関西勢Lyceeブログ

関西勢Lyceeブログへようこそ!

関西勢Lyceeブログへようこそ!

ここはトレーディングカードゲーム『Lyceeリセ』の情報発信と交流を目的としたブログです。
リセに関した御質問やサイトへの御感想等はコメント、またはtwitter(あおいシロタツ)の方にどうぞ。
*この記事は常にトップに表示されます。以下、最新の投稿記事となります。

リセ初心者ティーチング動画(公式)】
「リセとは?」という方はまずはこの公式動画をご覧になることを推奨致します。
序章~リセってこんなゲーム~(カードの種類や使い方、フィールド、攻撃防御の紹介)
対戦してみよう~前編~(勝利条件とゲームの準備、ゲームの流れ、バトルの紹介)
対戦してみよう~後編~(宣言や特殊能力・基本能力、サポートの紹介)

Skype対戦スカリセ)導入の手引き
http://blog.livedoor.jp/lycee_kansai/archives/6799152.html
↑右側にある#lycee_skype用のSkype対戦導入の手引きです。是非ご利用ください。


<<Lycee関連イベント情報>>
LyceeFESTIVAL&オープン 全国都市で公式大会を開催!
近日開催!公式予約ページ
2017/08/05(土)リセフェスタオープン「ブレ×ブレ最強決定戦」in浅草橋東商センター3F
2017/08/25(金)催事(東京)恐らくガルパン発売記念イベント
2017/08/27(日)リセフェスタ大阪
2017/09/02(土)リセフェスタ東京
2017/09/23(土)リセフェスタ札幌

▼大型大会記録リンク先は最終戦公式動画です
2017/03/12(日)リセフェスタ第一回in東京  ⇒ らじあんさんの日単が優勝!
2017/03/18(土)リセフェスタ第二回in大阪  ⇒ 当ブロガー、ハル花単が優勝!
2017/04/02(日)リセフェスタ第三回in名古屋 ⇒ でちんさんの日単が優勝!
2017/04/23(日)リセフェスタ第四回in岡山 ⇒ lazyさんの日単が優勝!(全勝者無し)

2017/05/14(日)リセオープン「FGO最強決定戦」in東京 ⇒当ブロガー、シロタツ日単が優勝!
2017/05/28(日)リセフェスタ第五回in福岡 ⇒ やっくんさんの雪単が優勝!

2017/06/03(土)リセフェスタ第六回in東京 ⇒ 楓月さんの雪単が優勝!
2017/06/17(土)リセフェスタ第七回in大阪 ⇒ k-masanさんの雪単が優勝!
2017/07/08(土)リセフェスタ第八回in仙台 ⇒ misakieさんの雪単が優勝!
2017/07/15(土)リセフェスタ第九回in名古屋 ⇒ yuiさんの雪単が優勝!

~ SpecialLinks 
LYCEE OVERTURE公式ホームページ
LYCEE OVERTURE PASSPORTページ
Lycee OVERTURE Wiki
ALoR(カード検索サイト)*公式サイトでも検索できます

以下旧リセ関連サイト
ALR…カード検索サイト(Lycee)カードを条件付きで詳しく探したり調べることのできる便利なサイト。
一刻館…カードショップ(Lyceeコーナー)イラストやテキストなども検索できる。

07/15リセフェスタ東京レポート及び雑談


どうも、シロタツです。
今回デッキ選択にあたり以下のことを考えました。

1.日単ウィニは対策されており雪には勝てるかもしれないが他が難しい。
2.日単移動型は組んであるものの、この環境での経験不足で無理。
3.雪単・雪t日も組んであるしそこそこ回してるけど一番多そうで個人的に面白くない。
4.花単はそもそも組んでない(混色にしてる)
5.月単は優勝者がいないしワイが初優勝狙いたい。

というわけで月単に照準を定めて前回東京フェス終了後からずっと練習を続けてきました。
しかし、対宙対雪の戦績が当たり前ではありますが磐石ではなく不安を覚えていました。
そこで気づく事実

6.そういえば宙単も優勝者がいない(

宙単は壁打ち用の仮想敵として組んであり対人経験は少ないものの一応あったのでこれを自分用にカスタムして回すことにしたのが大会二週間前。

宙単を選択するにあたり唯一参考にしたのが三宮でゆきお氏の経営するカードショップセブンドローのリセ攻略ブログ記事

宙単と戦うと何かよくわからんけど相手は普通なのにこっちは結構苦しいという漠然とした自分の経験に於けるその理由を解りやすく文章にして解説してくれてありました。

こうして宙単理論武装を施したシロタツは長年お世話になった日単から宙単へシフト。

しかし実戦経験をする機会は大会週が夜勤であることもあいまって数試合程度。

その点では若干不安でしたがそれでも勝率は驚くほど高く、ある程度自信を持って大会へ。

それでも大会直前まで馴染んできた月単と悩んでいたんですけどね。

名古屋で月単なら権利獲得のためには、きのこことえりんぎゃー氏を超えなければならない。
宙単ならミスター宙単ことほっしー氏が東京行って不在。こっちか?

