★ 音楽、Rock&Roll

2008年12月07日

★ 映画レビュー「シャイン・ア・ライト」を観た!

最近は、ずっとモブログしか投稿していなくて、久しぶりの日記というかレビューです。


いよいよ12月5日(金)より
映画「シャイン・ア・ライト」の全国ロードショーが始まりました。http://www.shinealight-movie.jp/

マーティン・スコセッシ監督(タクシードライバー、ハスラー他、名作・ヒット作多数の僕が大好きな映画監督)が撮ったローリング・ストーンズ(僕が一番好きで、僕の人生に少なからず影響を与えたロックンロールバンド)の映画です。


先日、封切前に試写会を観てきたのですが、本当に最高でした(と、いきなり小学生の読書感想文のように拙い言葉しか書けず情けない・・・。しかし、凄い作品の前には時として言葉は無力な存在になる)。


少し時間が空いてしまいましたが、徒然なるままに感想など書いてみます。

6d439cfe.jpg続きを読む

m-06_16350 at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月11日

★ L・ツェッペリンが復活コンサート(ロンドンにて)!!

4e4fe9c8.jpg 以下、ニュースサイトそのままコピ&ペ。
 オークションサイトでペアチケットが1900万円になった(!)というのが凄い・・・。
一夜限りのライブというけれど、ワールドツアーに出て、日本に来てくれないかなあ・・・。


 英国の伝説的ハードロックバンド「レッド・ツェッペリン」が10日、ロンドンで19年ぶりに1日だけの復活コンサートをした。解散前と変わらないロバート・プラント(59)の甲高い歌声やジミー・ペイジ(63)のギター演奏に約2万人の観衆が酔いしれた。  同バンドは68年に結成、ヒット曲「天国への階段」などを出したが、80年にドラムのジョン・ボーナムが事故死して解散した。その後、85年と88年にライブを開いていた。今回はボーナムの息子がドラムをつとめた。  ライブは約2時間。英BBCによると、9000枚のペアチケットに100万人以上が応募。主催者側は転売によるチケット代高騰を防ぐため、観客が入場する際、写真付き身分証明書と購入時に使ったクレジットカードを提出するよう義務づけた。しかし、BBCは、1枚のペアチケットに8万3000ポンド(約1900万円)をつぎ込んで手に入れた人もいたと伝えた。



m-06_16350 at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月10日

★ 洋楽雑誌ロッキングオン07年4月号に僕の文章が載っています

3a60680e.jpg ロッキング・オン4月号(3月1日発売。現在書店に並んでいます)に僕の文章が載りました。

 218−219ページです。

 洋楽、ロックンロールに関心がある方は、是非書店にてご覧下さい(^^)

m-06_16350 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月03日

★ アルバムレビュー ビートルズのニュー・アルバム 「LOVE」!!!

ビートルズのラブ
 ビートルズの「ニュー・アルバム」!!!

 ベスト盤でも、未発表・レアトラック集でもない新作として発売されたアルバム。

 レコード会社の宣伝文句の通りの「新作」とは思わないけれど、かなり良い!!

 過去の曲を楽器のパート/章節に解体し、再構築している。つまりヒップホップのサンプリングと同じ手法と思ってもらえばよい。
 それをジョージ・マーティンがやっている。
 素晴らしい豪華な素材を、一流シェフが調理したようなもの。

 新鮮で驚かされる曲が多い。そして、どの曲もオリジナルよりクリアーな音になっている。

 古くからのビートルズファンにも、新しいファンにも是非聴いて欲しい。
 お薦めです(^^)


m-06_16350 at 00:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年12月25日

★ ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?/バンド・エイド

4d498b17.jpg クリスマスの今日、懐かしい曲を取り上げようと思う。

 このシングルは僕が高校生の頃に発売されたもの。
 当時(80年代MTV全盛期)、イギリスの人気ミュージシャンが集まって製作されたクリスマス・チャリティーソングだ。参加ミュージシャンはとにかく豪華で、プロモーション・ビデオは超ヘビー・ローテーションで流されていた。

