広島県大久野島にて

 というわけで、flickrまとめです。気が向いた時に更新するカテゴリとなってまいりました。

 冒頭の写真はウサギまみれになれると有名な広島県大久野島で出会った一匹のウサギ。実は僕は動物が苦手なので、あまり数が多いと怯んで近寄れません……。なぜ僕は大久野島に行ったんだ。
 記事の最後に大久野島の写真をまとめていますので、心がぴょんぴょんするウサギのいる風景をご覧ください。

flickrまとめ 2015年11月編


広島県尾道市 千光寺公園展望台「尾道の日は暮れて - Onomichi Sunset -」α7RII, FE16-35mm, 16mm, SS1/800, F8.0, ISO100

 まずは千光寺公園展望台から見た、尾道の夕暮れを。白雲の隙間から漏れる天使の梯子が荘厳で、なんとも幻想的な風景でした。実は尾道に着いたのはこの写真を撮影する直前で、もう少し遅ければこの風景には出会えませんでした……。

広島県尾道市 浄土寺展望台「光水路 - The Light Waterway -」α7RII, FE16-35mm, 35mm, SS30s, F11, ISO100

 続いては同じく尾道、浄土寺展望台からの夜景です。こちらの展望台だと尾道市街が見渡せます。日没の瞬間は残念ながら雲に隠れていて見えなかったのですが、きっと素晴らしい景観だと思います。

広島県福山市鞆の浦 医王寺太子殿「潮待ちの港 鞆の浦 - Tomonoura,Seto Inland Sea -」α7RII, FE16-35mm, 30mm, SS1/500, F8.0, ISO100

 鞆の浦、医王寺太子殿から見た朝日の風景。鞆の浦にはほぼ事前情報なしの状態で訪れたのですが、いやあ素晴らしい景観でした。広島はこういう街があるから面白いですね。

広島県福山市山野峡 龍頭の滝「無辜の怪物 - Innocent Monster -」α7RII, FE16-35mm, 17mm, SS0.3s, F22, ISO100

 龍頭の滝に潜む化生の幻視。宇宙的な禁断の真理を浮き彫りにするような、イア!イア!な写真を撮りたいと常々考えているのですが、なかなか難しいです。

長崎県長崎市「光の海は夜空を照らして- Starry City -」α7R, FE16-35mm, 22mm, SS15s, F5.6, ISO200

 ここからはおなじみ長崎の風景。α7R時代の写真になります。
 まずは長崎市の夜景。思いの外、星が写ってくれました。彩度を高めにしてメルヘンな雰囲気を狙ってみたのですが、いかがでしょう。

長崎県東彼杵郡川棚町 日向の棚田「陽のあたる場所 - A Place in the Sun -」α7R, EF8-15mm, 15mm(Fisheye), SS1/30s, F11, ISO100

 川棚町というところにある日向の棚田。メジャーな場所ではありませんが、円弧状に広がる美しい棚田は一見の価値ありです。本州に住んでいるとまず長崎に来ること自体が大変なので、なかなか訪れられないでしょうけども……。

長崎県諫早市土師野尾町 「隠された神域『申』 - Secret Sanctuary "Sin" -」α7R, FE16-35mm, 17mm, SS1/25s, F8.0, ISO200

 諫早市十二支公園「申 天狗と大蔵の里」です。本当にこの名前です。車でないかぎり辿りつけない長崎の奥地に存在しています。
 伝承によりますと、江戸相撲の名力士であった稲妻太蔵が、幼少の頃にここで天狗と相撲をとったとか。こういうレアなスポットを巡るのは地元民ならではの楽しみですね。

長崎県平戸市 「平戸島に日は暮れて - Nagasaki Sunset #6 -」α7R, FE55mm, 55mm, SS1/320s, F8.0, ISO320

 長崎県北西部、平戸島の夕暮れです。詳細な場所は忘れてしまいましたが、名も無き普通の棚田です。長崎らしい起伏に富んだ地形が、このような美しい景観を生み出します。
 ISO320というあたりに、ブレとの戦いの跡が見えますね……。α7Rはいろいろ覚悟が必要なカメラでありました。

 以上、広島と長崎の山と海のある風景8枚でした。

 広島も長崎も山と海に囲まれる地形が独特で、なんとも味がある風景を楽しめます。特に広島は人気ですね。自然の景観もさることながら、宮島や呉の文化的な遺産や瀬戸内の恵みにあふれた美味しい食事など、人を惹きつける要素満載です。
 長崎も軍艦島とか佐世保とかあるんですが、なにぶんアクセスが……。LCCピーチのおかげで関西圏の方はよく街中で見るようになりましたが、関東の方はさっぱりな印象です。なんという地形的不利……!

 なお、これらの写真はFlickrアカウントはもちろん、僕の風景写真専用Twitterアカウント「S.Sagra@風景写真」でも配信しています。前々からアカウント自体はあったのですが、最近やっと運用が固まってきました。
 僕のいわゆる本アカはゲームの話やら雑談が多く、風景写真についての話は2割程度しかないので、正直フォローしづらい面あると思います。また、以前ちょっとしたオフ会にてその筋で有名な方から「風景写真は風景写真で(ブログなりアカウントなりで)別にやったほうが見てくれると思いますよ」とアドバイスを受けたこともあり、なるほどその通りだなぁと。
 今は旅の風景写真に凝ってますけど、これからまた変わっていけば、それに合わせて柔軟に発表のやり方も変えていきたいところです。

心がぴょんぴょんする大久野島のウサギたち




 では、ウサギの島で有名な大久野島の写真を。この日はあいにくの曇り空でした。






 本当に島のいたるところにウサギがいます。噂には聞いていましたが、驚きました。ウサギ好きの人には天国のような島ですね。






 ウサギだけでなく戦争関連の遺産もあり、見どころがぎゅっとまとまった島です。2〜3時間もあれば充分見て回れると思います。旅程のちょっとした空き時間に訪れるのに、ちょうどいいのではないでしょうか。


 こちら休暇村大久野島で食べたタコカレー。名産のタコとカレーの相性が抜群で、最高に美味しいです。大久野島に訪れた際はぜひ……!

 というわけで、心がぴょんぴょんする大久野島の風景でした。こういう島があるのも、広島の面白いところですねぇ。