新年の挨拶で、今年は軽々しく行動しようって言ったのに(そんなことは言ってないw)、またブログ放置してるーーー!!
ちなみに掃除も、とりあえず軽くやるとか全然やってないです(ぉ。
この3ヶ月は、暮れからROでGvギルマスを始めてしまったので、RO脳になってました。
あとRO丼っていうROのユーザーの有志さんが運営しているマストドンがあってそこへ登録したんだけど、極めて人間的で愚かしい思考回路や感情うんこの排泄現場を見すぎてSNS疲れを起こしてますw
何やってんだかw
毎週Gvの記録をつけているのとRO丼で発言したりしているせいで、文字書く欲と発信欲がかなり満たされちゃってるのが、ここで記事を上げない原因でもあります。
RO丼は発信すると反響がわかりやすくて速いのがいけないんですよ。
これは依存症になるし、そうでなくても実験が捗りますよw
だって例えば私がここでいくら何をほざいても、私の住む世界が変わる気がしないじゃないですか。
それがとても安心なんだけど、でもそれは、他人に提示できる物質的な結果を用いて意義や目的を説明できないということです。
だから多くの人はこういう趣味を、ただそれをする行為や過程そのものが楽しいからやってるーみたいに、自分自身の内面に見出す価値を理由にするんだと思うんです。
まあ「たまに反響があると嬉しい」などという意見もよくありますが、自分の行動が他人に影響を及ぼし、反響が得られることに意義を見出すということは、価値を外部に求めることではないでしょうか。
だいたい社会活動に没頭する人は、自分が世界を変えられる!という実感や自分が行った仕事が世界に与える反響の依存症ではないのかというようなことを、以前からよくここに書いていますが、影響力のある自分に価値を見出したいなら、SNSは本当に安易に最強な空間ですよ。
ただしTwitterのような利用者の共通性が薄まってしまっているような場所では、まず相互フォローという共通性の高い空間を作る段階から始めて、自分の存在の割合を増やす(とにかくツイートする)必要があるので、けっこう大変かも。
Twitterなんて利用者多すぎてもはや『私の住む世界』と規模同じかもしれないw
いっぽうRO丼は去年3月つまり一年前の時点で6000人の登録があるそうです。
今はもっと多いでしょうけど、まあ1万人はいかないのかな?
利用者全員がROという共通要素を持っています。
廃装備やレアゲットを晒すアカウントが多いですw
本人の自覚する範囲内では「うらやましい!」「おめでとう!」と言われたいとか、自己顕示欲を満たしたくて発言しているんでしょうけど、それは他人からの反応を求めて行動している、外部へ働きかけて得られるはずの結果を目的としているということですよね。
調べてないけれど普通SNS依存症というと、即レスしないと嫌われると考えるのでレスが来ていないか常にチェックしてしまうとか、相手からすぐにレスがないと不安になるとか、会話の流れから取り残されるのが怖いので常にタイムラインを見ているとか、そういう『嫌われたり仲間外れになる恐怖への神経症』を指すんじゃないかと思うのだけど、『自分の行動が周囲に及ぼす反響の依存症』の人もいるんじゃないかと思うんですよねえ・・・

と、まあそんなことを考える3ヶ月を過ごしておりました。