というような姑息な計算をしたとかしないとか。

というわけで以下レシピ

枚数カード番号サブネームキャラ名属性
1LO-0057星の紋章セイバー/アルテラ
1LO-0202神核を穿く?夫藍の花サフラン色の死
2LO-0192わからない。でも体が勝手に…魔煉サンタクロス
2LO-0197ザ・最終実験オーガニクス
4LO-0193絶体絶命致命傷エンドバールのようなもの
4LO-0063スパルタ王ランサー/レオニダス一世
1LO-0065反骨の相バーサーカー/呂布奉先
4LO-0009約束された勝利の剣セイバー/アルトリア・ペンドラゴン
4LO-0060天地乖離す開闢の星アーチャー/ギルガメッシュ
4LO-0201ヘヴン†オア†ヘルアルカード
1LO-0114誠の旗セイバー/沖田総司
3LO-0062誓いの羽織セイバー/沖田総司
4LO-0127ニャルラトホテプネクロノミコン
2LO-0196-月天のミコト×魔刀ルナ
4LO-0059虹霓剣セイバー/フェルグス・マック・ロイ
4LO-0190狂ヒ咲ケ宵闇ノ月シザーマングローブ
4LO-0119魔剣を冠するモノ魔剣グラム&魔劍グラム=オルタ
2LO-0191-司書王ロルリアンレット
2LO-0064疵獣の咆吼バーサーカー/スパルタクス
4LO-0258-ザ・実験
3LO-0105-カルデア戦闘服

基本的な思想としては雪単を想定してEX1のDP4軍団は少なめにしそのかわり呂布で相手のAP3はビタ止めできるようにしつつメインパンチャーはギルガメッシュ君に決めた!って感じです。

当日までサンタクロス2枚目の枠が呂布だったのですがサンタクロスの高SP能力の強さには惚れていましたので独自理論で2積みへ。個人的にアルテラはピンでもサンタクロスは3枚くらい入れたい。

ギルガメッシュに関しては貴重なDMG4であり、優秀なアイテムザ・実験が増えたことによりAP5でなければ止めて裏目になることの多い相手にして厄介な相手でありかつEX2。
そして断罪食らわないのがいいですよね。

というわけでギル採用もあり基本的な思想ができるだけ相手にブロックさせてアイテムで強化してwinという戦術を行えるようにしております。

以下簡易レポート

一回戦:タノさん:月花:後攻
相手先攻でクトネシリカ、プロトクーフーリン、主人公+リディエンド。
20150603_200231_0
何この強い月単。
冷静に呂布(ロルリアンレットだったかも)、ペンドラゴン、沖田で返す。
これにより先攻後攻が入れ替わりかつ花との混色と判明したので事故れと祈りつつゴリ押し。
バルムンクは出てもレールガンタブーが居なければそれほどでもない。

勝ち。


二回戦:りおしさん:月単:先攻
元・三重県の雄、りおしさん
Cgop2C4U0AASXXl
お互い顔を合わせてアチャーという顔。
何を使ってくるかわからなかったけどたしか珍しくレオニダスバールスタートができた。
終盤にもつれ込み、ロンギヌスのステップが強力でツライ場面でエンゲージ+ステップが成立すると負けるという状況でムラマサのこと失念しており微妙な手順ミスをしてしまうも相手がEX1二枚ドローという悲しみを背負っておりムラマサの効果起動で消耗しステップできずこれが決定打となり辛勝。
ChYOGkLUoAARfDT


三回戦:k-masanさん:雪単:先攻
ふわぁぁいらっしゃぁぁい、ようこそ名古屋へ~うれしいなうれしいなクマーさんっていうの……
無題

先月の大阪フェスタの覇者じゃん!!!!!!!!!!!!!

Cgop2C4U0AASXXl

結論からいえば先攻で出したギルガメッシュがめっちゃ強く勝利。
1ターン目アヴァロンラストリゾートされてもDMG4が止まらなければどうとでもなる。

ギル



四回戦:かづき:日単:先攻
CgEWiBhVAAAcRlX

かづきこといずみるきーさん。この日単ね、大会開始前にボクが貸してあげた移動型日単なのー。
順調に勝ち進んでいるという報告を毎試合後受けて喜んでたんだけどね~
ちなみにこのマッチング、リセオープンでもあったんですよ~
日単をかづきに貸すとどっかで当たる法則。
相性的には綺麗に回れば日単の勝利という感じなので油断できやせん。
こんなことならEX1が0枚とかとんでも構築を貸すんだった!(コラ
ゆーてEX1以下20枚くらいのとんでも構築ではあるんですけどね(コラ

