徒然なるままに

【アラブ好きなまじゃの日常】
2007年4月〜10ヶ月間エジプトに暮らしてました。 今はエジプトでの生活も夢のよう。

ベリーダンス

ダンス発表会へ

ベリーダンス仲間さんのダンス発表会へ。


以前、私も通っていたことのある、読売文化センターのダンスフェスティバルです。

昨年は震災で中止になり、二年ぶりの発表会。
私が参加した頃は、読売ホールでしたが、震災でガタがきたため、東京ドームシティホールになったそうです。


外出先から駆けつけになってしまったので、水道橋で家族連れやカップルでいっぱいの中、うどんをさっとかきいれ、ホールへ。
やさしそうな警備員のおじさんに、ホールの場所を聞くとジェスチャー付きで「ダンスかい?」と言われ、詳しいな…と関心。
出演者と間違えられましたが、友達を観に来たと返答。
踊ればいいのに…と言われ、踊りはやっているけど、今日は観客ですと言っておわかれ。


ホールで、やはり発表会を観に来たダンス仲間さんと合流。


友達の出番まで、ベリーや、ジャズやバレエなどを鑑賞。

中でも、50、60歳のジャズには、皆がマツケンサンバのようなきらびやかな衣装で、自信溢れる演技に圧倒されました。

皆さん、足もきれいでターンも上手

迫力ありました。


他にも、キッズやベリーを見てても、結局、テクニックよりも、私としては、楽しんで一生懸命踊っている演者に目がいきました。

腕を動かす、手をふるにも、会場後ろの私のほうまで空気を動かしてくるような、そういった気が伝わってきました。

4歳くらいの女の子でも、会場にエネルギーをふりまいている。
そう感じました。

勉強になったよ。


笑顔の美しい女性にも、やはりひきつけられますね


夜は、友達らとトルコ料理屋で飲み、数年ぶりに夜中の2時頃に帰宅。

楽しかった〜


DSCF7392

DSCF7393

DSCF7394

DSCF7395

ベリーダンスでよく使われる曲に合わせて

これはCG?





ベリーダンスをやっている方はご存じの曲でしょう。

笑っちゃいました。

カメリア先生のワークショップへ

怖いもの知らずで、
パリ在住カメリア先生の来日ワークショップへ行ってまいりました

前日はいつものベリーダンスレッスン。
しかも、ドラムソロなので激しい振付。
疲れを引きづりつつ、1日夏休みをとって正解

ただ、この日は台風か?と思うほどの激しい豪雨でした。
丸ノ内線は水没して運転休止になってしまい、とある駅の
東京メトロからJRに移動するのにも躊躇するほどの大雨。

一度、メトロで移動しようかと思ったけど時間がギリギリになるのも嫌なので
意を決して(数メートルなのに)横なぐりの雨の中を走る。
水たまりを越えつつなんとか新宿に出ることができた。

あんなに時間に余裕があったのに、
地図を見間違え、雨の中ぐるぐるしてしまいなんと20分も遅刻

私は50分ほどウロウロしていたのですね(駅から7分じゃなかったのか)。

会場の人に電話で教えてもらいつつ、それすら違う方向に行ってしまう始末

海外ではほとんど道に迷わないのに…


なぜか都内だと野生の勘が働かなくなってしまうの。
変だよね。



革のサンダルも雨で濡れてしまい、びしょ濡れになった折り畳み傘をたたんで会場入り。

道に迷った方は何人かいて、タクシーに乗った人もいたよう。
そうか…その手があったか。。。




遅刻しただけでも気まずいのに
会場は人でいっぱい。

あそこ空いてますよと案内されたのは、先生のすぐ後ろの
微妙に空いているゾーン

録画とかしているのかな?と思いつつ、先生の後ろへ。


フロアワークのワークショップだったのですが、
もう色気も何もなく、床をゴロゴロするしかなかった私(泣)

手の動きとかも汚い…。
ああ。逃げ出したい(来たばっかりなのに)。


それでも先生は優しく、テクニックをひとつひとつ教えてくださいました

そして半分に分かれ、今までの動きで好きなように踊ってみてと。


ええっ



ああ、逃げ出したい(何しに来た)


遅れてきたからさっぱり分からず、周りの人の蔭にかくれて
ゴロゴロしてみました…


でも、周りの方々は
やはりこういう場に来るだけあって、フフフンという感じの笑顔で
踊ってらっしゃいましたよ。

かたや私は布団の中で遊ぶ修学旅行生、みたいな…。




そして、休憩をはさんで今度はベールのワークショップ。

あ、知ってる先生方。

カメリア先生は
インストラクターをやっている方の先生なわけです。

振り付けもすぐに覚え、みなさん優雅に舞ってらっしゃいました。

私は、あわわわわ…というあたふたした踊りで、
3つのグループに分かれて人目にさらされるのがちょっとつらかったです(だから、何しに来た)



