キリスト教

人間は自由という刑に処せられている

自由ってなんだろう?の迷宮、もう少し探索してみます。
タイトルはフランスの哲学者ジャン・ポール・サルトルの言葉です。
実存主義【実存は本質に先立つ】は無神論とも言われていますが、神がいないから人間は自らの本質を自ら創造するしかない・自分のあり方について自分が決定するしかないというのなら、結果的に神のせいにしているので無神論ではないと感じるのは私だけでしょうか。
私は神(高次元存在)はいると思っていますが、それは私がいると思っているからいるという理論でして、私の実存と本質の形成なくして私の神は存在しないです(量子力学における非実在性とか言うらしいのですが、物事全て私が存在を認識したから存在するのであって、私が存在しないなら存在しないってことですね)。
だいたい神が本質の創造を司るものだという定義は誰が決めたんでしょうか?人間ですよね?
つまり神の存在を信じる人も結局は神が存在することを自分が決めているし、神が何者なのかを自分が定義しているので、彼らも自らの本質を自ら創造している状態なのですが、キリスト教的な信心深い人というのはそこの自己決定を認めないか忘れていて、どこまでも神に責任転嫁をしている人だと私は思うんですよね。
続きを読む

そして神はふたたび独りになる

3月に作った小悪魔(使い魔バニティのポーチ)の2匹目、白バージョンを作ってみました。

猫ポーチ白黒2
 
ピンクはもっと濃い色にしたかったのですが、いい生地とファスナーが見つからず・・・ 
色と雰囲気的に白が女の子なら、黒は男の子という感じがして、そんなニ匹を眺めていて旧約聖書創世記を思い出しました。
続きを読む

この話を入れるカテゴリがないことに気づいた

とりあえず心理には入れとくけど、社会構造の解釈の話は政治系とも違うしなぁ。
しかしここんとこ、ほんとにちょっと文章が長すぎですな。
でもこの話なんか、過去の色んな話題にも繋がっている気がして終わらないんですよね~
まぁあんまり続けるのもあれかな~と思いつつ、とりあえずルールってなんのためにあるの?という話は残しておきたいんでやります。続きを読む
オリジナルTシャツ販売中
LINEスタンプ販売中
宮崎弁使ってみよう
Twitter プロフィール
適当にお絵かきなどをしていますが、絵をうpることはほとんどありません。 コメ付きRTとつぶやき、お気に入りは思考の付箋です。
このブログについて
いい店はトイレでわかるの別館的な。
メンタル・心理学・ジェンダー・セクシャリティー・性と恋愛・政治・表現規制に関する若干過激な記述がありますので、 自己責任で興味がございましたら、どうぞ。
サイト内の画像・文章の使用・加工・無断転載はご遠慮ください。
タグクラウド
記事検索
  • ライブドアブログ