2001年03月

2001年03月30日

「強さ」と「弱さ」

強みは弱みとなり、弱みは強みとなる。そんな風に思うことがある。

例えば、自分の「強み」だと思っていた経験や知識が固定観念、常識を生み、それらに縛られてしまう。

それとは逆に、「弱み」だと思っていた経験や知識の無さが、新しい素朴な視点を生み、本質的な問題点を捉えることが出来たりする。

そして、「強さ」は度が過ぎると「弱さ」になる。

2001年03月29日

どん兵衛さくさく天そば

 今日はプライベートの用事が多いため、会社を休んだ。

 外に食べに行く時間も自分で作る時間も勿体なかったので、戸棚にあった「どん兵衛さくさく天そば」とジャーに残っていたご飯を食べた。

 平日の昼間に洋楽CDを聴きながら食べるカップラーメンとご飯は意外にも とても美味しかった。

 そして、その時間の流れ方と空気が何となく良かった。まるで学生の時のようで。

m-06_16350 at 16:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

失敗から学ぶこともある

 僕がある失敗をした時、何人かの人間が「それ見たことか!」とニヤニヤと遠くから眺めていた。彼らは自ら新しいことに挑戦することはなく、いつも批評家のように安全な場所から意見を言うだけ。実際のことは何も解っちゃいないのに。

 そう、彼らは何一つ失敗をしていない。でも成功することもないよ。だって、挑戦すらしていないのだから。

 僕は失敗をしたけれど、失敗を通して多くのことを学んだ。そして失敗する前の自分よりも大きく成長することが出来たと思う。

 彼らはいつも他人と自分を比べて生きる。そして、他人の失敗を見て安心する。失敗した人間が成長を続けていることにも気づかずに。 

2001年03月28日

発芽

 最近、家庭園芸を始めた。ホームセンターで土、植木鉢、プランターと幾つかの苗を買ってきて、マンションのベランダでせっせと作業をしている。ガーデニングなんていう大層なものではなく家庭園芸だ。

 ハーブと花の苗を買ってきてプランターに植え替えたけれど、それだけだと物足りないので、バジルの種を買ってきた。「苗」より「種」から育てる方が難しいけれど、その分 収穫の喜び(!)も大きいと思ったからだ。

 常に土を湿らせておいて、25度以上の温度でないと発芽しないと種の袋に書いてあったので、毎日夜には部屋の中に植木鉢を取り込んでいた。しばらく土に変化はまったくなく、暖房の当たる場所に置いたり、浄水器できれいな水をあげたりした。そうすると、先日の朝、はじめて発芽していた!それを見た時は本当に嬉しかった。

 今は毎日仕事に行く前に、ベランダに出て植木鉢を見ている。毎日毎日確実に芽が成長しているのがわかる。こういうのって、小さな、しかし確実な幸せだと思う。

 初夏の土曜日、ベランダでバジルの葉っぱを摘んで、自分で作るパスタに散らすのが今の小さな目標だ。

 そんな風にして早春の僕の日常は穏やかに流れている。

m-06_16350 at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2001年03月27日

新庄がメジャー初ホームランを打った!

 イチローに続いて新庄もメジャー初本塁打を打った。チャレンジャーが日本を飛び出して活躍する姿を見ると、嬉しくなる。そして励まされる。

 新庄は単純に野球が大好きなんだろう。だから、年俸が下がるとしても、一流の中に身を投じて戦いたかったのだろう。自分の実力がどれ程のものか試したかったのだろう。

 先日、僕の親友が転職をした。彼は、素晴らしいヒット商品を連発する大企業で出世街道まっしぐらという感じだったけれど、その会社を飛び出してベンチャー企業に移った。
 「何歳くらいで何処まで出世できるかも大体予想は出来る。だけれど、このまま先が見通せる自分の仕事に物足りなさを感じたから」と彼は言っていた。

 収入や安定を捨てて、新しい世界にチャレンジして、自分自身を試したいという彼らは男から見てもかっこいい。

 そんな彼らを見て、「自分はこの年で落ち着いている場合ではないよな」と感じたりする。

m-06_16350 at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2001年03月26日

ひきこもり

 この休みにテレビを見ていたら、「ひきこもり」をしている人が出ていた。18才の時から10年以上も引きこもり生活を続けている、という。
 「ひきこもり」という生活が僕には想像できない。家の中に閉じこもり、他人と全く会話を交わさず、何が楽しいのだろう?体もどんどん弱っていくのではないだろうか?
 
 「ひきこもり」や「パラサイト・シングル」などが問題になっているけれど、どちらも「嫌なことは避ける・逃げる本人」と「その甘えを許す親」の双方に主な原因があるのだろう。

 「究極の選択」のようになってしまうけれど、「ひきこもり」をする子供と「援助交際」をする子供がいたら、どちらが問題だろう?
 僕には子供は居ないけれど、コミュニケーションから逃げずに、自分で稼いで自分の欲しい物を手に入れようという欲求がある分だけ、「援助交際」をする子供の方がまだ良いように思う。
勿論「究極の選択」での話だけれど。

 再スタートの最初にしては、ヘビーで極端な話でした。
 

m-06_16350 at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2001年03月25日

「身辺雑感」新装開店 これからもよろしく!!

 みなさん、こんにちは!
 Ken's City!管理人のKenです。

 自分のHPを更新できず、開店休業状態が続いています。自分の雑記ページの「身辺雑感」すら更新できない状態が続いていましたが、書きたいことは沢山あります。
 
 今までの状態を打開するために、レンタル日記サイトを借りることにしました。これなら、いつでもどこでもインターネットに繋げる環境であれば更新することが出来るからね。
 
 自分が日常の生活の中で感じること、考えることを少しずつ書いていこうと思います。良かったら遊びに来て下さい。

 それから、Ken's City!に遊びに来てくれていた人の中で、多くの人から「なぜ掲示板(BBS)を作らないの?」という問い合わせを貰っていました。
 
 これには幾つかの理由があったのですが、折角だから試しにこのレンタル日記サイトに掲示板を付けました。
 良かったら訪れた足跡を残していって下さいな。

 ただし・・・!僕の名前は「Ken」だよ。間違っても、リアルワールドの本当の名前を知っている人は、「○○元気か?」なんて書かないでね!(^_^;

 それじゃ、これからもよろしく〜! 

m-06_16350 at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!