最近頂いた過去記事のコメントで面白い結果が出ましたので書き残し。


どうやら対象の属性耐性値がフラットの場合、特定の耐性値をダウンさせる事でLV2、LV3連携の参照属性を操作できるようです。
また、スレノディIIなどの強力な耐性値ダウンは本来ならば耐性値の低い順である参照属性順序を入れ替える事すら出来るようです。(※但し、恩恵が低くなる)

通常フラットな場合の参照属性は以下です。
フラット
一般的なハチの耐性値の場合は以下ですが、
ハチ
コメントによるとハチに土スレIIを入れると土の耐性値が氷よりも下がり、闇連携時の参照先が変更されるとの事
ハチ土スレ2


以下補足。



核熱、分解、湾曲、重力、光、闇連携時の属性ダメージは対象の耐性値により参照される属性が1つに決定されます。

対象の耐性値がデコボコな場合、連携属性の一番低い耐性値が参照されます。

また、連携属性の耐性値が同じ場合は参照される属性に優先順位があります。

核熱 火>光
分解 風>雷
湾曲 氷>水
重力 土>闇

光 火>風>雷>光
闇 氷>土>水>闇

これを確認するにはコロナイズレイヴなどの障害物に対して陣と属性帯を使って連携して見る事です。

障害物はカット等ありますが、フラットな耐性値のようで、光連携なら火、闇連携なら氷が連携ダメージの内部属性として適用されます。

■モリマー大地のコロナイズレイヴ

通常の2連闇の場合(内部属性は氷)
障害物にカット、耐性値等あれこれあると思いますが、ほぼルドラダメージ = 闇連携ダメージとなりました。
通常ルドラ
吹雪の陣や氷曜日に属性帯をつけると連携ダメージに曜日天候補正が適用されダメージに変化が起きます。
↓は氷曜日の補正1.1倍が乗算されています。
参照氷ルドラ
ここで、豪雨の陣IIと水輪の帯を使って闇連携します。
本来ならば水は適用外なので曜日天候補正は起きませんが、火遁の術を使って水耐性を下げると
火遁ルドラ
参照属性が氷から水へ変化し、豪雨の陣IIの天候補正1.25倍が適用されました。


■ヤッセのコロナイズレイヴ

エンIIにも属性を下げる効果があるので同様な結果が出るか確認します。

この木の根も耐性値自体はフラットなので闇連携では本来ならば氷が参照されます。
レク
これは通常時で317 / 479 = 0.6617倍ですが、
エンファイアIIにサポ学の豪雨の陣、水輪の帯を使うと
水レク
無事、参照先が水に変化し天候補正が適用されました。
253 / 346 = 0.7312

先日紹介したサイトによると木の根は魔法カット50%、耐性値は130%でフラットとの事。
ほぼ1.1倍なので問題ないでしょう。


私自身、連携ダメージ云々には闇連携に闇ダメージを乗せたい(妖霧の髪飾りのアフィニティを乗せたい)といった思いがありました。
対象と状況次第ではサポ詩などで闇のスノレディを活用できれば闇連携ダメージにアフィニティ1.33倍を乗算さえる事が出来そうです。

常用できるネタではありませんが、特定状況で活きることになりそうです。



自分は限られたジョブしかやっていないため、視野も狭くなりがちです。そこに一歩引いた広い目線で意見をいただけるとそこから新たな発見に繋がるなんて事も多々あります。

また一つ、新しい発見を見ることが出来ました。

コメント下さった
しろとらさん、Devellさん、感謝です。