ちなみに結果からいうとかづき氏がネクロノミコンの効果を勘違いしておりネクロノミコン対面のPネロがにごり酒打ってきて一方落ちして圧倒的勝利。

ギル



五回戦:かゆ様:雪単:先攻
流石上のほうにいくと銀符村の民によく遭遇するなぁと思いつつ先攻で出したギルガメッシュが強い。
smile
セスタスが出てきたのでおもむろに戦闘服素貼りして4点通す無双っぷり。
これでハンド2枚温存すればアステリオン以外じゃ止まらないゼ!って思ったらセスタスの上からペルーンが着地。
[広告]
562065390b859a716d000015

まさかワイのギル様が死ぬとは…
とはいいつつもそれでも圧倒的盤面制圧力の高さで安定感のある勝利。
ここで全勝者3名。

・シロタツ(宙単
・ヤハク(日単
・yui(雪単

今回は雪単の連続優勝の流れを止めたかったので今回はいけるんじゃないかと思っていました。


六回戦:ヤハクさん:日単:先攻
試合前にボクが求めていた旧リセの上位賞とかを持ってきてくれた優しいヤハクさんと当たってしまった(ヤハクさんはボクの知りうる限り唯一旧リセのカードをフルコンプしている猛者です)
Ce7Y2rvUsAASiyb
お互い当たる可能性は考えつつも今日は宙単なんですよ~日単なんですよ~と談笑してたのでまぁデッキは判ってた(と思う)
まぁここまで来たら入賞確実ですしオポ的にも権利獲得できてると思うので階段次第では優勝決定卓(かつ撮影卓)なのにわりと落ち着いた感じでした(試合中は真剣ですけど)
確かバールサンタクロススタートだったかで相手はロムルス金時SRネロだったかな。
ロム公をマックロイだったか呂布して即レオニダス追加で6:3交換を結構行って宙単らしい安定した勝利を収める。
全試合終了後に数回フリプレをしましたが全部勝てたので移動日単(キノコ無し)にはデッキ相性が良いのかもしれない。
ChYOGkLUoAARfDT

宙単は信用していましたがここまで順調だとは予想していませんでした。

20101015141441

オープンに続いてまた優勝できたかもしれない。そんな油断がありました。

20101015141438

ジャーンジャーン

CuKIERaUsAAGix5

階段崩れずにエクストラ優勝決定戦開始。


七回戦:yuiさん:雪単:後攻
ここにきて久しぶりの後攻。
初手を見るとレオニダスもバールも居ない。普通ならここで大抵マリガン基準なのですが……
アルテラと呂布(どっちもピン積み)+オダステ軍団が居たんですよねー。
先攻ならマリガンでもいいかと思いましたが後攻ならかなり強い返しができそうに思いこのままスタートしました。
しるぶり

相手はアヴァロンラストリゾートスタートだったのでアルテラ・呂布と合わせペンドラゴンを出して除去が無ければそこそこ磐石なスタート。

除去が無ければ。

レオニダス、バールが居なかったためにこの段階で手札1枚。

雪相手に仕方の無いこととはいえ手札1枚。


gazou_0151

アルテラに身代金を要求されてしまいました(予定調和

sangokushi15-1

実際は以下の通りです。

CrRgmGSUsAAAfq9

ここからはケイカからの呂布にガンドというゴリ押しをくらい6:3交換を繰り返し圧倒的敗北。
宙単の死に様と雪単の勝ち様がまさにこの環境のサンプルのような決勝動画になったと思います。
逆に気持ちの良い敗北でしたね。

IMG_1484-300x248

実際、マリガンの段階で勝敗が分かれていた気がします。
結局、雪単の優勝は阻止できず残念な結果とはいえ予想以上に頑張れたので個人的に大満足のフェスタでした。
試合後にyuiさんから「昔からシロタツさんのファンでした!」とか言われてめっちゃ嬉しかったんですけどここで優勝してたら格好良かったんですけどそうは問屋が卸しませんでしたね。

CxrGaBCUkAAaLyj

というわけでついでにジャンケン大会の最後に大勝利してみもりんサインレールガンをゲット。
ちなみに最後が直筆サインなのは知ってましたけど賞品受け取るまで何をかけてジャンケンしてたかアナウンス聞いてなかったので受け取ったときめちゃビックリ嬉しかったです(コラ

優勝されたyuiさんと入賞者、そして権利獲得したクロネコ氏はおめでとうございます。
参加された皆さんと運営されたシルブリの皆さんはお疲れ様でした。
次はガルパン環境かなって思ったらオープンがあるようなので頑張って行ける様に調整します。
ではでは~


以下、雑談。

今回のフェスタでは以下の2点のできごとが起きたようです。
1.同人スリーブ使用で注意1点
2.試合前のシャッフルでファローシャッフルの拒否

前者に関してはボクが旧リセ時代に開催した非公式フェスタの参加賞として50万かけて製作し限定頒布した通称、羊スリーブを当ブログ管理人のあおいさんが使用していたのですが、どこかの試合で指摘されジャッジから1点を貰ったもの。

