こんにちは(・Д・)ノ

さくっと新しいマジックバーストについてアレコレと纏めます。

※公式より 
マジックバーストの調整
  • ①マジックバーストの威力が引き上げられました。
    マジックバーストの属性に対するモンスターの耐性が低いほど威力が上昇します。※以下の魔法はこの調整の対象になりません。
    土門の計/水門の計/風門の計/火門の計/氷門の計/
    雷門の計/闇門の計/光門の計/メルトン
  • ②マジックバーストの連携数に応じた威力上昇量が2倍に引き上げられました。
従来のマジックバーストはMB係数1.3 x MB.ボーナスで計算されていました。

①は敵の耐性の応じて0~1.5の補正値をMB係数1.3に加算します。

②はマジックバーストした時点での連携数に応じてMB係数1.3に0.05~0.7の補正値を加算します。

表で纏めるとこんな感じです。
完成表
以下、細かく補足。

新MB倍率 = ( [MB補正] + ( [MB係数] + [連携数補正] )) x MB.ボーナス

MB.ボーナス = ( [ジョブ特性] + [ギフト] + [ジョブポイント] + [夢神の指輪] ) + ( [マジックバースト効果アップ装備] )


どうも昔黒魔道士で確認した0.58が上限だと思っていたのですが、それはちょっと違っててMB.ボーナスは2つの枠の合計値で決定されるようです。
枠
私の学者の場合はギフトがまだなのでジョブ特性+9%、夢神の指輪+5%、装備品+40%の合計54%になります。

素のダメージに先のMB係数とMB.ボーナスを掛けた倍率がマジックバーストの最終ダメージとなります。

表に照らすと耐性の低い属性の9連系目のマジックバーストは

3.5 x 1.54 = 5.39倍となります。

これは理論上ですが、2連で見ても2.85 x 1.54 = 4.389倍です。

ちなみに旧仕様のマジックバーストは1.3 x 1.54 = 2.002倍でした。


■氷に弱いケイザックマンドラに試し撃ち(逃げて・・・

氷曜日、吹雪の陣II、気炎などのダメージが
B0
2連MBで
b2
4連MBだと
B4
オーマイガー/(^o^)\


さて、耐性値による補正は以下の注釈がつきました。
  • ※以下の魔法はこの調整の対象になりません。
    土門の計/水門の計/風門の計/火門の計/氷門の計/
    雷門の計/闇門の計/光門の計/メルトン
     とはいえ、連携数に応じた補正は計略もメルトンも享受できるようです。
    3連や
    3
    5連(上と元ダメージが違うのでご注意) 
    ※ソロで気炎MBが間に合うのはここいらが限界
    5
    9連MB計略・・・理論上は可能だが・・・。

    これまでは震天2連に計略MBがデフォルトでしたが、3連、4連と狙ってもいいかも知れないですね。



    ■検証方法

    白/学や暗など魔攻0、MB.ボーナスなしの状態にし、色んな要素が混ざらないようにして調べました。
    敵はVWのミミズをはじめ、アビセア各地の雑魚も利用。
    ちょっとした連携ダメージでMBが累積耐性に引っかかるのは如何なものか。

    後、耐性値の情報はこちらを参考にしています。→英雄なき時代の英雄

    連携数の最大値調査は学者トス、暗MB〆で
    650
    9連MB
    9連mb
    11連MBなどで上限を確認
    11連mb
    ご興味のある方は是非色々と試して見てください。


    ってことで、新マジックバーストについてでした(・ω・)ノシ