Lyu:Lyu Official Blog

■ライブの前日にこれを書いています。皆さんがこれを目にしているということは、色々な発表が滞りなく行われ、ワンマンが無事に終わったということですね。来てくれてどうもありがとう。明日の僕はちゃんと歌えてましたか。そうだったらいいのだけど。





■僕等は名前を変えることにしました。話自体が挙ったのは今年に入ってからです。

 まず何よりも先に、Lyu:Lyuという名前が好きだった人達には申し訳ないと思っています。勝手に決めてしまってごめんなさい。突然のことで困惑させる部分もあると思う。実際にバンド名が正式に変更されるのはまだ先だから、ややこしいけれど今はまだLyu:Lyuです。
 この8年間、Lyu:Lyuとして色々な場所でライブをしてきました。様々な人達と出会って、沢山の人達に観てもらえるようになって、何枚もCDを出して、沢山の音楽を作りました。嬉しいことも、悲しいことも、はらわたが煮えくり返ることも、本当に沢山あった。目の前で観ている人達が全員敵に思えたことも、歌に集中できなくて心が折れかけていたのを観に来た皆に助けてもらったことも何度もありました。今までLyu:Lyuとして僕等と出会ってくれた全ての人達を心から愛しています。本当です。あなた達がいてくれなかったら、僕等はとっくの昔に音楽をやめていました。

 どこかで話したか、それとも誰にも話していなかったか、ちょっと記憶が曖昧なんだけど、僕はこのバンドを組んだ時、メンバー二人に最初にいくつかの話をしました。もしこのバンドが上手くいかなかったらもう一生バンドは組まないということ、歌うこと自体はきっと死ぬまでやめないし、いわゆる「バンド形態」でライブをすることもあるかも知れないけれど『バンド』を組むのはこれが生涯最後だ、といったようなことです。
その気持ちは今でも変わっていません。この3人のバンドが僕の生涯における最後のバンドであり、それ以上のものはありません。

 そして今、改めて自分達がこのバンドでやりたいこと、表現したいもの、辿り着きたい場所、目指したい目標について考え話し合った時、Lyu:Lyuという名前に区切りを付けて、僕等の活動に新しい名前を付けるべきだという結論に至りました。
 僕等が、そして僕自身が結成当初からやりたかったこと、表現したかったもの、それは2014年に「GLORIA QUALIA」と「ディストーテッド・アガペー」を世に出した時、ある程度表現し終えたという手応えのようなものを感じていました。これは完全に僕個人の話ですが、僕はずっと自分が「本当の意味では音楽をやっていない」と思っていました。僕は自分が言いたかったことや過去に言えなかったこと、自分自身のプロパガンダのようなもの、頭の中で何度もぶっ殺したあいつのこと、謝りたくても謝れなかったこと、そんなようなものを音楽の力を利用して人に理解、承認してもらおうとしただけで、純粋な意味で音楽をやっている人達とは自分は違うのだ、という気持ちがどこかにあったと思います。きっと自分は音楽じゃなくたって何だって良かったのです、ただ自分を吐き出すことができれば。小説だろうが演劇だろうがダンスだろうが絵画だろうが何でも。でも今は、音楽でなければ駄目です。あの2014年から時が経って、もっともっと自由に純粋に「音楽」に殉じたいと思うようになりました。自傷行為にも似た呪いの言葉を吐き出すだけの歌から、もっともっと広い世界へ足を踏み入れてみたくなりました。そして、それができる機会は今を置いて他に無いと思いました。

 ただ、これだけは言っておかなければと思うのですが、多分僕等はそれほど変わりません。ただ今よりもっと自由になるだけです。今まではあえて見せなかった一面を見せるようになったり、今までは作ることの出来なかった歌に挑戦したり、多分そんなものです。名前を変えたくらいでこの嫌な性格まで変えられるならどんなに良いだろうと思うけれど、残念ながらそんなことはあり得えないと今までの人生で分かっているから、どんな名前であろうと結局僕は僕でしかありません。どんなに望んでも人は自分以外を生きることは出来ません。だから、その点においてはきっと安心して大丈夫だと思う。