604018005
↑こんなの

ツイッターで少し議論がありましたが結論的には版権の問題で同人スリーブの使用は控えたほうが良さそうという話で落ち着きました。
イカサマに使用しやすい、というような意見も多かったですが市販のスリーブでのいくらでもできますしマークドの観点からも製作費用の面からも同人スリーブのみ規制する必要は少ないと思っています(ボクの私見)
一応、ボクのこのスリーブはサガプラの社長さんから製作許可は頂いているものなので版権も大丈夫だと思いますがいちいち版権の証明もできませんし一律規制というルールになっていればそれに従うのが良いと思います。
まぁ店舗大会やバトラくらいならいいと思いますが。
ところで指摘1点ってことは次の試合でも指摘されたら退場なんですかね?
そこらへんがイマイチよくわかりません。



次に後者のシャッフル拒否に関する話題。
前述しましたセブンドローのゆきおさんと優勝者のyuiさんの試合開始前の出来事らしいのですが、リセでよく見かけるシャッフルはヒンドゥー(手でカットするやつ)をまぜつつディール(机の上に並べてくやつ)を行い相手にカットしてもらい終了というものが主流になっていると思いますが(ボクの経験上)実際にディールでは混ざりはすれど積み込みが容易でありファロー(2分割し横からグッと重ねるやつ)を織り交ぜないと完全に無作為とはいきません。

動画:シャッフル講座
wiki:シャッフル(カード)

実際にスリーブを傷めたり失敗すれば卓上にカードが散らばる恐れもあり難しいシャッフルは怖いという意見もあります。
しかし、公式大会という場に於いては互いに納得できるまでシャッフルをして無作為化に努めるべきであるということは紛れもない事実であり、ガイドラインに明記はされていませんが相手がシャッフルを行うことを拒否することは宜しくないことだと思いました。
しかし、実際にカードが散らばったりしてデッキがばれたりスリーブやカードが破損したりした場合は別の問題になると思いますがそれはそれこれはこれ。

ボク自身、シャッフルという行為に対してはイカサマがあるという程度の認識で名称などもあまり詳しくなく、今回の件をきっかけに少し調べてみましたがボクと同様にあまり詳しくないという方も多いと思いますのでもし宜しければこの際に少し調べてみてはいかがでしょうか。

このような意識の違いによるつまらない争いをしても楽しくはありません。
お互いに共通認識としてカードゲーマーの基礎知識として、シャッフル=無作為化に対する勉強はしておきたいなと思いました。

もし、シルブリ社員さんがこの記事を読んだのでしたら公式にももう少し突っ込んだ無作為化へのガイドラインを明記追記して頂けると幸いです。

それでは長文にお付き合い頂き、ありがとうございました!
そういえばミョルニルの裁定の説明を受けましたがもう出社時間なのでまたの機会に。
あとそういえばブレブレのポスターの絵がカードの絵と違うという話をしたところ、もう少しお待ち下さいというコメントを頂いたのでポイント交換か上位賞で出るんじゃないかなということを期待しております。

ではでは~


ノシ

名古屋フェスタレポート@あおい

ブレブレ環境やり収めということで参加してきました。

リセフェスタ名古屋
使用デッキ:月単
1回戦:不戦勝
2回戦:移動日単 〇
3回戦:雪日グラシ 〇
4回戦:花単 〇
5回戦:移動日単 ×
6回戦:移動日単 ×
で4-2でした。






以下いつもの使用デッキと環境予測
仙台ふぇすたの翌週に開かれた名古屋フェスタと言うことで仙台フェスタの影響を多少は受けてくると考えていました…が全色万遍なく入賞しており予測が立ちませんでした。
よって実戦での経験値と属性別権利に絞って考えて
・日単ウィニーは雪単以外への相性が絶望的なので恐らく死滅したであろう。いるなら移動型だが仙台にて復権したばかりなのであまりいないであろう。
・花単も同様に大阪フェスタでの出現で意識に入ってしまったのであまり勝てないであろう。
・雪単は不動の王の座を獲得しているため恐らく使用率最多であろう。
・月単はえりんぎゃ~さんの使用がほぼ確定なのでえりんぎゃ~さんの成績を超える必要があるであろう。
・宙単は名古屋ということで一定数使用者がいるであろう。
上記が予想でした。

月単を使うと
日単→げんごろーさんと一緒に調整をしていた関ブロ内のハルさんの日単キノコにとてもいい勝率だった。移動日単自体が仙台にて復権したばかりでそれ以上の強さの人はいないしいても勝ち残れば死んでると思った。
花単→そもそも勝ち残れば死んでると思った。
・雪単→2ハンドDP3の数やエンゲージ込みの実質含む豊富な2ハンドキャラでゲームを優位に運べると思った。ハルさんの雪単への勝率が(ry
・月単→えりんぎゃ~さんが大きな壁だが他に障害は少ないと思った。
・宙単→SPが2以上のキャラを中心に構成することによりAP止めをサポート止めで返すことができてオーガニクスと実験がブン回らないと負けないと思った。
という算段でハードルの低さから月単を使うことに。

