新境地開拓中。


 というわけで、Andrew Bill Bookwyrms Black Beautyです。このフィギュアを買うに至った経緯も含めてレビューするぜ……!

 さて、今回レビューするフィギュアは、その名もブラックビューティー。英国出身のファンタジーアーティスト、アンドリュービルが作製したドラゴンスタチューになります。こちらのフィギュアをご存知の方はまずいらっしゃらないと思いますので、詳しくはレビューしながら……。









 本とドラゴンをテーマにしたBookwyrmsシリーズの一種がこちらブラックビューティー。原作があるわけではなく、アンドリュービルの想像力が生み出したオリジナルのドラゴンです。他にも8種類ほどBookwyrmsのドラゴンが存在するようです。
 アンドリュービルの経歴や彼のドラゴンの詳細については彼のサイトで。

 ANDREW BILL

 ドラゴンと言えば荒々しく獰猛なイメージが強いですが、こちらブラックビューティーは賢者のような繊細で穏やかな印象です。妖精を思わせる透明の翼と、黒曜の鱗と対照的な黄金の翅脈が気高さを感じさせますね。





 PVCではなくコールドキャスト製なので、重厚感あります。製造中国、販売米国で、2000個とかの小ロット生産みたいです。もちろん日本に代理店等があるわけではなく、米国からの輸入品です。

 塗装は荒々しいですが、むしろそれが味かなと。いかにもハンドメイドという風情。実際のところ、アンドリュービルのサイトを見ると、彼のドラゴンがほしければ直接メールでオーダーできるっぽいです。さすがに一個だけとかは対応しないでしょうけども……。


 大きさを日本のフィギュアと比較。高さ14.5cm 幅11cm 奥行6.5cmの小品です。小さいながらにとても精巧に作られています。


 背面側の土台にはアンドリュービルのサインが刻印されています。

 このようなフィギュアをどこで見つけて買ったのか……は最後にして、まずはその他写真を。
 






 少し幻想的な雰囲気で。





 最後は静かで長い夜の雰囲気で……。


 というわけで、Andrew Bill Bookwyrms Black Beautyでした。


「夜話 -Last Word-」

 さて、こちらのフィギュア。天使や妖精といったファンタジー系の置物を中心としたネットの雑貨屋さん、KOTOHOGUさんで見つけ、購入しました。

 想いをカタチにする雑貨KOTOHOGU

 ご覧になって頂くとわかりますが、非常に充実した品揃えです。主に欧米から、天使やドラゴンの置物を仕入れ、販売されています。

 ちょっと思い立って「ドラゴンとか、クリーチャー系のフィギュアでカッコいいのないかな」とネットでいろいろ検索をかけていたら、こちらの雑貨屋さんを見つけました。取り扱う商品のどれもが僕の感性に訴えかけてきて、ほしいものばかり……! なかでもアンドリュービルのブラックビューティーは税込3,703円と手頃な価格で非常にクオリティが高いと感じ、購入してみた次第です。





 輸入した商品はひとつひとつ検品されているようで、箱内部の梱包材には注意書きが貼られていました。

 そんなわけで、フィギュアというよりは、置物……インテリアと言ったほうが相応しいアイテムかもしれませんね。


 余談。なぜ突然美少女フィギュアではなく、このようなクリーチャー系フィギュアを買ったか……。端的に言えば、予算が余ってきたからです。

 昨今の美少女フィギュアの高騰化で「ほしいけど、ちょっとこの価格では……」というものが驚くほど増えてしまいまして、めちゃくちゃ買い控えしています。年初は「2014年で美少女フィギュアを15〜20体購入」を予想していたんですが、今の調子だと今年は5~8体くらいになりそうです。今年購入したフィギュアは現時点でブロッコリーあずみとコトブキヤオリヴィエのみで、さらに現在予約済みがマックスのカマエルとメガハウスのエルフのみという……。

 僕のフィギュアコレクションのできれば守りたい心のガイドラインに「予算は月平均2万円」というものがあるのですが、フィギュアを買わないためにどんどん予算が積み上がっています。そこで収集対象を「美少女フィギュア中心」から拡大しました。これからは前々から興味あったクリーチャー系フィギュアや、旅先で見つけた人形等、僕が気に入ったアイテムをわりと無差別に集めていこうと思います。

 というわけで、今度カプコンから出るモンハンのティガレックスや再販のリオレイス、ジンオウガなどのフィギュアを予約済み……。今回ブラックビューティーを購入したKOTOHOGUさんのところにもまだまだほしいフィギュアがあるので、予算と相談しながら少しずつ集めていこうと思います。

 結局のところ、なにが言いたいかというと、

 美少女フィギュアレビュー減るけど今後も私がんばるから、見捨てないでぇぇぇえええ!