ちょっと違うこと考えてたというか、他人に見せられるほど整わないまま思考が先へ行ってしまっていたのでまた時間が開いちゃいました。
さて人生のイベントとは何でしょうか?という話。
一般的に、というか保険や金融業界とかだとライフイベントは入学・卒業、就職・転職・退職、結婚・離婚、出産、不動産購入などを指すようですが、私が想定しているのはそういう話ではなくて、言ってみればそれらを含む行動の結果起こる出来事や結果の状態みたいなものです。
現在の状態や何かが起こったり起こらなかったりするのは、だいたいその本人の行動が原因、つまり自業自得で因果応報なんだと私は考えていて、行動の背後には欲求や願望、価値観が潜んでいるので、つまり欲求・願望・価値観の具現ってことになるんですよ。
しかし行動の背後にあるものの95%は無自覚と言われていて、だとすると自分の行動の原理を自分でわからないまま行動していることが多い、それどころか行動した自覚さえないことも多いってことかもしれないのです。
よく不祥事や問題行動が発覚したお偉いさんが言う「記憶にございません」は、苦しい言い訳と非難・揶揄されますが、私はあれを言う人はけっこうな割合でまじで本当に記憶にないのかもしれないなーと思っています。
人間、自分にとって不都合なこととか認めたくないこととかほど、無意識の領域に追いやっていきがちだと私は考えているので、本人が何故あんなことをしたのか分からないorしたことを覚えていない、したことは覚えているがこうなるとは予想していなかった、こんなはずじゃなかった、そんなつもりじゃなかった、などと感じるような出来事は、その人が内在を認めたくない欲求・願望・価値観が関係している行動が原因ということになるのです。

続きを読む