実際は移動日単のことを舐めすぎていて2敗してしまったうえに結局えりんぎゃ~さんに上を行かれてしまったのでそこが甘かったかな?と思いました。
とはいえラストの日単相手も理想スタートに妥協キープで立ち向かったのが原因のような気がしたので手札弱くなりそうとか言う気弱なマリガン基準ではなく強気なマリガンをしていれば何とかなったのかもしれません。

レポートとしては以上です。
次はガルパン発売後の大阪フェスタで会いましょう。



あおい

大阪フェスタレポート@あおい

おはようございます。
新弾の考察もせずに寝てたあおいです。


大阪フェスタだと言うのに直前まで参加できるかもわからない状況で、新弾のリセは発売日と地元で何度か遊んだ程度しかしてなかったので甘い環境考察のまま本戦へ。




大阪フェスタ
使用デッキ:宙単
1回戦:花単 〇 先攻
レールガンを超火力にして連続パンチをしようというタイプのデッキっぽかったのですがAP止めで無力化してるうちに殴り勝ち。

2回戦:宙単 〇 後攻
相手のアルテラノミコンスタートにアルテラR沖田レオニダスで返して実験もなかったのでそのままアルテラとノミコン相打ちから投げ合いにな後攻2ドローとかの差で盤面作って勝ち。

3回戦:雪単 × 先攻
因縁のハルくん戦()
ノミコンサンタクロススタートするかどうかで悩んでマリガン。
ノミコンのみになってしまいノミコンスタートの返しにアヴァロンリゾート荊軻から2ターン後ぐらいにもう1回荊軻更に2ターン後ぐらいに荊軻をもらって無事負け。

4回戦:雪単 × 後攻
アヴァロンリゾート荊軻スタート私は死ぬ!


2-2でドロップしてバトラへ。
宙単で5-4と日単ウィニーで3-0
明らかに使うデッキを間違えましたねと思いました(



以下フェスタの結果しか見てないだけの人による大阪の的外れ環境予想とか。
福岡フェスタに続き東京フェスタでも雪単が優勝していましたが、同東京フェスタにて日単ウィニーで入賞したさちゃさんによる記事がTwitterで強烈なまでにRTされていたことにより日単が高い使用率を占めるであろうこと。順当に入賞していた月単も一定数いるであろうと言う予想から日単>=雪単>>月単>宙単>>>>>花単になると予想しました。
雪単にはAP5いっぱい合わせたら優位に立てるとゆきおさんが言っていたのを見たのでAP5を増量してスカサハまで採用した宙単を使うことにしようと思いました。
日単に対してですが、3/0を単騎止めできるマックロイや呂布、スペックキャラであるサンタクロスまで採用することによるEX1が多い問題を解決すると共に2/1を単騎止めできるスパルタクスやロルリアンレットを厚く取った宙単で挑めばいい成績が残せるのではないかと思いました。
結果は見ての通り雪単の好調スタートに対してAP5を合わせたものの除去されては通りアグレで殴られて無事2敗してしまいました(´・ω・`)
バトルラッシュでの結果も芳しくない感じで未調整な部分が出てしまったなと思いました…。


個人的には2位のlazyさんの雪日と17位のホーユーさんの宙月がいい感じだと思ったので皆さん混色も使ってみてください!



Lyceeoverture第3弾
ガールズアンドパンツァー 戦車道大作戦!
8/25発売予定です!よろしくお願いします!





あおい

大阪フェスタレポート 6/17 @ハル


どうもハルです。

大阪フェスタが開催されるとのことなので参加してきました。

環境考察からデッキ選択理由 それからレポートと書いていきたいと思います。

□環境考察

福岡フェスタの優勝は雪単。東京フェスタの優勝は雪単。なるほどそうか
ではほかのデッキはどういう変化があったか。

日単

日単ウィニーという形を手に入れて雪単への対抗策を模索。
しかし意識されたら有利というほどではないが使用者が増えそうだと予想。

月単

無難に入賞者を出していた色。
エンゲージ型の研究が進められて徐々に軽量キャラの絞り込みが行われていた模様。

花単

福岡では圏外。東京フェスタでは使用者が少ないながらも5-2ラインに一人存在するまでに。
自分自身では何度も構築を変えてはためし、模索していったが解答にたどり着くことができなかった色。しかし東京フェスタでの結果を受けて使用者が増えるだろうなと予想。日単ウィニーに対して有利になることから大阪ではダークホース的な立ち位置。

宙単

ネクロノミコンの評価がかなり上がったおよびフェスタでのレシピも出そろってきたことから月単使用者よりも少ないかな人数が使用するかなと予想。

以上のことから大阪フェスタの出場デッキはこのような予想を立てました。

雪単(東京より減る)>日単=月単>宙単=花単

□デッキ選択および構築

ブレブレ発売当初から雪単の練習に着手していました。
明らかに出そろったカードからポテンシャルの高さは目についていましたし、勝つために使うのであれば当然雪単を握るべきだと考えたからです。

福岡フェスタの雪単優勝を受けてまぁ妥当だなと思いました。
レシピ的にはまだ試行錯誤の段階だったため、軽く参考にする程度に収めつつ、意見交換でブラッシュアップしてきました。

