・ルリグデッキ
Lv0〜2 バニラ
Lv3 エクシーズコスト
Lv4 四型貫女
因果応報
暴風警報
クライシスチャンス
ドントファイト
緑幻獣 トナカイ

ハト 4
ミャオ 4
モンキ 2
ホーク 1
ベイア 1
サーバントO2 4
サーバントD2 4

ハチ 4
パンダン 3
定時ほー 4
リコダス 1
コウノト 4
クジャク 4


・コンセプト
トナカイでバニッシュ耐性を付けた定時ほーを立てて謎のプレッシャーを与える。


定時ほーの効果ダメージを意識させるために、序盤からランサー出来そうなら積極的に狙っていく。ハンドを枯らせばついついドローしたくなるはず……。
コウノトは空獣が3体並んでいるとノーコストで面空け出来る上に、相手がアーツを使ったら2エナチャージとプレッシャーを与えることが出来るためコンセプトに適っている。除去されると無意味な点はご愛嬌。

定時ほー→クジャク→トナカイの流れが基本形で、定時ほーとトナカイにバニッシュ耐性が付く。ライフバーストでのドローを封じながら上からぶん殴って勝利を目指します。

クライシスチャンスの採用は相手ターンにハンドからクジャクを出し、ついでにトナカイも呼ぶ動きがしたいがため。ドントファイトは申し訳程度の速攻対策。
[画像:455f9575.jpg]
[画像:7c80061b.jpg]


もともとフリー用に気軽に使えるデッキを目指して作ったんで、とりあえず身内とフリー調整してきました。

・対ドーナFIFTH戦
作戦通り序盤からちょこちょこランサーで削れてレベル5に上がられた頃でライフ3点まで減らすことに成功。
相手がカラテンを盤面に立てて来たことで明確な勝ちビジョンが見えてくる。カモがネギを背負ってやってきたぜ。

ハンドには定時ほーとクジャク。相手場にはカラテンタマモゼンスナカケの怪異3体の布陣。

開け我らの未来回路!!!!

定時ほー出してクジャク出してトナカイ出してエフェクトで定時ほーにバニッシュ耐性を付与。そして因果応報を発動。

相手はカラテンの場を離れた時の強制効果で6枚のドロー。
この時バニッシュされない定時ほーの効果により、6枚ドローに対する罰金刑6点のダメージを叩き込んでオーバーキル。
ドーナレベル5の硬さを特に拝む事なく、メインフェイズでの決着。調整なんて無かった。


・対3止め遊月戦
完全体ボルシャックが倍の数になって襲い掛かってくる理不尽なデッキ。完敗。
雑に組んだとは本人談だが、正直手持ちのデッキで勝てる気がしない。
せっかく入れた速攻対策のドントファイトも、マルチエナを焼かれ撃てず締まい。

止め特有のパワー不足もボルシャックには無縁であるため、意識した構築にしないとただただ辛そう。アーツ以外の防御手段が無いととても凌ぎきれない。