前回の記事書いたの2ヶ月も前だね・・・続き書いててまとまらなくて放り出して、いつの間にそんなに時間経ってしまったんだw
とりあえず今日は新しい帽子を作ったので、そのことを書くよ!
ブリム部分をボタンで帽子本体につけたり外したり、2Wayに使えるアイビーハンチングです。
191019_151952191019_151511
以前作ったバニティポーチ(使い魔バニティのポーチ)と同じ布を使ってみました。
型紙はレディブティックシリーズ「かたちがステキな大人の帽子」を参考にしています。

やっぱこの黒にはこの赤が似合うと思うのね。
もう赤いほうの布使い切っちゃったけど。
今回の試みとしては、裏側とか中身の話なんで写真じゃわからないんですが、サイズテープの代わりにグログランリボンを使ってみたことと、ブリムにプラ芯ってのを入れろって作り方に書いてあったんだけど、トーカイ行っても見つからなかったのでDIASOの透明プラ板ってので代用してみたことが新しいかな。
サイズテープって一個分(約65cmくらい)しかパッケージに入ってなくて220円(税別)とかするんですよ。
それに比べてグログランリボンはメートル200円だし、正直リボンのほうが見た目もおしゃれな気がしたので、これからはサイズテープはやめようかなw

ところでハンチングとキャスケットって元は同じ帽子らしく、前者はイギリス生まれ、後者はフランス発祥らしいです。
今回私が作ったもののようにトップが1枚はぎのものを特にアイビーハンチングと称し、日本特有の呼称としてモナコハンチングとも言うそうです。
で、このトップを6枚はぎ・8枚はぎなどにして丸みをもたせてゆくと、キャスケットと呼ばれる形になるみたい。
アイビーハンチングは使う布の面積が広く必要なので、古着から作るのはちょっと難しいこともありそう。
あと私は卵型のお顔なのでたぶんハンチングあまり似合わないんだよね・・・w
でもカッコイイからハンチング好きです。また作りたい。