宙soraの独り言

心の鏡に映した事、不思議な体験、旅先での出来事などを気まぐれに綴ります。

返信がなかなかできませんので、しばらくコメント欄は無しで運営いたします。

西国巡礼先での出会い

こないだ西国三十三ヶ所三十番札所、竹生島宝厳寺に出かけた。
たまたま家人と福井の友達のところにカニ食べに来てね~とお誘いを受けて行くことになっていて、でもそれだけではなくその前に、この竹生島に行かなくては~なんて思い立ち、長浜港からフェリーに乗り込んだ。
すると・・・そのフェリー乗り場に一人、年配の女性で四国八十八ヶ所巡礼の輪袈裟をかけている白装束の方がいて、ちょうど八十八ヶ所に興味を持っていただけに目が合ってしまったのだが、目を合わせた途端、その方が私のところにやって来て、「貴方、とても強いものと繋がっているけど、その方々は今の貴方がもっと精進すればすぐにでも降りて来たがっている・・・そして、貴方のおばあさんがいつも貴方を見ている・・・お母さんもいらっしゃるわね?」と少し訳のわからないような事を交えて、確信をついたような事を言われた。
勿論、私の後ろ?上の方を見ながらである。
あまりに真剣にそれを伝えられたので、何となく気になり、帰りのフェリーの中で手相まで見てもらった。
色々本当に不思議にズバリと言い当てられて、この人何者と思った。

確かにこの巡礼に来る前の晩、私は自分の方向性というものをずっと迷っていた。
今でも迷っている。
何かいつも中途半端で、自分にはこれといった目標もない。根なし草のようにフラフラと漂っているかのようだ。
自分は一体どこに流れていくんだろう?と曖昧に毎日を過ごし、何かに迷っている。
それが何か?なのかすらも判らない。
でも、神社仏閣、巡礼を目的に出かけると、いつもの自分ではないようにシャキーンとする。
それこそ日頃はほんの少しの階段昇ってもヘロヘロしているのに、巡礼で出くわす長い石段昇っても、何ともない。むしろパワーアップするくらいだ。
もうこうなっては巡礼は自分のライフワークだろう?ぐらいに思っていたのだが、それでも何かの瞬間に迷っている。
だから四国八十八ヶ所を一人で巡礼すれば何か変わるだろうか?とも最近は考えていて、しかし、それもまた違うような気もしている。
竹生島で出会ったその方から、「貴方は色んな事を考えすぎている。もっと自信を持てば良い」とも言われた。
確かにそうである。
そして、毎日私でもこなす事ができる、とある「行」を教えていただいたのだが、その行は、気まぐれで飽き性の私にはかなりの苦行ではある。
もしこれをやる決心をしたなら、千日回峰行ではないけれど、毎日必ず三年はやり通さないといけないだろうと、自分の中の決断力を今、問われている。
そしてまた迷っている。
この行を貫いたら、上の方で降臨を望んでいる強いものがスムーズに行き来できるらしい。それは私の周りの人たちにもとても良い結果をもたらすらしい・・・
西国三十三ヶ所を満願する間際、それまで掛け軸を作る事や各地の御朱印を頂ける楽しみがあっての巡礼になっていたのが、満願する間際、様々な事があり、自分の中で何かが変わったのを感じた。
今回も、決して、自分の為に「行」をすることなかれと警鐘が鳴っている。そして今はまだ自信がない。
この日、この竹生島には偶然参拝したのだが、弁財天様や龍神様をこの日に参拝することはいつも以上にパワーを頂ける「巳巳の日」だった。
その霊能者さん?に、この日を知らずに選択してやって来られたのもまた意味があるのでしょう。今後の貴方の行く道を期待していますねと最後に言われた。

私の迷いはどうなるのか?はまだ判らない。
でも今回、出会った霊能者さんから伝えられた事は、これで終わりにはならないような気もする。
背中を押されたのか、それとも行くべき道を正されたのか? そしてこれを無視していたら、また何か起こるような気もする・・それが少し怖かったりもする。
しかも、私が「行」を貫く事が出来たら、また連絡下さいとも言われた。
住まいを聞いたら、なんと、私が住んでる地域の隣に住んでる方だったのが、更に驚きであった。
そしてその方は、毎月伊勢参りに二回は出かけて、神仏霊場も、秩父も坂東も何度も行っているとかで更に驚いた。
私も伊勢には年に二回でかけて、神仏霊場もやっと五十ヶ所周ったのだが・・・スケールが違うがやってることは似ている。
巡礼中に私がシャキーンと変身できるのも、家の中でやる「行」の実践バージョンだからなのだとか?
だから参拝で出かける時は「行」はやらなくて良いらしいのだが、この方のように頻繁に巡礼に出かける訳にもいかず、どうしたものか?とやはり今も迷っている。
ループなのでこの辺で・・・

