宙soraの独り言

心の鏡に映した事、不思議な体験、旅先での出来事などを気まぐれに綴ります。

紅葉の京都の穴場をこちらに・・・

紅葉と言えば京都♪ただし・・・そう、人ごみは必定。もう大混雑で、忘れもしない紅葉真っ盛りの時、南禅寺にうっかり出かけてしまい、あの広い境内の中、ベルトコンベヤ式に流れるように動き、豆腐料理なんて長蛇の列で並ぶことすら無理で、私は背が高いのでまだ良かったが、上から見下ろすと隙間もなく真っ黒ぉ~
勿論、主要なところは全部そうで、メガホン片手に叫んでいる人員整理の方々の怒声を聞きながらの拝観になる事もしばしば・・・

「後ろが詰まってますので立ち止まらないで下さい。写真撮影はご遠慮下さい・・・」とか言われながら、東山にある高台寺の素敵なお庭を一枚も写真撮影もできず、できたとしても人ごみも一緒とか、押し出されるように拝観したことは今思うと、なかなかに貴重な体験だった。

そこで、京都巡りのちょっとした穴場をこちらで紹介♪
もうかれこれ何十年と毎年京都には出かけているので、私の好きなポイントのみであるし、あくまで紅葉の時期の京都はどこ行っても、今では混雑避けられないかも知れないけれど、それでも、メインのところと比べればましかと思う。

私は京都巡りをするとき、まずバスは殆ど使わない。
あの大混雑の中、今はスーツケースをゴロゴロしながら回る観光客もいて、更に大混雑になる。
だからあらかじめ、できるなら宿に荷物を送ってしまった方が良い。
もし、スーツケースなど、重たい荷物を持って駅に到着しても、コインロッカーは期待してはならない。余程運が良くなければ空いてない。
近くに宿を取っているなら、そこに預けて回れるけれど、そうでない場合、重たい荷物抱えての観光はかなり負担にもなるし、混雑している時は邪魔にされる。

そこで私はここを利用する。

JR京都駅キャリーサービス

今では結構当たり前のように使われると思うが、ここも駅に着いたらともかくできるだけ早く行かないと、大混雑で一時利用停止されてしまう事もあるとか・・・紅葉の季節は十分注意である。
帰りも、その宿から依頼するとここ京都駅に荷物を送り返してくれるので、かなり便利である。

そして私は、バスは殆ど使わないけれど、使う場合もあるので、一泊の場合、地下鉄とバス両方使える2Dayパスを購入する。ただしこれを買う目的は行った先々でわざわざ切符を買うのに並んだり、バスの中で小銭を探したりと手間を省くための目的なので、全部使いきれるかどうか?はその時次第である。

この二つは京都巡りする時かなり使えるが、これも並ばなければならない事が殆どなので、誰かと分担するのも効率良いかと思う。

京都は碁盤の目のように地図を広げると地下鉄沿線などとてもわかりやすい。
私は殆ど地下鉄を利用して京都を周る。
今は歩きスマホでどこでも行けるかと思うが、混雑の中、時間短縮のためにあらかじめ頭の中に地図を入れておいた方が効率が良い。

京都歩きマップ

混雑避けたい京都から、まずはチケットを購入したら私は地下鉄を使い、烏丸線というものに乗り、北大路まで一気に行く。
ここでは、北大路バスターミナルを利用するのだが、京都駅程混雑はしていない。

混雑時の京都はできるだけ北にまずは逃げた方が、混雑を避けられる。
ただし、銀閣寺、金閣寺は有名どころなので余程行きたいと思わなければ避けた方が無難である。得に銀閣寺は哲学の道を通じて南禅寺に降りる道があるので、そこも早く行くならまだ良いが、南禅寺まで降りたら大混雑は避けられない。

大徳寺~大仙院~大悲院泉仙(精進料理)~今宮神社~あぶり餅

北大路バスターミナルから大徳寺まで行き、大徳寺境内を散策してその中に幾つも点在しているお寺巡りはコンパクトではあるが静かな京都を満喫できる。ちなみに私が好きなお寺は大仙院である。
そして点在しているお寺の中に精進料理を提供してくれる大悲院泉仙というお寺の精進料理は京都の割にはリーズナブルに京料理を食べる事ができるのでお勧めである。
京都で京都らしいランチを食べようと思うと、普通に3000円前後が相場であるが、うっかり外に値段表示されていないところに入ると一万円越えもあり要注意なので下調べは必要であるし、時間がはっきりわかるなら、予約していく事をお勧めする。
そして、この大徳寺裏にある今宮神社もとても素敵な神社で、そこの境内横にあるあぶり餅のお店二軒、どちらも同じあぶり餅だが、ここでしか食べられない京都の一品である。


