2003年05月

2003年05月31日

ダウンしてみた

 めずらしく、風邪をひいた。
 最近、のどの調子がおかしいな、と思っていたのだが、やはりきたか、という感じである。
 目が覚めたとたん、のどに激痛…。うっ…声でねえ。
 熱をはかってみたら、7度3分。まあ、微熱といったところか。しかし、これぐらいの熱が一番だるい。今日は外に遊びに行こうと思っていたのに、がっかりだ。唯一の救いは、ざあざあ降りの雨だった、ということか。

 雨だというのに、洗濯。
 たまりにたまって、そろそろヤバイのである。
 この季節、洗ったものがしっかりかわかないので、気がめいる。
 
 東京にきて、気がついたこと。
 水道代が高い。
 今まで住んでいたところが安すぎたのか? 異様に高く感じてしまう。
 しかも、下水道代までとられるから、たまったものではない。

 節水だ! 節水!

 そんなわけで、熱があってふらふらしているというのに、お風呂の残り湯をバケツにせっせとくんでるわたし。…我ながら、ちょっとオモシロイ。

 一仕事終えたあと、熱をはかってみたら、8度2分。…順調だ…(汗)。

 とりあえず、寝る。
 だけど、熱が出て、身体じゅうが痛い。扁桃腺もぱんぱんに腫れている。
 …うう。

 8度6分。
 …完璧、風邪。

 こういうとき、汗が出にくい体質って、よくないなあ、と思う。

 郵便が届いた。
 クレジットカードの明細。…身に覚えがないもの1件。
 …なんなのよ…コレ。
 やっと、汗をかきはじめる(冷や汗、ともいう)。
 
 土曜だから、カード会社とも連絡とれず。いらいら…。せっかくお風呂の残り湯を使って節約しても、わけわからん3万円を引き落とされたら、じょーだんじゃないぜ!

 熱が下がり始める。
 7度6分。
 …冷や汗のおかげか。

 夜、友達がお見舞いに来てくれる。
 うう…。ありがとう。たまりにたまっていた台所の洗い物まで片づけてくれた…(風邪のせいでたまっていたわけでもないような…)。

 せっかくの週末がつぶれてしまったのは、がっかりだけど、学校の授業を休むよりはずっとましかな。(優等生的発言で締めくくってみる)


m-02_16951 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年05月30日

ぜっぷとーきょー

 スペースシャワーTV主催のライブ in zepp tokyo.
 この会場来るときって、MIYAのソロライブぐらい。ここでは、だいたい立ち見、なのに、今回はめずらしく座席指定。座席指定だと「そこから動けない」というデメリットもあるけれど、「自分の場所が確保されている」という安心感があってよい。
 しかし、今日は、その安心感があだになったような感じだった。ライブまで時間があるから、と思って、友達とだべっていたら、えらくディープなはなしに突入して、抜けられなくなってしまったのだ…。しかも、気持ちまで、ディープに…。いかんいかん…せっかくのライブなのに!と思い、なんとか気持ちを切り替えようと、ウォークマンでTHE BOOMを聴きながら、会場へと急ぐ。…と、なんてっこたい、ゆりかもめ。いきなり、線路の確認、とかいって、5分ぐらい停車してしまう。…急いでいるんだよー。たのむよー。

 青海駅に着いて、猛ダッシュ!
 なんとか、会場に滑り込む。座席は…、まあ、前のほうか。だけど、センター方向の視界に、背の高い男性二人組。…み、みえねえ。

 しょっぱなから、THE BOOM。
 今回のライブは、THE BOOMファン以外の人も多数参加しているので、会場の一体感に欠ける…。それもやむなし。幸いなことに同じ列の人はTHE BOOMのファンみたい。振り付けを見れば、だいたいわかってしまうのである…。

