フェイスの絆前に間に合った!
これは絶対、絆前にやれる、やってみせようって思った一戦です。
ユグナスの加入で本当に世界が広がった!

赤/忍、シルヴィ、イロハII、アシェラ、ユグナス、セルテウス
woc0

Youtubeは以下で、ニコニコ動画は『こちら』です。
ここ最近はWoCと戦ってました。

6月にちょっと思案して冗談半分で突撃してからちょいちょい考えていたのですが、マリグナスの登場やセクエンスを取得した事で、あの時からどう変わったのか試してみたくなったのです。

6月時点では物理命中、SP封印問題はクリアしていたものの、削り、複数回のソウルボイス、フェイス盾機能しない問題など色々あり、こいつを赤で何とかできるかはま~冗談半分って感じで考えていました。

そこからマリグナス装備やイオニックをクリアして得たセクエンスでのレク、シャン、レクによる闇連携ダメージは面白そうだ等、また色々と考えるようになって、久しぶりに具合を確かめに行ったのがきっかけです。

久しぶりに戦って感じたのは、「あー、これはやっぱ無理だなー」って印象だったのですが、そこから色んなブレイクスルーを体験して勝ちの道筋がしっかりと見えてきました。

本当に赤が最高に楽しいと感じてました。


その一つがエンダメージが通る境界が見えた事。
それによりエンでの弱点突きでSP封印に確実性が上がった事。

それまで武器や装備の組み合わせをどうするか色々と迷って結果どっちつかずになっていた部分もありましたが、方向性がしっかり見えました。

エンが通る=クロセアC

これが正解でした。

SP封印とコールワイバーン処理でスタートは短剣でトーレットとカジャナイフです。
コールワイバーンをエンエアロで封印しつつ、イオリアンエッジで小竜を落とします。
その後はクロセアC、トーレットに持ち替えてシャンシャン、たまにサンギンです。

ソウルボイス対策は一発目はスタイミーサイレス、二回目以降は事前ハック済みのバインドを候補にしていました。



■SP封印について

コールワイバーン、インビン、魔力の泉、百烈がエンエアロの通常殴りで。
明鏡止水はエンウォータで。
連続魔については単発ファイア2で突けます。
マイティがエンブリザドかな。一応絶対回避はブリザド2でつきました。


■物理命中問題

英雄なき時代の英雄』様より情報を頂きまして、必要命中値は1774、1766としました。
weapon
漁師鍋+90、
メリポ命中5段+25、ドメイン剛毅、仁愛、神符命中++8段で+80、コンポージャー、ゲインデック

ここに私の弱体装備(深度+54)でフラズル、ディストラ共に161ダウン、サボ時は220です。

最重要はエンの魔命確保で、ハーフでのサボトゥールずれを考慮して物理は素のディストラIIIで何とかなるようにしました。※短剣はほんの僅かに足りない

フェイスはウルミアを出す余裕は無いので自己完結するように二刀流+31にしました。
また首と投擲は魔命目的です。

被ダメは49(神符込み)

弱体装備(フラズル、ディストラ)
weekness
アドルII、スロウIIは若干時間調整とカット装備をいれたセットにしています。

上記でサボトゥールで入れると大体効果時間が11分ほど、ハーフになると5分半とかになるのでディアやアドル、スロウもその位の時間になるように(適当に)調整しています。

ポイズン2はなるべく入れています。パライズはハック多いのでアイスパ頼みにして余計な行動は減らしました。


■フェイスについて
範囲回復技を重要視して選びました。
シルヴィは魔命の為マスト、離れて回復する白でユグナスが必須レベル。
攻撃アップ、防御アップもあるアシェラは是非入れたい、セルテウスは
リジュヴァネーションで全体を維持するので守りながら絶対維持したい。

最後の1枠が結構悩みましたが、イロハのライズフロムアシェズ(範囲回復、ストンスキン)で安全面を重視しました。

むかし、学者でニークをやったときに連続魔をお互いがお互いの範囲回復技で耐えるって事をやったのですが、それの再現ですね。




色々とWoCについては書きたいことがあるのですが、取り合えずこんな感じでした。

あー、ひっさしぶりに手に汗握る、緊張感があり、やられてもおかしくないシーン満載のドキドキした戦いが出来ました。

後半のカット、リジェネでなかなか削れない、残りの時間と強化切れ時間、カットを極力落とさないように立ち回りながらの弱体入れや強化掛けなおし。

コレだから赤はやめられません!