宙soraの独り言

心の鏡に映した事、不思議な体験、旅先での出来事などを気まぐれに綴ります。

気まぐれ更新ですが、細々続けます。

空が青い

多くの人が気づいていると思うけど、このコロナ騒動で空と海が綺麗になり、毎日聞いている鳥の声も心なしかいつもより響いて来るような気もする。
でも人間は多くのものを失い、もう世界は元には戻らない。
時の流れを急速に感じる。
コロナ騒動がパンデミックになる直前にこの世を去った知り合いの和尚の事がふと思い出された。
もう四十九日も終えて、夢枕には立ってはもらえなかったが、亡くなったすぐに和尚の部屋と同じお線香の香りがふと匂った時、あぁ~来てくれた!と思った。
まだ蒲郡のあの地に行けば「いらっしゃい!」と笑顔で和尚が出迎えてくれるのではないか?というような錯覚も起きる。
人は誰しも生まれてこの世を去る。
時の流れが速く感じられるこの時期、そして巣籠状態で過ごした日々の中で、様々なことが交錯した。
友達とも話たことだが、人は年老いていく度に精神は軽く綺麗に磨かれていくのが良い。
そうするにはどうするか?
怒らず奢らず様々な執着を捨てなさいという事なんだろうな~と思えるのは、蒲郡の和尚から色々教えて頂けたからこそなんだろうなと感謝した。
空・・・空っぽ・・・
まずは様々な事を断捨離して、自分の中も空のようになれたらと思う。


インドア生活

緊急事態宣言が出てから、色んなイベントや約束をキャンセルして、ずっとインドア生活をしている。
買い物は仕方が無いので、サササッとアルコールを持ち歩きながら出かけている。
私が住んでいる地域はまだ感染者ゼロ地帯だが、自分はともかく、家族にうつす事だけは絶対に避けたいので、自主管理は必須だと思う。
なのにこないだの日曜日、ちょっと足りないものを買い出ししようかと車で出かけたら、ホームセンターやらユニクロやら、いつもと変らない車の混雑で、店内も小さな子供まで連れて床で遊ばせたり、店内で買い物している若い方々、マスクも付けていない!今のこの時期、驚きだった。
車から出るのも嫌で、早々にどこにも寄らずに帰宅した。
まあ、自分は自分なりに自粛すれば良いか~と思い直し、インドア生活には元々オタク気質なので慣れている。
アマゾンプライム会員になっているので、動画見放題は非常に助かっている。
そこにとある映画を発見♪
ちょっと前に見た映画なのだが、普通に見ると三流のバイオレンス映画?何が言いたいの?と酷評にもなるような映画なのだが、チベットのヒマラヤ聖者の話を知っている人なら、これは普通の映画ではないと気づくだろう・・・

ルーシー


この映画のシーンで、ルーシーが人間全てを潜在意識で見た時、宇宙との繋がりを表すシーンがある。
この光景を時折感じる事があるのだが、殆どの人は、その繋がりを自らの潜在意識でシャットアウトしてしまっている。
特に自己中心的な状況になってしまっている時、恐怖や自己顕示欲、あらゆる欲望にまみれてしまっている時などなど・・・様々ではある。
今のこの時期、必要以上の恐怖や猜疑心、自己顕示欲、自分さえ良ければ良いという自分中心的な考えは、宇宙からのエネルギーの繋がりが切れてしまうので、余計に免疫力低下、ストレス、活性酸素上昇などのリスクが出て来る。

私は時折、他者にヒーリングを施す時がある。
やり方はシンプルで、宇宙エネルギーとのバイパス役になるだけなので、自分も気持ち良くなれる。
コツさえつかめば、それは誰でも出来る事だ。
友達にそれを伝えたら、自分にはそんな力は無いと言った。
その言葉の意味を先ほどお風呂の中に浸かりながら、不意に教えられた。
あっそうか!
自分にパワーがあるとかないとか?人は勘違いをするんだと
元々人間全ては同じであると私は思っている。
そこに時間差があるだけ、振動数が変化するだけ、遅かったり速かったり、でもその振動数もいずれ同じように変わっていくものだ。
そしていずれ、幾万の転生の果て、振動数がマックスになった時、ヒマラヤ聖者のように、この世から消え去る。それもまた時間差であり、基本、人間はこの世に存在しながらドングリの背比べをしているだけだ。
では宇宙エネルギーと繋がるには?
抗わなければ良い、自分はこの世界の一部であり宇宙の一部であり全ての一部であるということを認めて流れのままに任せれば良い。
この三次元で存在している以上、普段はなかなか難しい心情ではあるが、目を閉じて、今ある自分を全部捨ててしまえば良い。あくまでそれはその時の心情ではあるが・・・
ヒーリングとは、自分の力とかではない。
自分という存在を極力消して、そのまま身を任しておけば、勝手に起きる現象である。
だから誰にでもできる。でもいつでもできるものではない。
インドア生活している中で、いつでもそれができるようになれたらいいな~とも思う。
コツは水の中でゆらゆら~として水と一体になっている自分を想像するか、実行すると良い。

