./iroriブログ

関東を中心に活動するバンドです。
メンバー:甲斐真資(gt.vo) 主大河(ba) デストロイ矢部(Dr)

次のライブは年明け1/7(土)下北沢 屋根裏で!

お礼とお詫びと最高責任者からの有難いお言葉

こんにちは。./iroriの最高責任者の甲斐まさしです。

最後のライブから3週間ちょっとも経過してしまいました。
もっとはやくこのブログを更新しようとは思ってはいたのですが、なかなか筆を執ることができませんでした。
ちなみに今これ書き始めましたが当然筆は持っていません。
あとタイトル後半はジョークです。気を悪くしないでください。すみません。もうしません。

我々/iroriの最後のライブにお越しいただきました方々、ありがとうございました!
多くの皆様に最後の姿をみていただくことができ、我々は幸せものでした。
最後の音源、Pancakes3も当日用意した枚数全て配布することができました。
たくさん用意したつもりでしたが、もらえなかったなんて方がいるくらいでした。ありがたや~ありがたや~

ひとつ、お詫びがあります。
当初、6/1以降にミックスをやり直したものをホームページ上でダウンロードできるようにする予定でしたが(ライブのMCでもそれをお伝えしました)、諸事情によりそれも無期限延期となりました。うーん、無期限延期っていうとなんか誤魔化しみたいでよろしくないですね。つまりはやらないことになりました。

期待してくれていた方がいらっしゃいましたら本当にすみません。
もし音源が欲しいという優しい方がいらっしゃいましたらば、メンバーの誰かとコンタクトをとっていただければCD-Rに焼いたりmp3のデータお渡ししたりできます。


そして、メンバーの現状と今後について少々宣伝。

ドラムのデストロイ矢部くんは、"作家の顛末"という名前のバンドで今度はギターボーカルで活動を開始しています。
どこかで姿を見かけたら応援したげてください。デストロイ矢部っていう芸名で活動してるのかどうかは謎です。

ベースのSteiger(JPN)さんはまた名前もポジションも変えてどこかのバンドに潜り込んで活動すると思います。
奇想天外神出鬼没な彼のことなのできっと面白いことやってくれると思います。

わたくし甲斐は、活動の拠点を九州は宮崎県に移して、似たような感じでバンドを続けていきます。
10/19には3ピースバンドでライブします。宮崎県宮崎市のSR-BOXというところです。
宮崎在住の方々、何卒よろしゅう頼んます。あと偶然10月に宮崎に観光行く予定っていう非宮崎人の方々も是非。とりあえずは、今後のことは自分のブログでこそこそ告知していこうと思います。
ブログは→http://masac.seesaa.net/

自分の宣伝が一番長いのは必然。

そんなわたくしは引っ越しの準備まっただ中です。
引っ越しってすごく面倒だからなるべく楽をしたいのだけどいったん引っ越し終わるたびに何をどうやったかってすっかり忘れてしまうから毎回面倒です。
2年半前にやったばかりなのになー。


というわけで、./iroriとしては、さようならです。
僕らを応援してくださったり助言くださったり関わってくれた皆々様、ほんとうにありがとうございました。

./irori 代表 甲斐まさし

活動休止のおしらせ

我々./iroriは、きたる6月1日のライブを最後に活動を休止いたします。

活動休止の理由としましては、ひとつに甲斐がサバンナに狩りに出かけるためであり、Steigerが鉄道日本一周をするためであり、矢部が花屋さんになるためであります。
もしくは、当初より目標としていた「副収入で家を買う」が達成されたためであります。
何だかよく分からないという方は、メンバーが故郷(くに)に帰るためと考えていただいても結構です。
なんだかそういうところで、活動休止する運びとなりました。

まずこれまで応援していただいた皆様に心から感謝を申し上げます。
結成から2年と少し、未熟な我々には勿体無いほどの声援をいただきました。
蒲田で行った一回目のライブ、メンバー全員緊張していました。2回目のライブは、宮崎での凱旋ライブでした(はじめて赤を披露しました)。
2012年1月の舞台では今も定番になっているスクランブル、Fomalhaut、Emを発表し、自分の中では一つの境目となった大事なライブとなりました。
そのほかのステージも、例えばアンケートの回答ひとつとっても毎回密度が濃く、本当に得がたい経験であったと感じます。
(実はそれらはずっと保管されていて、ふとした時に見返したりしていました。)
対バンで会った魅力的なバンドにも、沢山の刺激をもらいました。ホームとさせていただいた下北沢 屋根裏には、素晴らしい環境で演奏させていただいただけでなく最後までわがままを聞いていただいて、本当にいい箱に巡り会えたと感謝しています。
 
6月1日のライブでは、これまで支えてくださった、そしてこれからの活動に期待を持ってくれていた方々に恥ずかしくないパフォーマンスをしたいと思っています。
また、無料配布CDの第3弾、Pancakes3もこの日に配布予定です。是非手にとってお持ち帰りください。

メンバーは今後もそれぞれの形で音楽活動を続けていきます。
またどこかでお目見えした時に、温かく見守っていただければ、これ以上の幸せはありません。

2013年4月 ./irori一同より




6月1日、下北沢 屋根裏で会いましょう!