 新しい場所へ行きたいのなら、今までに築いてきた居心地の良い古い場所からは出発しなければなりません。名残惜しい気持ちも無いわけではないけれど、向かう先にはもっと大きく広い世界があるのだと今は信じています。
 新しい名前は「CIVILIAN(シヴィリアン)」といいます。これからも僕等をどうぞ宜しくお願いします。



コヤマ

■最近になって、割と近いところにいるミュージシャンの訃報を良く耳にする。自分にはあと何が出来るだろうかと考える。自分の蝋燭の残りの長さがもし今見えたとしたら、もっともっと必死になって毎日を生きるだろうか。もしその答えがイエスなら、今の自分の毎日はいい加減に生きているということになるのだろうか。これはただの予測でしかないけれど、明日余命宣告をされたとしても、何一つ変わらないような気がする。余命宣告をしてもらえるだけまだ幸せだな、と思う。突然死ぬのだけは、嫌だ。死ぬのなら、今までの全てを清算する時間だけは欲しい。
 自分よりも早く逝ってしまった人への残念な気持ちと同時に、ミュージシャンでなくとも同じ日に亡くなった方は世界中でいるだろうし、それと同じ日にこの世に産まれた赤ちゃんだって沢山いるのだろうし、世界で誰かが悲しんでいるその裏側で誰かが幸福の絶頂にいて、僕一人の意識と肉体ではその全てを考える事なんて到底できないのだという、人間一人の限界をいつも思い知る。自分が知っている世間や世界も、自分が日常だと思っている日常も、すべてその途方も無く広い「世界」のほんの僅かな切れ端でしかない。Twitterで僕の大切な友人が誕生日を迎えている。皆から祝福されている。その数時間後に、少し関わりのあったミュージシャンの訃報がTLに流れて来る。そのすぐ後には別のフォロワーが「美味い飯を食った」と写真をアップし、また別のフォロワーが仕事の愚痴をこぼし、違う誰かが桜が奇麗だと呟く。僕はどのツイートを見て何を思えば良いのか、悲しめば良いのか喜べば良いのか無視すれば良いのか、自分の感情の遣り場が分からなくなる。訃報に目を瞑って友人におめでとうのリプライを送れば良いのか、友人の誕生日を見て見ぬ振りをして先に逝ったミュージシャンの冥福を祈れば良いのか、はたまたどうすれば良いのか。一瞬祝って、一瞬冥福を祈って、そのあとすっからかんに忘れて「飯が美味い」と呟けばいいのか。これだからTwitterは嫌いだ。僕の手には負えない。




■「お前は多分、バンドやるのは向いてないよ」と、高校生の頃から言われ続けている。それはつまり性格的に、という意味なのだけど、最近自分の帰属意識の低さが余計に顕著になってきて、自分という人間は集団に属することがつくづく苦手なのだなと痛感している。そんな自分でもこのバンドはもう8年も続けているのだから、我ながら驚くべき事だと思う。他の二人も今日までに相当な努力と忍耐があったであろうことは想像に難くないけれど、僕もよく頑張ったものだ。このバンドを始めた時の最初の目標が「長く続ける、すぐ解散しない」だったから、それはひとまず達成されたと言っていい。良くやった、自分。
 皆で何かをする、というのが苦手になったのはいつからだったろうか。思い出せる限りの記憶を辿ってみるのだけど、当時を知る人から前に「小学校高学年くらいから急に暗くなった」と言われた気がするのでその辺りかも知れない。気が付いたら、いつも一人で何かやっていた。小学生の時も、中学生の時も。自分自身の「好き」だけに没頭していたというか、興味がある事はひとりでもやったし、興味が無い事は皆がやっていてもやらなかった。そういう協調性の無い奴だった。そんな人間だったから、たぶん、自分の「好き」を他人と共有する経験があまり無かったんだと思う。昔から、自分が楽しいと思う事を周りに分かってもらえないことが沢山あって、そのうち分かってもらう事自体を諦めて、共有する事をやめてしまった。自分はこれが好き、これが楽しい、周りの奴がそれを好きじゃなくたってそんなものどうでもいい、だって僕が好きなのだから。だからひとりだっていい。そういう奴だった。
 過去の話はいいとして、それから随分経ち少しは社会性を身に付けたつもりが、最近になってまた自分自身が退行しているのを感じる。原始に戻りつつある。実を言うとバンドが沢山出るいわゆる対バンイベントやフェス等に出るのも精神的に少し辛くなってきている感はあるのだけど、人のライブを見るのは楽しいし、イベントに僕等を必要としてくれるのも嬉しいし、僕等を見に来てくれた人と同時に、僕等を見に来たのではない人達に対してもパフォーマンスできることは素直に喜びなので、頑張ろうと思う。こういうことを言うとまたバンドや僕自身に声がかかりづらくなる気もするけれど、別にあなたたちは何も悪くないんだ。ただ僕がぽんこつだったというだけの話。