そして印象的だったのが、カメリア先生はきちんと曲の説明をしてくださり、
振り付けひとつひとつの意味も説明してくださいます。
なるほどー。

しかし、身近で先生の動きを見ましたが
動きがしなやかでやわらかく、軽やかで美しかったです
14歳くらいの清廉な少女が踊っているような錯覚を覚えます。

還暦を過ぎてらっしゃるようには到底見えないです。



また、先生によってお勧めベールが変わるなぁと思うのですが
カメリア先生の振り付けはシフォンベールのほうが踊りやすいと思いました。

シルクベールだと、振り付けについてこないというか…
ある振り付けがどうしてもできません

で、会場でシフォンベールを買っちゃいました。


うすピンクが欲しかったけど売れてしまったらしく、
うすい黄色を買おうか迷っていたら、これまた売れてしまい
結局、薄いラベンダー色を購入しました。

幅が短めで、シルクと比べ持ちやすいですね。
縫い目の部分を持てば良いから。

そして透け感がきれいです。






ああ、1か月後にハフラ(ダンス発表会を兼ねたパーティ)ですが
練習します

ベリーネタ

やっぱ、シャキーラはかっこええわ。




途中、ゲッツが入ってるように見えたんだけど(笑)

1分くらいのところね。

やっぱり踊れるね〜

キュートなPV発見


マブルーク(おめでとう)連発です。

やっぱり、向こうの子は踊れるね。



エジプトでは友達の家の周りで毎週のように結婚式があり
夜中までドンチャン騒ぎでした。

飛び入りしたけど、こんな感じです。

なつかしー。



ちなみに、当時、結婚式でよくかかっていた曲はこれ。



曲名El Enab ってブドウだっけ?

よく見たら、みんなブドウ持って踊ってるよ。

しかし、ストレスなさそう(笑)

体験レッスン(7/30・8/6)

都内ベリーダンス教室の体験レッスンへ潜入。

今までカルチャースクールで習っていたので
レッスンの予約時でさえ、先生自ら電話に出たり
メールの返信をしたり…その時点で違いを感じる。

最初に行ったところは
入門クラスの60分。
こ、こんな方法が!といちいち驚く。
今まで複数の教室の先生に教わったけど
こういうやり方もあったのかーと目からウロコ。

後半には照明を暗くし、ミラーボールが回る中の振り付け。

久しぶりにアラブの曲に合わせて体を動かし
「楽しい」という気持ちでいっぱい。



その一週間後、また違うお教室へ。
こちらは、入門クラスだけど、まるっきりの入門ではなく
少し回数を重ねた方たちのレッスンへ混ざる。

結構難しい。
やっぱり、やり方が異なるけど、ベリーの王道かな。

以前、長くやっていたところは
手をあまり動かさなかったので、一番最初に習った先生を思い出しながら動かす。

教室によって、構え?も違うんだよね。

ひとりひとり丁寧に見てくれて
さばさばした中にも厳しさのあるレッスンでした。

でも、意外に難しい振り付けだったので
入門レベルでは、もっと基本的な振り付け曲をやったほうがいいんじゃないかな、と思った。



もっといろいろ教室を回るか、以前の教室に戻るか、
楽しく踊れるところで息抜きするか…。

セクスィー・パワー

私、1年前は日本にいなかったので
初「昭和の日」でした。

この昭和の日にちなんだ(?)ベリーダンスイベントへ。
http://www.hippyshake.com/akaibara.html

久しぶりの渋谷。


道に迷いました…(笑)


前日、地図を見て
大丈夫、大丈夫と思ったのに、大丈夫じゃなかった


結局、元ベリーダンス仲間さんから電話が来て
迎えにきてもらっちゃいました。

エジプトでは、あんなに闊歩していたのに
日本では迷子。
人ごみも、エジプトでは楽しいのに
日本では沈鬱。

なんなんでしょーね。

日本では、人ごみが疲れるんだよなぁ。


さて、お目当てのベリーダンス。
久しぶりでワクワク。

ベリーダンスの枠をはずれた斬新な踊り、
エロティックな踊り。
お客さんにサービスありーので飽きさせない。

それに、ああ、この部分の筋肉がすごいな、とか
柔軟だな、とか
踊る側としての苦労も少しだけ知っているので
そういう部分に目がいってしまう。

とっても楽しいひと時だった。
また、ちょっと踊ってみたいかなって気分になった。


それに、何より嬉しかったのが
以前、一緒に踊っていた教室の方々とお会いできたこと。
1年以上ぶりなのに、離れていた気がしない人々。
一緒に苦労して、ひとつのものを作り上げたことがあるからだろう。

エジプトにいる間のブログも読んでいたらしく
今頃それを知って、とってもありがたく感じた。

今後も大事にしたい人々。
いつか、みんなでエジプトに行きたーい。
そうしたら、衣装の値切り、担当しまっセ



さぁ、明日も面接だ。
セクスィーパワーで頑張るゾ

ベリーダンス・フェスティバル

学校が終わってからルームメイトの友達が、旅行の荷物を置きに我が家へ。
お友達さんはシリアに1年間留学していたそうで、エジプトで、シリア方言が通じずショックだったらしい。シリアでは、いつも頭にヘガーブ(スカーフ)を巻いていたらしい。巻き方もきまっていました ヘルワ(かわいい)