大徳寺~北野白梅町駅~竜安寺~妙心寺~仁和寺~嵐山

大徳寺バス乗り場から市営205甲 九条車庫前行 に乗り、北野白梅町のバス乗り場まで乗って、そこに北野白梅町駅がある。これは終点嵐山まで行けるお座敷電車で♪なかなか面白い。ただし、確かこれは共通フリーパスは使えない。
この沿線沿いには、よく知られているお寺が点在していて、行きたい所で降りれば良い。
今でこそ、混雑してるとは思うが、それでも南禅寺の湯豆腐よりはまし?だと思う湯豆腐専門店が竜安寺の中にある。

西源院

今はこのように食べログなどに掲載されているため、お庭見ながらゆっくり湯豆腐・・・という訳にはいかないかも知れないが、ここの湯豆腐屋さんはなかなか空いていればおすすめである。

竜安寺は石庭でも有名な場所なので、ここも混雑は避けられないかも知れないが・・
その後、妙心寺は八方睨みの天井絵の龍が有名、ただし、順番待ちを何組かでしながらの拝観なので混雑していた場合は時間もかかるかも知れない。
仁和寺、世界遺産だけあり、見ごたえある重厚なお寺だ。境内広いので人も沢山来るかも知れないが分散はされるだろう。

嵐山は京都の原宿みたいなところ?と思えば良いかな~・・・若い子が沢山来るし有名どころではあるが、ここではレンタサイクルを借りて、奥の方まで散策する事もできるので、メイン通り以外は分散されるのでさほど混雑を感じないかと思う。

いずれも人気のスポットなので、京都駅からのバスだと大混雑必須なので、北野白梅町駅からお座敷電車を楽しみながら回るのも良い。
もしそこから京都駅方面に戻りたい場合は、嵐電嵯峨という駅で降りて、少し歩いて山陰本線に乗り換えれば京都駅まで行ける。

しかし、京都というと、東山界隈が祇園もあったりと、超有名どころであるし、物凄く様々な店もありにぎわっている。
そういうのがやはり行きたいと思われたり、宿が近いなら、東山にも足を延ばすと良い。
ただし、八坂神社を拠点に清水寺に行く道は王道だけど人が多すぎて進めないかも知れない。
東山でも、お寺メインでゆっくり行きたいと思うなら、八坂神社から北の方に向かって行くと「青蓮院」というお寺がある。
そのお寺は私的にはとても好きなお寺であり、ここに売られている青蓮院香はとても良い香りだ。
今はどうか判らないが、ここはメインから少し外れにあるので、比較的静かなのも良い。

kanoko1



後これは余談です・・・

京都は魔界都市とも言われていて、色々とあまり行かない方が良い場所もあります。
どことは言えないけれど、私もここちょっとマズイな~と思われる場所がここのどれかに掲載されてますので参考まで・・・ヒントお札の山?!

https://bjtp.tokyo/kyoto-sinrei-spot-2/














気分で模様替え♪

ついこないだスマホのTOPを模様替えした。こちらは自分でカスタムするのがなかなかできないのでテンプレートでの模様替えだが、今日、またPCの方も模様替え♪
スーパー林道に迷うのを予知したようなTOP画だったのだが、もう迷いたくはないので、ちょっと森から気分を変えて宇宙にしてみた。
スマホ用の人のためにこちら・・・

スーパー林道のTOP画はこれ
doaimori1

そして今回変えた宇宙のTOP画は愚者ネコ語りで使った背景だ。

terra999

巡礼をやっていて・・・

私は西国三十三ヶ所霊場巡りの他、自分がふと思い立った神社仏閣によく行く。
ところが、富士近辺の神社は地元なので時折行くには行くのだが、どうしてだか、やはり西国方面に足が向いてしまう。
今まで、西方面、それもやはり西国霊場近辺周りが多い。我が家からは車で三時間~四時間はかかるような場所なのに、あまり苦もなく行ってしまうのはご縁あるからなのかも知れない。
そんな神社仏閣巡りを闇雲にしていて、ふと最近、辿り着いたところがあった。

