のヒット曲を生み出す。1971年
 のアルバム「つづれおり」でソロのシンガー・ソングライターとしても成功。



さて、三本立てのトップは、キャロル・キング!

たとえ彼女の名前を知らなくても、曲を耳にしたことのない人はほとんどいない
だろう、というぐらいのベテラン・シンガー・ソングライターですね〜。


幼いころからピアノを弾き始め、10代で才能を認められた彼女の歴史は、ソング
ライターとして始まりました。

最初の夫であるジェリー・ゴフィンが詞を書き、キャロルが曲を書く。

この名コンビは、60年代を代表するヒット曲、リトル・エヴァの「ロコモー
ション」を初め、アレサ・フランクリンの「ナチュラル・ウーマン」、
ドリフターズの「アップ・オン・ザ・ルーフ」など、数々の名曲を生みます。

でも、シンガー・ソングライターとして認められたのは、70年代に入ってから、
今では歴史的な名盤となっている「つづれおり」が最初でした。


「ソー・ファー・アウェイ」「きみの友だち(You've Got A Friend)」
「イッツ・トゥー・レイト」など、今でもいろいろなドラマやCMで聴かれる
名曲が、この1枚のアルバムから生まれています。

飾り気がなく、人の心に染み入るキャロルの歌は、その後何十年も愛され続け、
2002年のアルバム「ラブ・メイクス・ザ・ワールド」でも、変わらない名曲を
聴かせてくれています。



そんなキャロルのベストアルバムがなぜ今? それは11月に17年ぶりの来日
公演が行われるからなんですね〜。

出演は、キャロルの他にヒップホップのファーギー、R&Bのメアリー・J・
ブライジ、という3人の女性アーティストたち。

というと、異色の組み合わせのように思えるかもしれませんが、ソングライター
時代のヒット曲を見てもわかるように、キャロルのルーツは、黒人音楽。

ファーギーやメアリーにとっては、尊敬すべき大先輩という感じでしょうね〜。


今回のベストアルバムでは、「つづれおり」など70年代のアルバムからの曲を
中心にした選曲で、キャロルの歌による「ナチュラル・ウーマン」や「アップ・
オン・ザ・ルーフ」なども聴けます。

私はなんと言っても、アレサ・フランクリンが歌う「ナチュラル・ウーマン」が
大好き。魂を揺さぶられる名曲ですね。


一見素朴なフォークシンガーのようだけど、芯にはソウル・ミュージックの心を
持つ白人アーティスト。
そして、女性シンガー・ソングライターの草分けでもあるキャロルの歌を、
みなさんも改めて味わってみてください!




 ■試聴サイト

  ソニーミュージック 「キャロル・キング」
  
  ベストアルバムの全曲が試聴できます!

   


 ■キャロル・キング最新情報

  17年ぶりの来日公演は以下のとおり。

    出演:キャロル・キング、ファーギー、メアリー・J.ブライジ

    2007年11月5日、6日  大阪城ホール (問)H.I.P. Osaka 06-6362-7301
    2007年11月10日    さいたまスーパーアリーナ
    2007年11月12日、13日 日本武道館  (問)H.I.P. 03-3475-9999


luri at 08:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 女性アーティスト | アメリカ