どうも、シロタツです。 
台風と選挙の吹き荒れる週末ですが東京へリセオープン「リセ道全国高校生(以上)大会」(チーム戦3on3)に参加してきました。
参加チームはなんと空前の50チーム。怒涛の150名!
チーム戦だから減ると想ってたら増えた不思議。
KIMG0194KIMG0195
運営が大洗で仕入れてきた数々の賞品が並びます。
前回、名古屋フェスタでは練度不足に苦しみましたが今回もアンツィオで挑みます。
試合開始前のバトルラッシュに見向きもせず、ベルナルドさんとウォーミングアップの練習試合を続けました。
Cgop2C4U0AASXXl
ガルパン環境最後を飾るオープン、チーム名は「リセおじさんチーム」(その場で考えた)
75a01e214e68d03471664d8bf706285b
隊長:シロタツ(アンツィオ)
無題
副隊長:トウカ(宙単)
maxresdefault
隊員:ベルナルド(プラウダ)
この三人で乗り込みました。対戦成績は以下の通りです。

勝利:一回戦VS「チームまんぞく屋」
×シロタツ(対日単)
○トウカ(対プラウダ)
○ベルナルド(対宙単)
勝利:二回戦VS「大学(OB)選抜」
×シロタツ(対宙単)赤名
○トウカ(対ブレブレ雪単)
○ベルナルド(対日単)
勝利:三回戦VS「房総選抜(仮)」
○シロタツ(対雪単)
×トウカ(対聖グロリアーナ)
○ベルナルド(対宙単)
勝利:四回戦VS「チンチラさんチーム」
○シロタツ(対宙単)URE
○トウカ(対月単)るか
×ベルナルド(対日単)らじあん
勝利:五回戦VS「ありなぐしコレクション」
○シロタツ(対日単)tomato
○トウカ(対宙単)ナガヤン
×ベルナルド(対雪単)まみやながつ
勝利:決勝戦VS「フェスタ後土鍋」
○シロタツ(対月単)はる
○トウカ(対宙単)フレイメル
×ベルナルド(対日単)紫苑


序盤、2回戦共に後攻で完全敗北したので普通の大会だったらこの段階で心が折れて死んでました。
対日単では秋山ネロからの巻き返す途中にアグレキノコキノコでどうしようもなく、対宙戦ではグラムまほレオニダスで最後キノコが2発打てればギリギリ勝てるところでEX1を2枚ドローで負けました。

CrRgmGSUsAAAfq9

シロタツ「うわーんくぁwせdrふじこ」

BiwaCGBCQAARhcA

ベルナルドさんとトウカさんの白い眼差しを受けてマジで死にたくなるくらい辛かったです。

CxrGaBCUkAAaLyj

そこからは全て勝ってチームに貢献できたので本当に良かったです。
チーム全体で見ると負け6戦中3戦が対日なのでやはり日単対策が課題だったと想います。
ウチのチームは中堅には日単が少ないだろうという読みで日単のみ苦手そうな宙単のトウカさんを中堅に配置したことが功を奏したように想います(しかも最後2戦宙単ミラーを乗り越えるというトウカさん無双)


というわけで

上手いこと2勝1敗を重ねてチーム戦らしい優勝ができました!

KIMG0199
後ろに写ってるガムテの巻物がサイン入りタペストリー。
KIMG0200
KIMG0203
やったぜ!
KIMG0202
オープン盾2個並べてみた。









・・・











COXv0k2UYAEnduF
ChYOGkLUoAARfDT

ガルパン環境で結果を残せてめちゃくちゃ嬉しいデス。

というわけで残念ながら来週にはFGO2.0が発売となり環境が変わってしまいますがとっておきのアンツィオデッキの紹介をしたいと思います。


●ほぼ日単アンツィオデッキレシピ
宙EX1:4枚
4*Rペパロニ(2/1/0)移動
日EX1:16枚
4*Rアンチョビ(4/4/1)アンタップ
4*Uアンチョビ(4/2/1)ステップ
4*Cアンチョビ(5/1/0)サイステ
4*キノコリオン
日EX2:40枚
4*SRアンチョビ(2/2/2)ステップ
4*SRネロ・クラウディウス(2/1/2)移動
4*レヴァンテイン(4/3/1)ステップ
4*SR秋山優花里(3/2/2)アグレサイステ
4*Pペパロニ(2/0/1)手札に戻る
4*Uペパロニ(2/0/1)移動
4*Cペパロニ(3/1/1)
4*Uカルパッチョ(1/0/2)サイステ
4*ジャメヴ(0/3/1)
4*ブロードソード(2/2/1)
赤文字がアンツィオキャラ、太文字がアシスト持ち

アンツィオ特化ではなく、初手の引きと相手次第ではほぼ日単な動きができるように工夫した二刀流の構築となっています。

<理想盤面>
1・Rアンチョビ(アンタップ)主軸
a:移動アンチョビと共に7点パンチをする形
b:宙ペパロニと共に6点パンチをする形
c:上記にSRアンチョビを加えて8点(10点)パンチする形
2・ほぼ日単の動き
d:SR秋山+SRネロ+移動アンチョビの内2種の形
*4/2Uアンチョビは他にアンツィオが居ないと攻撃(防御)できないので注意

基本的には1のアンツィオ軸を狙いますが対宙単後攻ではAP5を相手にすることが多く、アンタップRアンチョビが止まりやすいので宙ペパロニが居ないaのパターンは避けることがあります。
また、5/1アンチョビは対日ではUペパロニ、対聖グロではアッサムですぐ止まるのでブロッカーかコストにすることが多いですが対雪など堅いデッキではAFに置きたい所です。
上記のような裏目は宙ペパロニさえ居れば盤面整地により解決しますのでいくらでも応用が利きます。