余談だが、龍神にご縁があるようだからと、近くの神社を教えていただいた。
行った事がない神社だったので、折りを見て参拝に出かけようと思う。

福井に向かう途中、てっきり雨が降ると思っていたのだが、雲が切れて晴れ間がのぞいたので、不意に福井の毛谷黒龍神社が脳裡に浮かんだ。
そして即、参拝に向かった。
境内で雲の切れ間の青空の写真を撮影したら、龍さんがお口開けてこちらを見ているような?写真が撮れた。
この福井は龍にちなんだ土地があちこちにあり、とても素敵な波動を持つ土地である。

S__4546575

S__4546577

ここの黒龍酒にまつわる話もある。

S__4546576

車の中で瞬間撮影したものだが、雲が~見られてます状態?!何か二体いるように見えます。
人それぞれだけど、私はやはり龍と何か鳥のような?鳥というとカルラ様?と連想してしまいます。

夢を見せる石

また石の話だけど、これは以前、こちらでご紹介した夢を見せる石の話・・・

ここ最近、何故か立て続けに夢を見る。
パジャマを変えてから・・・
某有名服飾メーカーの通販で(笑)来てすぐに面倒なのもあり水通しもせずにそのまま着て寝てしまった。
そして見た夢は・・・

非常~に嫌な夢。
日本では普通に考えられないような非日常な出来事で、それは某アジア系の国なら今でも有り得るような話。
読んだ人が気分悪くなるような話なので、内容までは言えないが、この一日目は、何て夢見たんだろうと、忘れる事に・・・
ところが二日目、やはり、水通しもせずにそのままそのパジャマを着て寝た。
そしてまた同じような夢・・・登場人物も違うけれども、前回よりもかなり過激で、驚いて夜中に飛び起きた。
朝、このパジャマか~と・・・やっと気づいた。
某有名服飾メーカーは確か、アジア系工場でこれを作っているはずだ。
多分だが、その誰かの思念?? 余程強烈な思念を持っていたのかも知れない・・・早々にパジャマを念入りに洗った。
寝具は特に気を付けて、購入したら必ず水通しをする事を肝に命じた。
そして、気分治しに、人間不信になるような夢を二日も立て続けに見た後、久しぶりに夢を見せる石を思い出し、付けて寝た。
すると、ずっとやはり夢を見た。
朝まで・・・
こんな事は滅多にないので、やはり夢を見せる石なのかな?
この石を付けて寝ると、遥か昔の夢を見る傾向がある。
今回はどこかの島が地殻変動で集まりくっついて、一つの半島ができる夢。
その半島のくっついた部分が川になり・・・
って・・・なんでこんな壮大な夢??
そして、どこかで見た事がある?? でも思い出せない! シルバーグレーの肩まである長髪で額に白い鉢巻?巻いたおじいさん?おじさん? 60代ぐらいの目力半端ない人が出て来て、ずっと頭にこびりついたまま浮かんで来る。
本当にどこかで見た事ある顔なんだけど、思い出せないので、今日一日ちょっと気持ち悪い。
 
夢を見せる石、単なるチャロアイトなんだけど、色がヤケに綺麗な紫色だから、どうなんだろう?という石ではあるが、今日ももう一度付けて寝ようかな♪
36440


単なる石自慢です(笑)


ちょっと嬉しくてテンション上がってこちらに・・・(笑)
ずっと探していた石がついに手元に来ます!
しかし、その前にも何故だか、かなりのレアストーンが目の前に現れて、石との出会いは一期一会なので、ついつい仕入れてしまいました。
ところがそんなのがコロコロとあり、増える一方で、これは一体誰に?と思うような石もありきで、すっかり収集マニアと化しています(笑)