 個人的には特に好きな曲ではなかったけれど当時ガールフレンドが12インチシングル(というものがあったのだ!LPの大きさのシングル盤。懐かしい!)を貸してくれた。
続きを読む

m-06_16350 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月28日

村治佳織さんのコンサートに行った5

587e0370.jpg 今日はかみさんと二人で村治佳織さんのコンサートに行った。村治さんは実力・人気ともに日本屈指のギタリストで、才能だけでなく容貌も美しい。
 
 会場は数年前に近所の役所脇に出来た行徳文化ホールI&Iというところで、収容人数650人くらいの小ぢんまりしたところ。ここは小規模・音響良で、結構メジャーなミュージシャンのライブ、コンサートなどをやる。

 今日は村治さんのギターソロコンサートで、美しい音色が心地よく響いた。

 かみさんとコンサートに行くときは、大抵息子はかみさんの実家に預けていくので、その送り迎えで大変だけれど(ほとんどロックコンサートなので一緒に連れて行けない)、今回は会場でコンサートの間 1000円で預かっている託児サービスがあり、良かった(^^)

http://www.musicachiara.com/dulcinea/profile/index.html

m-06_16350 at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月25日

★ DVDレビュー「ジギー・スターダスト」デビッド・ボウイ

216de670.jpgCDで音だけは昔から聴いていたけれど、映像では初めて見た!ぶっとんだ!

圧倒的にカッコ良く、セクシーで、凄みさえ感じさせる。

最近のかっこよく落ち着いたデビッドボウイとは別の魅力がある。

是非見てください!!

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B00061QX0Y/503-8462720-6377520?SubscriptionId=18SW0XNXAF6TQMS0KA02

m-06_16350 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月25日

★映画レビュー「ブライアンジョーンズ ストーンズから消えた男」

a883863e.jpg 先週、掲題の映画の試写会に行った。
 ローリングストーンズの創設者であり、初期リーダーであったブライアンジョーンズを主人公とした映画で、製作発表以来とても見たかった映画だった。

 感想から言うと、とても面白かった。
 ブライアン役の主人公がとてもカッコ良かったし、ストーリーもドキドキとした。
 映像と音楽がマッチしていた。映像は60年代の「スウィンギング・ロンドン」という雰囲気だった。

 警察の協力も得て、関係者への取材や調査に莫大な時間を費やして製作した、ということだけれど、それによる結末には驚いたと同時に、信憑性・納得性があった。

 8月5日から全国でロードショーが始まる。
 ストーンズのファンの人なら十分に楽しめる映画だと思う。でも、ブライアンジョーンズ、ローリングストーンズに関する人間関係、当時の時代状況などの事実を知らない人にとっては「何のこっちゃ?!」と思ってしまう映画かもしれない。

 http://www.brianjones.jp/

m-06_16350 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月24日

★ アルバムレビュー「ウィズ・ザ・ビートルズ」(ザ・ビートルズ)

d8a0ea14.jpg 久しぶりにビートルズの初期のアルバムを聴いている。

 中期以降のビートルズは音楽(ロック)史上の革命家であり、開拓者であり、凄い名曲群を生み続けたスーパーバンドだと思う。
 でも、初期のアルバムを聴くと、スーパーグループである前に、ビートルズはそもそも最高のポップ・グループだったんだよなあ、と改めてしみじみと思った。

 オリジナル、カバー曲が混在しているけれど、彼らはとても楽しんで演奏しているような姿が頭に浮かんだ。

 収録されている「I Wanna Be Your Man」はジョンとポールの共作でローリングストーンズに贈った曲。
 ストーンズバージョンと聞き比べると面白い。

m-06_16350 at 11:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年05月23日

★ アルバムレビュー「石と薔薇」ストーンローゼズ

a5152b53.jpg ストーンローゼズのデビュー盤。
 大学一年生(1989年?)の時、大学の先輩に借りた後、自分で買って良く聴いた。

 昨晩、入浴時に久しぶりに聴いたら良い曲ぞろいだった。

 当時、停滞気味だった洋楽界(UKロック界)に久々の大型新人が現れたということで、大騒ぎだったのを覚えている。
 ロッキングオンの当時の編集長増井修さんの熱い記事が思い出される。

