作曲ノート(Y.泉)

カテゴリ:法則

○暦を記念しての一枚。
image
 
↑記事とは関係無いです。

 今日は職場の事。

お運びチャカマンの仕事にウンザリ😩していた今日この頃、私のセンサーに

ピキピキピー〜〜んと引っかかって来た次なる研究対象者。(≧∇≦)

新人くんとしよう。

なかなかの性格をしている。

強烈な自己顕示欲と自閉スペクトラムを併せ持っている。

自分を上手く活かせて登りつめ無い限り、苦しい人生を歩むのではないか。

現に歩んでいる。新人くんの経歴と年齢からして、お運びチャカマンは無い。

私の仮説は、人間関係で退職かな。

それではまたです。

image

私の職場にアジアの冬の来ない国の人が一人います。
日本に来て20年のトリリンガル。

約八ヶ月仕事してひとつの法則性を見つけました。 
国民性なのか、日本人と決定的に違うひとつは、緻密さです。
アバウトでラフ。他にもありますが今日の所は、そこにフォーカスします。

今回、間違うととても厄介なことになる準備作業があるのです。一度、
やらかしたので、絶対に間違わない方法を教えました。
ところが、それをやると、いえ、間違わない事を意識すると、その○○○○人
は、とてもストレスになるのです。

意識の中に間違わないでやろうとすることが無い。できない。
きっと今まで彼女の人生に必要性が無かったのでしょう。

国民性かな。一年を通して、バナナ食べて魚獲って生きていける国。
冬が来ない国。ある意味楽園の様な国。

そしてその国は、いっときヨーロッパの覇権国であった国の植民地に
なってしまいます。今も似たような状態。

敗戦国日本だけど、植民地になった歴史は無い。
日本人は、総じて働き者で緻密。そして、冬もくる。
冬の長い国ほど、他国に目を向け豊かな楽園の様な国の恵みを奪い取る。 
そして、人間の質も違う。

最近、つくずくそういう事を考えて仕舞いました。
 

お久しぶりです。

image

これはいつだかの家のリビング。いい風が吹いて来たので写真を撮りました。

そして今日はお休みだったので、朝から音楽活動をしてました。

レコーディングと、編集です。 

ちょっと頑張りました。う~~~~ん・・・歌がね~~~~下手で嫌になります。

🐥ちゃんなら、私より上手く歌えるはず。でもね~~~タイムリミット。 

しつこく執念深い私も諦めざるおえない。

私の人生を振り返ると、結婚して子育てして一度の結婚を継続中という人生

です。可もなく不可もなくでもなく、今の職場では良い方です。

あっ、最近気づいた事ですが、タバコとパチンコ←不幸アイテム。

仕事に関して、頭はいいが時間中サボリングの比重の高い人←貧困アイテム。

四パターンに分類できます。

不幸貧困ダブル型、不幸型、貧困型、どちらも無い人。

言わずもがなです。

そう言えば、昔の職場では一年365日、一日24時間、仕事人間いました。

仕事=趣味=生き甲斐=勉強+メンタル最短修復 →→→→企業トップ

あっ、そう言えば、昔の職場編。

仕事ソコソコ、毎日弁当、最低限の常識的服装、100円ショップ利用者、
株主優待で休日外食、デスク周りサッパリ、ケチで名を轟かせている→→→→資産家

あっ、まだいる。昔の職場編。
仕事パート、毎日弁当、通勤に制服を利用、株、不動産、お金の話大好き、
ロレックス、天然のフリしてるが怖がられている→→→→資産家

当たり前の事ですが、実際目の当たりにすると、論理が確信に変わります。
 

久しぶりに法則にいきます!!

☆法則 4.

父親は、社会の序列、差別の中で生きているので家族の職業選択
の自由を奪う。
母親は、社会の序列、差別に恐ろしく鈍感である。 


 私は、社会で生きて行くためには、父親の存在は必要ではないかと思ってます。

image
今日のイチオシ!「蕎麦湯」




 
作曲ランキングへ

🐥ちゃんがおいて行ったものですが、整理してたら
image


ミュージシャンになった気分です。

新曲 10.も迷走し始めました。テーマからも外れ、どこに辿り着くのか
分かりませんが、ここまで来たらこのまま完成させます。


☂☀☆☂☀☃☁●○▽▽□▼△■□○▽▲☂☀☆☂☀☃☀△○▽▽□▼△■□○▽▲

あっ、そういえば、夏○有○問題、私のセンサーにかかってしまいました。

恐ろしくこの問題不幸臭がするのです。SM○○問題は、しません。

なんで????相談する順番を間違えた??

夏○さん、また○○○○○絡み・・・・

なんで??なんでそうなるの???

世の中には、犯してはいけない何かがある様な気がします。

このまま収束したら○○界のひとつの闇?を感じてしまいます。 

法則 3.
闇は闇から闇へを死守しないと不幸になります。
決して表に出してはいけない。
 

このページのトップヘ