ところがつい最近、九州の友達がそれを非常に気に入ってくれて、やっと里子に出した気分です。

S__4005916

この赤い石なんですが、これはチューライトという石で、タンザナイトのお仲間で綺麗なレッド色のものですが、in水晶になってるので、あまりその辺では見かけないレアストーンだと思います。
見た目、ちょっと独特なんですが、実物はもっと綺麗なマーブルカラーです。
最近手に入れたカツマのシルバー守りを入れてスピネルに合わせたら、ちょっとエキゾチックなブレスに仕上がりましたが、沖縄から帰って早々に作ったものなので、沖縄イメージが感じられます(笑)サンゴのようにも見えてとても素敵なんですが、少々独特なので好みがあるかと思います。

さて、今日入手したのはこれ
136800002

デュモルチェライト・イン・クォーツ
これはデザートラピスとも呼ばれる石で、このような10ミリ玉で完全に綺麗な色が入るものはなかなか入手できない代物でした。こちらは水晶部分が白いのですが、これを逃すともう入手は無理かな~と思い、私が購入できる範疇の価格だったので、即落札しました。
ラリマーのハイグレードよりも高いってどうよ?と当初は思っていたので、しばらくは原石をワイヤー巻きでペンダントとかにして満足していたのですが、やはり見てしまうと石マニアとしては弱いです。(笑)
当分、多分? しばらくは他の石を見ない事にしようと思ってます(笑)

けれど、最近、趣味が高じてやってたブレス販売もしばらく忙しいのもあり、流通がストップしてたのですが、最近、注文が入り、出て行くと、不思議なんだけど、新しい石がやはりこうして入って来ます。
よくお金は使わないと入っては来ないものなんだよ~と言いますが、ため込んでばかりだと、やはりそのまま滞るものなのかも知れません。
空気の入れ替えと同じです。
それは人の持つ気、エネルギーもまた同じなのではないかな?とふと思いました。
家の中でグルグル思い悩む事があったり、何かに行き詰ってしまった事がある時は、取りあえずそれはどこかで発散兼ねて違う事をやったり、どこかに出かけるのもまた良いエネルギーが巡るのではないかなと思います。
今回私は沖縄に出かけ、人生二度目の飛行機でしたが、また飛行機を利用して旅行したいという気分になってます。
それも案外簡単に考えています。
行く前はあれやこれやと考えていたけれど、一旦、飛び越えてしまうと案外大した事なく、物凄く楽しめたので、物事は考えるよりも先に行動して楽しんだもの勝ちという事なのでしょう。
あれやこれやと考えて、滞る時間・・・自分の中で今でもあるけれど、限りある人生、悔いなく楽しめたら良いな~と思います。
今回の石の衝動買いも、ずっとずっと憧れて欲しかった石なだけに、今、滞ると絶対後悔すると思っての購入でしたが、沖縄では500円貯金して貯めたお小遣いだったけど、少々節約してこの石分位残っていましたので、きっとこの為だったのかも知れません。(笑)


沖縄に行って来ました。

先週、木曜日から日曜日、沖縄に行って来ました。
当初、台風26号が沖縄方面に向かっていて、このまま行くと、台風に遭遇して帰れなくなる可能性大かも・・・と心配したのですが、まあ~なるようになるわと思い、そのまま決行することに
ところが、道中天気を見ていたら、沖縄には向かわずアーチ状に進路がズレてくれて、フィリピンの方に台風が向かい始めたので、何とか無事、四日間、良好の天気で楽しく過ごす事ができ、無事帰って来れました。

初沖縄でしたが、水族館の黒潮館のジンベイザメの水槽で、沢山の巨大魚が所狭しと泳いでいるのを見たら、随分前に夢で見た光景そのものだったので、ここにもうすでに来る事になってたんだな~としみじみ感じました。
夢の中では、生けすのような巨大な水槽を上から見下ろしながら、そこに多くの巨大魚が泳いでいて、見ていて恐怖を感じる程のインパクトだったので、その光景をよ~く覚えていたのだけど、このジンベイザメがいる水槽も実は上から見下ろす事が可能であることを知って、上の階の様子を写真で見たら、もう夢そのものの光景がそこにはあったので、あえて行くのをやめる事にしました・・・というのも、せっかくの楽しい旅行でそこに行って言いようのない恐怖にかられたら嫌だな~と思ったからです。

