・CHAOS;CHILD
序盤からほとばしる鬱オーラに堪えながら、なんとか辿り着いた結末は、なるほどシュタゲに勝るとも劣らない。
たったひとつの冴えたやり方とは到底言い難いが、それでも余韻の残る結末。トロコン。
総評:S

・CHAOS;HEAD DUAL
実はやっていなかった前作。vita版でセットになっているのが出ていたのでやってみたら、どうも処理落ちが酷くテンポが削がれる。
話にのめり込めず絶賛放置中。

・DEAD OR ALIVE EXTREME 3
噂通りグラフィック面はともかくゲーム部分は控えめに言ってもクソゲーの領域。
が、こと追加要素に関してだけ言えば数あるVR作品の中でも白眉。
マリー可愛いよマリー(*´Д`)ハァハァ
総評:D(A)

・四女神オンライン
Unreal Engine4によって格段にグラフィックが向上したねぷねぷ。オンラインとあるが普通にオフラインゲー。
そこそこの難易度とそれっぽいオンラインあるあるネタがぬるま湯のようで心地良い……。ネプギアは壊れ性能なので封印安定。トロコン。
総評:B

・スーパーロボット対戦 V
続編の予定がない(らしい)MXのようなスパロボ。
プレイ前は参戦作品に不安を覚えたものの、やってみたら思いの外愉快なラインナップ。相手方に魅力あるキャラが少なかった点はいつものスパロボでしたが、総じて欠点の少ない作品。
SRポイントを全て獲得してハードに進むとなかなか手強い難易度でやりごたえがありました。
作品に全く関係ないですが、スパロボプレイ中脅威だったのはPS4本体。
静電気によるディスク排出バグによりプレイ中断を余儀なくされモチベが大きくダウン。
結局クリアしたのは購入後、数ヶ月先だったとさ。トロコン。
総評:A

・クロワルール・シグマ
VR対応に釣られて衝動買いするも、いまいち乗り切れず積みゲー中。

・CHAOS;CHILD らぶchu chu!!
待望のファンディスクに昂ぶっていたはずも、購入当時ゲームをプレイする時間が確保出来ずまさかの積みゲー化。未だに未開封のまま本棚に。

・初音ミク Project DIVA X HD
後からVRに対応したはずも高いクオリティを誇るとかなんとか聞いたのでついつい衝動買い。なるほど確かに素晴らしい出来栄えだと感動したもののモジュール集めが面倒で挫折。
総評:B+

・サマーレッスン アリソン・スノウ
金髪美女のカタコトが何ともユニーク。なお話題となった一作目は未プレイ。
古いタイプの恋愛シミュレーションゲームのような作りで、周回プレイを前提としている割には、ゲームの仕様上なのかスキップ出来ないアリソンの所作がもどかしい。
前作で挙げられていた画質の向上にもしっかり対応してきた辺り、制作陣は頑張っているようなので三作目はより良い作品に仕上がっていることでしょう。クリアはしたがトロコンは諦め。
総評:B


・ドラゴンクエスト Ⅺ
らしさを失ったFFと、らしさを追求したDQ。その差が顕著に出た気がしますね。まあ堀井雄二さんとすぎやまこういちさんと鳥山明先生の三人が現役なのが一番大きいか。

序盤は違和感が拭えなかったが中盤からは終盤は息を呑むほどに圧倒されるシナリオ。流石は堀井雄二さん、ファミコン時代にあのオホーツクに消ゆを書いただけあります。この人さえ居ればそれは間違いなくドラクエ。

シリーズの名曲を要所要所で流せるのは正直ずるいレベル。こんなんシリーズファンなら燃えるに決まってるだろ!!
まあその弊害で、Ⅺ独自の曲が何だったかうろ覚えなってしまった。Ⅵのムドー戦やドラクエⅢのフィールド曲は反則ですってば。

ラスボス倒してこれで終わりかと思いきや、裏のおまけがこれまた憎い演出。考察厨の血が滾る。
ちょっとファンサービス強すぎてナンバリングというよりお祭り作品といった印象が強いですが、まあ文句無しの傑作。サントラ欲しいですわ。トロコン。
総評:S

・New みんなのGOLF
キャラクリ良いしゴルフ部分の出来もいい。オンラインでオープンコースを回るのも何だかんだで楽しめた。
が、カスタムクラブの存在が全てを持っていってしまった。アレをオンラインで使用出来るのは間違っている。
いちいち素材を集めるよりは技術を磨きたい。課金要素をつくりたかったにせよ、もう少し巧いやり方があっただろうに……。
総評:A(C)

・GROW UP
前作が気に入ったので購入放置していた作品。最近クリア。前作ほど感動はないが、それでも、広がった世界と増えたゲーム内アクションで適当に歩き回るのは楽しかった。
クリスタル集めは地獄なんでトロコンはそうそうに諦めました。
総評:B


コンシューマーはこんな感じであとはソシャゲをちらほら。現在真面目にプレイしているのはバンドリのみ。
(´-`).oO(時間の作り方を上手くなりたい)