続いての東京フェスタでも同じく雪単の優勝。レシピを見て衝撃を受けました。
自分の構築と考え方とはかなり違う方向性で組まれていること、そしてそれが理論的にも納得できるということ。(強いカード上から順番に4積んで、引けなくても負けにつながらないけど引けると嬉しいカードを1積みで種類積みして状況に応じた不可能を減らす)

すぐに雪単の再調整に入りました。

このときエンゲージ視野にいれて組んだ雪単とそうではない雪単に構築が分かれていました。
ここまで雪単を回していてセイブザクイーンやヘカトンケイルやワイバーンなどのカードは使用していましたがいまいち強さがつかめず自分には合ってないなーと思っていました。

東京フェスタ優勝の雪単レシピはエンゲージ要素をかなり減らしていて、こちらのほうが好みだったため完コピから回してみることにしました。

するとやはり強く、1積みのカードも渋い働きを見せてくれていたため構築レベルが高いことを感じました。

なんの不満もなかったことと優勝を狙っているためもちろん雪単を選択。

そこから前で述べた環境考察を含めてデッキをカスタマイズしていきます。

雪ミラーについては同型への意識を上げた雪単は減るだろうと考えていました。
そして日単などを構築から意識したいことから断罪を入れたくありませんでした。

しかし雪単自体は当然当たる可能性は高いため、
フリーでの調整で断罪入雪単に対して断罪を入れないと対抗できないのかということを試しました。

LO-0234

フリーの結果、断罪入りの雪単に対して5分ぐらいの勝率だったため、
断罪で事故を呼ぶよりはキャラにして耐性を上げようと思い不採用にしました。

断罪は最後まで積むか悩みましたが、この時点では採用せず、ほかのデッキへの対策カードをとることにしました。

次に東京フェスタで入賞した日単ウィニーは絶対に無視できない存在であるため、構築レベルでのメタをはらなければなりません。しかしすでに3/1や2/2などの軽量キャラが4投されているため意識済であると判断しました。

LO-0134

その上で手裏剣での盤面ロックを確実に行うため2枚では頼りないと感じたことから3積み。

LO-0121 LO-0139-K

そして更なるキャラ散らしでの沸きの向上を期待し、デジャヴと2/3/2のキャラを1積みしました。

LO-0237

身代金誘拐事件はウィニー系デッキや警戒されることから打てる盤面が減ることとキャラを増やして日単を見たほうが良いと判断し、4から3へ減らしキャラを追加。

LO-0021

アステリオスを外すか悩みましたが、雪単のミョルニル、ミストルテイン、花単のアタッカーに対応できなくなることから泣く泣く4積みのままにしました。

月単に対してはフリーの結果、かなり負け越すことはなかったためこのままで大丈夫と判断。

LO-0024LO-0011A

あとは回していてあまり活躍出来なかったカードをさらに質の良いカードへ変更しました。
(主にUマシュの採用やSP2のジルドレの採用)

改良の結果、デッキレシピはこのようになりました。

無題

フリーからのダイアグラムは以下のような感じに

(自分:相手)

5:5 雪単ミラー 
6:4 日単ウィニー、移動型日単 
6:4 月単 
6:4 宙単 
7:3 花単 

この時、宙単については回数は少ないものの勝ち越していたためこんな感じにおもっていました。
花単は自分の経験と相手にしても苦ではなかったことから有利と判断。

これで大阪フェスタ本番へ。いざ2連覇へ。

大阪フェスタ 参加者104 

使用デッキ 雪単

一回戦目 雪単 後攻 マリガン 〇

相手初手ミストルティンでエンド。

返しでラストリゾート、アヴァロンでエンド。

打点レースを常に優位に保ち、ハンドを2枚抱えながら身代金を警戒しながら最後は手裏剣も追加してデッキ差大差で勝ち。

相手アヴァロン出てこなくて引きも振るわなかったらしい。

二回戦目 花単 後攻 キープ 〇

先手主人公、勇者ルルでエンド。

返しに相打ちを綺麗にラストリゾート、アヴァロンからルルに相打ち合わせてエンド。
そのうち主人公にも相打ちを合わせ、中央AFに手裏剣を追加し、SP計算でも上回るような盤面構築を行い打点を通していく。