 聴いていたら、当時の大学生活のことが色々と思い出されて懐かしかった。

 音楽は、聴いていたころに自分を包んでいた空気と同期し、当時のアトモスフィアを鮮明に喚起させる。


 聴くたびに、当時の自分を同じ映像として喚起させるアルバムが僕には沢山ある。

 T-REXのベスト盤を聴くと、大学に入学したての曇った土曜日に高田馬場駅から大学へ歩いたもやもやとした気持ち(ウォークマンでベスト盤を聴きながら歩いていた)が思い出されたり、

 クラッシュの「ロンドン・コーリング」を聴くと浪人時代の暑い夏の自分の部屋を思い出したり・・・(前の日、予備校の友人の下宿で友人達と飲み過ぎて、朝帰りして二日酔いの時、自分の部屋でロンドン・コーリングを聴いた。ジリジリと暑かった)。


 あなたには、過去の自分の映像と一対一で繋がっているアルバムってどんなものがありますか?

m-06_16350 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年05月22日

★ アルバムレビュー「(What's The Story) Morning Glory?」Oasis

4ff66003.jpg 言わずと知れたオアシスの大出世作(全英一位、全米四位。何百万枚売れたんだろう?)。

 今日の夕方、朝顔の種を蒔き終えた後、種の袋をチラッとみたら「Morning Glory」と書いてあった。

 「?!」、「朝顔の品種かな?」と思い、辞書を調べたら「Morning Glory」とは「朝顔」のことなのだと!(朝顔の品種にはスカーレット・レッドとか、ヘブンリー・ブルーなどの大袈裟な名前が多い・・・)

 何だか、嬉しかった。
 自分の大好きな花の名前と、自分の大好きなバンドの大好きなアルバムタイトルが同じであった、ということが。

 何度と無く聴いてきたアルバム、タイトルトラックなのに何となく「朝の栄光」というイメージを持っていた。
 「朝顔」だとは・・・。

m-06_16350 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年04月01日

★ ビートルズのお蔵入りアルバム発売!

34b893fe.jpg 本日発売のロッキングオンを読んで驚いた。
 なんと、ビートルズのオリジナルアルバムが発売される(!)という。
 これは、別テイク、未発表曲、デモ音源などを集めた過去の「アンソロジーシリーズ」とは全く異なるフルアルバムだと言う。
 記事によると、このアルバムはビートルズ解散から6年後に4人が密かにスタジオに入り、足掛け4ヶ月かけて録音されたもの。フルアルバムとしてリリースを予定していたけれど、ジョンが出来ばえに納得いかず発売にストップをかけ、お蔵入りしたものだという。
 今回のようなアルバムの噂は過去にも何度も出ていたけれど、今回は正真正銘の本物だということでびっくりした。

 ジョンは生前、このアルバムのリリースのみならず、存在自体も明らかにしないことを強く主張し、他のメンバーがそれを了承していたけれど、今回、オノヨーコとポール・マッカートニーが話し合い、リリースを踏み切ったという。
 
 記事とともに、今月号の東芝EMIの広告によると、
 全11曲のフルアルバムで、10月5日に全世界同時発売。
 アルバムタイトルは未定とのこと。
 発売日の10月5日は「ラヴ・ミー・ドゥ」でビートルズがレコード・デビューした日である。

 
 
 

※この記事は「かなりのビートルズファン!」という感じの記事を書かれているブログにトラックバックさせて頂きました。
 事前の個別承諾なしでのトラックバック スミマセンm(__)m
続きを読む

m-06_16350 at 12:27|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2006年03月22日

★ やっぱりストーンズは凄い!