 内容は…。
 まあまあ、かな。
 数日前に参加した、三島ライブが最高によかったから、それと比較すると、少し物足りなかった感じが否めない。
 しかし、ライブではなかなか聴けない「モータープール」なんて選曲が、大人な感じで、キョンキョンを意識している感じで、なかなかよろしい。
 
 THE BOOMのあとは、ナタリーワイズ(すみません、今まで知りませんでした)と小泉今日子。
 どちらも、なかなか、でありました。ナタリーのほうは、ラップっぽい感じなんだけど、なんというか、旋律が頭にこびりつくというか、まとわりつく感じが、不思議な感触だった。
 キョンキョンは…、久々のアルバムをひっさげての、今日のライブ。どきどき緊張しちゃっているのが、びしびし伝わってきて、とてもかわいらしかった。

 唯一の不満。
 せっかく、キョンキョンがいるっていうのに、どーして、MIYAは出てこないんだ!
 この二人のツーショット、見たがっていた人はたくさんいただろーに…。
 まあ、会えそうで会えない、すれ違っているあたりが、いいのか…。しっかし、なあ…。

m-02_16951 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年05月24日

地球交響曲第2番…の前に。

 今日は、たまりにたまった洗濯物を片づけるべく、2回も洗濯機を回す。ぐるんぐるん…。よくもまあ、こんなにためたものだ。我ながら、「ほんと、女の子なのだろうか」と思わなくもない。
 バターをたっぷり塗ったトーストをかりかりと食べ、テレビを観ながら布団でまどろむ。新生マクドナルドの特集。最近、業績が落ちているマクドナルド、社運をかけて新商品を投入したとか。コメンテーターに「サプライズがない!」と言われてひきつる社長。あらら、かわいそうに…。

 さて、どうしよう。
 ひさしぶりにカブに乗ってお散歩をしてもいいし。
 あ、でも、映画を観にいくっていうのもいいかもしれない。

 と、いうわけで、ネットで調べてみる。そう、地球交響曲、観たかったのよね。ラピュタ阿佐ヶ谷にて、本日まで上映しているらしい。いまから出れば、第2番には間に合いそう。

 阿佐ヶ谷についたころ、ちょうどおなかがすいてきた。そうだ、マクドナルドで、テレビでやっていたプレミアムバーガー食べてみよう。わざわざマクドナルドを求めて歩くなんて、何年ぶり、という感覚。しかも、メニューの前で悩まずに頼めるのも、いつもにないこと。ちょっと、へんなかんじ。

 して、結果は。
 「サプライズがなかった」
 ふつーのバーガーと同じじゃん。あえていえば、マヨネーズがたっぷりぬってあるせいで、パンとミートがだんだんずれてしまって、指がべとべとになってしまうのが、唯一のサプライズか。これで、600円強(セット)。…おにぎり、結んでくればよかった…。貧乏性のわたし。

 なんだか、ここまで日記を書いて、「地球交響曲」のことを書くのがもったいなくなってきた。だって、本題がマクドナルドになってしまったんだもん。そういうわけで、「地球交響曲@ラピュタ阿佐ヶ谷」については、また後日…。
 (続)
  


m-02_16951 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年05月23日

縁がなかった…みたい

 今日は、かなりへこんでいる。
 「来年から働きたいなあ」と思っていた某団体に、エントリーシートを出したのに、門前払いをくってしまったのだ…。
 いま、勉強していることをいかしたくて、チャレンジしてみたんだけれど、「資格取得見込み」では受けられないとか。
 …がっかり。
 採用情報をぎりぎりで手に入れて、徹夜までして書き上げたエントリーシートだったのに。
 でも、人事の人は、携帯電話を持っていないわたしにも、丁寧に対応してくれたし、いろいろと親身になって調べてくれたし、本当に感謝。