・超重要!宙Rペパロニの応用方法
1491972966042

1.ブロッカーを避ける(具体的にはダレイオスラストリゾートおりょう他)
基本ですね。先置きできればベストですが止めさせてから移動するという手も無くは無い。
相手からすればいつペパロニが登場して移動させられるか怖いため動けない相打ちブロッカーを置くことを避ける傾向もあります。
2.ブロッカーを上げる
少し応用編ですね。具体的には登場したばかりのアンチョビを一時的にブロッカーにしつつ自ターンにアタッカーとします。
4/2ステッパーは自力で上がれますが5/1や4/4のチョビを一時的にブロッカーにできるメリットはとても大きく、宙単のオダステ軍団をより強力にした動きだといえます。
当然相手としては相打ちを狙ってきますがSRアンチョビやネロ、カルパッチョらSP2で補佐できれば自然な形でかなりの強度も誇れます。
3.SRアンチョビを利用する
Uペパロニを凶悪なAP3の移動相打ちブロッカーとして運用できることで有名なSRアンチョビですが、宙ペパロニを利用すれば各アンツィオキャラを誰でも(一時的に)AP+1できるので3/1/1のペパロニでDP3を止めたりPペパロニでDP2を牽制できたりもします。
数値上は足りていてもムラマサオボロ他のDP上げ要素がある相手に対して暇そうに利用することで隙を減らす工夫も可能です。
4.Rアンチョビを利用する
前述のSRアンチョビとのコンボで非常に重要となるのがこの動きで、本来移動できないRアンチョビを自ターン開始時に移動させることで3点連続パンチで計6点パンチの可能な5/4とすることができます。このために、Rアンチョビを往復移動させることが多いのです。
また、更なる応用編として、1回2点パンチをしたRアンチョビをアンタップ後にそのまま殴らずにエンドして相手ターン中に堅いブロッカーとする動きもなかなかに有効で宙SRみほのような運用も可能となります。

このように、毎ターンキャラを動かせるためにかなりの自由度を誇るアンツィオデッキ
kO9nl
ちょこまか動いてチマチマ攻撃を繰り返す!まさにアンツィオらしい動きが再現できます!

しかし、このように自由度が高い反面、当然ながらプレイング難度はシロタツ的に過去のどんなデッキよりも高い部類だと思います。

毎ターン移動できる」とひとことで言えばそれほどでもなさそうですが、具体的には……

「宙ペパロニの効果でターン開始時にキャラ1体を空き味方フィールドに移動させることによりそのキャラにSRアンチョビでAP・DMG+1できることを考慮した上で、相手がどのように防御(相手ターンなら攻撃)してくるか予想した上で、そのためにはどこにSPを加えれば効果的かを考えて、もっとも良い攻撃(または防御)を行うために他の移動キャラ(SRネロやUペパロニ)の配置・移動をどうすればよいか、以上のことを全てのアンツィオキャラ・全てのフィールドに対して毎ターン次の次のターンの配置まで考慮して考える

という感じのことを考えつつ、通常通りに相手のデッキによってどんなイベントを打ってくるか、どんなキャラが登場してくるかを考えつつハンド状況や自分や相手のデッキの枚数を考慮して詰めたり守ったりの推し引きを考えます。

ee3fbc2ada552f50c5fdc2522ac66889
これに慣れないうちはかなり長考してもプレミスの連発であっさり敗北します。
smile
逆に慣れてくればそのデッキパワーの高さに大満足することでしょう!



というわけで、簡単にまとめると

1.宙ペパロニ、Rアンチョビ、SRアンチョビをそろえよう!
2.ひたすら練習しよう!


となります。
ここまでで気づいた方もおられるかもしれませんが、実はこのデッキ、

SRネロや秋山はこのデッキには基本、不要なのです。

持ってない人であれば入れなくても良いくらい。
むしろEX1が20枚もあるから出しにくい。

C_HbF0_V0AAjBjw
そんな顔をした人は日単使いとしては間違ってないけどアンツィオ使ったことが無い人(もしくはめちゃ使った人)ですねきっと。

実際に綺麗に回っていれば前述の8枚枠は他のブロッカーや1コス掃く枠、詰めのためのアグレ、苦手な相手に対応するための枠として利用したいところです。

しかし、アンツィオデッキには欠陥(?)がありまして(まぁどんなデッキでも有り得ますが)

「必須パーツがマリガンしても初手に来ない」

という事故が存在します。学園デッキでは顕著ですがアンツィオに於いても揃わない、揃っていてもアシストの数が足りない、などの理由で酷い初手となる確率が一定存在します。
体感では5、6試合に1回くらいは酷い初手になります。

24
「くぅ…」「どーするんですか!?この初手!?」「大丈夫なんスか?」


大丈夫
最初に書いたとおり、二刀流の戦法ができるのがこのデッキの売りなのだ!
img_3

基本的にはアンツィオの動きをするけれど、事故っぽいときや対宙相手などで臨機応変に”ほぼ日単”の動きを行うことが可能!

そのためにSRネロや秋山が入っているのでした。

というか初手次第では秋山+ネロとか普通にそうなる(真顔
具体的には初手にEX1がキノコしかないとかそういう(真顔

まぁ何度か回して練習していればこのへんの微妙な感覚は判って頂けると思います。
でもこの環境もう終わってしまうんですよねー……

無題

というわけで長々と書きましたがここまでお読み頂いてありがとうございました。
残念とはいえ新カードにはワクワクしますし何だかんだでファイナル環境であるFGO2,0の発売は楽しみではあります!

DHCgOKvUMAA0ffs
それはそれ、これはこれ

新カードの考察会はするかしないかまだ判りませんが、またリセGPでお会いしましょう!
それでは~

ノシ