c12515b5.jpg やっぱりストーンズは凄い!
 ステージは全く年齢を感じさせない。
 最高のエンターテイナーであり、プロフェッショナルだ。

 平均年齢62歳のバンドには見えず、「怪物か?」と思った。


 36歳の僕が、地下鉄麹町駅の長い階段を登ったくらいで毎朝息切れしているバヤイではない。

m-06_16350 at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

★ストーンズ開演30分前

68bbc98c.jpg

m-06_16350 at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年02月07日

★ 最新インタビューでジョンについて語ったポール・マッカートニーの言葉

8b61b59e.jpg 昨日(2/6)の日経・夕刊にとても嬉しい記事が出ていたので、忘れないうちに日記に書いておこうと思う。

 アメリカのロサンゼルス・タイムズ紙のインタビューでポール・マッカートニーが語った言葉が紹介されていた。

1.ジョン・レノンとの関係について
「運命が二人を巡り合わせたんだ。僕はいつまでもジョンのファンでいつづけるよ」

2.ビートルズ時代の自作の曲で最も好きなものは?
「ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア」

3.自作以外で最も好きなビートルズの曲は?
「ジョンのア・デイ・イン・ザ・ライフ」


 なんだか、しみじみと読んでしまった。
 今晩は、入浴タイムのBGMはビートルズに決めた!

m-06_16350 at 22:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年01月23日

★ ローリングストーンズがやってくる、ヤア、ヤア、ヤア!

7df260ca.bmp 既にご存知の人も多いと思いますが、ローリングストーンズが3月に来日し、コンサートを行います。

 一番最初に来日して以来、ストーンズのチケットは高いことで知られているけれど、今回は更に高い・・・(^^;

 東京ドームでS席で17,500円、A席で14,500円、B席で12,500円、そして一番安い席で9,000円・・・。

 初来日からしばらくはドーム公演 S席1万円が続いていたけれど、今回はなんと1万7500円!
 
 今回は3箇所(東京、名古屋、札幌)、4公演(東京×2)。札幌は初上陸で、公演数は少なめ。
 昔、東京ドームだけで10公演(薄利多売?)やったことがあるので、今回は単価を上げて、高利少売(?)を狙ったのかも知れない。

 メンバーの年齢(ミック、キース、チャーリーは還暦を迎えている)を考えると、今回が最後のワールドツアーとも言われている。


 とりあえず、僕も東京2公演のチケットを押さえました。オンラインで簡単に予約できました。初来日(90年代初頭?)の時は、電話かけまくり&寒い中で長蛇の列に並んでチケットを手に入れたことを考えると拍子抜けしてしまう。

 
 チケットオンライン予約はこちらから。

ベロマーク



m-06_16350 at 22:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年01月05日

★ ボブ・デュラン??

a85825b0.jpg 近所のCD屋を歩いていたら、ふと目に付いた。
 ちょっと〜・・・。普通間違えるか?大御所ボブ・ディランを!

 これを作成した人は、ボブ・ディランデュランデュランを混同してしまったのだろうか?(笑)


 昔、新聞を見ていた家族が「ボブ・ディラン来日するらしいよー」と教えてくれて、喜んで新聞を見てみたら「ホフ・ディラン」なっていて、とほほ・・・と思った。ちょっと腹が立った。

 更に昔、新聞のテレビ欄で「ボウイ・ライブ」と書いてあったので、何の疑いも無くデビッド・ボウイと思い予約録画をして見てみたら日本のBOOWYだった。(まだBOOWYがそれ程メジャーになっていなかった頃)。

 今日はちょっと脱力系でした。

m-06_16350 at 09:51|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2005年11月25日

★ Video Rewind 若い頃のミックジャガーを見て懐かしくなった

5e0cbefc.bmp 昨晩、ローリングストーンズの古いビデオを見た。
 Video Rewindというもので、1980年代に作られたもの。ミックジャガーとビルワイマンが登場して、ストーリー仕立てでストーンズのプロモーション・ビデオ、ライブ映像などを流すと言うもの。