 縁がなかったんだなあ…。

 
 なんだか、今週はぐったりだ。

m-02_16951 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年05月22日

重い

 今日は、学校主催の見学会。わたしは、いま、福祉系のとある資格を取ろうとしているのだが、その有資格者たちが働いている現場を見に行こう!というわけ。
 現場は、やはり、机の上で本を読みながら勉強しているのとは、まったく違う。
 初めてそういう現場を目にした友達は、本当に「いっぱいいっぱい」になって、どんより重い表情。…わたしも、初めてのときはそうだったな、と思い出す。今回は、まあ、こんな感じだろうな、というイメージ通りだったので、それほどの衝撃は受けなかったけれど、やはり、帰るときには、「むーん」というかんじであった。

 もっと、いろいろな現場を見てみたい。
 自分のイメージをしっかりかたちにしていきたい。

 あんまりにも、漠然とした書き方で、さっぱりわからない日記だな…。具体的に書けなくて、ごめんなさい。 


m-02_16951 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年05月21日

寝ちまったぜ

 今週は、本当にがんばっている。
 日曜日、ライブから帰ってきてから、就職のためのエントリーシートを徹夜で仕上げて。次の日は、会社の元上司とお食事したあと、エントリーシートの本番書き。その次の日は、学校が終わったあと、施設見学。そして、今日は1から5時間目までぎっちり。

 …死んだ。

 うちの学校では、「講義録」をとることが求められる。一つのコマにつき、一人でいいので、何週間に1回しか回ってこないのだけれど、これはこれで、みんなに見られるものだから、緊張したりするのだ。

 今日は、2回目の講義録担当。ノートまとめが好きなわたしは、「よーし!わかりやすく書くぞお」と気合いを入れていた。

 のに。
 のに。
 寝てしまったのだー。

 みなさん、ごめんなさい…。

 ちゃんと、友達にノートを借りて講義録書くから、許してね。


m-02_16951 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年05月19日

お忍びデート

 今日は、前の職場の元上司が、東京に出張だという。「食事でも」ということで、学校最寄りの駅で待ち合わせをした。
 
 ネットで調べてきてくれたお店へゴー! あまりに早かったせいか、わたしたちが一番乗りだ。

 まずは、一杯、ということで、上司は生ビール。わたしは、リンゴジンジャー。
 ジンジャーエールのなかに、リンゴジュースのまあるい氷がぷかりぷかり浮いていて、おいしい。もちろん、氷のなかには、りんごのかけら。

 会社の話を肴にごはんを食べる。
 わたしが辞めたあと、人事異動があって、かなり雰囲気が変わったみたい。
 なつかしいんだけれど、ちょっと遠いような、でも、身近なような、不思議な気分で話を聴いた。

 ビールを飲み干した上司は、もちろん日本酒へ突き進む。
 飲むわ、飲むわ…。
 よっぽど、ごきげんらしい。いつもより、ピッチが早いぜ。

 酔っぱらうと出てくる、恋愛話。上司の昔の「コイバナ」を聴き、がははと笑うわたし。…自分のことは、あんまり話さないんだけどね(←ズルイ人)。

 「やっぱり、お見合いじゃなくて、恋愛結婚がいいです! もー、かけおちとかしちゃいそーな恋愛がいい!」と言ってみたら、「(自分と)かけおちするっていったじゃないかー!(笑)」と申しておりました。わはは。
 オモシロイ。

 こうして、がはは わはは と笑いながら、もりもりごはんを食べて、しっかりおごってもらう。あー、おいしかった。

m-02_16951 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年05月17日

健康診断

 今日はせっかくの土曜日だというのに、学校の健康診断だった。
 指定された時間通り行くと、長蛇の列! レントゲン車から校舎の2階ぐらいまで、ずーっと並んでいる…。
 となりの身長、体重の部屋は、がら空きなのに。なんだか、能率が悪いなあ、とうんざりする。
 列が縮まるまで、前に並んでいた子とおしゃべり。
 「1組ですか?」と尋ねると、「ううん、同じクラスです」と言われた…。げげげ。
 5月も半ばをすぎたというのに、なんてひどいやつなんだ、わたしってば。いいわけをするようだが、教室もだいたいの座席が決まっているし、休み時間も少ないし、行事もそれほどないし、なかなか他のグループの子とお話する機会がないのである。
 …それにしたってねえ…(汗)。