コヤマ 

■明けましておめでとう。コヤマです。




■永らく更新できなくてごめんなさい。
昨年一年間、一ヶ月に一回書こうと決めて一年間このブログを書いていたのだけど、去年が終わった段階で、もう、ここは閉鎖したほうがいいのではないかと思ってしまって、次に何を書いたら良いかしばらく分からなかったよ。31日に記事をアップした時点で、次に書くことが決まるまでは書かないと決めたのだけど、更新されないサイトというのは、百害あって一利無しとまでは言わないけれど、百害のわりには三利くらいしかないと思っているので、ひとまず何か書こうと思った。今ひとつだけこのブログの活用法を思い付いたけれど、それは準備も必要だからまた今度。




■昨年僕等に関わってくれた全ての皆さんに感謝したところから僕の2016年は始まりました。昨年は皆本当にありがとう。今年もよろしく。カウントダウンジャパンでの演奏が終わって年が明けて、それから僕はすぐに新しく曲を作り始めて、色々な曲が出来たり没になったりしながら、ライブを何回かやって、そうして気が付いたら2月がもう終わろうとしていた。僕自身にとっては色々なことがあって中身の濃い2ヶ月だったけれど、なんだか中身があろうが無かろうが時間は等しく高速で過ぎていくような気がしていて、最近それが少しだけ怖い。ふと気が付いたらもう白髪のじいさんになっていそうで恐ろしい。白髪になることもじいさんになることも生きていれば避けられないことだから別にいいんだけど、というか果たしてそこまで自分が生きているのかどうかも分からないけれど、生きていたとしたら、せめて今この時の自分を思い出して「あの頃はなんとも小さなことで悩んでいたなぁ」と笑えるような老人になりたい。もう過去を呪って生きるのは真っ平だ。まっぴらなのにやめられないから余計に質が悪い。髪型を変えたって、着る服を変えたって、運動をして脳内のセロトニンを増やしたって、どれだけ新しい友人を作ったって、過去はもう変えられない。過ぎてしまったことはもうどうやっても書き換えられない。生きているうちに一度でも失敗した人間はもう前を向くことを許されないのか。僕は、例えそれが痩せ我慢だろうと思い込みだろうと、全身全霊を込めて「No」と答えたい。まるでたった今産まれたかのような気持ちで毎日を生きていたい。無理だと分かっていても。
 僕等は毎日毎日何かを失くしながら生きている。死ぬまでの残り時間や、お金や、視力や、交友関係や、ピック一枚や、細胞や、情熱や、人によって色々違うだろうけど色々を。失って、削れて、消耗して、死ぬ時には全部失くして、何処かへ行く。向こうへは何も持っていけない。どれだけ後悔しながら生きても、どれだけ楽しく過ごしても、最後には全員死ぬ。富める者も貧しい者も善き者も悪い者も全員。ならせめて、今日一日は、今この瞬間は、楽しく暮らしていたいじゃないか。



コヤマ 

このページのトップヘ