夕方、タクシーでギザへ移動。
知人の日本人宅へおじゃま。全室ピラミッドビュー(といってもピラミッドの裏側)の団地でした。日本人が住むのって珍しいよね。家賃も6千円くらいみたい。いいなぁ。いろんなエジプト生活のスタイルがあるのですね。


その後、メナハウス・オベロイ・ホテルへ移動。荘厳な感じのホテル。

20時からハフラ(パーティ)でしたが遅れて入場。ムシュ・ムシュケラ(ノー・プロブレム)。

廊下では、たくさんの衣装のお店が出店されていて、目移りしちゃう
ワクワクしながら進み、奥の広めの披露宴会場のようなお部屋へ。リザーブ席をよけると、なんだか端っこのテーブル。そこから、ステージは少し離れているためか、会場には2つの大型スクリーンが用意されていた。
一人のダンサーさんが、1時間近く踊っていてワインを飲んだりしながら鑑賞。
22時過ぎると、バイキング形式でお食事。普段、貧しい食生活なので、欲張ってお皿によそったら、食べきれなかった
んー、おいしかったなぁ

23時半頃には、今回開かれていた期間でのベストダンサーの発表。1位は確かイタリアの女性だったような。ブラジルなんかからも来ているので、驚いた。もちろん、日本人や韓国人グループも多いです。

0時過ぎなのに、どんどんエジプシャンが元気になり、太鼓隊のお兄さん達が各テーブルをまわり、やんや、やんやの大騒ぎ
踊り狂う欧米人たち。ちゃんと踊れるからスゴイ。
しかし、いつ、終わるんだろう…

翌日も学校なので、2時過ぎに会場を出る。
3時帰宅。その後、宿題をやっていたら、寝たのが5時。起きたのが7時。眠い


体育会系

昨晩、大学の友達に会った。

ジムで一緒にベリーダンスをしたため
話す時間は1時間程度だったけど、会えてよかったと思う。

ベリーダンスは
3年ほど前に習っていた教室の踊り方と少し似ていた。
腹筋…なんで皆さんできるの?
周りの人が30回やっている中、ひとりリズムが違っていた私…(汗)

友達いわく
「まじゃ、本当に5回しかできなかったんだねー。
冗談かと思ってた」

私、嘘つかないし(インディアン?)。
柔軟なら喜んで!って感じなんだけどね(笑)
しかし、前日もベリーダンスだったので
疲労がたまる…。


昨日、初めて会った友達の友達。
一緒に食事していた時、その子が席を外した際に聞いたお話。
妹さんが大学に入った時に、一緒に妹さんと住んで
お金とか生活をサポートしていたそうな。
尊敬…。

私は結局、親に学費出してもらったもんなぁ。
就職してほしいと言われたのに、土下座でお願いして。
恩は忘れてはいけないね。
あの時、大学に行かせてもらえたから
今の人間関係があるんだ。


また、この友達の友達は
キューバに行きたいそうな。
キューバって社会主義だよね?
なんでまた…。
私の周りの方々も、私に対してこんな想いを抱くのでしょーか?(笑)
キューバって何語?どんな食べ物?
「キューバ危機」ぐらいしか知らないので、
キューバに対し、こんな疑問を持ったのも初めて。


それから昨日、久しぶりに聞いた
八王子の懐かしい町名。

小さい川やコンビニ、先輩も友達も彼氏も皆が近くに住んでいて…。
埼玉からも友達が遊びに来てくれたっけ。
ぶわぁ〜っと情景が思い浮かび、本当に懐かしかった。



深夜、0時を十分にまわって帰宅すると
母が起きて待っていた。
感謝。

ヘロヘロ

梅

どーにかこーにか、ミニ発表会が終わった。。。

昨晩寝る時間だというのに、振り付けビデオを見ながらドタバタ、ジャンプして興奮して寝れず

出番は14時過ぎからなのに、朝練があり
快晴の公園に集まって、クネクネしている怪しい集団。
空がきれい。
春だな〜。

カルチャーセンター十周年記念のイベントって
どうなのよ?と思っていたら、意外にお客さんが入っていた。
おじいちゃん、おばあちゃん、おばさま、おじさま、おねえさん、おにいさん、こどもたち…
お茶会や占い、ワイヤークラフト作りに参加したかったけど
自分達の踊りだけで終わってしまったよ。

いつもの教室での発表なので、1mも離れていない接近戦(戦いか?)!!
客の視線が、顔ではなく
眼からの点線を辿ると腰に向かっていた(笑)

はぁ、いっぱい間違えちゃったよ。
でも、踊っている最中、楽しくてしょうがなかった(^^)

踊り終えた後、一気に疲労が…。
だって、あんなに激しく動いたもんね。眠いZzz…

紅梅
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