 肝心の健康診断のほうは、といえば、身長がやや縮んだ点をのぞけば、まあまあ、といったところ。「虚弱倶楽部」の会員のわりには、案外、健康優良児だったりするのである。

 そういえば、指定された時間よりだいぶん遅れてきた友人は、まったく並ばずにすんでいた。…ちっ。いいなあ。

m-02_16951 at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年05月16日

あたった!

 わたしはくじ運がない。
 と、ばかり思っていた。
 実際、くじ運はなくて、いつもはずればっかり。最近、ネットの懸賞などもがんばってはいるけれど、あたったためしがない。

 だけど。
 あたった!

 5月末のライブ招待券。

 スペースシャワーTV主催のイベント、LIVE EX vol.1。
 出演者は、THE BOOM、小泉今日子えとせとら。
 かなり、うれしい!

 「恋は何年休んでますか」で競演したMIYAとキョンキョン。それが縁で、今回、ひさしぶりにリリースしたキョンキョンのアルバムに、何曲かMIYAは曲を提供したらしい。そんなわけで、この二組のアーティストが同じステージを踏む、というのは、かなりオイシイライブ、なのだった。
 
 これで、今月は、ライブが3本。その後の予定は、学校の実習との関係で入れられないでいる。まあ、遠征しているお金も時間もないのだけれど。ふー。空からお金がふってこないかしらん。

m-02_16951 at 18:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年05月12日

ぐう。

 さあ、一週間の始まりだ。
 月曜日は、さわやかに起きたい。そうしないと、その一週間のスタートが、ちょっとこけるような気がする。
 でも、今日は、目覚めから悪かった。
 2時間目からの授業だから、ゆっくり起きようと思っていたのに、なぜか6時頃に目が覚める。昨日は2時頃に寝たのだから、もちろん寝不足。損したような気分になって、もう一度布団にもぐりこむ。
 次に目が覚めたのは、目覚ましをかけた8時20分。「がばっ!」と起きあがればいいのに、どうしてか、起きあがれない。布団の中で、うーんうーん…とうなっているうちに、30分が経過。どうしようもないので、しぶしぶ起きてみる。シャッターを開けて、朝の光を入れてみようとするけれど、どんより曇り空。…うーん、いまいち。
 こういう日は、なぜか、行動にもキレがない。余裕を持って起きたはずなのに、気がつけば、遅刻ギリギリの時間になってしまっていた。

 授業中?
 もちろん、ZZZ…。

 「ねちゃいかん!」と、睡魔と戦ってみたりするのだけど、やっぱり勝てない。今日は、朝から不調だったからなあ、となかばあきらめてみる。
 
 おかしかったことも、あり。
「記憶」という板書をうつすとき、どうしても眠くて眠くて、何度も書き直したわたし。しばらくして、正気になって見たら、「憶」の字が「帰」になっていた…。全然、ちがうじゃん…。精神分析学でいうところの、「錯誤行為(失策行為)」にちがいない(笑)。
 
 失策行為、とは、「放送大学」の「現代精神分析学」のテキストによると、以下のとおり。
 言い損ない、読み損ない、書き損ない、度忘れなどのやり損ないが代表的なもので、意識的な行為の中に、無意識的な欲求や感情が浮かび上がってくるために生じると理解される。
 
 …あは。ばれた? 

m-02_16951 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年05月08日

はからめ

 はからめ、という植物がある。
 文字通り、「葉から芽」が出る植物。けっして、「歯から目」ではない。
 
 3月に小笠原にいったとき、いっぱいちぎってきた、はからめ。
 窓辺においていたのに、なかなか芽がでなかったので、「こいつは、水を欲しているのか?」と、思ったわたしは、トイレのタンクの上に、はからめをしきつめてみた。
 こうすれば、手を洗ったときに、水が葉っぱにまんべんなくかかって、いいかんじなのである。水やり忘れもなくて、一石二鳥、とは、まさにこのこと、と、一人ほくそえんでいた。

 気がついたら、葉の周りから、小さな根が出て、そこから、さらに黄緑色の小さな芽が、わらわらと出てきた!
 