神仏霊場会

ここに辿り着いた経緯というのは、最近、友達経由で知多半島の新四国を先達として周られてる方と出会い、その方の話を聞いていて自分の巡礼に対する意気込みというのはまだまだだな~と思うと同時に、新四国とはどんな場所だろうか?とネットで調べてみた。
すると、新四国に限らず知多という地には観音巡礼などもあり、こんな小さな半島にそのようなお寺がひしめくように点在していたのだ。
知多半島は車で二時間くらいで行ける近い場所だけに、何日か日帰りで通えばアッと言う間に周れてしまうだろうと思った。
でも私のような出不精怠慢な人間が簡単にそのような事を言っていい場所でもなく、やはり意気込みが足りない事を痛感したので、ここは自分にとってライフワークでも良いから地道に周れるところを選んだ方が良いかな~とも思った。
西国巡礼始める時も、基本は一人で周らなければならないだろうと決心しての巡礼だったが、気付いたらすぐに満願してしまっていた。
新四国の先達をやられている方が、一度や二度回ったぐらいでは先達とは言えないというような厳しい事を言われ、この方は坂東や秩父、四国88か所も巡礼されているだけに迫力が違ったのもあり、確かにそうだな~と思うので私は西国の先達会に参加するのはせめて二周目クリアか中先達が取れたら?にしておこうと思った。
でも冒頭でも言ったように、私は東方面はあまり縁がなく、坂東、秩父周って100観音目指そうという気にもなかなかなれないので、西国巡礼を今度はゆっくり二周目をやっているが、それも気付いたら、もう半分以上も来ていて、10月末に姫路方面にも家人の先達として向かうので、もう難しいところは大半クリアである。
そこで、西国方面の巡礼というのは他に何があるんだろ?と見付けてしまったのがこの神仏霊場会だった。
150か所の有名な神社仏閣を見ると、結構行っている場所があった。
それを家人に話したら、闇雲に周っているよりは何か目標になるものがあれば人は励みになるものだから、やるといいよと言ってくれた。
そして自分もなかなか私のペースでは周れないけれど、励みになるからと一緒に御朱印を申し込むことに・・
早速だが、今月末に出かける洞川温泉付近の丹生川上神社の三社も、その150社の中に含まれていた。
目標は勿論満願ではあるが、この神仏霊場会に参加されている方々はどんな方々なのだろう?と期待するのと、満願する頃には自分はどのように意識が変化しているだろうか?それ以前にきちんと満願できるだろうか?などの不安と期待もある。
晴れて満願した日には、この霊場会の会合の何かしらには出席してみたいなとも思った。



台風が来ると共に

秋の味覚の話の少し前の話・・・台風が来る前と通過していくときの話・・・
台風が来る前のある日、松坂にいる長男から一枚の写真がLINEでやって来た。
どここれ?と聞いたら、岡山の八墓村の舞台設定になっている農園風景だと言う。
その時はふーんそんな遠いところによく行ったね~と何も思わなかったのだが、しばらくして、台風が丁度やって来ると言う日に家人が出張で岡山に出かけて来ると言いながら出てった。
そして台風が岡山を通過する直前に、三年ぶり?か懐かしい友達からいきなり電話がやって来た。
物凄く久しぶりだったので、彼女がまた引っ越しした事をすっかり忘れていて、九州は台風どう?と聞いたら、え?私は今岡山に引っ越ししたのよと言うので、そうだったと思い出した。
そこで・・・
待てよ待てよ?何で岡山?と気付いた。
友達も何でいきなり私の事を思い出したか?というと、ふと顔が浮かんだという。
今、彼女は面白いイベントをやっている最中で、それを次に誰にバトンタッチしようか?と思っていたら私の顔が浮かんだというので、普通ならそのようなイベントは面倒な事が多いので止めておくのだが、妙にその岡山という偶然のキーワードが気になり、友達のイベントを引き継ぐことにした。


ホスティングエンジェル・・・

ここのサイト様に、とても詳しくこのセレモニーと言った方が良いかな?このセレモニーの事が書かれている。

■ホスティングエンジェルとは?
大天使が5日間、あなたの家に訪問します。
その間、あなたがホストの役目を司り、一緒に過ごし、
大天使に3つの願いを叶えて頂き、次のホストへリレーするというものです。
 
大天使の望みは、地球を旅し、連続した5日間の滞在中に、
3人の人々の望みを叶える手助けをすることです。
 
あなたが選ぶ次の人は、
大天使たちのホストとなることに同意していることが前提となります。
-----------------------------------------
■誰が来るの?
ミカエル ・ ガブリエル ・ ラファエル ・ ウリエル ・ メタトロン
…の、5人の大天使たちとなります。
 超有名どころ…!
-----------------------------------------
■用意するものは?
①白い花
②キャンドル
 大天使の滞在中、ノンストップで灯し続けます。
 (就寝、外出時は電子キャンドルでもOK)
③3つの願い事を書いた紙をいれた封筒
 ①母なる地球のため
 ②あなたの家族のため
 ③あなた自身のため
④りんご
 願い事をいれた封筒の上に置きます。
-----------------------------------------
■ホスティングエンジェルの方法は?
①歓迎のあいさつ
到着日の午後10:30に、玄関のドアを開け、
「大天使の皆さん、
 紹介先の○○さんから私の家へようこそ。

