b4d52f3a.jpg
全日本女子サッカー選手権大会準決勝、浦和レッズレディース対日テレ・ベレーザ戦が西が丘サッカー場で行われました。
今期、いまだベレーザ相手に勝ち星のないレッズレディース。
元日国立の決勝への切符を勝ち取るため、ベレーザという高い壁を越えなくてはなりません。
仕事納めでしたが、無理やり休暇を取って参戦してまいりました。

平日午前中の試合にもかかわらず、多くのサポが駆けつけ、勝利を信じて一緒に応援しました。
試合は開始から両チーム譲らず、白熱した好ゲームとなります。
レッズレディースは得意のサイド突破からチャンスを作り出し、グラウンダーのクロスに押し込むだけ!の場面や混戦から波状攻撃をかけるなど決定的なチャンスを幾度も迎えますが、最後のところがとどかず得点にいたりません。
前半は0-0で終了かと思われた終了間際、最終ラインでボールをキープしたきょんさんが出し先を探してボール扱いが緩慢になった一瞬の隙を、大野忍が見逃さずにボールを掻っ攫うと、独走して山郷さんと1対1に。
「うわ〜、きょんさーん!」という私の悲鳴に近い絶叫を残して、そのままゴール。
痛恨の先制点献上となってしまいました。

後半も開始直後から押し込む時間帯があったものの決めきれず、逆に澤に押し込まれて2点ビハインドとなります。
攻めるしかないレッズレディースはチャンスを作るものの逆にカウンターを浴びる場面も目立ち始め、後半から出場の荒川が抜けだすなどハラハラの展開。
結局、終了直前にこちらも途中出場の四方に3点目を許し、最後まで得点を奪えないまま試合終了。
ベレーザに黒星をつけることはかなわず、3位で全日本女子サッカー選手権を終えました。

試合終了後、サポの前に立った選手たちは一応に悔しそうな表情を浮かべ、きょんさんも沈痛な面持ちのまま引き上げました。
最後に柳田選手が残り、来期の雪辱を誓って泣いていました。
この悔しさを、何倍もの喜びに変えられるよう、来期頑張りましょう!
選手の皆さん、お疲れ様でした!!