相手DF レールガン リリィ ラストリゾートで固めてきたがトップ強くてAFをケイカで焼きつつラストリゾートもケイカして打点がだだっ通り。

途中でレールガン=タブーがAFに出てきたがデッキ差がもうかなりついていて巻き返せず。

そのままトップ強くて最後は手裏剣出し直し手裏剣アグレで勝ち。

三回戦 宙単 後攻 マリガン 〇 あおいちゃん

関西リセブログのオーナーにして岡山フェスタでも踏みつぶしているあおいちゃんと当たる。
お互いなんでまた当たるんだよふざけんなとかいいながら開始。

相手微妙な顔しながらマリガンを選択。こちらはアヴァロンなしだったため即マリガン。

マリガン後、相手がさらに微妙な顔になる。

初手ネクロノミコンエンド。

返しラストリゾート、アヴァロン、ケイカエンド。

相手キャラ追加するも4コストと相打ちキャラ。

ケイカをまた引いたのでどんどん除去して相手の盤面が崩壊。

出てくる手裏剣やおかわりラストリゾート

勝ち。

四回戦目 雪単 先攻 キープ × 優勝者の方

ラストリゾート アヴァロンからスタートするもケイカもミョルニルもなく除去されるとやべーとおもいながらターン返す。

当然放たれる断罪。さらにラストリゾート、アヴァロン。

除去なしのためラストリゾートに相打ち合わせて手裏剣だしてエンド。

返しミョルニルからラストリゾート相打ち。アタックエンド。

そのまま不利な状態で試合は進行、途中身代金が来て打つも時すでに遅し、ミョルニルとアヴァロンで稼がれていた打点を返すパンチャーはケイカと身代金で3回除去されていたため、巻き返せず。

負け。

5回戦 雪日 先攻 マリガン 〇

マリガン後アヴァロンなし、ミョルニルもきよひーもない。

これはだめかーと思いながら2/3/2とラストリゾートをだしてエンドする。

相手返しラストリゾート、Rマシュ、ロムルスをこちらのラストリゾートに合わせてエンド。

んんんん??????

これはチャンスと即座にスローゲームにもっていくため、盤面の構築に専念。
最終盤面はこちらの2/3/2しか通らないというロックに成功し、そのまま大差で勝ち。

6回戦 雪tグラシ 後攻 キープ ×

ここが今日最大の運がなかった試合。

相手初手ラストリゾート、アヴァロンとぶんぶんゴリラ丸。
返し手裏剣、アヴァロンで相打ちをラストリゾートに合わせてエンド。

こちらのラストリゾートに相打ちキャラを合わせ、さらに手裏剣が出てくる。
打点を返すためにミョルニルを含めた相打ちゲーに持ち込む作戦に。

途中相手が我慢できず、手裏剣が飛んでグラシーザ飛んでくるもハサンを綺麗に合わせRマシュのサポ込みでアヴァロンのみ通すようにする。

こちらは手裏剣とアヴァロンとミョルニルのため、盤面では止まらず。打点を効率的に入れる。

最後デッキがひっくり返り詰めの盤面になったところで相手ハンド3枚からミョルニルを除去し、こちらがアグレできるキャラを引けば勝ちの状況へ。盤面はハサンとアヴァロン手裏剣しかいないため、運命の2ドローでラストリゾート、ケイカ・・・・・・・キャラ出せずに1点足りず負け。アグレじゃなくてもキャラでればよかったのでここは運がなかった。。。。

というわけで4-2でフィニッシュしました。

結果としては花単がかなり増えて上位ラインに残っていたことと雪単は3回踏んで2敗といった結果でこれが1敗であれば入賞ということを考えると雪単を握ったのは間違いではなかったと思います。

長々とした文章にお付き合いくださり、ありがとうございました。

仙台は行く気なかったのですが、そそのかしてくる人がいるため少し迷っています。

それではまたー。

 

06/03リセフェスタ東京レポート及び雑談

どうも、シロタツです。

出るつもりは無かったので前回記事のようなレシピを公開しておりましたが、
夜勤明けから一睡もせずに朝の新幹線で東京フェスタへ行って参りました。
新幹線の切符を紛失して行きの交通費が一万円増えるというアクシデンツ。
ちなみに前回の東京フェスタの際も、同様に行きに新幹線の切符を紛失しております。

つまり新幹線の切符を紛失すると入賞できるらしい。

なんだこのジンクス*ちなみにリセオープン優勝時は紛失しておりません。

当日朝、浅草橋のすき屋で特うな牛を食べたから優勝できたというジンクスはあるので積極的にあのすき屋へ行こうね皆さん(ステマ

えー、というわけで体調は悪かったものの入賞することができました。
優勝した楓月さんはおめでとうございマス。

デッキレシピは前回掲載した日単ウィニーとほぼ同様のもの。
細かい変更点はあるもののコンセプトは全く変わらず。

公式大会結果ページ
↑ここで確認できます。

1箇所大きく違う点は当日朝のデッキレシピ提出直前にダレイオスらの枠を削って何を入れるか考えていたときにもちひつじはどうかなーって思ってたら通りかかった緋色君に猛プッシュされたのでピン投したところですかね。


LO-0245

かわいい(迫真

基本的にはフレイムタンを出しなおして2ハンド3点の詰めカードかなって所なんですが、詰める際に穴を開けたり月に寝かされたキャラを起こしたり純粋に移動カードにしたりバトル中断(自ターン限定だが)に使ったりと割合応用力の強いカード。
ただ花EX1を利用できるポイントが皆無なので完全に前回のカルデアス枠だったりするのでピン積みでした。
3乃至4枚投入してそれ前提のテーマデッキを組むのも面白い程度には充分なポテンシャルのあるカードだと思います。
まぁ今回は3回くらい邪魔な試合があって(内1回は負け)最終戦のみこれで詰めることができたというとこで中途半端な感じでしたがそれはデッキを合わせてないので仕方ない。
雑に放り込んでただ強いということでは無いということでしょう。
まぁ日単ウィニは2ドローでキャラを湧かすデッキなので実は一番合ってないといえばそうかもしれません。