 大天使の皆さんひとりひとり
 ミカエル ・ ガブリエル ・ ラファエル ・ ウリエル ・ メタトロン
 に感謝します。

 この場所と私たちを清め、
 喜びと調和、平安、平穏をもたらして下さること、 また、
 望みを叶えて下さることを、心より感謝します。」
…と、歓迎します。
 
②5日間、一緒に過ごす
この5日間は、大天使が様々な変化をもたらし始めます。
大事なことは、細かいルール、正しいルールに怯えるのではなく、
ただただ、信頼しましょう。

大天使たちに、一日中同行してくれるように頼むこともできます。
旅行に加わってもらうことも可能です。
外出時に同行も依頼できます。

この5日間は特別な時間として、瞑想などをして、
高次の波動を浴びる機会を作るよう、心がけましょう。
 
③旅立ちの準備
 大天使の出発の日が近づいたら、次にホスト役を務めてもらうよう頼んだ
 3人の名前と住所を紙に書き留めます。
 ※もし、3人見つからない場合は、
「大天使の皆さんがお手伝いしたい人へ」
「将来会う人へ」等と設定しても良いでしょう。
 ただ、本来は、天使が世界を旅し、願いを叶えることが目的ですので、
 一人は、ご自身で探す努力もしましょう。
④紙を燃やす

 多くの援助を与えてくれた大天使たちへ感謝と愛を送りながら、
 ③の紙をキャンドルの火で燃やしてください。

 すると、次のホストの名前が、エーテル界に送りこまれ、
 大天使たちは次に尋ねる場所を知ることができます。

 大天使たちはあなたの家を去った後、
  次の旅に出るまでに5日間の休みをとります。
 この休みの期間は、
  新しいホストたちが大天使たちを受け入れる準備をする時間です。
 あなたが選んだ次の3人に、この情報を送ってください。
 
⑤大天使が去った後は?
 ・願い事を入れた封筒を燃やす。 
 ・キャンドルの火を消す。
 ・りんごを食べる。
 ・花は外の地面の上に置く。
※できるだけ早くが望ましいでしょうが、その日のうちに
 りんごを食べたり、外の地面に置かなくてもよいかと思います。
 そのような形式にばかりとらわれず、心から、大天使たちに感謝しましょう。
-----------------------------------------
■日程・時間について
 
約束した日の
午後10時半に到着し、
5日後の午後10時半に出発します。
(世界中、時差に関係なく、午後10時半です。)
 
5日間の訪問の後、次の新しいホストとの5日間をはじめる前に、
大天使たちは5日間休みます。

例:
20日午後10時半到着→(5日間一緒に過ごす→)
25日午後10時半出発→(5日間の休憩→)
30日午後10時半次のホストへ到着
-----------------------------------------
■ホスティングエンジェルの由来
 
エンジェルを家に泊めるという儀式はドイツ人の霊能者によって、
2010年にニューヨークで始まりました。
 
高位のある無名のエンジェル達が、彼女のもとに訪れ、
映画「ペイ・フォワード 可能の王国」(Pay It Forward)による啓示を与えました。

この連鎖が20回に達すると世界中に影響を与えることができるということです。
 
大天使たちがあなたの参加に感謝しています。

5人の大天使のホストとなることは、
あなた自身や、あなたの家族と家に大天使たちの光を宿すことは名誉あるギフトです。
 
また、
人類、母なる地球、そして宇宙のすべてへの奉仕を
あなたがより直接的にサポートすることになります。
------------------------------------------

普段から、呼べば来られることもありますが、
我が家にホスティングエンジェルにて、大天使たちが来てくださる時は、
今迄よりもハッキリと分かりやすく、様々なサインを与えてくださります。
もう、私のところで何周かしております。

・何度もフッと白い光や影、不思議な模様等がみえる。  →私だけでなく、周囲でその体験が起こる。
・触られているような感覚が何度もある。
・質問すると香りやサイン、光
で様々なことをシンクロで教えてくれる。
 →私の場合、ダマスクローズの香りがしました。
す・エネルギーやオーラが見えたり感じやすくなります。

と、友達からは回って来た。


私は23日にこれを引き継ぐ事にしたのだが、偶然なのか?何故だか急に電子キャンドルというものが欲しくなり、購入したばかりだった(^_^.) 
後はリンゴと白い花を用意するばかりだ。
でも、何かしらワクワクしている自分がいる。

これが終わった後、30日から一泊で、熊野彷徨い事件(笑)の洞川温泉にリベンジで向かう。
今度は家人が運転すると言い張って、連れてってくれるらしい(^_^.)