そしてその晩、ブセナ海中公園近くの波の音しか聞こえない閑静なホテルで宿泊したのですが、夜中、トイレに立ちボーっとしていたら、不意に目の前がマリンブルーの海のような光景になり、そこには多くの小魚が泳いでいて、大中小と様々な形の魚が泳いでいる光景が現れたのです。
しかし、その魚たちはどこか儚げな透明に近いシルエットだけの魚たちで、海の色はどこまでも透明なマリンブルーで沖縄の海そのものだけれど、どこか違うような気もしました。
しかし何故に沖縄の夜の夜中に部屋の中でそのような光景が広がるのか?目を閉じても開いてもそれがまるで二重写しのような残像のようなそんな感じで暫く見えるので、そのままいつの間にか眠る事に・・・
朝目覚めたら、そのようなものはもう見えなかったのですが、その日、目の前の海で乗ったグラスボートから見た海の中の光景を見て愕然どしてしまいました。
というのも、リゾート開発でサンゴ礁は荒れ果て、もっと沢山の魚たちでにぎわっているものかと思ったら、餌付けされて追いかけて来る大きなフエフキダイがまるで鯉の群れごとく集まって来るぐらいで、時折見え隠れする程度のイソギンチャクにクマノミが数匹見える程度で、海底は何とかも言えず殺伐としていて、楽しみにしていたグラスボートでしたが、水面から見るフエフキダイの数に圧倒されるばかりで、海中を楽しむ事ができませんでした。
S__3973123

S__3973124

そこで不意に何かが思考に飛び込んで来て、リゾート開発される前のここの海は昨夜見た光景なんだ・・・と妙に納得してしまいました。
ここの土地というか海の気が、残像として残っていて、あのような光景を見せて来たのかな?とも思いましたが、何とも言えずです。
ただ、沖縄という地は、そういった土地の波動というかエネルギーというか、そういうものが満ちていて、とてもパワフルなエネルギーを感じずにはいられませんでした。
食べる物も、私は妙に合っていて、滞在中、一度も腹痛に見舞われなかったのも大変珍しい事でした。
おかげでスムーズに美味しいものを食べ、行きたい所に行き、とてもエンジョイしてしまいました。
今回は沖縄のエイサーを見るのが目的でもあったので、三日目にガンガラーの谷の探検をする目的もあり沖縄ワールドにてスーパーエイサーのショーを見たのですが、あまりの感動で涙が出てしまいました。
ガンガラーの谷はガイドさんと一緒でないとは入れない、湊川人に基づいた発掘調査が行われている場所で、そこで大きなガジュマルの大樹に会い、ガジュマルの樹は少しずつだけど、動き歩くというのを聞いて、物凄く親近感を覚えてしまいました。樹は生きている! いつも感じていた事だけど、この樹は歩くんだと思うと、なんか見ているだけでワクワクでした。
S__3899448
ランタン片手に真っ暗な洞窟に突入!プチ探検家の気分♪


・・・話すと長くなるので、この辺で・・・沖縄、初めて行ったけれど、魂回帰の場所なのかな~と、また行きたくなる地の一つになりました。

S__3973122


秋になりました。

夏休みが終わったかと思えば、夜は秋の虫たちの大合唱です。
まだまだ暑い時期が続くと思えば、朝晩はひんやりと過ごしやすく、何だかもうすっかり秋です・・・

しばらくこちらもお休みしておりましたが、秋の夜長に突然独り言を綴りたくもなるので、再開いたしますが、気まぐれなので返信はなかなかままならないので、しばらくはコメント欄は無しで運営いたします。


コスモス印刷


愚者ネコ語り

・ はじめに  ・ 06
・ 序章        ・ 07
・ 01          ・ 08
・ 02          ・ 09          
・ 03
          ・ 10
・ 04          ・ 11
・ 05          ・ お疲れ様
・ 小休止   ・



最新コメント
記事検索
ギャラリー
  • 西国巡礼先での出会い
  • 西国巡礼先での出会い
  • 西国巡礼先での出会い
  • 夢を見せる石
  • 単なる石自慢です(笑)
  • 単なる石自慢です(笑)
  • 沖縄に行って来ました。
  • 沖縄に行って来ました。
  • 沖縄に行って来ました。
アーカイブ
プロフィール

リーラ

アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