ここまで、話し手側が大前提で自分が肯定されていると感じられるために、聞き手側がどうするという視点で書いてきましたが、これからするのは、聞き手が話し手に対して『大前提で相手を肯定する』を感じられるか?もかなり重要という話です。

女子的日常トーカーのような話し手に回りやすい人間は、自分から話すことでより話しやすい相手を自ら見つけていけるので、相手が自分を大前提で肯定してるとか基本関係なくしゃべれるんですよ。
とりあえずしゃべってから相手の反応で判断するタイプっていうんですかね。
それに対し、相手の感性・価値観を把握していからでないと自分の話はしたくないという人間もいます。
そういう人はまず聞き手側に回り、相手がどんな人間かどうかチェックしていたります。続きを読む