蘇りし記憶~nine butta

この絵のように、人は宇宙エネルギーの海の中に存在している。
だから常に本来はエネルギーに浸されている状態である。
そして人の中からは波動という波紋が常に流れている。
それは全宇宙あらゆるところに広がり、それぞれが共鳴している。
量子力学(スピリチュアル傾向のあるサイト様をご紹介)での理論でも、その波動はあらゆる物質を抜けて宇宙に広がっているという。
難しい事はよく判らないが(*_*; 波動の周波数により、繋がる先や引き寄せられるものが変わるという。
果たして、新型コロナウィルスの持つ波動はどんなものであるか?!という事を考えてしまった。







サイン

これは人それぞれであり、自分だけの見解であるという事を前提に・・・


何か大きな事が起きる時、それらを知らせるようなサインというものがある。
兆候や虫の知らせなど、言い方は様々だが、私はサインと言っている。
こないだここで紹介した黒い津波という夢も、私にとっては一つのサインである。
今、世の中は新型コロナウィルスで大変な時期を迎えている。
しかし、この大きな事態が起きる前に、自然界でも何等かのサインというものがあったのではないだろうか?と思っている。
毎年、私は花粉症で悩まされていた。
しかし、ここ数年、あまり症状が出ない・・・けれども毎年、マスクを購入することには事欠かなくて、買い込んでは、それを使わず閉まってしまい、そのまま忘れて・・・というのがあり、こないだ物置を整頓していたら50枚入りのマスクが何箱か出て来たので驚きつつ感謝した。しかも私は金属アレルギーなのでワイヤー入りは出来なくて、そのマスクはノンワイヤーの個別包装の物であったので大助かりである。多少物置の匂いが付いてしまっていたが、マスクが必要なこの時、本当に思わぬギフトであった。

そしてマスクで思い出したのだが、その時、普通にマスクでは面白くないから、色んなマスクのデザインや色やら考案したりして、こういうのはそのうち誰かが考えて世の中に広まる時が来るよね~?と家族に話したら、家族はそんなマスク如きが主役になる時なんか来る訳ないでしょ?と笑われたのだ。
しかし、今はどうだろう?当時私が考案していたようなマスクや色とりどりのマスクが本当に出回る事態になってしまった。
そして、おととしの話、名古屋に住む弟がマスクが大量に余ってるからと、何十箱も持って来た事があった。こんなにマスクばかりあっても仕方ないからと、その時は家族の会社に寄付してしまったのだ。
今思うと、あれはサインだった・・・あの時のマスク、退けとけば良かったな~と思ったのだが、今、そのマスクが家族の会社で少しでも助かったと聞いたので、それはそれで良かったかな?とも思う。
黒い津波の夢を思い出したので、あの時、何で助けてもらったか?と言う意味を自分なりにサインだと思う事で、気持ちは楽になる。


後、気を付けなければならない事がもう一つ、必要以上に恐怖や緊張を持つようなものを見ない事だ。
最近、息子から海外のドラマを教えてもらいアマゾンプライムで暇つぶしに見ていたのだが、普通なら大して怖い話ではないし、リアルではなく作り物だから大丈夫だと何話か見たのだが、一応ジャンルとしてはホラーである。見ているだけで体がやはり知らずに緊張しているのが判り、見終わった後には左の肩コリが起きている事に気づいた。
そしたら喉も痛くなったり頭痛がしたりと、コロコロと症状が入れ替わりながら出て来てしまい、そのドラマを見たのがいけなかったと判断した。
日頃自然界との交信、宇宙からのエネルギーを信じている私には、よろしくない波動だった。
息子を介して、そういうのも気を付けなさいとのサインだと思った。
だから今日はそれを見るのを止めて、久しぶりにこうしてblogに向き合っている。
肩こりも無くなり、体はポカポカして絶好調である。
巣籠状態だから、こうしてまたblogに雑談を記す事も増えるだろうか・・・