 1970年代、1980年代のプロモが沢山流れて懐かしい。
 アンダーカヴァー、シー・ワズ・ホット、エモーショナル・レスキュー、等々。

 当然のことだけれど、メンバーは皆、若い。若いといっても既に40歳くらいだけれど、若い。

 ミックジャガーを見ると「ミックジャガーはやっぱり凄いなあ。独特な存在で、誰にも似ていない唯一無比な人だなあ」と思う。

 単に若く、瑞々しい、というのではなく、ミックジャガーのやんちゃ坊主ぶりが見られて嬉しくなる。
 今のミックジャガーだってカッコいいけれど、大御所、老成という感じで、やんちゃ坊主という感じではない。

 何かを失う前の、そして何かを獲得する前のストーンズがそのビデオには映し出されていた。

 
 
c1577be5.bmp 

m-06_16350 at 22:22|PermalinkComments(1)TrackBack(2)clip!

2005年10月23日

★ 洋楽アルバムレビュー「ノー・ディレクション・ホーム」ボブ・ディラン

422c8c73.jpg 先日、少し書いたボブディランのドキュメンタリー映画のサントラです。
 ここのところ、毎晩風呂に入るときに聴いています。

 デモバージョン、未公開バージョン、等のレアトラックが沢山入っているのですが、良いです。非常に良いです。
 ギター、ハーモニカ、ボーカルだけのバージョンが多く、素朴で、プリミティブです。

 一枚目が特に気に入っているのですが、ほとんどデルタブルースです。ロバートジョンソンかと思ってしまいます。

 腹に沁みる音楽です。
 寒い冬に、強い酒、例えばウイスキー、ウォッカなどをストレートで飲むと腹に温かくジーンと沁みる、そんな感じがする音楽です。

 このドキュメンタリー映画(マーティン・スコセッシ監督!!)は、アメリカのケーブルテレビで上映され、DVDで発売されたようです。
 日本でも、上映、発売されると思いますが、今から楽しみです。

 久しぶりに、音楽ネタを書きました。久々に書いていて楽しく、言葉がスルスルと出てきます。

 おっと、今、少し大きな地震です。揺れています。船に乗っているように大きく、ゆっくりと揺れて、嫌な感じです。最近、地震が多くて心配です(生中継風ブログ)。

 皆さん、おやすみなさい(^^)

m-06_16350 at 00:01|PermalinkComments(5)TrackBack(3)clip!

2005年10月13日

★ アルバムレビュー「無印良品のCD BGM7」

feaeace4.bmp 先日、無印良品で買ったCDを紹介します。最近は毎日このCDばかり聴いています。

 日曜日、有楽町駅前にある無印良品に行って1時間くらい買い物をしていた時、店内でいい感じの音楽がずーっと流れていた。
 のんびりとした、牧歌的な音楽。アコーディオン、ハープ、バグパイプなどが使われていた。ケルト音楽かなあ、と思った。

 無印良品でオリジナルCDを取り扱っていた、という記憶があり、帰り際に店員さんに「今流れている音楽って、無印の商品ですか?」と尋ねてみた。
 すると、「はい。無印良品のオリジナルCDです。3階の電気製品コーナーで取り扱っていますよ」と教えてくれた。

 電気製品コーナーに行ってみると、売っていた。「いかにも無印良品」というダンボールのジャケットに入っていて、「スコティッシュケルト(スコットランド)のトラディショナルミュージック」と書いてあり、値段も1050円と安いので、買って帰った。

 家で聴いてみると、とても良かった!
 最近は、通勤でも、仕事中でも、お風呂でも毎日こればっかり聴いている。かなりのヘビロテです。

 下のHPで商品説明があり、視聴もできるので、興味のある人は是非聴いてみて下さい。下のHPからインターネット通販も受け付けているようです。

http://store.muji.net/user/ItemDetail/detail?svid=3&sc=S02305&sp=muji&prd=4548076103226&index=0&_from=/ListProducts/list#

m-06_16350 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!