2003年01月

2003年01月27日

「猫舌」という言葉はあるが、僕の場合は「猫手」(?)

冬は、暖かい缶飲料を飲むことが多いけれど、僕は暖かい缶のお茶を飲むとき、素手で缶を持てません。
お茶を飲むことが出来るから、唇や舌は熱さに平気なのに、手(指先)は我慢できないんですね。いつも缶をハンカチで巻いて、飲んでいます。

僕は、面の皮(つらのかわ)が厚い人間ではないので(?)、同様に指先の皮膚も薄いのだろうか(?)


忙しかったり、風邪を引いたりで日記のペースが落ちていますが、書きたいことは山ほどあります。
村上春樹の「海辺のカフカ」をやっと正月に読み終えました。秋口に買ったから、何ヶ月かかったことやら。一つの小説にこんなに時間が掛かったのは初めて。面白かったですが、感想は改めてます。

m-06_16350 at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2003年01月15日

新庄剛志のメッツ契約年俸は安すぎないか?!

 先日の連休の朝刊で、新庄がNYメッツとの返り咲き契約を結んだことを知った。MYメッツが新庄の実力と人気(?)をある程度評価したことを嬉しく思った。

 その後、年俸60万ドル(約7200万円)を見て、「メチャクチャ安いなあー」と感じた。
 出来高払いも別途あるけれど、それにしてもアメリカ野球界(世界野球界)の頂点であるメジャーリーガーの年俸が7200万円とは安いなあ、と思った。新庄が阪神に残ってプレーしていたら、今頃幾らくらい貰えていたことだろう・・・?(野球で、「たら」「れば」は使いたくないけれど)。ちなみに、巨人 清原は あの成績であんなに・・・。

 そんな話を休日の朝、かみさんと話をしていたら、かみさんが「確かに安いわねー。・・・(しばし間があき)でも、安いとは言っても、あなたの年収の10倍以上あるのよね・・・」とポツン言った。
 確かに(笑)!俺は、朝から夜遅くまで働き、たまに休日出勤までして、何をやっているんだ・・・!?新庄30歳、僕は33歳。情けない・・・。とほほ・・・。

 でも、僕のことはさておき、才能があり、成果を出した人にはそれなりの報い(報酬、名声、その他)が得られるような世の中になって欲しいと思う。スポーツの世界でも、芸術の世界でも、その他の世界でも。

m-06_16350 at 13:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2003年01月11日

今日は一日息子の世話を頑張りました

 今日は朝から一日息子の世話を頑張りました。
 かみさんは毎日四六時中子供と一緒で大変そうなので、今日は僕が一日息子の世話をすることにしました。日頃、あまり育児に貢献出来ていない罪滅ぼしと、感謝を込めて。そして、彼女は自分の買い物に出かけました。

 今日は、僕が見えるところで、子供を遊ばせておいて、自分自身の庶務をこなしていました。

 昼には、かみさんが作っておいてくれた離乳食を食べさせたり、ミルクを飲ませたりしました。

 午後は、子供と遊んだり、歌を歌ってあげたりしました。沢山の歌を歌いました。
 生後8ヶ月になりますが、本当に可愛いです。この年齢の時期に子供と一緒に居る時間が少なくて、平日仕事ばかりしているのが何とも勿体無いです。仕事なんてこれから幾らでも出来るのに・・・。

 お風呂は平日も僕が入れていますが、今晩、息子の髪を洗っているとき、本当に気持ち良さそうに「大あくび」をしました。大人のように遠慮するあくびではなく、思いっきりの「大あくび」です。それを見ていて、何とも幸せな気持ちになりました。

 今日は、とても幸福な一日でしたが、同時に結構疲れました。これを、かみさんは毎日やってくれている訳ですから頭が下がります。

 ところで、今日の午後、ベビーカーに息子を乗せて、近所を散歩してから、駅前まで買い物に行きました。沢山の人が、僕をチラチラ珍しそうに見ているようで、少し居心地が悪かったです。赤ちゃんとお父さんという二人の構図はやはり珍しいのでしょうか。それとも、これは僕の自意識過剰なだけでしょうか。

2003年01月01日

初詣のおみくじは「末吉」でした

 今日は、家族3人で車で門前仲町に初詣に行った。門前仲町には、深川不動尊と富岡八幡宮という由緒ある神社が二つあるので、はしごした。
 僕は、社会人になってすぐ、門前仲町で3年ほど働いたので、懐かしい場所だ。昔は、新年初出社の日に会社の人と初詣に行ったりした。

 富岡八幡宮でおみくじを引いたら、末吉だった。でも、おみくじの言葉を読むとどれも考えさせられるもので、良い教訓になった。何でも良く書いてある大吉よりも自分にとっては良かったかもしれない。
 おみくじの文章を転記する。

 方針:よき先輩を見習え
 希望:七分まで叶う(微妙な表現ですねえ。気になる)
 失物:他より出づ
 旅行:西方に注意して可
 商法:あせらず万事よし
 方向:東北、西北によし
 争事:勝ち方に注意(これは含蓄のある言葉。人との関係では強い立場、有利な立場にいても気をつけなければいけない)
 転居:待てばよき先あり
 病気:保養第一快癒す
 人事:新しき知人に注意(気になるなあ・・・)
 縁談:間もなく良縁有り(既婚者だから関係無し)
 事業:内で和し外で強く(真理ですね)
 強い数:二 五 八
 弱い数:一 四

 僕は、いつもおみくじを引いた後、境内の木に括り付けたりせず、持ちかえり何度も読む。
 よく読んで謙虚に受け止める。でも、大学時代、鎌倉の鶴ヶ丘八幡宮で初詣の日に「凶」を引いて、がっかりしたことがあった。
 

m-06_16350 at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!