今度は真面目に丹生川上神社の三社を参拝させていただく!今から気合を入れておく

そしてその後、何を思うか?何があるか?はその時次第だが、場合によっては岡山に行こうかなと考えている。


秋の味覚を求めて・・・

今朝、台風が過ぎ去り、空は見事な秋晴れでした。
この日、天気に応じて行けるところに行こう~と前日に近隣の友達と話していて、秋だから秋の味覚満載の恵那に行こう♪と思い立ちました。
道中、友達と色々話していたら急に松茸の話になり(^_^.)高額な食材だけにこれは自分の中では想定外な物だったのだが、松茸をランチで食べよう~という話になり、ドライブしながら友達にスマホで色々検索してもらいながら、あちこちに電話をしたものの、今日はやはり日が良いのか?どこもかしこも満席状態でとても入れない状況に少しがっかりしたのだが、途中車を止めて、もう一度私も検索かけたら、少しピンと来た店があり、そこに向かう事に・・ところが、友達がそこは検索したけれど、見た目がとても松茸食べさせてくれるような店に見えないよぉ~と叫んでいる・・・そこはまぁ~覚悟の上で、受け入れてくれるとこはそこしかなかったので、ここは行くしかないとレッツゴー

ddd

ドーン・・・何とか(*_*)道を間違えながら着きました。交通量の多い19号線にあるこのお店・・・一体何をコンセプトとしてこの作りなのか?ステンドグラスがはまっているような店ではあるのですが・・・安物の喫茶店にしか私には見えませんでしたが・・・これは店紹介の写真なのでまだ良い方なのですが、私が来た時には様々上り旗が立てられていて益々何屋さんなのか?判らないような店でしたが・・・

ところが、館内に入り、大昔の華美な喫茶店を彷彿させるような作りのテーブル席に座り、メニューを見たら目からウロコでした。

やま里

ここを見ると判るのですが、何しろ安いのです・・・あまりに安いので一抹の不安を感じる程でしたが、松茸御膳、松茸の土瓶蒸しを食べた瞬間、その不安は一気に友達と解消~天国でした(*^。^*) 
出汁はしっかり出ているのに松茸の香は損なわれず、本当に旬の採りたて松茸が入っていて、真に美味でした。
周りを見ると、そこはことなく地元の人たちが多いようなお店・・・地元民に愛される店だっだのですね~・・・確かに、この作りの外見では、観光客はまず一見では入らないでしょう・・・
でもここは超おすすめなお店です。
恵那には何度も足を運んではいるものの、ここは久々にヒットなお店でした。また来る楽しみが一つ増えました。

その後、祝日には大行列が必ず出来る恵那の川上屋でスィーツを買い込み、混雑避けて車内で栗菓子をもぐもぐといただき、友達が私の行きつけの葡萄園に行った事がないというので、まだ早いとは思いつつ、出かけたら、何とか少しは購入もできて、帰路に着きました。
本当はできるなら生栗もどこかにないかな~?と思ってはいたものの、秋の味覚はオデブまっしぐらなカロリー摂取は必須です・・・(*_*)
こないだ栗の渋皮煮をたらふく作って食したばかりなので、ちょっと自重しないとヤバいかも・・・
それでも秋は美味しい物が沢山出回るので、せっかくの大地の恵みはこの時期限定だと思うと、またそれを求めて走って行ってしまいそう・・・




愚者ネコ語り

・ はじめに  ・ 06
・ 序章        ・ 07
・ 01          ・ 08
・ 02          ・ 09          
・ 03
          ・ 10
・ 04          ・ 11
・ 05          ・ お疲れ様
・ 小休止   ・



最新コメント
記事検索
ギャラリー
  • 紅葉の京都の穴場をこちらに・・・
  • 気分で模様替え♪
  • 気分で模様替え♪
  • 秋の味覚を求めて・・・
  • 龍・・龍・・龍の続き2
  • 龍・・龍・・龍の続き2
  • 龍・・龍・・龍の続き2
  • 龍・・龍・・龍の続き2
  • 龍・・龍・・龍の続き
アーカイブ
プロフィール
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