スーファミ版のファイナルファイトは協力プレイできないってこと、思い出させてくれたんだ。


ご無沙汰しております。
./iroriのかいまさし、その人です。

ここのところ練習がにぎやかで楽しいです。
人数が多くなると、僕が眠くて今にもオちそうなときも気づかれにくくて助かります。
だいたい毎日眠いんですけどね。今もね。

このブログ、僕らのバンドのことを書くブログなんですけどちょっと前にkoboの記事が無駄に多くアクセスされた形跡がありました。

そのときの記事:僕とkoboと衝撃

それにあやかりまくって、僕はkindleのことでも書こうかと思います。
僕のもってるkindle paperwhiteです。
世間ではkoboよりもイメージのいいkindle。
image
 純正ケースが重いのがむしろ高級感があっていいんだからね…

僕がkindle paperwhiteを買うにいたった理由は
・kindleの前のモデルもってたから
・漫画とか小説とか、モノが増えるのがいやだったから
・7インチのタブレット欲しかったけど高いから
こんなところでした。
そして買うに当たり比較した端末はAppleのiPad miniと、GoogleのNexus7。
あと、ついでに念のためkindle fire HDも比較しました。

結果として、iPad miniやNexus7みたいに色んなことができる端末を買っても、きっと読書中に他のアプリ起動したりなんたりして集中力が散漫になるかもしれないしそもそもそんな移動中とかにいろんなことやらないなぁ、っていうのとE-inkが好きだからっていうのと7980円っていう値段が決め手になりました。

ここで見ていただくとわかるように、僕はkoboという端末を選択肢として挙げてもいないのです。
端末のスペックだけで比較すると、kindle paperwhiteよりも優れているというのに。
僕も御多分に漏れずkoboに対する悪いイメージに踊らされていたというのが理由ですが、僕はニュースも新聞も全然チェックしないから、入ってくる情報はだいたいクチコミなんです。
当然、身近な人間からの。なので、どっから仕入れた情報なんだっけ?? とちょっと考えてみました。
で、なぜ僕がkoboはアカン、っていう印象を受け付けられていたのか、、、記憶を遡ってみると・・・・

なんと、弊バンドのドラムのデストロイ矢部君なんですね。
koboはすごくダメらしい、ていう情報、彼からしかきいたことなかったです。
僕は彼の情報収集能力を信用していたこともあり、あっという間に信じました。
もちろんそれは日本上陸当時のkoboのことであり、実際にダメダメな端末という評価が一般的であり、実際調べてもダメダメなんです。そういう意味ではデストロイ矢部氏の言っていたことは当たっています。
しかし、それから随分時間がたっているのに後発のモデルがでているだとかそういうことを僕は考えなかったのですね。kindle paperwhiteと比較すべし端末はkobo gloという後発のモデルなのです。

情報は常に変化し続けているっていう誰でも知ってる話でした。
そんな矢部氏に誕生日プレゼントとしてkoboを贈ったっていうのはなかなか面白いなぁとあとになって思いました。

こういう感じのバンド、./iroriの次回のLiveは4/7@下北沢屋根裏(12:30〜)です。
お昼だから気をつけて!!!

deha
Information
■ライブスケジュール
2013/4/7 下北沢 屋根裏(昼)
2013/6/1 下北沢 屋根裏(夜)

ご来場の皆様、ありがとうございました。

2013/1/27 下北沢 屋根裏
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
UST いろりのある部屋
ギャラリー
  • スーファミ版のファイナルファイトは協力プレイできないってこと、思い出させてくれたんだ。
  • 【いただきもの】チョコをいただきました【ちょこっと】
  • 【いただきもの】チョコをいただきました【ちょこっと】
  • 僕とkoboと衝撃
  • 僕とkoboと衝撃
  • 僕とkoboと衝撃
  • 僕とkoboと衝撃
  • ライブでしたありがとうございました。
  • ライブでしたありがとうございました。
  • 謝辞及び謝辞〜さよなら二〇一二年、僕らの淡いダイヤモンドのようなキラメキと絶望
  • 謝辞及び謝辞〜さよなら二〇一二年、僕らの淡いダイヤモンドのようなキラメキと絶望
  • 謝辞及び謝辞〜さよなら二〇一二年、僕らの淡いダイヤモンドのようなキラメキと絶望
./irori YouTube
Loading...
  • ライブドアブログ