 …うわ。
 かわいい…。

 でも、これ、このあと、どうしたらいいんだろう?

 ある人は、ピンで壁にぶすっとさしておけ、と言うし、置きっぱなしにしとけ、と言う人もいるし、土に置いておけば根付く、とかいう情報もあるし、わけがわからん。

 だれか、はからめの正しい育て方、知りませんか…??

m-02_16951 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年05月07日

引っ越し通知

 「気になっていたけどやってなかったこと」その2 「引っ越し通知」に取りかかる。
 この日記を読んでいる人からは、「いったい、おまえさん、いつ引っ越したんだ?」というつっこみが入りそうではあるけども、気にしない、気にしない。いろいろ忙しくて、手がつけられないでいたんです…。
 メールで出すだけだから、簡単といえば、簡単なのだけど、できるだけコピーアンドペーストはしたくないので、少しずつ文面を変えたりしていると、思いのほか時間がかかる。引っ越しのお知らせ以外にも、近況報告なんて長々書き連ねているのもいかんのだな。
 2時間ぐらいかかって、やっとこさ、おおかたの人に送りつけた。「もれ」がないといいんだけど…。やや、心配。
 それにしても、いつのまにやら、メールのアドレスを変えてしまっているらしく、戻ってきてしまうものも数件。こまったな…どうしよ…。

 


m-02_16951 at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年05月06日

あからさまなり

 旅から帰ってきて、初めての登校日。
 朝一番に会った友達の第一声。
「どうだった?? …うわあ。目の輝きが違うっ!」…わたし、そんなにあからさまに元気なのかしらん…?
 たしかに、自分のふかーいところから、パワーがあふれてくる感じ。自然と、背すじもしゃきっとしてくるようだ。足取りもなんだか軽いし。けっこう、単純なんだな、わたし。
 やっぱり、旅は自分にとって、「薬」みたいなものなんだろうな、と思う。
 本当は、どこか特別なところにでかけなくとも、毎日を、旅しているように生活できたらいいのに。ドアを開けて一歩踏み出したら、そこには、昨日とは違った一日が広がっているのに。…頭ではそう思っても、なかなかそれを日々の生活のなかで実感することは、難しい。だからこそ、「すぅっ」と深呼吸したいがために、旅に出てしまうのかもしれない。
 

m-02_16951 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年05月01日

家、あるんですよね…?

 今日は、午前中で授業が終わる。
 いろいろ悩んだけれど、思いきって旅だってしまうことにした。
 行き先は、沖縄。本当は、宮古に飛びたかったのだけれど、株主優待券がつかえないのだそう。まあ、今回の休みは、かなり短いので、本島でゆっくりするのも悪くないかな、と思い直す。
 一番の問題は、学校に、あの大荷物を持っていかねばならないということ。仲のよい子には、自分が「旅好き」なこと、しかも、かなりの「アウトドア人間」だということを伝えてあるのでよいものの、まだわたしのことをよく知らない人からみれば、「な、なんだ、こりゃ?」という大荷物。リュックに、テント、銀マット…。どうやってもかくしようがない。駅のロッカーにも入らないので、観念して、そのまま通学。早めにいって、ひっそりだれもいない教室に入ろうという魂胆だったのだが、案の定、ねぼうして、遅刻ギリギリ、注目度100パーセントになってしまった。
 わたしの、かっこうを見た、男子学生が一言。
 「家、あるんですよね…?」
 ええ。ありますとも。
 


m-02_16951 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)