雑記レベルなエンの魔法命中の話(・ω・)


先のVerupで不意にエンのダメージが倍化、スキル500以上にもダメージアップ効果があるように調整された。


追加ダメージにも目がいくようになった為か、ジョブポ稼ぎなどで新区画のつよ~とてとてを相手にしている時のエンのレジストがとても気になるようになった。


上位BFの召喚獣では有利属性であればエンのレジストもまったく気にならなかったのだが、通常のBFだとCL119辺りで既にエンの魔法命中は陰りが見え、ディストラフラズルなどで相手の魔回避を下げないと厳しいなぁと感じる。


ちなみにIL119の片手剣などの武器スキルは242、魔命スキルは188で、RMEや魔法よりの武器は215という2ランク上(13程度として)の設定が基本のようだ。

また片手剣のミュルグレスはミシックでさらに魔法よりの武器ということで魔命スキルも3ランク上の228に設定されており、独自性能で魔命+30と他の追随を許さない。

 
私の手持ちの武器はクラウソラスなので魔命スキルは188、エクスやマンダウとは魔命スキル27差、ミュルグレスとは魔命スキル40差、魔命30差、さらにミュルグレスでアスターマスLv1を併用すればトータルの魔命差は100を超える。


そう考えると、赤魔道士=魔法剣というスタイルが最終的に行き着く武器はやっぱりミュルグレスなのかなぁと最近考えるようになってきた。


そもそも魔法剣の命中って何が影響するのだろう? 

 続きを読む