もう自分は匙を投げて、その内誰かが何か見つけ出してくれるだろう・・・と思ってた痛覚同化。

本当に何も無かったのか・・・(;´Д`)
特殊技「痛覚同化」について、
調整の方針が以下のように決まりましたので、お知らせしますね。

連続使用しないようにする
本特殊技を使用した後は、次の特殊技が「痛覚同化」以外のものから選ばれるようになります。
連続で使用しない保証をしますので、谷間になるタイミングで一気に攻撃できるようになる想定です。
また、特殊技全体の使用率を見直し、特殊技「虚無の風」の頻度が高くなるようにします。

被ダメージが軽減する

現状では、与えたダメージの100%が反射されますが、
40%くらいになるよう調整します。

特殊技自体の使用頻度を下げる
モンスターのHPが一定以下になると、特殊技の使用頻度が増えますが、
この状態になるHPの値を引き下げます。また、リゲインの効果値も調整する予定です。

さらに上記以外の調整として、
ノートリアスモンスター“Glassy Thinker”の最大HPの引き下げを検討しています。

こうするからこう戦って!後色々下げるよ!って事は本当に何も無かったと解釈。
何か色々とスッキリしました(・ω・)

個人的にこのタイミングでの対応表明は、ぎりぎりセーフ・・・。

やはり封印するギミックが無ければ設計的にNGだなぁと思っていました。

シーン1:
二人で殴ってて、赤線痛覚回避後、同時にWSで削る。

瞬間、相手のWSが早くて、コンマ数秒ずらせば連携が成立する!と察知。

ココッ!! WS打つ。 → 痛覚が来る()


シーン2:
赤線痛覚回避後、シャンデでフォシャ発動、TPが残る。

瞬間、電流走る。この局面、このタイミングで連携を成立されない戦い方など合ったか?

否ッ!! WS打つ。 → 痛覚が来る()

もうね、パケットカウンターでも食らってるのかと!


個人的に大のニガテ。マラソンでソロする以上にニガテ。




本来プラスに働いていた瞬時の判断が痛覚同化ではNGとなる。これはやはりストレス。


誰もがより強く・・・を目指すだろう戦闘思考において、自身を抑えるあの手この手を考え、制限をガチガチにしないと行けないってのはシンドイですなぁ~。ちなみ右脳派です。

そんな赤魔な私は今、自分を抑えるためにメイジャンのマカイラ(TPボーナス)を作っています・・・(ノ∀`)
マカイラ
1