安全保障関連法案

沈黙は大儀なり、雄弁は私欲なり

前回の記事、なんか色々ごちゃごちゃと書いてしまったなぁ。
私が言いたいのは「安保は必要なのか」とか「集団的自衛権で何ができるのか」とかいうことではないんですよ。
正直詳しくないので、そんなことはわかりませんし!(ぉ
ただ、賛成という立場から安保の話をする人たちの態度がおよそ賢明には見えないというか、迂闊な行動を取っていると感じることが多いんだけど、なぜ黙っていられないんだろう?という話をしたかったんですよ。続きを読む

世界的には昨日が終戦記念日らしい

反戦をベースとする反安保が感情的すぎて同調できないという話を書きましたが、かといって安保肯定派の理論もザルすぎて納得できないという話をしてみます。相当長いですw

あくまで私の得ている感触ですが、安保法制が必要だと思っているっぽい人の意見には、「国際協力する責務」「自分の国は自分で守る」「実際中国とかが攻めてきたらどうするの?」といったフレーズがよく見受けられるんですが・・・
国際協力する責務【役割分担して協力すること】と、自分の国は自分で守る【自立していること】 を同時に述べるのはあまりにも矛盾する理論なので、本気でそんなことを主張する人の存在は無視させてもらいます。
あと国際協力する責務を述べる人は「戦争はしたくないけど」という前置きをつけることが多い感じなのですが、それは「争いはないほうがいい」と「仲間が傷ついていたら助ける」を両立しようとすることなので、『ガッチャマン クラウズ インサイト』のつばさちゃんのように破綻しています。
これも本気でそんな理論が通用すると思っている人のことは私にはちょっと理解できません。
そして、実際中国とかが攻めてきたら~な人は現実を考えた上で必要だと判断しているのでしょうが、自覚の有無は不明ですが彼らの本音は別のところにあるように私には見えます。続きを読む

地獄への道は善意で舗装されている

安全保障関連法案に賛成か反対か、という問いに答える人々の意見をテレビで放送しているのをちら見していて思ったことです。
日本は反戦を主張しながら、その反戦主張を維持するために100年おきくらいで戦争に参加するライフスタイルの国なんだなと。
太る度に絶食でダイエットする女みたいな感じですね。
なぜそういうことになっているかというと、本気で真剣に日本が二度と戦争をすることがないようにしたい人たち―そんな人が実在するのかはさておいて―が、人を説得するための方法論を知らない愚かで善良な一般市民でしかなく、反戦国家の構築はプロジェクトだということを理解していないからではないかと思うのです。続きを読む
オリジナルTシャツ販売中
LINEスタンプ販売中
宮崎弁使ってみよう
Twitter プロフィール
適当にお絵かきなどをしていますが、絵をうpることはほとんどありません。 コメ付きRTとつぶやき、お気に入りは思考の付箋です。
このブログについて
いい店はトイレでわかるの別館的な。
メンタル・心理学・ジェンダー・セクシャリティー・性と恋愛・政治・表現規制に関する若干過激な記述がありますので、 自己責任で興味がございましたら、どうぞ。
サイト内の画像・文章の使用・加工・無断転載はご遠慮ください。
タグクラウド
記事検索
  • ライブドアブログ