aoitenshi

青い色は浄化効力があるそうです。色の中でもとても波動の高い色で、見ているだけでも効果があるとか・・・なので、最近は、ホ オ ポノポノを実践中













考えさせられる事

今日、LINEを通じて義兄と話していて、ふと思い出した事があった。
黒い津波

こちらの記事はもう何年も前の記事なのだが、時折、こうした事が宇宙から夢のように降りて来る事がある。
当時は、なんだろうと思っていたのだが、新しい年の幕開け・・・とか記事では言ってるので、偶然にしては微妙である。

もしこれが宇宙から降臨されたものならば、やはり今の状況は人類かなり試されているように感じられる。
それは義兄と話していた内容なのだが・・・

そして今年に入りもう一つ降臨して来たことが言霊・・・それは去年それらしいキーワードがあり、そして今年に入り確信して今、言霊について色々と試している。
今、西国三十三か所巡礼をご案内している一部の興味のある方々には伝えている事なのだが、神代文字というものが古来からあり、その言霊はかなり効力があるように感じられる。

そして義兄とのやり取りがある中で、カタカムナという言霊が今一番私にはホットなのだが、それに付け加えて、ヒフミ祝詞は勿論、いろはの歌と続き、あわの歌に到達した時に、ある不思議な夢を見た。

あわの歌は準備が出来ていない人間が不用意に歌ってはいけないよ・・・
最近はそれがあたかも良い歌のように蔓延しつつあるから、人間から〇〇〇を回収しなくてはね


その〇〇〇というのは、その時、物凄く恐ろしいものに私には感じられ、私も実はその歌が今気になり始めてるのですが?
と、それを言ってきた存在に聞いたら・・・

貴方は準備が出来てるから良いけれど、歌ってはないよね?

歌ってはないよね?という言葉のニュアンスが非常に危険な感じもして、その夢はそこで終わったのだが、実はあわの歌は、他の歌に比べて物凄いスピードで覚えてしまっていたのだが、試しに人がいない時に歌ってみたものの、なんか嫌な予感しかしなかったので、それ以来歌うことをやめている。
それでも、その歌が時折リフレインして、歌え~歌え~と促しているようにも感じられて、やはりこの歌は私は歌ってはいけないものだと感じている。
よく判らない事でもあるので、忘れようと思うのだが、これがなかなか忘れられない・・・
しかも、あわの歌を思い出す度にとある光景がよぎる。それは遥か悠久の昔に起きた出来事・・
これはあまり話したくないので、いずれまた・・

今は言霊として歌うのはカタカムナとヒフミ祝詞、いろは歌である。
中でもいろは歌が出来た光景は大変美しくお気に入りであるが、この歌の内容を見ると、今のこの時期、考えさせられるような内容でもある。この歌にはいろんな説があるが、本当に覚者が作った歌と私には思う。私の心の支えにもなった巡礼笠の言葉もまた、詠み方は違えど、意味は同じに思えるからである。
迷故三界城 悟故十方空 本来無東西 何処有南北

しかし効力があるとすれば、カタカムナの第五首~第八首だろう。

こちらは安倍晴明が修行したと言われている阿寺の七滝の森でカタカムナを歌っている時に友達が撮影してくれたもの・・・
撮影したら、このような光が出現してレンズのいたずらとしても驚きでした。

9D38D11C-A442-444C-B400-0744F95006FF

話がズレてしまったが、人の体の大半は水で出来ていて、振動で形作られている。
だからこそ、波動というものが重要視される。
言霊も波動になり様々な影響を目に見えはしないが起こしている。

そして人の精神波動もまた、かなり影響される。
ネガティブ思考は波動を下げ、それは免疫力も下げ、あらゆる病気にも影響される。
かと言って、無謀な行動は現実的には多くの人の不安や迷惑をあおりかねないので、自分が楽観視するのとはまた別である。

特に多くの人を預かっている経営者は、自分だけならまだしも、職員、職員の家族、そしてまたその家族の周囲の人までも巻き込んでいく事になりかねないので、十分行動を注意しなくてはいけないから大変だろう。
本当に今この時は、いろんな事を考えさせられる。