ちなみに本日、地元の大会にて宙単に投入している方がおりまして、オーダーステップ勢と絡めてなかなか良い動きをしていました。
これからブレブレ環境の研究が進むにつれてぜひとも注目しておきたい1枚ですね、もちひつじ。


話がそれましたが、結果は

○雪日
×月単
○日月
○雪単
○雪単
○雪日
○雪単

という感じで最近暑い日が続きますが雪ばっかでした。
もっとミラーが多いと予測していたのでミラーを意識しすぎて対雪は適当だったのが実に残念でしたがデッキ相性と雪がお互いを意識しあって食い合っていたおかげでデッキに不純物(DP4除去とか)も多かったのが勝因かもしれません。
相変わらず序盤に月に刈りとられるのはシロタツの宿命なのかもしれない。
バルムンクはやはり壊れ。

まぁアヴァロンはバルムンクがEX2で3コスになってる程度には壊れだと思いますが。

今後は日単ウィニもその存在感を醸し出してきたこともありメタはある程度回ってくると思います。
まぁ日単とか意識されると負けちゃうのでみんな気にしないで放置して下さい何でも

さぁ一番最初に雪単をブレブレ環境王者の座から引きずり落とすのはどの色なのか!

個人的には混色がかなりのポテンシャルを秘めてきていると思うので最終的には初の混色優勝なんかが大阪仙台名古屋あたりで見られるのでは?と期待して今日はこのへんで。




以下雑談

ミョルニルが自身が死んだときも発動するという裁定が出たそうです。
一方、弁慶やメディアリリィは自身ダウンでは出ません。
これは「ダウンしたバトル終了時」と「破棄した時」のタイミングが今回は違うということを意味しています。
旧リセではそもそもバトルでダウンという状況になった場合は、「バトル終了時」「場を離れた時」「ゴミ箱に落ちた時」「破棄された時」「ダウンした時」これら全ては誘発タイミングが同じでした。
そして基本的(場からいなくなる前提の効果でない限り)にその際に場にいないと効果は発動しません。
弁慶やメディアリリィはこれと同じです。
しかし、ミョルニルは「破棄され”た”時」ではなく、まるで「破棄され”る”時」に誘発するかのような裁定です。
これをどう解釈するか、という問題ですが今のところよく判っていません。

仮説として、今回は
1.「破棄・ダウン」と「バトル終了時」がタイミング提供として区別されている
2.誘発効果は場に居るか否かの判定を処理時ではなくトリガーを引いたタイミングで決定されるということになった上で、トリガーというのは「した」時ではなく「する」時のタイミングで引かれる。
という上記の2パターンを考えてみました。

一応、ジャッジ向けのテキストを読む限りではタイミングの提供は「バトルの終了時」の一回、順番はTPが選択するっぽいので1の説はほぼ無いので2のパターンだと思っています。

つまり、ミョルニルの場合は「味方キャラを破棄した時」という効果なので仮説に基づき「破棄され”る”時」のタイミングでトリガーが引かれるため、場に存在しているので成立し「破棄した時」つまりダウンした時、つまりバトル終了時に誘発効果が処理される。
弁慶やメディアリリィの場合は「ダウンしたバトルの終了時」という効果なので仮説に基づくと「ダウンしたバトルの終了す”る”時」にトリガーが引かれるため、場に存在していない(ダウンしたあと~バトル終了時タイミングの直前)ために成立せず「ダウンしたバトルの終了した時」には効果が誘発されない。

と、まぁこんな風に勝手に解釈して仮説を立ててみました。

簡単に言うと、

「バトル終了時」という誘発タイミング効果はバトルの結果の処理が終わったあとに誘発されるのでつまりダメージやバトルが終わったあと、ということでキャラは居ない。
「破棄された時」という誘発タイミング効果はバトルの処理の途中の破棄されるときに誘発されるのでまだキャラが居る、という感じ。

まぁこんな仮説を採用すると「登場した時」とかいう効果全てトリガー引くときは「登場する時」で場にいないんじゃねーのって言われてしまうんですけどね。
Pネロとかナーサリーライムとかターンが開始するときとかそれいつだよwwwとか。
逆にカラドボルグなんかは場にいることになるけど。

まぁなんか腑に落ちない仮説で申し訳ありませぬ。
旧リセとは違う点も多そうなので今後どうなることやら少し不安。
よきQ&Aが出ることを期待して今日はこのへんで。

ノシ







あなたは何人目のLyceeラーかな?
  • 累計:

skype対戦の相手を探そう!
熱いコメントありがとう!
記事の検索だ!
  • ライブドアブログ