定期検診インフルエンザ……!

2012年11月04日

会いたい人。

一度、会ってみたい人がいた。
でも、その人にはなかなか会えなくて、もしかしたら会えないままかもしれないなと思っていた。

今日、その人に会えた。
それは、ダライ・ラマ。

横浜フォーラムの講演会、一番安いチケットを買ったので、後ろの、それもはじのほうだった。
法王の姿はあまりに遠くて、肉眼では表情も見えない。
でも、その言葉には、いま、わたしがほしかったヒントが、いっぱいつまっていた。

慈愛。
慈しみ、愛すること。
わたしは、それが執着というものと表裏一体であることに、苦しんできた。
大切に思うあまり、愛おしく思うあまり、手放せなくなる。
別れること、変わっていくことが、悲しくて、不安になる。

法王は、言った。
「慈愛には、二つの異なるレベルがあって、それをきちんと区別しなければいけない」と。
もう一段階の慈愛にいたるまでには、たぶん訓練が必要で、簡単ではないのだろうけれど、でも、執着を手放せたとき、なにか別の景色が見えるのかなとも思う。
変わらないものは一つもなくて、すべては流れていくのだから、もっと自由に、水のなかを泳ぐように生きてみたい。
そう思えただけ、一歩前進。

余談だけど、法王はとってもお茶目な方だった。
ひとしきり熱く語ったあと、通訳の人が訳しているあいだ、ほっほっほ、と肩をゆらして笑ったり、スタンドマイクがお辞儀してしまうのを自分の頭にあててみたり、非常にチャーミング。

会いたかった人は、また会いたい人になった。


m-02_16951 at 23:33│Comments(0)TrackBack(0) ちょっとしたこと 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
定期検診インフルエンザ……!