ふと思う曖昧な独り言

こちらには令和になってから久しぶりの投稿です。
携帯からなので、誤字脱字、失礼します。

今、どこでも新型コロナの話ばかりですが、このような世界規模で起こる状況は人生の中でも稀な出来事でしょう。
人は今、ここに何故いるのか?
端的過ぎるけれど、この稀な状況の中、その明暗は分かれ、人としての在り方を考えさせられる時なのではと、思ってます。
戦争や武器開発なんて、やってる場合ではない。
後、不必要に疑心暗鬼になり、自己中心的な思考が、この出来事により、様々なストレスもあり増幅されやすいかと思いますが、だからこそ、自分の中で冷静に対処すべきことを考えなければならないと思います。
試されてるなぁと日々感じます。
今迄、当たり前の事を普通だと行動して来た事でも、一つ一つ意識的に気を付ける事が大切なのではと思います。

後、余談ですが、毎日、ウイルスの感染地域や、広がり具合を見てて、ふと思う事がありました。
あくまで、一個人の考えなので、不用意に広めないように、今は不用意に恐怖にかられる事は避け
、これから自分が何をなすべきか?これをしたらどうなるか?を冷静に考える時期なのだと思うのです。

さて、話に戻りますが、感染国の広がり具合が爆発的な所と、日本の様に地域ごとに少しずつの所と、感染しても広がらない国、今時点で全く感染していない国とが、世界の分布図を見ると分かります。

あくまで私の思ったことです。
アジア圏を見てふと思ったのです。もう気付いてる人は沢山いるとおもいますが、ヒンドゥー教の人達がいるインドはあまり感染していないと言うことです。
逆に近隣のイスラム教の人達は感染拡大が酷いのです。

それは何故か?

食生活に関係していると思いました。
そして共通している事は、私はバリに出かけた時に不思議に思ったので覚えてるのですが、ヒンドゥー教徒のバリでは、〇〇が野良如く徘徊してて、何故と聞いたらバリでは〇〇は食べないからだと聞いたのです。
そして、次の日、ジャカルタに行ったら、そのはイスラム教なので、〇〇は食べるが△△は食べないとの事でした。

そして今、バリ近くのイスラム教の国々には感染者が拡大しています。
バリでは、今のところ感染確認は無いようです。
インドも、ヒンドゥー教の人々が多いので、あんなに沢山の人達がいるにも関わらず、感染者が少ないのです。
いつだったか、コロナウイルスが出始めた時にも、武漢からの帰ったインドの方々700人、1人も感染していなかったと記事を読み不思議に思ったのです。
カレーのような香辛料が効いてるのか?みたいな事も当初言っていましたが、やはり、食生活によって、コロナウイルスにかからない体質の人がいるのでは?と思うのです。
他に感染の広がり地域を見ると、これも一個人の考えですが、肉食メインの国程、拡大の早さが半端ないです。
日本はこんな小さな国なのに、少しずつ浸透してるような感じですが、爆発的ではなく、潔癖症な所もあるからなのだろうけど、食生活も関係ある様に思えるのです。
そもそも、肉食は活性酸素増殖で、免疫力も落ちる、波動も荒れると言われますが、それを中和させる食を心がけていく事も大切です。しかし、敢えて不用意に特定はできないけれど、肉食にも色々あります。
そう思うと、加工食品はもっと控えるべきなんだろうけど、時折無性に食べたくなるから困り物ですが、あまりそれも神経質に拘ると、ストレスで免疫力は落ちてしまうので、何ごとも程々に深刻にならず楽に考える事も今、必要な時期なのでしょう。



愚者ネコ語り

・ はじめに  ・ 06
・ 序章        ・ 07
・ 01          ・ 08
・ 02          ・ 09          
・ 03
          ・ 10
・ 04          ・ 11
・ 05          ・ お疲れ様
・ 小休止   ・



最新コメント
記事検索
ギャラリー
  • インドア生活
  • サイン
  • 考えさせられる事
  • 狛犬の正体
  • 勇気を示すこと
  • 勇気を示すこと
  • 勇気を示すこと
  • 小さな幸せを見つける事
  • 小さな幸せを見つける事
アーカイブ
プロフィール

リーラ

アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