妄想語りをしたいのですが、考えがまとまらない。

雑記なのでダラダラ書くのも良いのですが、話の肝となる属性耐性について以前と変わっていないか確認した所、いつの間にか修正された模様。

カミールFSよりのウォーの門、Metalcruncher Worm LV124
001
ミミズへのエアロはハーフ保障。
だったのですが、以前コメントにてこの個体に対してハーフ保障が発生しない情報を頂いた事があります。

当時、自分でもハーフ保障が発生しない事を確認しており、当時の最高LVクラスだったミミズは弱点を克服したのだ!もしくはバグ。

という考えで風耐性150%の個体でもハーフ確定じゃないんだなというマメ知識として済ませていたのです。


そして現在。
002
ハーフ保障になっていた。・・・ってことはバグで良かったのだろうか?

白/黒 INT259 精霊スキル171、素手、装備魔命33

ちなみにこのミミズはスキル魔命合算630、INT差なしのウォータ(耐性普通)で魔法命中50%超えないくらいの魔回避を持っています。


これは私の今の妄想ですが、敵の耐性値はランクで管理されていると思っており、以前ハーフ保障が発生して居なかったのは本来は最低ランクのはずが一歩手前(zがyみたいな?)になっているんじゃないかなぁと考えていました。


耐性ランクは以前まとめた連携ダメージの耐性修正とそれに応じたMB補正の表で幾つか判明しています。
表
個人的には耐性修正は頭打ちでも耐性ランクとして上限、下限がもう少しあるのかなとも思っています。

また、この表は1点未確認のままです。

「英雄なき時代の英雄」様のサイトではアレキサンダー、オーディンに見られる耐性80%の箇所だけが当時テストが難しくスルーしていました。

丁度耐性値70%→85%、MB補正0.4→0.6の間です。

耐性ランクによるハーフ保障ライン、ハーフレジスト確定ライン、レイクによるランク変動1~3、強耐性側の強制レジスト回数など有るのでは?と思って居たり。
それはサテルソーサリーで考察が出来そうですが、上記サイト様に幾つか書かれている他は調べた限り考察や検証が皆無で、まずどうしたものかという所ですね。


開発さんから敵とPCの弱体判定ロジックが異なるとの情報が出て以降、色々と妄想が膨らみますね。 

各種属性耐性が非常に高いマジューに対してコルモルが幾つかの弱体を通していたり、WOCに対してアシェラがアドルを通したりと明かされると納得なシーンが浮かびます。

なるほどなぁ・・・。

まとまりの無い雑記で失礼しました。